節約はレジャー!

車内の匂いの取り方のポイントは消臭剤の前の下処理!

車内のイヤな匂い・・・

可愛いクラシックカー長年車に乗り続けていたり、中古車を購入すると、車内から独特なイヤな匂いが漂ってきてしまうことがあります。

車内の匂い対策として様々な専用の消臭剤などが売られていますが、安易にそれらに頼ってしまうと、余計な匂いが混ざって悪化してしまうこともあります

ろくにトイレ掃除をしないで芳香剤に頼っても、清々しい気持ちになるどころか匂いが混ざって気持ち悪くなるような事です。

そこで今回は効率の良い車内の匂いの取り方を紹介します。ポイントは消臭剤の前にしっかりと下処理をすることです。これだけでも大抵の車内の匂いが収まるものですよ。

車内の掃除

雑巾を絞る女性まずは何と言っても車内の掃除につきます。

掃除をせずにイヤな匂いの元となっている汚れの上に消臭剤を吹きかけても効果は一時的です。それどころか汚れがますます落ちにくくなる可能性もあります

洗濯物でも柔軟剤を入れすぎると、次の洗濯時の汚れ落ちが悪くなるようなことです。

車用の消臭グッズを使用する前に、徹底的に車内を掃除をすることが匂い抑えるポイントになります。車内の掃除については別のところで詳しく紹介しているので、そちらを参考にしてください。

参考効率の良い車内の掃除の仕方

基本的には徹底的な車内の掃除だけで匂いはかなり抑えることが出来ます。洗車場などにある車用の掃除機で、シートの隙間や下側の汚れを吸い取ってください。貯まったホコリがカビて悪臭を発生させるケースもあるので、まずは徹底的な車内の掃除を心掛けましょう。

きちんと車内の掃除をしても匂いが気になる場合は、匂いによって対策をわけて考える必要があります。

生乾きのような匂い

車内から洗濯物の生乾きのような匂いがする原因は、雨の日に靴や洋服から車内に水分が持ち込まれ、雑菌が繁殖してしまった可能性が高いです。

多くは靴の水分を一手に受け取るフロアマット(絨毯タイプ)が、このイヤな匂いの原因になります。ゴムマットの場合はこのような匂いは発生しません。

そこで生乾きのような匂いが発生している可能性の高いフロアマットを、徹底的に洗う必要があります。

フロアマットの匂いを落とすポイントは、一般的な洗濯洗剤の部屋干しタイプを使うことです。通常の洗剤よりも消臭効果が期待できます。

バケツに洗濯洗剤を入れ、勢い良く水を注いで泡立たせてください。直接フロアマットに洗剤を振りかけるとすすぎにくくなるので、なるべくバケツなどで泡立ててください。

まんべんなくフロアマットに泡立てた洗剤を振りかけ、あとは普通に洗えばいいのですが、ここで少し付き置き洗いをするのが匂いを抑えるポイントになります。イヤな匂いの元である雑菌を殺菌する事ができます。

フロアマットを洗うのに理想的な場所はコイン洗車場です。洗剤で付き置き洗いをした後に、洗車場の高圧洗浄機で泡と汚れを吹き飛ばします。

そして多くの洗車場に付属しているマット洗浄機(大抵は無料)に通します。マット洗浄機で落ちる汚れというのは、土ぼこりのような軽い汚れなので、イヤな匂いの原因となる汚れは落ちません。

だからこそ洗濯洗剤でしっかりと洗う必要があるのですが、マット洗浄機は脱水機として便利なアイテムです。この時にマットの向きや面を変えながら、何度か通してなるべく多くの水分を落としてください

この水分をしっかりと脱水させることに意味があります。

乾燥に時間が掛かってしまうと生乾き臭の原因となってしまうので、その後はしっかりとマットを乾燥させることがポイントです

洗濯物は乾燥に六時間以上掛かってしまうと生乾き臭が発生すると言われているので、車のマットもしっかりと乾燥させてください。毛足の長いマットだとかなりの水分が残っているので、周りの人の迷惑にならないようにマットの端を持って振るのもおすすめです。

参考洗濯物を早く乾かすポイント

野球のバッドのように丸めて力強く振ると、一気に水分が飛んでいってくれます。なるべく空気が乾燥している晴れた日を選びましょう。

乾燥するまでの時間はマットの毛足の長さによって違うのですが、せっかくですから車にワックスをかけたり、車内に掃除機をかけたりして綺麗に掃除してください。洗車をする時に真っ先にフロアマットを洗ってしまうのがおすすめです。

参考固形ワックスと液体ワックスの違い

十分にマットが乾燥させて車内に戻した後は、しばらくエアコンの風を足元に向けてください。僅かに残っているかもしれない水分をしっかりと乾燥させましょう。

フロアマットを外した後でも車内に生乾きのような匂いがする場合は、車内にある匂いが染み込みそうな全ての布を疑う必要があります。といっても洗剤でジャブジャブと洗うわけにはいきません。

