節約はレジャー!

洗濯槽の掃除で最もコスパが良い方法を調べてみた!

洗濯槽の掃除

洋服を綺麗に洗濯するための洗濯機の中が、カビや雑菌で汚れていると洋服にイヤな臭いが残ってしまうことがあります。

特に湿度の高い梅雨時などは注意が必要です。洗濯槽の掃除を定期的にする必要があります。

洗濯槽の掃除というと、専用品である「洗濯槽クリーナー」が思い浮かぶものですが、実はその他のものでも代用できます。

そこで今回は洗濯槽の掃除で最もコスパが良い方法を調べてみました。ケースバイケースではあるのですが、それぞれの家庭に合わせてコスパが良い方法を選択してみてください。

【スポンサーリンク】

1 洗濯槽クリーナーのコスパ

ドラッグストアなどでよく売られている、使い切りタイプの液体洗濯槽クリーナーの相場は、一本あたり200円ぐらいでしょうか。

セール中だったり、プライベートブランドだと180円ぐらいで見つかることもあります。上手く購入すれば税込み価格で200円未満で抑えることが可能です。

ネットで探せばもう少し安いケースもありますが、送料のことを考えると近所のスーパーやドラッグストアの方がコスパが良いかと思います。ホームセンターでも良く安売りしていますね。

2 重曹のコスパ

重曹は安いものだと1㎏辺り300円前後で見つかります。100円ショップでも350gで108円です。

洗濯槽の掃除を重曹で行う場合、約200g(1カップ)必要なので1㎏で300円だと5回分に相当します。一度の洗濯槽の掃除で60円ぐらいになります。

重曹はクエン酸と組み合わせることで化学反応し、さらなる掃除効果を発揮するのですが、200gの重曹に対して十分な量のクエン酸となると、かなりコストが弾むので個人的にはおすすめしません。

3 粉末漂白剤のコスパ

粉末漂白剤で有名なのはワイドハイターEXになるでしょうか。本体価格は400~500円ぐらいですが、詰め替えパックだともう少し安くなります。容量は本体530g、詰め替えだと450gです。

粉末漂白剤で洗濯槽の掃除を行う場合について調べてみると、洗濯の専門家いわく水10リットルに対して50g必要とのことなので、50リットル(容量が5㎏)の洗濯機だと250g必要になります。

これだと一度の洗濯槽の掃除で250~300円ぐらいの計算になります。コスパはあまり良くありません。

ただし、粉末漂白剤の主な成分は過炭酸ナトリウムなので、過炭酸ナトリウム単体で購入すると1㎏で500円前後で見つかります。

こちらでコスパを計算すると、一度の洗濯槽の掃除で150円未満に抑えることが可能です。

そもそもワイドハイターのような粉末漂白剤は、洋服の汚れを落とすことが本来の目的なので、過炭酸ナトリウム以外の成分もたくさん含まれています。

洗濯槽の掃除に限っていれば、過炭酸ナトリウム単体で購入した方がコスパが良くなります

ただし、過炭酸ナトリウムは一般的なドラッグストアで売られているとは限りません。実際に私の住んでいる地域にあるドラッグストアをいくつか探しましたが、見つかりませんでした。ネットでの購入がおすすめです。

4 100均アイテム

最近の100円ショップには液体の洗濯槽クリーナーや粉末タイプの洗濯槽クリーナーが売られています。

100均大手のダイソーに行ってみると、液体の洗濯槽クリーナーが2種類、粉末タイプは3種類もありました。

使い切りの液体タイプだと108円で洗濯槽の掃除が出来ることになりますが、粉末タイプだと2回分とあったので、そちらを購入しました。

これだと一度の洗濯槽の掃除で54円相当になります。コスパ抜群です。

ちなみに粉末タイプの洗濯槽クリーナーの成分表を確認してみると、過炭酸ナトリウムとなっていました。他にも炭酸ナトリウムや界面活性剤などが含まれているのですが、最も左に表示されている主成分が過炭酸ナトリウムです。

【スポンサーリンク】

まとめ コスパが良いのは過炭酸ナトリウム!

