節約はレジャー!

車のバッテリーの寿命を簡単に判断する方法!おすすめの交換時期

車の故障の1位がバッテリートラブル!

バッテリー上りの修理の様子車が事故や故障をした時に利用するJAFのロードサービスの出動理由の「25%」近くが、何とバッテリー関連の故障なんだそうです。

1位がバッテリーの過放電(バッテリーあがり)で、以下「キーの閉じこみ」「落輪」「事故」「タイヤ交換」「燃料切れ」となっていました。

1位のバッテリー以外の故障の原因の多くは運転手側のミスが原因です。タイヤ交換も自分で出来ない人がJAFを呼んでいるだけです。

逆に言えば「バッテリーの寿命を見極める」ことさえ出来れば、現代の車であればかなり安心だとも言えます。

最近の車はコンピューターによる制御が増え、素人では手が出せない箇所が増えてきましたが、だからこそ電気を正常に保つバッテリーの重要度も上がっています。

特にカーナビやドライブレコーダーなど後付けの電装品があると、バッテリーの負担も増えてしまうので、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかも知れません。

そこで今回は車の「バッテリーの寿命を簡単に自分で判断する方法」を紹介します。上手く寿命を見極めてトラブルを回避しましょう。

車のバッテリーの寿命

車のバッテリー一般的に車のバッテリーの寿命は2~3年と言われています。

高性能なモデルのバッテリーほど寿命は長い傾向があるのですが、車の使用状況によってもバッテリーの寿命は左右されます。

短距離中心の車の使い方だと十分にバッテリーが充電されません。特にヘッドライトを点灯する夜間のちょい乗りばかりを続けてしまうと、バッテリーの寿命(衰え)というよりも充電不足ということもあります。

この場合であればバッテリーを充電し直すだけが解決するケースがあります。車を何台も所有している人だと数ヶ月もエンジンを掛けないような事があるので、バッテリーが自然に放電(自己放電)して電力不足になってしまいます。

バッテリーの充電方法

車のバッテリーが弱っていてもエンジンが掛かるのであれば、30分ぐらい運転するだけで充電できるのですが、完全にバッテリーが上がってしまった場合は、ロードサービスや他の車から電力を分けてもらうなり、自分で充電しなければなりません。

バッテリーの充電はガソリンスタンドや整備工場で行うことが出来ます。価格はそれぞれ違うのですが、持ち込みなら1000~2000円ぐらいでしょうか。

またネットで探せばバッテリーの充電器が安価で売られているので、どうしても放置してしまう期間が長い車を所有している人であれば、このような充電器を用意しておくのも良いかと思います。

スマホのバッテリーなどでもそうなのですが、短時間で充電できる急速充電よりも、ゆっくりとした充電を行った方がバッテリーの負担になりません。

また車に様々な電装品の追加をすると、想定以上にバッテリーに負担が掛かることになり、寿命を縮めることになります。大音量のオーディオなどは特に消耗が激しくなります。

これらのようなケースが当てはまる人であれば、新しいバッテリーに交換しても同じ問題が直ぐに起きてしまうので、安易に寿命なのだと判断せずに使用状況を改めるようにしてください。

一方でそれほどバッテリーに負担を掛けない運転をしているのであれば、一般的なバッテリーの寿命といわれる3年を過ぎても全く問題がないということも珍しくありません。

3年毎に定期交換をした方が安心ではありますが、バッテリーの価格は安いものではないので、上手く寿命を見極めながら長く使う事で維持費を抑える事ができます。

バッテリーの寿命を自分で判断する方法

一般的にバッテリーの寿命を判断する方法というのは、

  • 液量をチェック
  • 比重をチェック
  • 電圧をチェック

になります。バッテリーの液量は自分の目で確認することが可能です。ボックスの表面が汚れていると判りにくいので、軽く拭いてから確認してください。メモリの上限と下限の線の間にあればOKです。

