節約はレジャー!

食べるにぼしの効能が素晴らしい!下手なサプリメントよりおすすめ

サプリメントのリスク!

先日、久しぶりに親戚のおじさんの家に行く機会がありました。

そのおじさんは定年間近であり、健康にも気をつかっているようで、様々なサプリメントを飲んでいることを自慢げに語り、コレクションを見せてくれました(笑)。

健康診断の結果やお医者さんの指示で栄養を補給しているのであればサプリメントも良いとは思うのですが、素人判断で身体に良いからとたくさんのサプリメントを飲むのは、少々危険なような気がします。

そもそも不足していない栄養素を補給しても、身体に良いどころか消化吸収の負担になりますし、お金も掛かってしまいます。

おじさんの家でトイレを借りた時、直前におじさんがトイレを済ませていたのですが、何とも言えない薬の匂いが充満していたことが印象的でした。

ビタミンCなどは多少取りすぎてもおしっことして排泄されますが、中には身体の中に蓄積してしまう栄養素もあります。

野菜ジュースの飲み過ぎで糖尿病や尿管結石になる方もいますし、何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

ちなみに私は栄養補給目的のサプリメントは飲んでいないのですが、食後に「黒ゴマ」と「食べるにぼし」を少しだけ食べています。

黒ゴマについては別のところで紹介したことがあるのですが、

参考黒ゴマの効果を実感させられる男性に会った!

「食べるにぼし」は栄養価がとても高いので、下手なサプリメントよりもずっとおすすめです。

食べるにぼしの効能

小魚が丸ごと食べられる「食べるにぼし」には、当たり前ですが様々な栄養素が含まれています。

  • カルシウム
  • ビタミンD
  • ビタミンB2
  • たんぱく質
  • DHA
  • EPA

などのサプリメントでも人気の栄養素が含まれていますし、他にも

  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • タウリン

などのミネラル成分もたっぷりと含まれています。

これらの栄養素をサプリメントで摂取するとなると、おじさんのように大変な数になってしまいますが、「食べるにぼし」であれば一つで事足ります。

またサプリメントを食べてもお腹は膨れませんが、「食べるにぼし」は食品なのでお腹の足しにもなります。

これは黒ゴマでもそうなのですが、わざわざゴマから一部の成分(セサミンなど)を取り出して作られたサプリメントより、ゴマそのものを食べた方が、よりたくさんの栄養素を補給できることになります。

手軽さという意味ではサプリメントは便利ですが、健康の為であれば食材から直接補給した方が安くて効率が良いのではないでしょうか。

節約的にも単純に安いですし、内蔵の負担にもなりません。

特定の栄養素ばかり取ってしまうと、内蔵の一部だけが大忙しになってしまうものです。

甘み成分だけを抽出した砂糖が多く含まれているジュースやお菓子を食べると、血糖値が急激に上昇しますが、同じ量の糖分が含まれている果物を食べても、緩やかに消化吸収されていくので、急激な上昇にはならないものです。

白いお米よりも玄米の方が栄養価が高いですし、白い小麦粉で作られたパンより全粒粉で作られたパンの方が栄養価が高いものです。

他にも蕎麦の身の中味だけを取り出した白い蕎麦より、蕎麦殻ごと砕いた黒っぽい蕎麦の方が、ずっと栄養価が高いものです。

焼き鳥のもも肉だけを食べるより、皮や軟骨やレバーや砂ぎもやハツなども食べた方が、栄養バランスが良くなるものです。

これらと同じ理由で「食べるにぼし」の栄養価は、とても優れています。生き物に必要な栄養素が丸ごと含まれています。

「食べるにぼし」は人によっては食べにくいかも知れませんが、サプリメントだって美味しいわけではありませんし、健康の為にと割り切って、少しだけ取り入れるぐらいであれば、それほど難しくないと思います。

単純にサプリメントよりもずっと安いので、節約的にもおすすめです。

まとめ 目的から逆算しよう!

