節約はレジャー!

炊飯器はいらない?手放して半年経って感じたこと

炊飯器はいらない?

キティちゃんの炊飯器日本人であれば多くの方が炊飯器を所有していると思います。最近では中国人にも日本の炊飯器が人気のようです。

私は半年ほど前に炊飯器のコードに足を引っかけて派手に落としてしまい、見事に蓋が取れて壊してしまいました。

私は男の一人暮らしということもあり、元々炊飯器の出番がそれほど多くなかったので、あえて炊飯器のない生活を続けてみようと思いました。

そして半年経って感じたことがあります。炊飯器は必ずしも必要がないということです。

炊飯器のスペース

炊飯器の蒸気私は男一人暮らしの狭いアパート生活なので、キッチン周りのスペースにはそれほど余裕はありません。

炊飯器一つ分のスペースが開くだけで、キッチンがとても広く感じられるようになりました。

また炊飯器は蒸気が出るので、周囲の環境も気にする必要がありました。他のモノの収納にまで影響を与えていたことに気が付かされました。炊飯器を手放した現在は、とても広々して快適です。

炊飯のペース

そもそも私は毎日炊飯器でお米を炊くという生活ではなかったので、お米が食べられないことへの不満はそれほどありませんでした。外食やお弁当で白米は食べていましたが。

また麺類が好きということもあり、自宅では乾麺のパスタや蕎麦を茹でることが多く、元々炊飯器は週に一度ぐらいしか使用していませんでした。

参考パスタソースはふりかけで代用できる!

この辺は個人差があるとは思いますが、私のように週に一度くらいしか炊飯器を使用しない家庭ではあれば、必ずしも炊飯器は必要ないと思います。

土鍋でご飯

ピンクの土鍋そんな私でも時々白いご飯が食べたくなります。ある時にたまたま普通の鍋でご飯を炊く方法が雑誌で紹介されており、実践してみると意外と美味しく炊けて驚きました。

この体験があったからこそ、炊飯器がなくても困らないだろうなと考えられたのだと思います。

さらに普通の鍋よりも土鍋で炊くご飯が美味しいらしいということだったので、これまた実際に試してみると、これが本当に美味しくて、しばらく土鍋ご飯にハマってしまうほどでした。

週に一度ぐらいしかご飯を炊かない家庭であれば、これで十分に事足ります。

ちなみに私は離婚を経験しているのですが、別れた元嫁の趣向で高級炊飯器を使用していたことがあります。

その当時はちょうど高級炊飯器の出始めの頃で、定価12万円の炊飯器の色(白)が「かわいい」と譲らず、泣く泣く購入した経験があります。

確かにその12万円の炊飯器で炊いたお米は美味しかったのですが、土鍋で炊いてたご飯も負けていません。むしろ私好みの味(硬さ)でした。

離婚後に購入した数千円の小型炊飯器よりは明らかに上です。

現在私がお米を炊く時に使用している土鍋の価格は198円です。ホームセンターで見つけて即買いしてしまったのですが、ほぼ同じような土鍋が100円ショップでも売られていたので、試してみたい方は100円ショップでも良いかと思います。節約的にもおすすめです。

土鍋ご飯に直接カレーまた私は土鍋を丼やお皿代わりにしてしまいます。これだと洗い物が一つで済むのでとても楽です。

何よりも土鍋は炊飯器のように決まったポジションに設置しておく必要がありません。これも大きなメリットだと感じています。

まとめ 炊飯器がない生活

炊飯器がない生活を半年ほど続けてみて感じたことは、「私には炊飯器はいらない」です。

私のように一人暮らしでお米をそれほど食べない方に限ってかもしれませんが、炊飯器がなくても生活が困らないどころか、むしろ快適なぐらいです。

既に所有している炊飯器を無理に手放せとは言いませんが、土鍋で炊くご飯は本当に美味しいのでおすすめです。

お米は普通の鍋でも問題なく炊けるので、一度試してみてほしいと思います。細かな火加減など難しいと感じるかも知れませんが、ご飯は飯盒で炊けるほどシンプルなものなので、それほど気にすることはないと思います。

炊飯器の設置スペースだけではなく、釜や蓋を洗う手間を考えると、普通の鍋でご飯を炊くだけでも、かなりメリットがあるのではないでしょうか。それほど大きな鍋でないのなら、そのまま冷蔵庫にも収納できると思います。私は冷蔵庫も手放していますが。

参考冷蔵庫がいらないライフスタイルとは?