車好きの人であれば自分でバッテリー補充液を入れていると思うのですが、あまり頻繁に入れていると減り具合をチェックすることが出来ません

この液量が減ってくるペースが早くなったり、場所によって差が大きくなってくると、バッテリーの寿命も近いと判断できるので、ちょっと足りなくなったからと足すのではなく、メモリの半分を切ったタイミングで補充するようにしましょう。

ちなみに上限を超えるほどバッテリー液を入れ過ぎてしまうと、充電中に泡が噴き出してしまいます。実際に私も過去にやってしまった事があるのですが、噴き出てしまったバッテリー液が付着したボンネットの塗装面が溶けてしまいました。そこから錆てしまったので、入れ過ぎには気をつけてください。

バッテリーの比重や電圧のチェックというのは、専用の道具が必要になるので簡単ではありません。

ガソリンスタンドやカー用品店、整備工場などでチェックをしてもらうことは出来るのですが、残念ながら大抵は「バッテリーを交換する必要がある」と診断されてしまいます。

基本的にエンジンの始動時などでもたついて「バッテリーが弱ってきたな~」と感じた時点で、これらの数値が正常値ということは稀です

私はガソリンスタンドでアルバイトをしていた事があり、しばしば比重や電圧を計ることがあったのですが、バッテリーに不安を感じて計測を頼まれた場合、ほぼほぼ交換時期だと診断されていました

プロの整備士がバッテリーの比重や電圧を参考にするのは正しいのですが、一般の人は「エンジンの掛かりが悪くなってきたな~」と感じた時点で、比重や電圧は正常値ではないので交換時期と判断して良いかと思います。

しばらく車に乗っていなくてバッテリーが弱っていた場合や、前日にしばらくライトをつけっぱなしにしてしまったり、チョイ乗りが続いてしまったなど、明らかにバッテリーの充電が不十分な要因があれば、30分ぐらい車を走らせて充電すれば回復する可能性がありますが、普段通りの車の使い方をしていて、「なんだか弱ってきたなー」と感じた場合で、3年以上経っているバッテリーであれば、即寿命だと判断して良いかと思います。

このエンジンの掛かり具合の他に、もう一つ見極める目安を紹介するとヘッドライトの明るさの変化にも注目してください。

車の走行時にはエンジンが回って電気を発電するオルタネーターが稼働し、常に十分な電力がヘッドライトへ供給されるのですが、信号待ちなどの停車時にエンジンの回転数が下がると発電量も下がってヘッドライトが暗くなる事があります。

バッテリーに十分な電力が蓄えられていると、停車時でも暗くなるような事はないのですが、弱っているバッテリーほど光量に差が出る傾向があります(省電力のLEDライトなどは別)。

これは街灯が充実している道路だと分かりにくいのですが、暗いところに安全に停車(サイドブレーキ)し、ニュートラルに入れてアクセルを踏んでエンジン回転数を上げた時(発電量を上げた時)に、ヘッドライトが明るくなる場合はバッテリーの電力が不足していると考えられます。

これも前日にライトを付けっぱなしにしてしまったような事が要因があれば、しばらく車を走らせて充電する事で回復する事もあるのですが、それなりに車を走らせても停車する度にヘッドライトの明るさにバラつきがあるようであれば、バッテリーの寿命が近いと判断して良いかと思います。

また私は経験した事がないのですが、車種によっては窓を開ける速度が遅くなるケースもあるようです。夜間にヘッドライトやエアコンなどをつけたまま停車し、パワーウインドウを下げた時に普段より明らかにスピードが遅くなる事があるそうです。

これらのようにエンジンの回転数(発電量)の変化や大量の電力を使用した時に、ヘッドライトやパワーウインドに変化が表れた場合は、バッテリーの寿命が近いと判断して良いかと思います。

ただし、新車の購入直後やバッテリーを交換してから1年未満の場合は別です。

エンジンの掛かりが悪くなるスパークプラグの劣化エンジンの掛かりが悪くなるのはスパークプラグの劣化が原因という事もありますし、オルタネーターの不具合など他の箇所が原因ということも考えられます。

  • きちんと整備をしている車
  • バッテリーを交換して3年以上
  • 普段通りの運転でエンジンの掛かりが悪くなった
  • ヘッドライトが明るさにバラつきが出る