安い重曹簡単なのは重曹の消臭効果を利用する方法です。

重曹を車内の床の布に振りまいて軽くなじませ、しばらく放置してから掃除機で吸い取ります。これもコイン洗車場にある掃除機がおすすめです。

重曹による消臭のポイントは欲張らないことです。隙間や隅のほうにまで重曹を振りかけると掃除機で吸い取れなくなっていまいます。

また重曹は天気の良い日を選ぶこともポイントです。重層は水分を含んでしまうとドロドロになって染みになることがあるので、車内に残してしまわなうように気をつけてください。

あくまでも通常の掃除をした後でも匂いがある場合にのみ、これらを試してください。シートの布の汚れは雑巾で拭き取るだけで落ちるものなので、しっかりと掃除をする事が何よりも基本です。

エアコンの匂い

カーエアコンの吹き出し口エアコンの風からイヤな匂いがする場合は、エアコンフィルターを交換する必要があります。

車のタイプによってはフィルターを洗浄出来る場合もありますが、古い中古車や長年乗り続けている車であれば、割り切って新しいものに交換してください。

軽度の汚れであればコイン洗車場にある掃除機でフィルターのホコリを吸い取ったり、逆に強風で飛ばすことも出来るのですが、これも過度な期待はしないでください。雑菌が染み込んでいるフィルターだと、ほとんど意味がありません。

またしばらく温風をマックスにして送風し続ける事で、カビや雑菌を死滅させられるといった情報もあるのですが、これだけで解決できる事も少ないです。

風の通路の雑菌は抑えられるのかも知れませんが、やはりフィルターそのものが汚れていると難しいので、交換するのがベターです。

また稀にフィルターに枯葉や昆虫などの死骸が貯まっているケースもあるので、時々チェックするようにしましょう。

多くの車はダッシュボードの下にエアコンフィルターが設置されています。車の取り扱い説明書で確認してください。国産車であれば「車名+説明書」と検索すれば出てきますよ。

エアコンフィルターはカー用品店や一部のホームセンターで販売されていますが、売れ筋の車でないと在庫がないかも知れません。その場合はネットでも購入可能です。

メーカー純正のエアコンフィルターは高額ですが、社外品であれば安いものが見つかるので節約という意味でもおすすめです。→のエアコンフィルターは送料無料で1380円です。

「車名+エアコンフィルター」と検索すれば大抵の車は見つかると思います。

【楽天】エアコンフィルター

フィルター交換そのものは難しい作業ではないので、自分で交換すれば工賃を節約することができます。

そしてこの時にフィルター周りの汚れも、ウェットティッシュなどで拭き取ってしまいましょう。手の届く範囲だけでも良いので、目立つ汚れがある場合は拭き取ってください。新しいエアコンフィルターの寿命を延ばすことに繋がります。

エアコンフィルターを交換しても匂いが気になる場合は、外から空気を取り込む経路や風の通り道の汚れが考えられます。

その場合は専用のエアコンを消臭できるグッズに頼るしかありません。カー用品店やホームセンターのカー用品コーナーに売られています。

これもろくに掃除もしないで古いフィルターのままで行っても意味がないので気をつけてください。

これらの順番を間違えてしまうと、余計なお金が掛かるだけでなく、消臭効果も引き出せません。

シートの匂い

車内車のシートからイヤな匂いがするケースもあります。ハンドルやダッシュボードなどは徹底的に拭き掃除が出来ますが、シートは素材によっては難しくなります。

基本的には硬く絞った雑巾で拭きあげることがポイントです。シートの高さを調整できるタイプであれば、上げ下げをして背もたれと座面の隙間のゴミも徹底的に掃除をしてください。意外とゴミが溜まっているものです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。また車のシート専用の掃除グッズも売られています。あくまでも掃除機や拭き掃除を徹底的に行った上で、イヤな匂いが気になる場合は検討する価値があると思います。

布用や革用など素材別に専用のシートクリーナーが販売されているので、しっかりと調べてから選んでください。

またこれらは乾燥させる時間も必要になるので、掃除後に直ぐにシートに座らないように気をつけてください。湿った状態で押し付けられてしまうと、余計な汚れの原因になってしまいます。

仕上げの消臭剤

ここまで車内の掃除を徹底してもイヤな匂いが残っている場合は、いよいよ本格的な消臭剤の出番になります。

車内の消臭剤にも様々なタイプがありますが、お手軽なのはスプレータイプ(ファブリーズ等)です。

あくまでもは掃除の後に使用してください。

皮脂汚れがべったりの上に消臭スプレーをしても効果は持続しません。汚れの上にコーティングされると汚れの落ちも悪くなってしまいます。

さらにスプレーをしすぎると染みになるケースもあります。一度に大量に使用するのではなく、数回に分けてスプレーするのがコツです。

またなるべくなら香りがあるタイプではなく、無香料の消臭除菌タイプがおすすめです。安易に香りでごまかしてしまうと、益々車内の悪臭が発生しやすくなってしまいます。

これでもまだ匂いが気になる場合は、車内全体をスチームで消臭するグッズもあります。

これはイメージとしてはバルサンのようなことです。これは最終手段と考えてください。

これも車内にこびりついた汚れの上にやっても効果は長続きしません。あくまでも徹底的な車内の掃除の後に使用してください。

これらのような消臭剤そのものにも独特な香りがあるので、なるべくなら使用しない方が良いかと思います。

しつこいようですが、あくまでも車内の掃除を徹底することが匂い対策としてベストです。安易に芳香剤でごまかしてしまうと、ますます汚れが落ちにくくなって悪臭の原因になってしまいます。

