節約はレジャー!

黒ゴマの効能を実感させられるフサフサ髪の還暦男性に出合った

黒ゴマの効能とは?

ゴマは栄養が豊富で様々な効能があるといわれています。特にミネラルやビタミンが豊富で様々なメーカーからゴマのサプリメントとして発売されているほど人気の健康食品です。

ゴマは昔から漢方にもたくさん用いられており、「小さな丸薬」とまで呼ばれるほど重宝されていました。

特に黒ゴマにはポリフェノールがたくさん含まれており、若返り効果も期待できると言われています。

ちなみに私は薄毛なもので、数年前に薄毛関連の本を読み漁りました。すると黒ゴマの育毛効果や白髪改善効果について知ることになりました。

とはいえ、「ワカメで髪が増える」程度の話だと思い、あまり信用していませんでした。あくまでも黒ゴマの色のイメージだけなんだろうと思っていました。

ゴマもワカメも豊富なミネラルやビタミンや食物繊維を含んでいるので、それらが不足していることが原因で薄毛になっているのであれば、改善する可能性もあるのかも知れませんが、私は極端に偏った食生活をしていたわけではありません。

様々な育毛関連の本を読むことで、そもそも薄毛の原因を特定することなど不可能だという境地に達したので、わざわざゴマを取り入れることはありませんでした。

参考薄毛対策のほとんどはウソ?

ですが、つい先日知り合った還暦過ぎの男性と出会って考え方を改めることになりました。

その男性の髪が見事にフサフサで黒々としていたからです!髪質だけなら10代でもおかしくないほど羨ましいフサフサの髪でした。

還暦で髪がフサフサ、黒々の男性

たまたま知り合ったその男性としばらく話し込む機会がありました。かなり打ち解けてきたこともあり、気になっていた髪について質問してみました。

「○○さん髪が凄く元気ですよね。何かやっているのですか?」

と質問してみると、

「ああ、コレね、よく言われるんですよ。たぶんゴマのおかげです」

と教えてくれました。彼は黒ゴマが大好きで若い頃からゴマを欠かさず食べているとのことでした。そしてその場でカバンから黒ゴマを取り出し、なんと袋から直接口の中にゴマをサラサラ~と流して食べてしまいました。

「えええ!?そのままゴマを食べるんですか?」

と私が驚いていると、しばらくもぐもぐタイムが続いたあとに、

「昔からゴマが大好きなんです。だいたい二日で一袋食べてしまいます」

と驚きの発言をしました。あまりの出来事に驚いてしまったのですが、実際に還暦過ぎで黒々とした髪がフサフサの男性を目にしたことで、黒ゴマの効能や育毛効果について改めて考えさせられる出来事となりました。

黒ゴマの育毛効果

そこで改めて黒ゴマの育毛効果について調べてみると、ビタミンEと亜鉛とセサミンがポイントになっているようでした。

育毛に効果的な栄養素として亜鉛やビタミンEは有名なのですが、ゴマならではのセサミンにも育毛効果があるそうです。

もちろん黒ゴマには他にも様々な栄養素が含まれており、脂質に含まれる脂肪酸は体内で合成できない必須脂肪酸で、コレステロールを低下させたり動脈硬化を防ぐような役割が期待できるなど様々な効能がありました。

黒ゴマにはあまりにもメリットが多過ぎて分かりにくいのですが、ざっくりいうと血液を正常な状態に近づける効果があるという事です

髪に栄養を運ぶのも血液なので、やはり黒ゴマの効能の一つとして育毛効果があるのかも知れません。

また白ゴマと黒ゴマの違いについて調べてみると、栄養価はほとんど変わらないのですが、黒ゴマの方が皮にポリフェノールや不溶性食物繊維(リグニン)が多いようでした。

黒ゴマの効果的な摂取方法

髪がフサフサの男性が食べていた黒ゴマと全く同じモノがドラッグストアで売られていたので、さっそく購入してみると、一袋辺り「82グラム」ありました。

彼のように毎日袋の半分食べるのであれば「41グラム」ということになるのですが、黒ゴマの摂取量の目安について調べてみると、一日当たり10~20グラムでした。大さじスプーン1杯で7グラムなので、2~3杯といったところでしょうか。

多めの20グラムだとすると一袋で四日分になります。コスパは悪くありません。

ただゴマは硬い殻が邪魔して胃の中で消化されずに素通りしてしまう事があるようで、十分な栄養を吸収できない事があるようでした。

黒ゴマの効能を引き出す為には、「すりごま」にすることが一番のようでした。

自分ですり鉢でゴマをすってもいいのですが、「すりごま」の状態でも売られています。同じ価格だと若干量が少なくなっているメーカーもあります。

私は節約家ということもあり、実際に髪がフサフサだった彼と同じ「すりごま」ではなく普通の黒ゴマを食べていますが、胃もたれをしやすい人などは「すりごま」の方が向いているかも知れません。

そのまま黒ゴマを食べる場合は、なるべく口の中で細かく噛み砕いてください。私は10グラム(スプ―ン大盛り一杯)程度であれば、回数を数えながら100回は噛むようにしています。意識していないとつい飲み込んでしまうので、しっかりと回数を数えながら食べるのがおすすめです。

しばらくゴマを噛んでいると口の中でドロドロになり、普段はあまり感じられないゴマの甘みを感じられるようになりますよ。

また黒ゴマを食べるタイミングとしては食後がベストです。他の食べ物を消化するために既に胃酸が分泌されているので、胃の負担にもならずにゴマも消化されやすくなります

サプリメントのように水で流し込んでしまうと、せっかくのゴマの成分が十分に消化吸収できないかも知れないので、黒ゴマの効能を期待して取り入れようと考えている人は、食べ方やタイミングも意識してみてください。

まとめ 黒ゴマは安い!

