節約はレジャー!

お風呂掃除の簡単な時短テクニック!コツはやらないこと?

お風呂掃除の憂鬱

お風呂で遊ぶ子供一日の疲れを癒すお風呂は最高のリラックスタイムですが、お風呂掃除のことを考えると少々憂鬱になるものです。

家族の誰かがお風呂掃除をしてくれるのであれば気にする事もないのかも知れませんが、お風呂掃除をする当人にとっては、やはり大変な作業です。

そこで今回はお風呂掃除を簡単にする時短テクニックを紹介します。

いわゆる本格的なお風呂掃除というわけではなく、ちょっとした発想の転換や手抜きテクニックを取り入れる事で、随分と時短できるので参考にしてみてください。

お風呂掃除は毎日?

お風呂掃除そもそもお風呂掃除は毎日必要なのでしょうか?

湯船のお湯を追い炊きをする家庭では、当然毎日掃除をしているわけではありません。

どこまで気にするかは人それぞれではありますが、必ずしも毎日徹底的に行う必要はないと個人的には考えています。

だからといって何もしないのではなく、ポイントを分けてお風呂掃除をすることで効率を上げることが出来ます。

バスタブの水垢は気になるところなので、お風呂のお湯を排出する時にサッと洗い流すべきですが、必ずしも毎回洗剤で綺麗に擦られなければならないわけでもありません。スポンジでサッと擦るだけで水垢は落ちてくれます。

全く洗剤を使うなという事ではなく、日替わりでポイントを替えて掃除をすることで大幅に時短することが可能です。

洗面器やイスなどの小物の掃除は月曜日、床は火曜日、鏡を磨くのは水曜日、壁は木曜日、ドアは金曜日、土曜日も床、排水溝は日曜日、というような感じで曜日別でポイントを分けて掃除を行うと、日々のお風呂掃除がグッと楽になります。

どれも1~2分程度で行えるので、それほど手間ではありません。逆に一気に全部やってしまうと、汗をかいて疲れてしまうかも知れません。

順番や頻度は自由ですが、このように綺麗に掃除をするポイントを分けることで、日々のお風呂掃除の時間を短縮することが出来ます。

参考ダイソーのお風呂ブラシが便利過ぎた!

お風呂場のカビ対策

お風呂場に発生しやすいカビさらにおすすめしたいのが、お風呂場の簡単カビ対策です。

カビが繁殖しやすい条件というのは、40度前後で湿度が高い状況です。まさに家庭の中でお風呂場が当てはまります。

カビ対策には二つのアプローチがあり、カビを防止する方法と殺菌する方法があります。

簡単カビ防止対策

お風呂場の温度を下げる冷水シャワーお風呂場のカビを簡単に防止するには、単純にカビが繁殖しやすい温度から下げることが効果的です。

これはお風呂場の壁にシャワーで冷水をかけるだけでOKです。

さらにお風呂用の水切りワイパーを使うことで、水分の乾燥が劇的に早くなります。タオルで徹底的に水分を拭き取るのが理想ではありますが、それだと時間が掛かって疲れてしまいます。

お風呂場の水分を拭き取るワイパーシャワーの冷水でお風呂場の温度を下げ、最後にワイパーで水を切るだけであれば1分ぐらいで済みます。

実はこのワイパーで水を切る作業にも掃除の意味があります。

車の窓に付着した虫の跡のような頑固な汚れはワイパーだけでは落ちませんが、大まかな汚れはワイパーだけで綺麗になってくれます。

週に一度ぐらいポイントを分けてお風呂場の掃除をしていれば、このワイパーで軽く擦るだけでこれだけで、それなりに綺麗な状態を保つ事ができます。

冷水のシャワーでお風呂場の温度を下げ、その水を切る事で簡単な掃除とカビ防止てして有効な乾燥を早める効果が期待できます

湯船の水垢は気になるポイントではありますが、水切りワイパーでサッと擦るだけでも全然違うので、ぜひ取り入れてみてください。100均でも売られていますよ。

お風呂場のカビを防止する為には、お風呂場の温度を下げた後の換気も大事なポイントになるのですが、実はお風呂場の換気扇はドアを閉じ切った状態で回した方が早く乾燥すると言われています。

大抵のお風呂場のドアには下の方に換気口があります。そこから家の中の乾いた空気を取り入れることで、水分が溜まっているお風呂場の床側から乾燥する設計になっています。

お風呂の換気扇を回しながらドアの換気口に手を近づけてみると、部屋の中の空気が入り込んでいくのがわかると思います。

お風呂場のドアを大きく開けてしまうと、外の空気がダイレクトにお風呂場の天井の換気扇に吸い込まれてしまうので、湿っている床側の乾燥が遅くなってしまいます。

ドアを開けた方が早く乾燥するイメージがある人も多いとは思いますが、むしろ遅くなるので気をつけてください。

ある程度換気扇を回して止めるタイミングで、ドアを解放するのであればOKです。

ただし冬場の暖房器具などで部屋の空気が極端に乾燥している場合は、あえて換気扇を回さないでドアを解放した方が早く乾燥するケースもあります

これは加湿器替わりにもなるテクニックなので、冬場に暖房器具を使っている家庭は意識してみてください。

参考暖房費を節約するポイント!

