節約はレジャー!

炊飯器はいらない?手放して半年経って感じたこと

炊飯器はいらない?

キティちゃんの炊飯器日本人であれば多くの人が当たり前のように炊飯器を所有しているかと思います。最近では外国人観光客にも日本の炊飯器が人気のようです。

私は半年ほど前に炊飯器のコードに足を引っかけて床に落としてしまい、見事に蓋が取れて壊してしまいました。

私は男の一人暮らしということもあり、元々炊飯器の出番がそれほど多くなかったので、あえて炊飯器のない生活をそのまま続けてみようかと思いました。

そして半年経って感じたことがあります。炊飯器は必ずしも必要がないということです。全てに人に炊飯器がいらないとは言いませんが、意外と多くの人が私のように無くても困らないかも知れません。

あって当たり前だという思い込みを無くす為にも、一度検討してみる価値があると思います。そこで今回は炊飯器のない生活のメリットについて紹介します。

炊飯器のスペース

炊飯器の蒸気まずは炊飯器を手放して感じたメリットから紹介します。私は男一人暮らしの狭いアパート生活なので、キッチン周りのスペースにはそれほど余裕はありません。

炊飯器一つ分のスペースが開くだけで、キッチンがとても広く感じられるようになりました。

また大抵の炊飯器は蒸気が出るので、周囲の環境も気にする必要がありました。どこにでも置けるものではないので、周りの物も含めて炊飯器の存在に左右されていた事に気がつきました。

これから解放されることで、キッチン周りの収納をより使いやすいように改善することができます。単純に炊飯器を設置するスペースがなくなるだけではなく、周辺環境まで含めて使い勝手が良くなりました。これはかなり大きなメリットだったと感じています。

炊飯のペース

そもそも私は毎日炊飯器でお米を炊くという生活ではなかったので、お米が食べられないことへの不満はそれほどありませんでした。

また麺類が好きということもあり、自宅では乾麺のパスタや蕎麦を茹でることが多く、元々炊飯器は週に一度ぐらいしか使用していませんでした。

参考パスタソースはふりかけで代用できる!

この辺は個人差があるとは思いますが、私のように週に一度くらいしか炊飯器を使用しない家庭ではあれば、必ずしも炊飯器は必要ありません。

毎日必ずご飯を炊くという家庭では、炊飯器の使い勝手(タイマーや保温機能など)が便利だとは思いますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

鍋や土鍋でご飯

家庭でたまにしかご飯を炊かない私でも、時々白いご飯が食べたくなります。

ある時にたまたま普通の鍋でご飯を炊く方法が雑誌で紹介されており、手持ちの鍋で実践してみると意外と美味しく炊けて驚きました。

しばらく中火で煮ているとブクプクと泡が発生し、蓋の穴から蒸気が噴き出すので、そこで弱火にして5分ぐらいすると泡が出なくなるので、そこで火を止めて20分ほど放置すると美味しく炊きあがりました。

この体験があったからこそ、炊飯器がなくても困らないだろうなと考えられたわけです。

さらに普通の鍋よりも土鍋で炊いたご飯が美味しいらしいということだったので、これまた実際に試してみると、これが本当に美味しくて、しばらく土鍋ご飯にハマってしまうほどでした。

たまにしかご飯を炊かない家庭であれば、このような他の鍋でお米を炊いて代用できます。

ちなみに私は離婚を経験しているのですが、別れた元嫁の趣向で高級炊飯器を使用していたことがあります。

その当時はちょうど高級炊飯器の出始めの頃で、定価12万円の炊飯器の色(白)が「かわいい~」と譲らず、泣く泣く購入した経験があります。

確かにその12万円の炊飯器で炊いたお米は美味しかったのですが、土鍋で炊いてたご飯も負けていません。むしろ私好みの味(硬さ)でした。

少なくとも離婚後に購入して壊してしまった6千円ぐらいの炊飯器より、鍋や土鍋で炊いたご飯は明らかに上です

現在でも飲食店の中にはガス炊飯器で炊いたご飯を提供しているところがありますが、安い電気炊飯器よりもガスの方が美味しく炊けるのかも知れません。

ちなみに現在私がお米を炊く時に使用している土鍋の価格は198円です。ホームセンターで見つけて即買いしてしまったのですが、ほぼ同じような土鍋が100円ショップでも売られていたので、試してみたい方は100円ショップでも良いかと思います。節約的にもおすすめです。

土鍋ご飯に直接カレーまた私は土鍋を丼やお皿代わりにしてしまいます。これだと洗い物が一つで済むのでとても楽です。

何よりも土鍋は炊飯器のように決まったポジションに設置しておく必要がありません。これも大きなメリットだと感じています。

普通の鍋や土鍋でご飯が炊けるように、炊飯器でもケーキをつくったりなども出来るので、上手く活用している方にとっては便利な家電ではありますが、私のように毎日ご飯を炊くわけではないという家庭であれば、必ずしも炊飯器が必要なわけではありません。