これらの条件が当てはまっている場合は、「バッテリーの寿命が近い」と判断して良いかと思います。

基本的にバッテリーの調子が悪いと感じた時点で怪しいです。人間の感覚というのは凄いもので、エンジンの掛かりがいつもより0.2秒でもたつくと「ん?」と感じれらます。

そのような兆候が出ても直ぐにエンジンが掛からなくなるわけではありませんが、ライトを付けっぱなしにしていたり、短い距離しか運転していない日が続いたなどの原因が見当たらない場合は、バッテリーにとって厳しい季節になる前に交換するのがおすすめです。

バッテリー強化液や強化剤や専用の充電器などを使用する事で寿命が延びるケースもあるのですが、それらはあくまでも一時しのぎ程度のものなので、わざわざそのような物にお金をかけるより、さっさとバッテリー本体を交換してしまった方が結果的に節約になります。

バッテリーのおすすめの交換時期

車のバッテリーにとって負担のかかりやすい時期というものがあります。

冬のバッテリーにとって厳しい環境の凍り付いた葉っぱそれは「気温の低い冬の朝」と「真夏のエアコンのフル稼働時の夜間」です。

バッテリーの性能は気温によって大きく左右されます。気温がプラス20度とマイナス20度では、性能が半分ぐらいになると言われています。

北海道の冬の冷え込んだ朝にエンジンが掛からなくても、気温の上がったお昼頃になると掛かることも珍しくありません。それぐらい気温がバッテリーの性能に影響します。

寒冷地仕様の車のバッテリーの容量が大きいのは、このような理由があるからです。寒冷地だからといってたくさん電力を消費するのではなく、バッテリーにとってシビアな環境という事です。

車のサイドミラーに降り積もった雪気温が下がり始めた冬の初め頃にエンジンの掛かりが悪く感じたのであれば、その冬をまたぐことは危険なので、早めのバッテリー交換をおすすめします。

また夏の車内のエアコンも電力を大量に消費します。特にお盆休みの夕暮れ時の渋滞が危険です

長時間に及ぶ渋滞でエンジンの回転数が低い状態が続くと、電気の充電量よりも使用量が上回ってしまい、走行中にも関わらずバッテリーが上がることがあります。

縦目ベンツの光っているヘッドライト特に気温の高い夕暮れ時の渋滞はエアコンをフル稼働しながらヘッドライトを点灯する事になるので、バッテリーにとってかなりシビアな状況になります

さらに渋滞中だとブレーキランプにも電力が奪われますし、暇なのでオーディオを使用する事も多いです。発電量が乏しいエンジンの低い回転数だと充電量よりも使用量が上回ってしまい、エンジンが掛かっているのに上がってしまう事があります。

また走行中と違って渋滞中の車のエンジンルームというのは、熱がこもりやすくなってしまいます。バッテリーの性能は気温が高くなっても落ちてしまうので、かなり厳しい状況に追い込まれます。

新しいバッテリーであれば、数時間の渋滞で電力が不足するような事はないのですが、弱っているバッテリーだと危険なので早めの交換を心掛けてください。

毎年のようにお盆休みの渋滞に巻き込まれるという車は、バッテリーが弱ってきた兆候が出たら事前に交換しておいてください。渋滞しているとJAFなどの救援の到着も遅くなりますし、さらなる渋滞の原因を作ってしまうことになります。

参考JAFは必要?見極める目安を紹介

エンジンの掛かりが悪くなったり、ヘッドライトの明るさにバラつきが出るなどの、バッテリーに弱ってきた兆候が見られたら、バッテリーにとって厳しい本格的な夏前と冬前に交換しておきましょう

古い車は端子の状態もチェック!

古い車や海沿いの街で塩害を受けやすい車だと、バッテリーを接続する端子が腐食して通電効率が落ちてしまうケースがあります

きちんとした整備工場であれば、これらのメンテナンスも行ってもらえるのですが、最近は格安車検が増えている事もあり、見逃されているケースが珍しくありません。

端子の錆びを金属ブラシや紙やすりなどで落としたり、新しい端子に交換することでバッテリーの状態が良くなるケースがあります。

参考アーシングの効果はメンテナンス程度?