お風呂場のカビを防止するには、この空気の乾燥がポイントになるので、それぞれの環境に合わせて対処しましょう。

簡単カビ殺菌

既にお風呂場にカビが生えてしまった場合は、しっかりと殺菌する必要があります。専用の洗剤やカビ取り剤を利用してもいいのですが、私が意識してたまに行っているのは、高温のお湯でカビを殺菌をする方法です。

カビは40度前後で大繁殖しますが、50度を超える死滅してしまいます。

カビが気になるポイントに、ヤカンで沸かした熱湯をかけてもいいのですが、熱湯だとお風呂場の材質によっては傷んでしまうので、熱めのシャワーが簡単でおすすめです。

これはNHKのガッテンで紹介されていたテクニックなのですが、50度のシャワーを5秒当てるだけでカビを殺菌することが出来るのだそうです。頑固なカビには長めに熱いシャワーを当ててください。

ただしシャワーの跳ね返りには十分に気をつけてください。高温にし過ぎると火傷のリスクも増えるので、やはり50度ぐらいが良いかと思います。

お風呂の天井も掃除できるクイックルワイパー特に天井の熱湯消毒は跳ね返りが危険なので、クイックルワイパーを使った除菌方法がおすすめです。

参考クイックルワイパーの効果的な使い方

そもそも普段から冷水でお風呂場の温度を下げてから乾燥させていると、天井にカビが生えるようなことは少ないので、天井は年に数回だけ掃除するぐらいで十分だと思います。

熱湯によるカビの殺菌を行ったあとでも、冷水シャワーでお風呂場の温度を下げるのを忘れないでください。

熱湯による殺菌も毎日行う必要はありません。カビの潜伏期間が1週間から10日ほどと言われているので、週一回の殺菌で十分な効果が期待できます。

まとめ お風呂掃除の時短テクニック

曜日別にお風呂掃除をする時短テクニックお風呂掃除の時短テクニックをまとめると、曜日でポイントを分けて少しずつ掃除をし、冷水シャワーで温度を下げてカビを防止し、ワイパーで水分を切る事で簡単な掃除をかねて、しっかりと浴室を乾燥させる事です。

お風呂場のドアは締めきった方が換気扇の効率が上がるので、そこは間違えないでください。意外と多くの人が見逃しているポイントです。

そしてカビ対策として、週一回の熱湯シャワーで殺菌しましょう。

ちなみに現在の私は食器洗い用の洗剤でお風呂掃除をしているのですが、

参考お風呂用洗剤は食器用で代用できる!

必ずしもお風呂専用洗剤でなくても問題はありません。防カビ成分などは入っていませんが、カビが発生しやすい条件を排除すれば大丈夫です。

お風呂専用洗剤も高いものではないので、無理に食器用洗剤にすることもないのですが、基本的に洗剤の成分は界面活性剤なので、泡立てて擦れば問題ありません。

お風呂掃除に使うスポンジも食器洗い用のものを使用しています。お風呂用のスポンジだと一個で100円ぐらいしますが、食器洗い用のスポンジだと5個で100円もしないので、節約的にもおすすめです。

食器を洗うスポンジなので傷が付くようなこともありませんし、スポンジが薄いのでお風呂の隅や蛇口や排水溝の掃除といったものもやりやすいですよ

参考食器洗いのスポンジの交換頻度は?

また意外なところでは、石鹸やシャンプ―の質によってもお風呂場の汚れ具合は変わります。現在の私はノーシャンプー、ノー石鹸の生活を実践しているのですが、昔と比べてお風呂場の汚れが随分と少なくなりました。

参考ノーシャンプー脱石鹸で一年経って感じた事

意外とシャンプーや石鹸の残りが汚れの原因となっているものです。これは洗濯機のホースの中の汚れで考えると分かりやすいのですが、必要以上に洗剤を入れてしまうと、余計な汚れの原因となってしまいます。

他にも入浴剤なども関係するかも知れません。これらの成分がお風呂場の汚れの原因となる事もあるので、安易に使い過ぎたり、泡のまま残してしまうような事は避けた方が良いと思います。

銭湯の脱衣所お風呂掃除を徹底的に行わないと気が済まない潔癖症の人にとっては、今回紹介した時短テクニックは許せないのかも知れませんが、そのようなタイプの人は、あえて銭湯に行くという選択肢も考えてみてください。

一人暮らしであれば自宅でお湯を貯めるより、ずっと安く済むかも知れません。

またスポーツジムの会員になればシャワーやお風呂が使えます。月会費によっては銭湯よりもさらに安く済むかも知れません。

参考公共のスポーツジムで節約!

立地次第ではありますが、上手く条件が合えば節約にも時短にもなるかと思います。

他にも完璧に仕上げたい人や家族が多くてお風呂場が汚れやすい家庭などは、あえて専用のグッズを導入するのも良いかも知れません。

電動ブラシだと腰を屈める事なく床やバスタブの底まで掃除できるので、時短になるだけでなく余計な疲れも残さずに済むかも知れません。

節約という意味では、あまりおすすめできるグッズではないのですが、お風呂掃除にどれぐらいのレベルを求めるのかは人それぞれですし、求める綺麗さお風呂場の広さなども違うので、家庭によっては随分とお風呂掃除の手間や時間を短縮できるかも知れません。

お金に余裕がある家庭であれば、お風呂掃除がしやすい浴室にリフォームしたり、定期的にプロの掃除業者に頼むのも良いと思いますが、私のような節約家であれば、それぞれが納得できる範囲で今回紹介した手抜きテクニックを取り入れてみてください。

お風呂掃除の時短テクニックというのは、どのレベルを目指すかによって変わるので、一概に正解があるわけではないのですが、上手くポイントを分けて行う事で格段に手間を減らせるので意識してみてください。

お風呂場の窓がある家庭であれば、季節によっては窓を解放した方が早く乾燥するかも知れませんし、お風呂場の温度を下げるのにも役立つと思います。

個人的にはお風呂用の水切りワイパーを使うようになってから、随分と楽になったと感じているのでおすすめです。100円ショップなどにも売られていますし、窓掃除などにも使えるので家庭に一つあると便利ですよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]