節約はレジャー!

スマホのバッテリー寿命を長持ちさせる為に知っておきたいこと

スマホのバッテリーの寿命

スマホのバッテリーの寿命は機種によって違うので、一概に定義することは出来ないのですが、平均すると2~3年と言われています。

実はこれにはカラクリがあります。

それはスマホを販売する側に買い替え需要を促す目的が隠されているということです。

スマホを売る側の都合

もしスマホのバッテリーが5年ぐらい長持ちしてしまうと、新しい物好きの人以外は買い替えることがありません。

この買い替えサイクルだと新しいスマホが売れないので、売る側は様々な仕掛けを仕組んでいます。

有名なのはiPhoneを販売しているAppleが、バッテリーの性能が落ちてくると意図的に動作速度を抑える仕組みを組み込んでいたことです。これが明るみになってニュースになりました。

これを知らなかった多くのユーザーが、動作が遅くなったiPhoneに不満を感じるようになり、一定数が最新機種に買い替えるという流れになっていました。

スマホのバッテリーの交換費用は機種によって違うのですが、あえて高価格にすることで機種変更を促すような仕掛けもあります。

中にはバッテリーの交換が出来ないスマホもあるほどです。

さらに多くのスマホに当てはまることですが、OSやアプリを含めた様々なソフトがアップデートしていく度に、データー量が増えて動作が遅くなっていきます。

これはパソコンで考えるとイメージしやすいかも知れません。

私が初めてパソコンを購入したのが20年ぐらい前なのですが、そのパソコンを使い始めて間もない頃は、とてもサクサク動いていました。

しばらく使用しているうちに、どんどん動作が重たくなっていきます。

パソコンを初期状態に戻しても、OSやソフトがアップデートされると再び重たくなってしまいます。

その最新のOSをサクサク動かす為には、そのままでは難しいということになり、より高性能なパソコンが必要になってしまいます。

メモリを増設して性能をアップさせてみたのですが、それにも限界があり、結局は新しいパソコンでないと快適な動作ができなくなってしまいます。

私のパソコンはデスクトップだったので、電源はバッテリーではないので劣化することはないのですが、パソコン側の仕組みではなく、OSやソフトの進化でサクサク動かすには十分ではない性能に格下げされてしまいました

この流れは現在のパソコンにも当てはまります。当時のパソコンと現在のパソコンでは性能が何十倍ものになっていますが、OSに求められる性能も何十倍になっています。

これと同じような事がスマホでも行われているので、バッテリーを交換しても購入して間もない頃のようにサクサク動くとは限らないわけです。

さらに言うと、ソニータイマーやアップルタイマーという言葉もあります。

これはメーカーの保証期間が過ぎると、急に性能が落ちたり故障するケースが増えることで、このような言葉が生まれました。

メーカー側はもちろん否定していますが、保証期間が2年であれば余裕で10年もつパーツを組み込むより、2年半はもつパーツを組み込んだ方が、買い替え需要が期待できて都合が良いのはイメージできるのではないでしょうか。

ちょっと予算をかけるだけで10年もたせることができたとしても、あえてやらないということも考えられますし、同じ予算をかけるならより耐久性よりも高機能にする方に投資することも考えられます。

要するにスマホを売る側は長く使ってもらっては困るので、最新機種への買い替えを促す仕組みがあるということです。

スマホのバッテリーの寿命を長持ちさせたいのであれば、まずはこれを理解しておいてください。そうすると対策も見えてきます。

スマホのバッテリーを寿命を長持ちさせる方法

一般的によく言われているスマホのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法というのは、

「フル充電で放置し続けない」

というものです。これは一晩中スマホを充電し続けるようなことです。

ただ最近のスマホはこれに対処しているので、あまりバッテリーの寿命には影響がないともいわれています。

また昔の携帯電話のバッテリーは、充電する回数で寿命が短くなっていたのですが、これも最近のスマホであれば充電回数は寿命に影響がないと言われています。

現在のスマホは充電時間や頻度で、バッテリーの寿命は大きく変化しないというのが主流です。

これに関しては異論はないのですが、気をつけてほしいのは「充電中にスマホを使用しない」ということです。

スマホに限ったことではありませんが、多くの電子パーツは熱によって劣化していきます。

充電中のスマホに触れると熱を感じることがあると思います。そこでスマホを使用してしまうと、スマホ内部が高熱になってしまいます。

特に急速充電の場合は注意が必要です。

急速充電そのものが悪いというよりも、急速充電で熱をもってしまっている状態で使用するのが悪いということです。

特に動画の視聴のような高負荷がかかる状態で急速充電してしまうと、スマホ内部にかなりの熱をもってしまいます。

この熱くなる状態を避けることこそが、スマホのバッテリーの寿命が長持ち(縮めない)する方法です。

こまめにスマホを充電したり、フル充電させないように気をつけることよりも、スマホを充電しながら使用しないように気をつけてください

細かなテクニック

ここからは細かなテクニックについて紹介します。劇的に電池の寿命を抑えられるというわけではないのですが、いくつも積み重なる事で負担になっている要素を排除しましょう。

まずは不要なアプリをアンインストールすることが効果的です。

そのアプリを使用していなくても、勝手にバックグランドで動いていたり、アップデートする度にメモリを奪われてしまうので、動作が不安定になったり、バッテリーに負荷が掛かってしまいます。

一度も使う事のない不要なアプリがたくさん入っているので、それらを削除してしまいましょう。

一方でたまにしか使わないアプリの場合は、通知をOFFにしてしまうのも効果的です。設定画面から簡単にできます。

電池が消耗する通知ランプ他にも画面の明るさや音量を抑えるのも電池の消耗を抑えるのに効果的です。また機種によってはスマホの画面を下に向けて置くと、通知ランプが点灯しなくなるケースもあります。何かしらの通知ランプが付いている時に、下を向けて確認してみてください。

