節約はレジャー!

カー用品を節約するポイント!ホームセンターがお得?

カー用品の節約

一般的にはカー用品を購入するときは、専門のカー用品店(オートバックスやイエローハット)を利用される方が多いと思います。

カー用品店は専門店だけに品揃えが豊富で、取り付けなどもしっかりと行って(工賃別)もらえます。

一方で洗車用品のような専門的な知識が必要のないものであれば、カー用品店よりもホームセンターの方が価格が安くて節約になるものです。

カー用品店ほどの品揃えは期待できませんが、いわゆる王道のカー用品は揃っているので、それほどこだわりがない方であればホームセンターで揃えた方が節約になります。

そこで今回はカー用品を節約するポイントについて紹介します。車に対する知識レベルで差が出るので、上手に見極めてほしいと思います。

意外な盲点?激安スーパー

以前の私もちょっとしたカー用品はホームセンターで購入して節約していたのですが、最近は激安が売りのスーパーで購入することが増えました。

参考税込み価格のトライアルは節約家の強い味方!

特にトライアルというスーパーは全ての商品が税込価格ということもあり、かなり節約に役立っています。

トライアルは店舗によって大きさが様々なのでカー用品の取り扱いにも差があるのですが、大型店であればホームセンターと同じぐらいの品揃えになっています。小型店でも王道のカー用品は大抵揃っています。

ちなみに最近購入したのは「ウィンドウウォッシャー液」です。

私は寒冷地に住んでいることもあり、ウォッシャー液は解氷できるタイプを選んでいます。

カー用品店で同じようなものを購入すると税抜き価格でも400円台後半はします。ホームセンターだと300円台後半といったところでしょうか。

一方でトライアルだと税込み価格で300円を切ります。

これだけでも節約効果は絶大なのですが、容器がパウチなのも気に入っています。基本的にウォッシャー液は水で薄めて使用するので、一度に全て使い切ることはありません。

昔ながらのプラスチックの容器だとかなり嵩張りますが、パウチだとスペースも節約できます。もちろん捨てる時のゴミの量も少なくてエコです。

他にも洗車用の洗剤なども安い価格で売られています。

カー用品店ほどの品揃えは期待できませんが、1000円未満のカー用品であれば専門のカー用品店やホームセンターよりも節約できる可能性が高いです。

車のワイパーなども価格が安くて驚きました。

参考車のワイパー代を節約する方法

ワイパーのような劣化しやすい消耗品は、こまめに交換する必要があるので大変助かっています。

上手に使い分けよう!

カー用品を節約するポイントは、上手に使い分けることです。

激安スーパーでオイル交換を行ってもらう事は難しいですが、大型のホームセンターであれば格安の工賃(500~1000円)で受け付けているところもあります。一方でカー用品店の場合は会員にならないと工賃が割高になることが多いです。

車好きの方であれば三ヶ月毎にオイル交換をする方もいるので、カー用品店の会員になるメリットもありますが、今の車は一般的な使い方であれば一年に一度のオイル交換を推奨しているケースが多いので、会員になるための費用を合わせると割高になってしまいます。

一方でタイヤ交換であればホームセンターがお得なケースが多くなります。スポーツカーに使用するような高機能タイヤは売られていませんが、一般的な車に使用されるタイヤであれば大抵は揃っています。

カー用品店だとプライベートブランドの激安タイヤや輸入タイヤが扱われていることもありますが、タイヤの性能は安全に直結するので、安易に品質の低いタイヤを選ぶことはおすすめできません。

実際に知り合いが外国の安いスタッドレスタイヤを使用していたのですが、あまりの効きの悪さに「二度と買うか!」と文句を言っていました。やはり日本の冬の環境のことを考えて開発されている日本のタイヤメーカーの方が安心だと思います。

その日本のタイヤメーカーの一般的なタイヤであれば、カー用品店よりもホームセンターの方がお得な価格になっていることが多いので節約になります。

もちろんより高性能なタイヤを選びたい方は別です。カー用品店やタイヤ専門店の方がお得なケースが多くなります。

車の知識レベルの差

カー用品を節約は車への接し方によっても変わってきます。車の知識の有無によって差がでます。

「1円でも安く節約したい」という方もいるとは思うのですが、安全に関わる部品や用品まで節約をしてしまうと、結果的に高くつくこと(事故)になるかも知れません。

ちょっとしたキズぐらいなら我慢できるかも知れませんが、相手を巻き込んでしまう大事故になってしまっては元も子もありません。

ろくに整備をしてくれない激安車検を行ってしまうと、後で大損害に発展してしまうものです。

もちろん車好きの方であれば自分で様々な事を判断できるので、しっかりと自動車用品の寿命を見極めて管理できるとは思います。

激安タイヤを購入しても、しっかりと自分でタイヤの減り具合や製造年月日をチェックしていれば、交換時期を見誤ることもないと思います。

そのような知識のある方であれば、ネットで自動車用品を最安値で購入するのもありだと思います。

車の走行距離が多く一年でタイヤを消耗させるような使用環境の方であれば、三年前に製造された売れ残りのタイヤでも一年で使い切ってしまうので問題になりませんが、一般的なタイヤの使い方をする方が安易に古いタイヤを購入してしまうと、それから五年使用してもタイヤの溝が残っているから問題ないと判断してしまうかも知れません。