せっかく新しいバッテリーに交換しても、端子の状態が悪いと十分な性能を発揮できなくなるので、自分でバッテリーを交換する場合は端子の状態もチェックしてみてください。意外と見落としがちな要素ですよ。

まとめ バッテリー交換の節約方法

車のバッテリーは安いものではないですし、最近はアイドリングストップ機能の車が増えてきた事もあり、容量も大きくなって価格も高くなっています。

なるべくなら長持ちさせたいものですが、現代の車の故障の原因の多くがバッテリーなので、結果的に早めの交換が安心にも節約にもつながります

そして何よりも時間の無駄を防ぐことになります。

人間の身体というのは本当によく出来ているもので、車のエンジンの掛かり方が普段よりも僅かでも悪くなると、何となく感じるものです。

前日にバッテリーを弱らせてしまったような心当たりがある場合は、その日はオーディオやナビなど電気の使用を控え、なるべくバッテリーを充電するようにしてください。

それでもエンジンの掛かりが悪い状態が続けば、やはりバッテリーの寿命と判断して厳しい時期になる前に交換するのがおすすめです。

比重や電圧を測ってもらう必要があるのは、新車やバッテリー交換をして間もないのにエンジンの掛かりが悪い場合だけです

バッテリーの不良品を判断するのには使えますが、1年以上使用しているバッテリーだと、ほぼほぼ弱っていて交換時期だと診断されてしまいます。

逆に3年以上経っていても、特別エンジンの掛かりが悪くなかったり、ヘッドライトの明るさに変化がなければ、即交換しなくても大丈夫です。

私の前の愛車は寒い北海道でも、9年間使用できました。

今の愛車は6年目ですが、今のところバッテリーが弱った兆候は出ていません(追記・7年目の冬の朝に弱ってきた兆候が出たので交換しました)。

車のバッテリーの負担になる電装品車のバッテリーの寿命は使用状況によって違うので何とも言えないのですが、私は長持ちをさせる工夫として、短い時間しか車に乗らない場合は「オーディオの使用を控える」ということを意識しています

夜間の停車時にはヘッドライトも消しますし、ブレーキを踏みっぱなしにするような事も控えています。もちろん信号待ちのような短時間の停車では気にしませんが、駐車場や人待ちなどで数分間停車する場合は意識しています。

様々な電装品を追加している車も短い時間しか運転しない時は、それらの使用を控えた方が良いかと思います。

だからといって夕暮れ時にヘッドライトを点灯を我慢するような事はしないでください。たまにそのような車を見かけますが、自分が見えていても周りから発見されにくくなるので危険です

車の免許は視力が両眼で0.7以上必要ですが、視力は一日の中でも変化するので人によっては0.5ぐらいで運転している可能性もあります。さらに歩行者の中にも視力が悪い人がいるかも知れないので、自分が見えているからといって危険な事はしないでください。

最後にバッテリーを安く交換して節約する方法を紹介します。

自分で車のバッテリーの交換ができることが条件になりますが、ホームセンターでバッテリーを購入するのがおすすめです。

参考カー用品の節約はホームセンターがベスト?

単純にホームセンターはカー用品店で販売されているバッテリーよりも価格が安いことが多いので、それだけで節約になる可能性が高いです。

またホームセンターはカー用品店のような豊富な品揃えではありませんが、だからこそ商品の回転が早く、数年前のバッテリーをつかまされるリスクが少ないのでおすすめです。

これは乾電池などで考えると分かりやすいのですが、未使用の乾電池でも放置される期間が長くなると性能が落ちてしまうような事です。あまり使わないサイズの電池をお得な10本セットなどを購入してしまうと、数年後に使う頃には弱ってしまっています。

カー用品店にある高額で高性能なバッテリーほど、それほど売れるものではないので、数年間放置されていることが珍しくありません。この辺はワイパーのゴムの買い替えとも共通しているのですが、