ゴマが体に良いことは知っていましたが、黒ゴマの効能について改めて調べてみると本当に優れているようでした。

育毛に効果的な亜鉛やビタミン類だけではなく、鉄分やマグネシウム、カルシウム、葉酸、タンパク質など、現代の日本人が不足しがちな栄養素が豊富に含まれていました

黒ゴマのセサミンのおかげで薄毛が改善する効果があるとは言い切れませんが、全身が健康になれば髪質にも好影響があるのではないでしょうか。

そして何よりも黒ゴマは安いです(笑)。節約家としてこれほどありがたいことはありません。

下手なサプリメントを取るぐらいなら、様々な栄養素が豊富に含まれている黒ゴマを食べた方が、ずっとコスパが良いのではないでしょうか。

特定の栄養に偏っているサプリメントよりも本物のゴマの方がバランスが良いと思います。保存料や添加物の心配もありません。何よりも本物のゴマの方が安いです(笑)。

参考下手なサプリメントよりも煮干しを食べよう

もちろんゴマは料理に活かすことも出来ますが、大さじ1~2杯分となるとかなりの量になるので、育毛や健康の為とはいえ、せっかくの料理の味を台無しにしていまうと元も子もありません。

だからこそ私は髪がフサフサの彼のように、割り切って黒ゴマだけで食べた方が良いと思いました。

初めはゴマだけで食べるのに抵抗があるかも知れませんが、慣れるとゴマの香ばしい香りや甘みを感じられるようになると思います。

流石に外出時に持ち運んでまで食べたいとは思いませんが、私のように薄毛に悩んでいる男性は試してみる価値があるのではないでしょうか。女性向けの美髪にするテクニックの一つとしても、栄養価が豊富なゴマが紹介されていました。薄毛だけでなく髪質にも良いのかも知れません。

黒ゴマの効能については様々なところで紹介されていますが、実際に黒々とした髪がフサフサの還暦過ぎの男性を目の当たりにすると、圧倒的な説得力を感じることになりました。

当ブログでは以前に医師の南雲吉則さんの本を紹介したことがあるのですが、

参考実年齢より20歳若返る!生活術

南雲吉則さんも食品を丸ごと摂取する方法を提唱しています。特定の部位ばかりを食べていると、栄養が偏ってしまうからです。

私は南雲吉則さんの圧倒的な外見の若さに説得力を感じています。偉そうに血圧や血糖値について語っている医者のお腹がメタボだと、私は信用出来ません。

以前に皮膚科に通うことになった時、待合室のポスターにレーザーによるシミやイボの治療が紹介されていたのですが、診察してくれた先生の肌がシミだらけで汚かったことが印象的でした。なるべくなら肌の綺麗な先生の皮膚科に通いたいものです。

ダサい髪型をしている美容師にはカットしてもらいたくありません。やはりその人からにじみ出ている結果こそ、信頼できる証なのではないでしょうか。私は還暦を過ぎても黒々としたフサフサの髪をキープしている彼を、しばらくは信じてみようと思います。

そもそも薄毛の原因を特定することは難しく、高血圧のように様々な要因が複雑に絡まりあっていることが多いので、黒ゴマを食べたからといって育毛効果があるとは限りませんが、黒ゴマに含まれている様々な栄養素で血液の質や流れが良くなれば、結果的に様々な薄毛の原因にもアプローチできるのではないでしょうか。

参考白檀の香りに育毛効果が!?

しばらく黒ゴマ生活を続けてみようと考えています。黒ゴマはスーパーや100円ショップにも売られていますが、私が確認した中ではドラッグストアが一番安くて節約になりました。

ちなみにゴマは国産のものは一般的にはあまり出回っていません。ネットで探せば見つかりますが、その辺で売られているゴマよりもかなり高価です。ゴマは外国産でも添加物や保存料が使用されているわけではないので、それほど国産にこだわる必要はないかと思います。

追記 いりごまがおすすめ

私が食べている(フサフサの彼が食べていた)黒ゴマは「いりゴマ」です。

黒ゴマは炒ることで殻が適度に砕けて香り豊かになるそうで、消化にも良くなるので「いりゴマ」をおすすめしておきます。

そもそも一般的に売られているゴマの多くが「いりごま」なので、それほど気にする必要はないと思いますが、中には生のゴマも売られているようなので意識してみてください。

もちろんより消化に良い「すりごま」でもOKです。香りは少ないですが、ちょっとした汁物に合わせやすいので、そのままゴマを食べるのに抵抗がある人には相性が良いかと思います。

ただ健康や薄毛の為だからと、たっぷりとゴマを振りかけてしまうと料理の味が台無しになってしまうので気をつけてください。しばしば健康を気にするあまりに、料理を不味くしてしまっている人がいるのですが、そのせいでストレスが溜まってしまうと、むしろ髪の毛に悪影響があるかも知れません。

直接ゴマを食べるのに抵抗がある人は、あまり無理をしない方が良いかと思います。黒ゴマせんべいやゴマ団子などもあるので、無理のない範囲でゴマを食生活に取り入れてみてください。

どうしても苦手な人はゴマのサプリメントなどでも良いとは思いますが、本物のゴマの方が安くて栄養も豊富なので、節約的にはおすすめです。

コメント

  • 黒ゴマかー、何年か前に話題になっていた気がするけど効果あるんかな?

    by たち・ひろじ €

  • 78の祖母が健康の為に黒ゴマを食べているのですが、白髪が随分と改善されていました。もともと薄毛ではないので育毛効果はわかりませんが。

    by 匿名 €

  • ナッツ類の油分が身体に良いとのことで取り入れていたのですが、高くてあまり続けられないので、これからは胡麻を試してみます。ありがとうございました。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]