節約はレジャー!

腸内細菌の権威、藤田紘一郎のハゲが改善した理由

藤田紘一郎とは

今回紹介する本は藤田紘一郎さんの「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」です。

髪の毛の話なので節約とは直接は関係のない内容ですが、結果的に健康的に節約にもなる本なので紹介します。

近年はテレビや雑誌で腸内環境を整えることが健康のテーマになっていますが、藤田紘一郎さんは十数年前から腸内環境の重要性について数々の書籍を出版してきた方です。

中でも私が十年ぐらい前に読んで衝撃を受けたのが「清潔はビョーキだ」という本でした。

多くの方がアトピーやアレルギーになる原因が、「清潔過ぎることで免疫力が弱まり過剰に反応するようになったから」という衝撃の内容でした。現在ではこの考えも一般的になってきましたが、当時はかなり過激な発言でした。

行き過ぎた抗菌グッズや抗菌ブームのおかげで、赤ちゃんが雑菌や細菌に触れる機会が激減し、僅かなホコリやダニに対して免疫が過剰に反応してしまうのがアトピーの原因の一つだといった内容でした。

一方で昔のように泥まみれになって外で遊んでいる子供は健康に育つそうです。現代でも積極的に公園で遊んで土や草に触れることが大切なんだそうです。ペットを飼っている家庭の子供もアトピーが少ない傾向があります。

そんな先見の目がある藤田紘一郎さんが、なんとハゲ対策について紹介しているのが、「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」という本です。私自身も薄毛になってきてたので、見つけた時に即買いしてしまいました。

55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

育毛剤を塗る男性のイラスト藤田紘一郎さんがこの本の中で紹介しているハゲ対策は、ほとんどお金がかかることではありません。

数あるハゲ対策、育毛法、増毛法というのは、非常にお金がかかるのものが多いのですが、「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」は基本的に生活習慣を改めることだけです。とても節約と相性の良いハゲ対策です。

一部天然のシリカを含むミネラルウォーターをすすめていたりもするのですが、これは水道水の塩素を避けることが目的でもあります。

参考飲料水の節約は線引き次第!?

生活習慣を改めて腸内環境を整えるということが、健康にとって良いことなのは誰でも想像できると思います。

結果的に腸内環境の改善が様々な内蔵の機能を回復し、結果的に髪にとってもよい影響を与えるといった内容です。

しかもその為に特別な何かを食べろというわけではありません。

亜鉛を多く含んでいる牛肉や牡蠣、うなぎなどは、たまに食べてくださいといった程度です。

基本的には昔ながらの健康的な食生活をすることをすすめています。発酵食品の味噌汁や納豆、そして食物繊維が豊富な野菜、海藻類をすすめています。要するに腸内環境を整えることで健康になり、結果的に髪にも好影響があるということです。

昔からワカメや昆布や黒ゴマがハゲに効くと言われていますが、藤田紘一郎さんはこれも間違いではないと言います。科学的に髪の毛が生えるということではなく、結果的に腸内環境を整える効果があるということです。

参考黒ゴマの育毛効果を体現している定年男性に出合った

あくまでも薄毛やハゲを改善させる特別な栄養があるわけではなく、腸内環境を整えることに有効な食べ物のおかげで、結果的に健康になり、髪にも好影響を与えてくれるという内容です。

当たり前のことではあるのですが、薄毛に悩んでいる方の中には、このような事を無視して高額な育毛剤やシャンプーを利用されている方が多いので、「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」を一読してほしいと思います。

髪の洗い方

髪を洗う男性のイラストそしておそらくこの藤田紘一郎さんの「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」の中で、最も衝撃を受けるが「髪の洗い方」についての内容です。

