節約はレジャー!

掃除機が必要ないライフスタイルとは?手放す方法!

掃除機は必要?

竹ぼうき昔の日本では掃除機がない生活が当たり前でした。その頃はホウキや雑巾がけで掃除をしていました。

一方で現代では掃除機を使用することが当り前になっています。果たして本当に全ての家庭に掃除機は必要なのでしょうか?

そこで今回は掃除機が必要な人、必要ではない人の差について考察します。当たり前に受け入れている常識を意識に上げて、改めて考えてみることで無理なく手放せるかも知れません。

掃除機の強み

強力な掃除機掃除機の強みは何と言っても吸引力です。

ホウキや雑巾がけでは届かない隙間のホコリを吸い取ることが出来ます。またノズルを伸ばすことによって、ソファーの下などの手が届かない箇所の掃除もしやすい特徴があります。

そして何といっても掃除機の吸引力が必要なのは「絨毯」の掃除です。

絨毯の繊維に絡まっているホコリやダニの掃除に関して言えば、ホウキや雑巾ではどうにもなりません。

家中に絨毯を敷き詰めている家庭では、掃除機を手放すことは現実的ではありません。

逆に言えば、大きな絨毯さえなければ掃除機を手放すライフスタイルが可能ということでもあります。これが一つの目安になるかと思います。

フローリングが中心の家庭であれば、掃除機を手放しても問題ないかも知れません。

掃除機のデメリット?

次は掃除機のデメリットについて考えてみます。

掃除機のデメリットというのは「騒音」ではないでしょうか。集合住宅では掃除機をかける時間帯を気にする必要があります。

さらに細かくわけていけば、掃除機の購入代金や収納スペース、電気代や紙パック代もかかります。

最新の掃除機は小型化もすすみ壁に立てかけておくことも出来るので、収納スペースの問題は昔よりも少ないですし、紙パックもサイクロン式であれば問題になりません。

サイクロン式掃除機の分解ですが、安いサイクロン式掃除機だと吸引力を保つのにこまめにフィルターの掃除をしなければなりません。

これには結構な手間と時間がかかるというデメリットがあります。私自身も所有していますが、はっきりいって紙パック式の頃の方が良かったと感じています。

もちろんダイソンの最新式の掃除機であれば、フィルターの掃除も簡単になっているそうなので、これも問題にはならないかもしれませんが、それなりの出費を覚悟しなければなりません。

ダイソンの掃除機の購入者のレビューをみると意見が分かれているのですが、一定数の人がバッテリーの劣化の問題をあげています。少し古いタイプだと交換できなかったり、交換できたとしても1万オーバーで高くついてしまいます。

充電式の掃除機はスマホの電池のように徐々に使用時間が短くなってしまうのが宿命なので、一気に家中を掃除するとなると使いにくくなるケースが珍しくありません。

結局はコード付きの掃除機に戻す人も多いようなので、最新の掃除機が必ずしも優れているとは限りません。

手放しても問題ない家庭

フローリングとイスと女性一方で掃除機を手放しても問題ない家庭というのは、絨毯を使用していないフローリングや畳の部屋に住んでいる方です。

小さなラグマットやキッチンマットのようなものであれば、外に持ち出してホコリを叩くことも出来るので、必ずしも掃除機が必要なわけではありません。私のライフスタイルもこれに当てはまります。

また絨毯を外に持ちだすことが出来なくても、ちょっとした大きさのものであれば「コロコロクリーナー」だけで綺麗に掃除をすることも可能です。

参考コロコロクリーナーのおすすめ

そもそも絨毯がなければ部屋のホコリを出す原因も少なくなります。さらにカーテンをブラインドやロールカーテンなどにすることで、ホコリの発生源を大幅に減らす工夫も可能です。

昔の日本ではこれらようなホコリの発生源が少なかったので、ホウキや雑巾がけで綺麗な状態を保つことが出来ていました。

フローリングの掃除はホウキでもいいですし、最近ではお掃除ワイパーという便利なモノもあります。

しかもシートは正規品でなければ激安で手に入るので、それほど家計の負担にはならないと思います。正規品でも箱買いをすることで節約することが出来ます。

クイックルワイパーの正規品お掃除ワイパーの本体は、柄がしっかりとしている物(クイックルワイパー等)がおすすめですが、シートの維持費は掃除機の価格に迫るようなことはありません。

参考クイックルワイパーの効果的な利用法

掃除機のような騒音もないので、時間を選ばないのもメリットです。

コロコロクリーナーやお掃除シートのメリットというのは、汚れが気になった時にサッと行えることでもあります。掃除機のように物置から取り出してとなると、まぁいいやと見過ごされてしまうものです。騒音が気になる深夜であれば尚更です。