土鍋でご飯と目玉焼きちなみに私は土鍋でご飯を炊くときに、炊き上がる少し前に卵を落として、目玉焼きを作ることがあります。

ご飯を炊く時は、

「はじめちょろちょろ 中ぱっぱ 赤子泣いてもふた取るな」

と言われているのですが、土鍋の蓋を取って卵を落としても美味しく炊けるものです(蓋を持つ時は火傷に注意)。

炊飯器の種類によっては洗うのも大変なものです。その12万円の炊飯器は中蓋が二つと蒸気の吹き出し口(?)も二つ取り外して洗わなければなりませんでした。高機能なだけに手間も大変だったものです。

たまにしかお米を炊かない方は、ぜひ一度普通の鍋でご飯を炊いてみてください。炊飯器は必ずしも必要ではないことが理解できると思います。

また私は北海道胆振東部地震で長期の停電を経験しましたが、ガスが使えたので普通にご飯を炊くことができました。

参考胆振東部地震で感じたこと。

もちろん土鍋もおすすめです。当たり前ですが、土鍋は鍋としても使えます。お昼に土鍋で炊いたご飯の残りを、夜にそのまま雑炊にすることも出来ます(私のお気に入りのパターン)。

家族が多い家庭には向いていませんが、一人暮らしの方で炊飯器の買い替えを検討している方は、一度土鍋ごはんにチャレンジしてみてほしいと思います。

果物を入れたミキサー現在では様々な調理家電が売られているものです。一般的な炊飯器や電子レンジやオーブンの他にも、

  • 食洗器
  • ホットプレート
  • パン焼き機
  • ノンフライヤ―
  • フードプロセッサー

など収納スペースを取る調理家電が増えています。家電全体に広げればルンバや空気清浄機なども増えています。

また当然それらのメンテナンスも必要です。たまにしか使わない家電は便利になっているようで、実は様々な手間が増えている可能性もあります。

先日、リサイクルショップを眺めていると「パン焼き機」と「ノンフライヤー」がたくさん売られていました。多くの家庭で持て余した結果なのかも知れません。

参考不要なモノはリサイクルショップでよくわかる

様々な専用の家電は頻繁に使用する方にはありがたいものですが、たまにしか使用しない方にとっては邪魔になります。邪魔だからと奥にしまってしまうと、わざわざ取り出してまで使おうとはしません。

プロの料理人であれば、細かくサイズが分けられら包丁や鍋やフライパンを使い分けながら管理も出来るのでしょうが、一般の方の道具が増えすぎると手間が増えるだけです。

中華鍋は一つで「炒める」「煮る」「揚げる」など万能です。一般の鍋やフライパンでも頭を使えば代用できるものです。

たくさんご飯を炊く家庭にって炊飯器はとても便利な調理家電ですが、私のようにたまにしかお米を炊かないのであれば、炊飯器を手放すことも一つの選択肢だと思います。

一度、普通の鍋でご飯を炊いてみることをおすすめします。ガラス蓋の鍋だと炊き上がる過程が見えるので初心者にも安心だと思います。土鍋を購入するのはそれからでも遅くはありません。

慣れてくるとおこげもコントロールできるようになるので、是非試してみてください。想像以上に美味しくご飯が炊けるものですよ。

コメント

  • 土鍋ご飯美味しいですよね♪
    我が家は毎日土鍋で炊いていますよ!
    ちなみに炊き上がりに十秒ぐらい強火にするとおこげができます、よかったら試してみてください

    by さ湯こ €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]