これを全て書いてしまうとネタバレになってしまうので詳しくは控えますが、その理由を効くと納得の内容になっています。

少しヒントを言うと、発展している先進国ほどハゲが多く、その中でも日本人男性にハゲが多い理由がわかる内容になっています。

実はこの「髪の洗い方」について、似たような方法を紹介している本があります。

それは双田譲治さんの「育毛物語」という本です。この本は現在では中々手に入らないのですが、私はたまたま図書館で見つけて読むことが出来ました。

東大卒という非常に頭脳明晰な著者が、数々の育毛法の矛盾点に向き合い、あらゆる育毛法(当時の)を実際に実践し、その矛盾点を指摘する内容になっています。

そして様々な育毛用を試して行き着いた結果、藤田紘一郎さんのハゲ対策と非常に近い方法になっていました。

お二人はアプローチこそ違えど、目指すべき目的地は一致していたようなことです。富士山を静岡側と山梨側から登ったようなイメージでしょうか。

どちらの本も高価な育毛剤やシャンプーを使用している方にこそ読んでもらいたい本です。節約になるだけではなく、衝撃を受けると思います。

ハゲは健康状態のバロメーター

暴飲暴食する男性のイラスト藤田紘一郎さんのハゲが進行していた50代の頃というのは、医者の不養生の通り食生活が乱れていたそうです。それから様々な健康法を実践していくことで健康な身体と髪を取り戻しました。

健康的な食生活の方の身体が健康なのは当然のことです。

不摂生が続くと内蔵の活動が鈍り身体に様々な症状が出ます。わかりやすいのは肌の吹き出物などでしょうか。

その他にも栄養が偏ったり、逆に過剰になれば皮膚の色が黄色くなったり、青白くなったり、黒っぽくなったりします。そのように身体の内側の不調は目に見える形で外側にもあらわれます。

女性であれば寝不足やストレスで肌が荒れるのは誰もが体験していると思います。実際には男性の肌も荒れているのですが、メイクをしないので気づく方が少ないだけです。

参考睡眠環境を整えるポイント!

藤田紘一郎さんは薄毛やハゲも同じだと言います。身体の不調を表すバロメーターの一つということです。

「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」の中で、猿によるある実験結果が紹介されていたのですが、お腹いっぱいに食べさせた猿の毛は抜き落ちていき、腹八分目に抑えた猿の毛並みは若々しく輝いていました。

ハゲや薄毛の原因が老化だけであれば、100歳を超えるお年寄りは皆ハゲていなければなりません。ですが、高齢の元気なお年寄りほど髪がフサフサしているものです。

逆につるっぱげで100歳を超える方は少ないのではないでしょうか。テレビで見る高齢者は意外と髪があるものです。

肥満が健康な状態ではないように、極端なハゲや薄毛も健康ではないということなのだと思います。これがわかると日頃から行うべきハゲ対策も見えてくるのではないでしょうか。

お金のかかる薄毛対策をされている方こそ、ぜひ藤田紘一郎さんの「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」読んでみてください。もちろん節約家にもおすすめですよ。

まとめ 自然の凄さ

藤田紘一郎さんの「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」を読むと、人として、生物として当然のことが改めて理解出来るようになります。

一般常識として受け入れてきた様々なことが、いかに惑わされていたことか理解出来ます。

ハゲを治すことにとらわれ過ぎると、企業のいいカモにされてしまいます。

つい数年前までは頭皮の毛穴に詰まった皮脂が薄毛の原因だといい、それらを徹底的に落とすために朝と夜の二回シャンプーすることを推進する流れがありました。

これは頭皮のことを考えて言っていたのではなく、シャンプーの使用量を増やす為にメーカーが仕向けたことだと言われています(藤田紘一郎さんの本の情報ではありません)。

単純にシャンプーの使用量が増えればメーカーが儲かるからです。これは洗顔フォームなども同様です。

他にも歯磨き粉のCMでは歯ブラシにこんもりと乗せていますが、実際には小豆ぐらいの大きさでも十分に歯を磨くことができます。そもそも「歯磨き粉は必要ない」と言うお医者さんもいるぐらいです。

でも歯磨き粉を売る側にとっては、たくさん消費してくれる方が売り上げになるので、わざわざそのような使い方を映し出しています。

そもそも人類が一日三食も食べるようなったきっかけは、トースターを販売しているメーカーが言いだしたことなんだそうです。自分の会社の商品を売りたいが為に、新しい常識を提案してきたわけです。

このような企業側にとって都合の良い情報というのは、世の中にたくさん溢れています。

定期的にコーヒーやチョコレートが身体に良いというニュースが話題になりますが、大抵は情報の出所がコーヒーメーカーやチョコレートを製造している企業が運営している(寄付している)研究機関だったりします。

参考科学的な根拠だからと妄信するのは危険!