参考ワイパーの交換を節約する方法

ホームセンターで売られているバッテリーは種類が少ない(あっても二種類)だけに、極端に古いものをつかまされるリスクを避けられます。

バッテリー交換がお得なホームセンターまたホームセンターでバッテリーを購入すると、レシートの控えで古いバッテリーを無料で引き取ってくれるところも多いです。この辺は購入前に確認しておいてください。

ちなみに廃バッテリーを買い取ってくれるリサイクル業者や車の解体屋さんもあります。そのようなお店が近所にあれば数百円で買い取ってもらえるので、節約につなげられるかと思います。

またそのようなところでは再生バッテリーが販売されているケースもあります。軽自動車やコンパクトカーの小型のバッテリーぐらいだと、ホームセンターの新品の価格と大きくは変わらないのですが、大きなSUV車のように大容量のバッテリーを搭載している車ほど、節約効果が高いので検討してみてください。

【楽天】再生バッテリー

車のバッテリーの交換方法はそれほど難しくはないのですが、それなりに重量があり、スパナなどの工具も必要なので、自信のない人は工賃を支払って交換することをおすすめします。大抵は500円程度です。

YouTubeなどでもバッテリーの交換方法の動画が見つかるので、初めての人は参考にしてみてください。

最近の車はカーナビなどが当たり前になり、様々な電装品が装着されています。スマホの充電をする人も多いと思います。さらにアイドリングストップ機能も普及してきているので、バッテリーにとって過酷な環境になっています

バッテリー上がりに対応しているクレジットカードバッテリー上がりは保険会社のロードサービスやクレジットカード会社のサービスなどで、無料で解決できることもありますが、結局はその後に交換する必要があります

一度でも上がってしまったバッテリーは完全には元に戻らないと言われているので、よほど新しいバッテリーでなければ、厳しい時期になる前に交換した方が安心です。

バッテリーの使用期間が3年以上過ぎていて、エンジンを掛ける時に違和感が出たり、ヘッドライトの明るさにバラつきが出ているのであれば、バッテリーにとって厳しい環境(真冬、真夏)になる前に交換してください。

高性能で高価なバッテリーを長期間使用するより、お手頃価格のバッテリーにサッと交換した方が安心で節約にもなるかと思います。

どうしてもバッテリーが上がりやすい短距離移動が中心の車の場合は、バッテリーの容量を増やしても良いかも知れません。高性能で高価なバッテリーに交換するよりも、こちらの方が格安で済ませられるケースがあります。

所有している車の寒冷地仕様を調べると、装着できるバッテリーの容量がわかりますよ。

ガソリンスタンドでバッテリー交換すると高い車のバッテリーはトラブルが起きてから交換するとなると、じっくりと価格の比較が出来ません

JAFやガソリンスタンドで助けてもらうと、そこでそのまま割引されていないバッテリーと交換することになってしまうかも知れません。

ガソリンスタンドや整備工場で売られているバッテリーは定価で販売されている事が多いので、ホームセンターと比べると倍近い価格になる事もあるので気をつけてください。

少しでも長持ちさせようと我慢してトラブルになってしまう、と結果的に高くついてしまいます。なのでバッテリーを3年以上使用していて弱ってきた兆候が出たら、早めの交換で時間とお金を節約してほしいと思います。

コメント

  • バッテリーあがって無料ロードサービスで事なきを得たことがあるけど、時間のロスを考えると定期的に交換した方が絶対にいい

    by 匿名 €

  • 節約したいなら中古バッテリーを定期的に交換するのも良いかと思います。どこにでも売られているわけではありませんが、半額ぐらいで買えますよ。

    by ジミー €

  • バッテリー強化液とか強化剤を入れても寿命が劇的に伸びるわけではないし、さっさと交換した方がコスパも良いよね、トラブって救援してもらったとこから買うとバカ高いし

    by 匿名 €

  • 不要バッテリーを無料(送料まで着払い)で引き取ってくれるネット業者もあるよ

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]