100円ショップで購入した粉末タイプの洗濯槽クリーナーの一袋あたりが、75gで一回分ということは、上で紹介した過炭酸ナトリウム単体の75gでも代用できると考えられます。

過炭酸ナトリウムはネットで探すと1㎏で500円程度で見つかるので、一回あたり75gだとすれば37.5円で済む計算になります。これが最も洗濯槽の掃除でコスパが良い選択肢だと思われます。

ただ過炭酸ナトリウムの適量について調べてみると、あまりにも意見がバラバラでした。

洗〇王子が言うには水10リットルに対して50gですし、家事〇もんが言うには水10リットルに対して100gです。

ダイソーの粉末タイプの洗濯槽クリーナーの、洗濯機の容量が7kg未満は一袋(75g)とは大違いです。

初めての洗濯槽の掃除や久しぶりに行うのであれば、それなりに汚れている可能性が高いので多めに使用しても良いとは思うのですが、定期的に洗濯槽の掃除を行っている方であれば、75gでも十分なのではないでしょうか。

細かな事を言えば、小型の洗濯機で容量が5キロだった場合、過炭酸ナトリウムも50~60gで十分かも知れません。

ちなみに当サイトでは、以前に電気ケトルの掃除について紹介したことがあるのですが、

参考電気ケトルをクエン酸で簡単洗浄

電気ケトル専用の薬剤より、クエン酸単体の方がずっとコスパが優れていると紹介しました。洗濯槽の掃除も同じなのだと思います。

洗濯槽の掃除は洗濯機のタイプ(縦型、横型)や洗濯槽のサイズ(容量)によっても違うので、過炭酸ナトリウムがベストとは一概には言えないのですが、コスパで考えるとベストな選択だと思います。

また重曹や粉末漂白剤(ワイドハイターなど)は他の用途にも使用できるので、大きなサイズやまとめ買いをすることでコストを下げることが可能なので、そちらで代用しても構いません。

100円ショップの粉末タイプの洗濯槽クリーナーもコスパは悪くないです。

いわゆる王道の洗濯槽クリーナーが最も高くつく可能性が高いので、なるべくなら他のもので代用して節約につなげてほしいと思います。

それぞれの家庭の使用頻度に合わせて、コスパが良い洗濯槽の掃除方法を選んでみてください。

またどの掃除方法が最も汚れが落ちるとも言えません。洗濯機のタイプや洗濯槽の形状によって汚れの種類も変わってくるので、必ずしも正解があるわけではありません。中には相性の悪いケースもあります。

なので、初めて洗濯槽の掃除を行う方は一度洗濯機の説明書を確認してください。手元に説明書がない場合は、「洗濯機の型番+説明書」とネットで検索すると確認できると思います。

ちなみに洗濯槽を掃除する時の水は、40~60℃ぐらいが良いとされています。最新の洗濯機であれば自動でお湯の温度を変えてくれますが、そうではない洗濯機の方は水の温度も意識してみてください。

人間の皮脂汚れや洗剤や柔軟剤の残りカスは、水の温度が高いほど落ちやすくなります。熱湯だと洗濯槽を痛めてしまうので危ないのですが、ぬるま湯が良いと覚えておいてください。

そして洗濯槽の掃除を行うと黒いカビが浮いてくることがあります。これをそのまま排水してしまうと排水ホースや排水口が詰まる原因になるので、ゴミ取りネットなどで取り除いてください。

使い古したストッキングや薄手の生地の洋服があれば、針金ハンガーと組み合わせて自作することも可能ですが、100円ショップでもネットが売られているので、初めて洗濯槽を掃除する方は100円ショップで、洗濯槽クリーナーとネットをセットで購入するのが良いかと思います。

洗濯槽を掃除するときの水の温度や攪拌するタイミング、放置する時間などの説明もあるのでおすすめです。

一方で頻繁に洗濯槽の掃除を行っている方は、ネットで過炭酸ナトリウム単体を購入するのが良いかと思います。

【amazon】過炭酸ナトリウム

【楽天】過炭酸ナトリウム

上手く送料を抑えて節約につなげてほしいと思います。


down

コメントする