眠っている犬のイラスト余計な情報に惑わされない犬は調子が悪い時は何も食べずにひたすら休んでいます。一方で人間は食べないと元気が出ないからと無理やりにでも食べたりします。

何か食べると胃や腸で消化しなければなりません。病気と闘う為に使用していたエネルギーが食べ物の消化に使われてしまいます。

一日三食、お腹いっぱいに食べると、その消化の為に内臓が使うカロリーは、フルマラソンを走るよりも多いそうです。

犬は走り回ったり何かを食べると、内蔵の活動が悪くなって病気が治るのが遅くなることを本能でわかっているので、調子が悪いときは何もしないでおとなしくしていると言われています。

自分の自然治癒力を高める為に、徹底的に身体や胃腸を休めています。

一方で人間は様々な常識に左右されて本能に逆らってしまいます。免疫力を高める為に熱を出しているのにも関わらず、解熱剤を飲んで長引かせてしまいます。

最近では38度以下では解熱剤を使用しないという流れになってきましたが、少し前までは微熱でも解熱剤を処方していました。

風邪をひいて食欲が落ちるのは当然の流れです。消化の為にエネルギーを奪われないように、脳が食欲を落とす命令を下しています。

水分をとって寝ていれば直ぐに治るような風邪でも、わざわざ解熱剤で熱を下げて免疫力を活性化を抑え、さらに食欲増進剤まで処方することもあります。

これではむしろ免疫力が十分に発揮されません。

単純に病院が儲ける為に、山ほどの薬を出している可能性があります。

頭皮の毛穴に油汚れが詰まっているから薄毛になるというのも、このようなことです。育毛剤なり、育毛シャンプーを売りたい側が押し付けてきた情報です。

藤田紘一郎さんが提案する育毛法というのは、まさに生物本来の力を引き出す方法です。育毛剤に頼るような方法ではありません。基本的にお金がかからないので節約思考の方とも相性が抜群です。

高額な薄毛治療に苦しんでいる方こそ、藤田紘一郎さんの「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」は読んでみてください。目から鱗が落ちると思います。

【amazon】55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

【楽天】55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

また「育毛物語」も本当におすすめ出来る本です。もし手に入る機会があれば、是非読んでみてください。

彼らのように常識を疑う視点をもっていたいものです。少し考えれば当然のことでも、様々な情報に洗脳(扇動)されてしまっているかも知れません。

そもそも毛穴は詰まりません。何もしないと毛穴が詰まって毛が抜けるのであれば、自然界の動物はつるっぱげになります。シャワーもシャンプーもしない発展途上国の人も同じはずです。

しっかりと自分の身体と向き合ってください。身体の調子が良い日と悪い日に違いを意識してください。身体の調子を良くする方法に囚われるのではなく、身体の調子が悪くなる原因を理解して対処してほしいと思います。

これは自分でしか決められません。全ての人の健康に役立つ食べ物など存在しません。

身体を温める漢方薬は冷え性の人には良薬かも知れませんが、普通の人や冷え性が改善した人にとっては毒薬になってしまいます。

自分の身体を大切にしてください。しっかりと自分で判断する強さを身につけてください。これは節約にとっても大切なことです。

全ての情報には裏があります。その裏を理解した上で自分に役立つ情報を選択してください。上辺の情報だけに惑わされると、企業のカモにされてしまいますよ。


ブログランキング参加中!良ければ応援ポチっとお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメント

  • 早速購入しました、届くのが楽しみです!
    育毛物語は売り切れですね、凄く興味があります

    by 匿名 €

  • 之墓の若返りで有名な南雲先生と同じでは?アンチエイジとして昔のような生活、食事すればいいと・・・
    でも今な飽食の時代で昔の食事作るのは大変な時代です。他変な事のようですがシンプルに戻せばいいだけですね。やってみます。

    by たま €

  • 腸内環境さえ整えれば全てOKという藤田先生の考え方には疑問をもつが、この本の内容には同意。当たり前のことを当たり前にすれば、髪だって元気になるよ。

    by 駒田 €

down

コメントする