そして意外と見落とされているのが、スマホの再起動です。パソコンやスマホが重たくなっていた時に、再起動するだけで元に戻る事があります。

スマホでいくつものアプリを使用していると、前に使ったアプリが直ぐに起動できるように待機状態になっています。これがいくつも重なると動作が重たくなり、電池の負担にもなってしまいます。

他にもキャッシュと呼ばれるデーターが保存されています。これは次に使用した時にスムーズに動作するように、共通のデーターを予め保存しておくような機能なのですが、これも貯まり過ぎると負担になってしまいます。

これらのような一時的なデーターを個別に削除する事もできるのですが、再起動するだけで綺麗な状態に戻ります。

そしてこの再起動と共通する事なのですが、スマホを使わない時は電源を落としてしまうのも有効です。マナーモードにしておく人が多いと思いますが、電源を落としてしまった方が電池の消耗が抑えられます。

当たり前の事ですが、意外と多くの人が見落としてしまっている方法なのではないでしょうか。

よほどの緊急の連絡を待っているような時でなければ、こまめに電源を落とす事で電池の消耗をかなり抑える事ができます。

スマホは使用していない時でも、常に近くの電波基地を探していたり、Wi-Fiを探していたり、GPSを探していたり、ブルートゥース機器を感知していたりします。それらも設定次第で解除する事も出来るのですが、一番簡単なのは使わない時に電源を落としてしまう事です。

電源を落としている時のSNSの通知といったものは、電源を入れるときちんと反映されるので安心してください。

まとめ スマホを使い分けよう

スマホは一台だけで何でも出来てしまう便利なものですが、何でも出来てしまうだけに過酷な状況に追い込まれてしまいます

音楽を聴きながらスマホゲームをしたり、動画視聴の時間が長くなると熱をもってしまいます。

するとメーカーの保証期間が過ぎた頃に、バッテリーや本体の寿命を迎えてしまいます。

このような事にならない為にも、日頃から熱をもつバッテリーの充電中の使用は避けてください。選べるなら急速電源も避けた方が良いかと思います。

そして個人的におすすめなのは、前のスマホも利用する方法です。

これは自宅でWi-Fi環境がないと難しいのですが、動画視聴のような高負荷がかかる時にメインのスマホを使用するのではなく、前のスマホを使用するようなことです。

もちろんパソコンやタブレットでも構いませんが、このような使い分けをする事で、高価で大切なスマホに高負荷が掛かる時間を少なくすることができます

音楽をよく聴くならスマホではなくiPodやウォークマンを使用したり、電子書籍を読むなら専用のタブレットを用意するようなことです。

節約的には様々な専用品を用意してしまうと損しているように感じるかも知れませんが、それらの専用品は特定の機能に特化しているだけに、余計なパーツが組み込まれておらず、バッテリーの寿命も長い傾向があります

たまにしか音楽を聴かない、写真を撮らない、動画を視聴しないという事であれば、わざわざ専用品を用意する必要はありませんが、毎日何時間もスマホでそれらの事をするのであれば、専用品の方が使いやすいものです。

私自身も格安のタブレットをもっており、音楽の視聴はウォークマンを使用しているので、自宅の中でスマホを使うのは連絡ぐらいのものです。

このような使い方であれば、不要なアプリをどんどんアンインストールすることができます。

スマホで頻繁にグーグルマップを使う方であれば、アプリを入れておくのは良いと思いますが、たまにしか使わないなら専用アプリでなくてもブラウザ上で事足ります。

YouTubeの視聴のようなものでも同じです。スマホでたまにしか利用しないのであれば、わざわざ専用アプリは必要ありません。

様々な機能があるスマホは便利ですが、頻繁に使うアプリ以外はアンインストールすることでバッテリーの負荷を減らすことができます。

さらによく使う機能があれば、アプリではなく専用品を用意した方が、使い勝手もよく寿命が延びてコストパフォーマンスも高くなる可能性があるので、上手に使い分けてみてください。

もちろんたまにしか動画を撮らないという人にデジカメが必要ないように、なんでもかんでも専用品を用意する必要はありませんが、毎日のように使うスマホの機能があれば、上手に専用品と使い分けてみてください。

するとスマホの使用頻度が減って一晩中バッテリーを充電するようなこともなくなり、不要なソフトで動作が遅くなることも無くなり、余計な熱をもつことがなくなるので、結果的に高価なスマホ本体やバッテリーの寿命が長持ちするようになります。

メーカーの保証期間は、それなりにハードに使用した場合でも持つ期間に設定されているので、それほど負荷をかけない使い方であれば、まだまだ持つ可能性があります。

最新スマホはとんでもなく高価ですが、使用する目的によっては数千円のタブレットや音楽プレイヤーの方が使いやすいので、上手に使い分けてみてください。

3万円のスマホと1万円のタブレットを組み合わせて4年使うのと、8万円の最新スマホを2年置きに買い替えるのだと、4倍もの価格差になるものですよ。

このような使い分けは自宅にWi-Fi環境がないと難しいですが、スマホのデータープランを少量のものにできるので、現在大容量プランに入っている人だと、むしろWi-Fi環境を構築した方が節約できるかも知れません。

特に家族が多い家庭であれば、大幅に通信費を節約できるので検討してみる価値があると思います。

コメント

  • スマホの電源を切ったことがなかったので不安だったのですが、やってみると本当にサクサク動くようになりました。ありがとうございます。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当ブログ「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。

二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。

当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。