もちろん時間予約なども出来ないので、朝食に炊き立てのご飯を食べたい家庭にとっても炊飯器は便利なものなので、それぞれの生活スタイルに合わせて選んでみてください。朝食がパンの家庭なら必要ないかも知れません。

炊飯器の存在が悪いわけではありませんが、意外と多くの家庭には必要ないかも知れないということです。

まとめ 炊飯器がない生活

炊飯器がない生活を半年ほど続けてみて感じたことは、「私には炊飯器はいらない」ということだけでなく、むしろメリットが多くて快適だと感じました。

私のように一人暮らしでお米をそれほど食べない家庭に限ってかもしれませんが、炊飯器がなくても生活が困るようなことはありません。

ほとんど自炊をすることがない人であれば、電子レンジで温めるだけのパックのご飯という選択肢もありますし、ろくに使いもしない炊飯器の為にスペースを奪われる必要もありません。

現在所有している炊飯器を無理に手放せとは言いませんが、土鍋で炊くご飯は本当に美味しいので機会があれば試してみてほしいと思います。

お米は普通の鍋でも問題なく炊けるので、こちらも一度は試してみてほしいと思います。細かな火加減など難しいと感じるかも知れませんが、ご飯は飯盒で炊けるほどシンプルなものなので、それほど気にすることはないと思います。

調べてみるとフライパンや圧力鍋でご飯を炊く人もいるようでした。

また一度でもこのような体験をしておくことで、災害時に電気が使えないという状況になっても冷静さを失わずに済みます。必要以上に保存食を用意しなくても良いと考えられるようになります。

参考胆振東部地震を体験して

また炊飯器を手放すと設置スペースだけではなく、釜や蓋を洗う手間からも解放されます。昔購入した12万円の炊飯器は、中蓋が二つと蒸気の吹き出し口(?)も二つ取り外して洗わなければなりませんでした。しかも窯が銅で出来ていて片手で持つのは難しいほど重たかったものです。

高機能な炊飯器ほど、このような日々のメンテナンスが大変になるので、主婦にとっては負担になる事も多いと思います。

普通の鍋で炊いたご飯が余ったときは、鍋ごと冷蔵庫に保存する事もできます。タッパーに詰める手間もく洗い物も増えないので、上手く活用できると家事の手間も減らせるのではないでしょうか(私は冷蔵庫も手放していますが)。

参考冷蔵庫がいらないライフスタイルとは?

炊飯器の保温機能やタイマー機能のお世話になっている家庭には向いていないと思いますが、そうではない人であれば、意外なほど炊飯器がなくても困らないものですよ。

土鍋でご飯と目玉焼きちなみに私は土鍋でご飯を炊くときに、炊き上がる少し前に卵を落として、目玉焼きを作ることがあります。

ご飯を炊く時は、

「はじめちょろちょろ 中ぱっぱ 赤子泣いてもふた取るな」

と言われているのですが、土鍋の蓋を取って卵を落としても美味しく炊けるものですよ(蓋を持つ時は火傷に注意)。

たまにしかお米を炊かないという人ほど、ぜひ一度普通の鍋でご飯を炊いてみてください。この経験をしておくことで、無理なく炊飯器が手放せるようになるかも知れません。

そして土鍋で炊いたご飯も本当に美味しいのでおすすめです。土鍋で炊いたご飯を知ると、むしろ炊飯器を手放したくなるかも知れませんよ。

お昼に土鍋で炊いたご飯の残りを、夜にそのまま雑炊にすることも出来ます(私のお気に入りのパターン)。

参考ペッパーミルが最高過ぎる!

家族が多い家庭には向いていませんが、一人暮らしの方で炊飯器の買い替えを検討している方は、一度土鍋ごはんにチャレンジしてみてほしいと思います。

ちなみに慣れてくるとおこげもコントロールできるようになります。弱火で泡が出無くなった頃に、20秒ぐらい強火にすると香ばしい匂いがしてくるので、そこで火を止めるとほどよくおこげが出来てくれます。

この辺は鍋のタイプによっても違うのですが、慣れてきたら火加減や時間を調節しながら試してみてください。炊飯器がなくても想像以上に美味しくご飯が炊けるものですよ。

コメント

  • 土鍋ご飯美味しいですよね♪
    我が家は毎日土鍋で炊いていますよ!
    ちなみに炊き上がりに十秒ぐらい強火にするとおこげができます、よかったら試してみてください

    by さ湯こ €

  • 普通の鍋でも結構おいしくお米を炊けるよね
    むしろ三合炊きの安い炊飯器よりいい具合に炊ける
    土鍋は高い奴と100均ので違いがあるんだろうか気になる

    by 匿名 €

  • 一時土鍋ご飯の美味しさにハマってしまい、本格的な炊飯用の土鍋を購入してしまったのですが、普通の土鍋と大した違いがなく場所も取るので、個人的にはおすすめしません。
    普通の土鍋なら鍋料理に使えるけど、炊飯用のは高さがあって他に使えません。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。