タイヤはゴムで出来ているので使用していなくても徐々に硬くなって性能が落ちてしまいます。特に柔らかいゴムで出来ているスタッドレスタイヤだとその傾向が強くなります。

またネットでタイヤのみを購入すると、タイヤの付け替えを自分で行わなければなりません。これには専用の工具が必要なのでガソリンスタンドや整備工場やカー用品店に持ち込むことになります。当然そこでも工賃が発生します。

タイヤを持ち込んだ場合の工賃は、そこでタイヤを購入した場合の工賃の価格より割高になって高くつくケースがあります。これは古いタイヤ廃棄費用にも当てはまることです。

ガソリンスタンドや整備工場に知り合いがいて、タダで行ってもらえるような方であれば大きな節約になるものですが、そのような方は少数派だと思います。

これまた実際に知り合いでネットでタイヤを購入した方がいるのですが、「工賃が高かったからホイールバランスの調整をしなかった」と言っていました。

どんなに高性能なタイヤでもホイールバランスが崩れていると危険です。「高速道路を走らないから問題ない!」という方もいるのですが、決してそんなことはありません。

ホイールバランスが崩れているタイヤで高速道路を走ると、ハンドルにブルブルと振動が伝わってくるのですが、一般的な速度でもハンドルに伝わらない程度の振動は発生しています

この余計な振動が積み重なっていくことで車の様々な箇所にストレスが貯まっていきます。ネジが緩みやすくなったり、ゴムのパーツに負荷がかかって痛みが激しくなります。結果的に車の寿命を短くしてしまいます。

このように車の知識がない方が安易に節約をしてしまうと、大事故に発展する可能性が増してしまうので気を付けてほしいと思います。

まとめ  それぞれのレベル

カー用品を節約するポイントは、安全に直結しないカー用品を安く購入することです

例えば芳香剤などは好みの問題なので安全には直接関係がありません。全く同じ芳香剤であればカー用品店よりもホームセンターの方がお得な事が多いですし、激安スーパーにも売られていればもっと節約できます。

車用の洗剤やウォッシャー液やワックスなども同様です。ワックスの効果の持続期間は価格なりに左右されるのかも知れませんが、ワックスの効果が切れたからといって安全性に問題があるわけではありません。

このようなレベルのカー用品であれば、価格が安いホームセンターや激安スーパーの方が節約になります。

一方でこの先の自動車用品だと、それぞれの知識によって差が生まれます。

たとえばバッテリー交換を自分で行える方であれば、カー用品店よりも価格の安いホームセンターで購入した方がお得になります。大抵のホームセンターであれば古いバッテリーを無料で引き取ってもらえるものです。

一方で激安スーパーだと引き取ってもらえません。近所に廃品回収を行っている業者でもあればいいのですが、そうではない方はやはりホームセンターの方がおすすめです。

逆にバッテリー交換を自分で行えない方はカー用品店の方がお得になる可能性もあります。そこのカー用品店で購入したバッテリーの交換工賃が無料のケースがあるからです。

全く同じバッテリーがカー用品店で5200円、ホームセンターで4980円で売られていた場合、工賃の有無によって逆転するケースがあります。

参考車のバッテリーの寿命を判断する方法

一方でタイヤのような重要なパーツは安易に節約するべきではありません。しっかりと自分で管理できる方であればいいのですが、そうではない方は専門のお店に頼むべきです。

それぞれのレベルに合わせて自動車用品を上手に見極めて節約してほしいと思います。

目安としては1000円未満のカー用品であれば、カー用品店よりもホームセンター、さらに激安スーパーの方が節約できます。もう少し高いカー用品になると安全性に影響を与えることもあるので、しっかりと見極めてください。

ちなみに昔100円ショップでタブレットのウォッシャー液(水に錠剤を入れるだけ)を購入したことがあるのですが、はっきり言って全くダメでした。

ウォッシャー液の色になっただけで、ほとんど洗浄成分を発揮してくれませんでした。しかも乾くとフロントガラスが白っぽくなって視界を妨げるという散々な結果になりました。

全く同じ商品を安く購入することは上手な節約ですが、価格を意識し過ぎて品質を下げてしまうと節約どころか危険でもあるので、気をつけてほしいと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]