他にもホウキや雑巾がけをするという選択肢もあります。掃除の手間は少し増えてしまいますが、節約という意味では圧倒的に優れています。

あくまでも家庭環境次第ではありますが、掃除機がなくても掃除に困らないライフスタイルをおくることは、意外なほど難しくありません。

絨毯が敷き詰められた広い家に住んでいるのでなければ、意外なほど困らないものです。

「掃除=掃除機をかける」

という思い込みは捨ててください。ワンルームのフローリングに掃除機は邪魔なだけです。

まとめ 掃除機の意外な役割

ここまで「掃除機が必要ないライフスタイル」を紹介しておきながら、私自身は掃除機を捨てることが出来ていません。

掃除には全く使っていないのですが、布団圧縮袋を使用するときに掃除機の吸引力が必要だからです。

私は狭いアパート暮らしなので収納スペースに限りがあります。布団圧縮袋は必需品です。衣替えのシーズンになると掃除機を使用して空気を抜く必要があります。

ちなみに普段の掃除には、クイックルワイパーと100均で購入した毛ばたきを使用しています。

家具の裏や隙間のホコリは毛ばたきで簡単に絡めとることができるものです。お掃除ワイパーのように使い捨てのタイプもありますが、窓を開けてクルクルと回すとホコリが拭き飛んでくれるので節約という意味でも最高のアイテムです。

たまに逆風が吹くと大変なことになりますが・・・。

我が家の掃除は基本的にクイックルワイパーと毛ばたきと、たまにコロコロクリーナーを使用するだけで全く問題はありません。掃除機のように取り出す手間もないので、思いついたタイミングでサッと掃除できてしまいます。

頑固な油汚れなどは、使い古したシャツの切れ端を雑巾代わりにして拭き取って捨てています。

参考着なくなった洋服の活用法

掃除機を使っていた頃よりも掃除にかける時間は大幅に減りました。そして何よりも掃除機のフィルター掃除がイヤだったので、それから解放されたのも大きいです。

布団圧縮袋に使用するだけならほとんどゴミが貯まらないので、何年間も本体の掃除はしていません。

また掃除機のうるさい音が苦手だったので、そのストレスも無くなりました。

私のライフスタイルに限って言えば、布団の収納袋の問題さえなければ、掃除機は全く必要ありません。

同じようにフローリングの部屋に住んでいる人であれば、掃除機を手放しても問題がないどころか、掃除がグッと楽になるかも知れません。

私は北海道に住んでいることもあり、部屋に備え付けの石油ファンヒーターがあり、これのフィルター掃除に掃除機を使うように説明書に書いてあるのですが、取り外しできるフィルターなのでコロコロクリーナーだけで掃除できてしまいます。

参考暖房費を節約するポイント!

他にも掃除機の吸引力が必要な家電製品などがあるのかも知れませんが、そうではない人であれば無理なく手放すことができると思います。

最新の掃除機はコンパクトでコードレスで使い勝手も良さそうですが、値段もびっくりするほど高くなっています。

節約という観点から考えると、雑巾やホウキを使うのが一番だとは思いますが、フローリングの掃除に限っていうとクイックルワイパーの方が圧倒的に効率が良いので、それぞれの部屋の状況に合わせて最適な掃除方法を選んでみてください。

掃除機を使うのが当たり前だという思い込みを一度捨て、改めて考えてみることが大切です。もしかしたら全く掃除機が必要のないライフスタイルをストレスなく手に入れられるかも知れません。

学校の掃除を思い出してみてください。掃除機がなくても事足りたはずです。

今ある掃除機を直ぐに捨てろとは言いませんが、日頃からホコリが少なくなる工夫を取り入れておくことで、掃除機の買い替えのタイミングで不必要だと判断出来るかも知れません。

絨毯やカーテン、ソファの素材もホコリの量に影響を与えます。それらも意識できるようになると、その内に無理なく掃除機を手放すことが出来るかも知れませんよ。

追記 その後に掃除を手放しました

6年ほど使用していた布団圧縮袋から空気が漏れるようになってしまい、新しい布団圧縮袋を探していたところ、何と掃除機なしでも可能なものが見つかりました。

いつからこのタイプが売られていたのか知らなかったのですが、もっと早く気がつけばよかったです。これのおかげで無事、掃除機を手放すことに成功しました。

リサイクルショップに持ち込んだところ、残念ながら買取できないと言われてしまい、大型ゴミとして処分(300円)しました。

リサイクルショップの店内を見渡してみると、確かに古い掃除機は見当たりませんでした。最新の高い掃除機だけが買い取り対象のようです。

参考不要なモノはリサイクルショップで分かる!

一方でお掃除ロボットは結構な数が売られていました。おそらく大した掃除の効果がなかったのだと思われます。

そもそもお掃除ロボットと相性の良い家というのは、大きなリビングがある家ぐらいです。しかもお金持ちの家のようにモノが少なくスッキリとしていなければなりません。

一般的な家の広さなら、サッとクイックルワイパーで掃除した方がずっと効率的なのではないでしょうか。

一般的な掃除機も必ずしも全ての家庭に必要とは限らないので、それぞれのライフスタイルに合わせて考えてみてください。考えるという行為が新たな発見につながっていきますよ。

コメント

  • 私もかれこれ十数年は掃除機を使っていません、箒だけで何とかなるものですよ

    by ガスよ €

  • 子猫かわいいw
    ペットを飼っている家庭には、普通の掃除機も必要ですよ。

    by 匿名 €

  • ルンバは家の広さもそうだけど、段差のない新しめの家でないと意味がない

    by 匿名 €

  • ダイソンはうるさ過ぎて使いたくなくなる。結局クイックルワイパーに頼ってばかり。ホントに掃除機はいらんわ

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当ブログ「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。

二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。

当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。