まとめ 匂いの重要性

車内の匂いの原因は様々ですが、中にはオイルのような匂いがする場合もあります。その場合は故障の可能性もあるの整備工場に相談してください。

参考オイル交換を安くする方法

このような故障の前兆を把握するためにも、日頃から車内の掃除を意識してほしいと思います。安易に芳香剤で車内の匂いをごまかしてしまうと、不調の前兆を見落としてしまうかもしれません。

参考車を長持ちさせる意外な方法!

ちなみにダニや雑菌は熱に弱いという特製があります。真夏の炎天下の車内は70度にも達すると言われており、これだけでダニや雑菌は簡単に死滅してしまいます。

車庫に保管することは車の塗装面を傷めない為には有効ではあるのですが、実はダニや雑菌にとっても好都合な環境でもあります。たまにしか車に乗らない人は意識してみてください。あえて時々車内の温度を上げて殺菌するのが、車内の匂いを抑えるのに有効に働くケースがあります。

ちなみに簡単な消臭方法として、車内用の置き型の消臭剤が人気なのですが、徹底的に掃除をした上でも匂いが気になる場合は、試す価値があると思います。

ただあくまでも消臭剤なので、芳香剤とは分けて考えてください。車の芳香剤がダメだとは言いませんが、強い香りほどリスクがあります。

私の知り合いの車のダッシュボードには、缶詰の芳香剤がたくさん並べられていました。その車に乗ると物凄い刺激臭で鼻がおかしくなりそうでした。目がしばしばしたほどです。

しかもフロントガラスに缶詰が反射して視界も悪くなっていました。たまに白い絨毯のようなものをダッシュボードに乗せている車がありますが、物凄く視界が悪くなるので気をつけてください。

どんなに高級車でもダッシュボードの色が暗いのは、この反射を防ぐ意味があるからです。安易に芳香剤などを並べてしまうと、思わぬ事故につながるかも知れません。

強烈な芳香剤は匂いに慣れている本人には心地良くても、初めて乗る人にとっては悪臭そのものです。オイル漏れといった危険な匂いを感じ取れないだけでなく、周りの人の迷惑にもなるので、ほどほどにしておきましょう。

あくまでも車内の掃除を徹底的に行うことが匂い対策のポイントです。掃除だけでも車内のイヤな匂いが落ちることは珍しくないので、まずは掃除を頑張ってみてください。もしかしたら余計な芳香剤や消臭剤を購入せずに済むかも知れません。

ちなみに私が昔アルバイトをしていたガソリンスタンドでは、コンプレッサーの空気を利用して車内の汚れを飛ばしていました。

かなり強力な風が噴き出るので、車内の天井に当てると細かなホコリがたくさん出てきたものです。

これは一般の人が取り入れられる車内の掃除テクニックではないのですが、コイン洗車場にある掃除機の中に空気を噴射する機能が付いているケースがあるので、上手く活用してみてください。

掃除機が届かない隙間や拭き掃除が難しい箇所のホコリを吹き飛ばす事が出来ますよ。

最近は家庭用の掃除機でもコードレスが普及しているので、それらで代用できなくもないのですが、車内には細かな砂ぼこりといったものが多いので、コイン洗車場の掃除機を利用した方が安心だと思います。

車内の匂いを抑えるポイントを理解していただけでしょうか。消臭グッズが悪い訳ではありませんが、安易にそれらに頼ってしまうとイヤな匂いの原因は何も変わらないので、徹底的に掃除をする事が何よりも大切です。

窓やドアの取っ手やハンドルといったものにも、長年の皮脂汚れが染み込んでいるので、それらを丁寧に拭いてあげてください。シートベルトなどは一度も拭いていないと真っ黒になるかも知れませんよ。

コメント

  • 梅雨時に何とも言えないイヤな匂いが発生していたのですが、そのまま自然と改善されたのは真夏の炎天下のおかげだったのですね、太陽の力は偉大です

    by 匿名 €

  • 確かに缶詰の芳香剤の匂いはキツイ。やたらと並べてる奴の気が知れない

    by ステップわごーん €

  • エアコンフィルターは大事ですよ
    メーカーによって構造が随分と違い小動物の死骸や糞が貯まっていることもあります
    腐敗した枯葉などが悪臭を発生することもあるのでチェックするべきです
    特に日産車は要注意です

    by 整備士歴25年 €

  • 車内の布はカーペット用のウェットシートが便利
    掃除機をかけた後でも結構汚れがつくし、除菌もできますよ

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]