節約はレジャー!

ヤカンや電気ケトルに余ったお湯を捨てずに活用しよう!

ヤカンや電気ケトルに余るお湯

ヤカンや電気ケトルでお湯を沸かした時に、お湯が余ってしまうことがあると思います。

一杯のインスタントコーヒーを飲むためであれば、先にコーヒーカップに水を入れて適量をはかってからお湯を沸かすこともできますが、コーヒーを抽出する場合は少し多めのお湯を沸かす必要があるので、しばしばお湯が余ってしまうものです。

直ぐにまた別の用途でお湯を沸かすのであれば、そのまま余ったお湯を利用できますが、ヤカンや電気ケトルの中で半日ぐらい放置してしまうと雑菌が繁殖してしまったり、ヤカンの成分や電気ケトルのプラスチックの成分が溶け出してしまうこともあります。

そこで今回はヤカンや電気ケトルに余ったお湯を活用する方法を紹介します。そのままお湯を捨てるのではなく、無駄なく活用して節約につなげましょう!

【スポンサーリンク】

余ったお湯の使い道

余ったお湯の使い道として最もおすすめなのが熱湯消毒をすることです。

特に水回りに使用するものはカビや雑菌が繁殖しやすいので、定期的に熱湯消毒する必要があります。

1 歯ブラシ

私がよく余ったお湯を活用するのが「歯ブラシ」です。

歯ブラシの交換時期については色々なことが言われていますが、実はブラシとして問題がなくても雑菌が大繁殖していることがあります。

特に隙間が少ない極細毛の歯ブラシほど乾燥しにくいので、雑菌の温床になってしまいます。

なのでヤカンや電気ケトルに少量のお湯が余ったときに、さっと歯ブラシの熱湯消毒に活用しましょう。歯ブラシであれば少量のお湯で済むので相性が良いものです。

ちなみに多くの歯ブラシにはナイロンが使用されており、熱湯をかけると元の形に戻ってくれます。毛先が開いてしまった歯ブラシを再生することも可能です。

ただ再生といっても完全に新品のようになるわけではないので過度な期待はしないでください。一度毛先が開くクセがついてしまった歯ブラシは、またすぐに開いてしまいます。

あくまでも熱湯で雑菌を消毒することがメインです。

歯ブラシにお湯をかける場合は必ず毛先が下になるようにしてください。毛先が上だと持ち手にお湯が垂れてきて火傷してしまいます。

2 他のブラシ

ヤカンや電気ケトルに余ったお湯が少量の場合は歯ブラシぐらいにしか使えないのですが、それなりにお湯が余った場合は、より大きなブラシの熱湯消毒に活用できます。

お風呂掃除に使うブラシやトイレのブラシなどです。

ただお風呂場は熱湯に強いですが、トイレの陶器に熱湯を流してしまうと割れてしまう可能性があるので気をつけてください。私は家の外で熱湯消毒をしています。

その後はしっかりとブラシを振って水分を飛ばして乾燥させてください。

3 お風呂場のカビ

お風呂場のカビを死滅させるのにもお湯は有効です。

試してガッテンの実験では、お風呂場のカビに50度のお湯を5秒間当て続けると死滅させることができると紹介していました。

より高温の方が死滅効果が高いのですが、お風呂場にはゴムなども使用されているので、沸かした直後の熱湯は避けた方が無難です。

あまり難しく考えなくてよいのですが、ヤカンや電気ケトルに余ったお湯を少し放置し、湯気が出なくなっていれば程よい温度なので、お風呂場のカビが気になる箇所に少しずつかけて殺菌してください。

4 油汚れ

キッチン周りの油汚れを落とすのにも熱湯は効果的です。

頑固な油汚れがある箇所にキッチンペーパーをあてて、少量のお湯を垂らして放置すると油汚れが浮いてくれます。

本格的にキッチン周りを掃除するのであれば大量のお湯を用意したほうが効率的ですが、日ごろからそれなりに掃除している方であれば頑固な汚れは一部だけだと思うので、少量の余ったお湯だけで解決できるものです。

5 雑草対策

雑草対策にも熱湯消毒は効果的です。

雑草を手でむしっても根っこが残るとまた生えてくるのですが、熱湯消毒だと根っこまで死滅させることができます。

ただそれなりにお湯の量が必要なので、少量のお湯が余っただけだと厳しいかも知れません。

間違えてお湯を大量に沸かしてしまった場合など、そのまま捨てるのではなく有効に活用してください。

【スポンサーリンク】

まとめ 余ったお湯は放置しない!

ヤカンや電気ケトルに余ったお湯を一晩でも放置してしまうと雑菌が繁殖するだけではなく、金属のヤカンの成分やプラスチックの電気ケトルの成分が染み出してしまうこともあります。

また徐々に水分が蒸発することで、水道水に含まれている塩素などの成分が残ってしまうこともあります。

一日に何度もヤカンや電気ケトルを使用する方であれば、水をつぎ足しながら使用しても問題はありませんが、放置する時間が長くなるのであれば、やはり余ったお湯は素早く処理した方が良いかと思います。

 

だからこそ、余ったお湯を有効に活用してください。

 

少量であればキッチン周りの頑固な油汚れにパックしたり、歯ブラシを熱湯消毒できます。

余ったお湯の量がそれなりにある場合は、少し大きめのブラシの熱湯消毒やお風呂場のカビを死滅させることに活用できます。

ヤカンや電気ケトルに余ったお湯を無駄なく活用して、節約につなげてほしいと思います。

 

ただし、火傷には十分に注意してください。あくまでも自己責任でお願いします。

 

最後に余ったお湯をヤカンや電気ケトルそのものの掃除に活用する方法を紹介します。

それについては別のところで詳しく紹介しているのですが、

参考電気ケトルをクエン酸で簡単洗浄!

クエン酸があると簡単に水垢を分解することができます。クエン酸は100円ショップにも売られているので、一つあると何かと便利ですよ。

重曹と組み合わせることでさらに活躍の場も広がるので、上手に活用してみてください。


コメント

  • 本当の節約家は余るほどお湯を沸かさないと思うのですが・・・

    by 匿名 €

down

コメントする