健康の為にサプリメントを取るのが悪いとは言いませんが、食材から丸ごと栄養を取った方が健康にも良いのはイメージできるのではないでしょうか。

これが鰻や松茸に含まれている栄養素となると、なかなか手が出ない価格なのでサプリメントなどを頼るのも仕方がないと思うのですが、カルシウムや流行りのEPAやDHAのサプリメントであれば、安価な「食べるにぼし」から簡単に取ることが出来ます。

何の為にサプリメントを取っているのかというと、やはり健康の為だと思います。

本当に健康的なものは何なのか、よく考えてほしいと思います。

人によっては「食べたるにぼし」が食べにくいという方もいるかも知れませんが、たくさん食べる必要はありません。

私は食後にひとつまみ食べるだけです。

私がよく購入している「食べるにぼし」は85gあり、だいたい一ヶ月ぐらい持ちます。価格は198円です。

一般的なサプリメントよりも、ずっとコスパが良いのではないでしょうか。

「食べるにぼし」だって食べ過ぎるとリスクになりますし、少しずつ取るぐらいで十分です。魚料理を食べた日は食べません。

そもそもよほど偏った食生活でなければ、極端に栄養素が不足することはありません。

一日に必要なカルシウム量をサプリメントだけで取ってしまうと、食事で取れるカルシウムと合わさって過剰になってしまうかも知れません。

栄養が不足して病気になるケースより、食べ過ぎが原因で病気になるケースの方が、ずっと多いものです。

もちろん病院で検査してもらった結果、明らかに不足している栄養素があるのであれば、薬やサプリメントで補給するのが悪いわけではありませんが、テレビや雑誌などで、

「60代は○○が不足しがち」

といった情報を真に受けてしまうと、必要もない栄養素まで取り入れて身体の負担を増やしてしまうかも知れません。

一方で「食べるにぼし」のような栄養価の高い食材であれば、様々な栄養素をまんべんなく吸収でき、身体の負担にもならないので、下手なサプリメントよりもずっと効能が期待できると思っています。

サプリメントにお金をかけている節約家であれば、「食べるにぼし」という選択肢も考えてみてください。

丸ごと食べられる食品だと、最近はナッツなどの栄養価も注目されていますが、ピーナッツ以外は結構高いので、個人的には「食べるにぼし」がベストだと感じています。

追記

実は私は一つだけサプリメントを飲んでいます。

正確にはサプリというより、整腸剤を飲んでいます。

私は男の一人暮らしということもあり、漬物などの発酵食品を毎日食べるのが難しいので、便秘になることがありました。

それで食後に乳酸菌を補給できるサプリを飲むようになりました。

それについては別のところでも紹介しているのですが、

参考乳酸菌のコストパフォーマンス

単純にヨーグルトなどから乳酸菌を取るより、ずっと手軽でコストパフォーマンスが高いので節約的にも助かっています。

このサプリはあるドラッグストアオリジナルのものであり、大手メーカーのものより価格が安いので選んでいます。

乳酸菌サプリだって全ての人に必要なわけではありませんし、わざわざ乳酸菌を取らなくても腸内環境が良い人もいます。もちろん日頃から発酵食品を食べている人にも必要ありません。

私もきちんと飲んでいるわけではありません。説明書きを読むと11歳以上は1日3回食後に2錠とあるのですが、私は夕食後に1錠だけ飲んでいます。

人によっては毎日6錠飲んだ方が良いかも知れませんが、私が1度に2錠を飲んでしまうと、お腹が緩くなり過ぎてしまいます。

たまに飲むのを忘れてしまうと見事にお通じが悪くなるので、1錠がちょうど良いと感じています。

あくまでも自分に合った方法、量を見つけることが大切です。

健康の為だけにヨーグルトを毎日食べているような人であれば、私のようにサプリメントの方がコスパが優れているかも知れません。

単純にヨーグルトの味が好きな人であればいいのですが、ヨーグルトや漬物が苦手だという人であれば、サプリメントの方が精神的な苦痛が少なくなると思います。

またヨーグルトには脂肪や糖分が多く含まれているものもあるので、腸には良くても身体には悪いかも知れません。

そう考えると「食べるにぼし」も、不味くて食べられないという人であれば、サプリメントの方が精神的に良いのかも知れません。

「食べるにぼし」の中にはアーモンドなどを入れて甘く加工されているものもありますし、食べやすい大きさのものもあるので、無理なく続けられるタイプを探してみるのも良いかと思います。

ただ甘く加工されているものだと、糖分の取りすぎになってしまうかも知れないので、やはり食べすぎには気をつけてください。

「食べるにぼし」に限らず、サプリメントや食品でも、食べ過ぎにならないことがポイントなので、しっかりと自分に最適な量を見極めてほしいと思います。

 


ブログランキング参加中!良ければ応援ポチっとお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]