節約はレジャー!

洗濯物を早く乾かす裏ワザ7選!イヤな匂いになる前に

洗濯物からイヤな匂いが・・・

窓についた水滴梅雨時の洗濯物は中々乾かなくて困りものです。

お気に入りの洋服からあのイヤな生乾きの匂い、部屋干しの匂いがすると落ち込んでしまいます。

一度でも洋服に生乾きが発生してしまうと、完全に匂いを消し去るのは難しいものです。

漂白剤や熱湯消毒ができる生地であれば何とかなる場合もありますが、デリケートな生地の洋服の場合はお手上げです。

だからこそイヤな匂いを発生させない工夫が大切になります。

洋服の生地、繊維や環境によっても違うのですが、洋服を乾かすのに6時間以上かけてしまうと、あのイヤな生乾きのような匂いが発生しやすくなってしまいます。

そこで今回は洗濯物を積極的に早く乾かす7つの裏ワザを紹介します。全てを取り入れるのは難しいと思いますが、大切な洋服を洗濯する場合だけでも意識してほしいと思います。

【スポンサーリンク】

洗濯物を早く乾かす7つの裏ワザ

1 脱水方法の工夫

洗濯機のメモリ全自動洗濯機が当たり前なので、おそらく脱水時間にこだわる方は少ないのではないでしょうか。

厚手の洋服や毛布などを洗濯した場合は、洗濯機から一度洋服を取り出し、絡みを整えてから追加でもう一度脱水を行うとかなり効果的です。

乾きやすいシャツなどの薄いモノだけを取り出し、厚手のモノだけ残して脱水してもOKです。さらにそこに乾いているバスタオルなどを入れて脱水すると、バスタオルが厚手の洋服の水分を吸い取ってくれます。

また脱水後にハンガーにかける前に、手で「バッ」と洗濯物を振ることで細かな水分を飛ばすことも出来ます。脱水によって偏った繊維を起こすことにもなり、より早く乾いてくれます。

2 洗濯物を裏返す

言葉の通り、洗濯物を裏返してから干します。

裏返したシャツ洋服の生地が重なっている折り目は洋服の裏側にあります。そこが一番乾くのが遅いので裏返すと早く乾いてくれます。

しばらく干してから裏返してもOKです。ジーンズのように乾きにくい素材の場合は、何度も裏返して積極的に乾かしてください。

ちなみに洋服を脱ぐときに裏返してにして洗濯をしても構いません。洗濯物は洗濯機の中であらゆる方向にぶん回されて擦れあって汚れを落とすのですが、洋服の繊維も少しずつ擦れてしまいます。

その擦れによる色落ちや劣化が洋服の裏側からになるので、洋服の見た目にとってもメリットがあります。

外に干す場合でも紫外線による日焼けが洋服の裏側になってくれます。ジャケットやスーツのように型崩れしそうな洋服でなければ、裏返して干すことにはたくさんのメリットがあります。

参考洋服の寿命を延ばすポイント

3 ハンガー

洗濯物を早く乾かすためのハンガーというのもがあります。

特に服の内側に風を通しやすいように厚手になっているハンガーが有効です。

厚みのない針金ハンガーのように生地がくっ付かないので乾きやすくなります。

わざわざ専用品を購入しなくても針金ハンガーを重ねて使用することでも、同じような効果が期待できます。

全ての衣類分を用意するのは大変ですが、大切な衣類用にいくつか専用ハンガーがあると便利です。

4 風

青空に映える風車風を利用して洗濯物を乾かす方法です。

理想は外に干して自然の風を利用することですが、梅雨時はそうもいかないので、室内で風を利用する方法を紹介します。

エアコンの風は除湿もされているので、速く乾かす効果が期待出来ます。上手にエアコンの風向きを調整してください。また除湿機でも同じような効果が期待出来ます。

そして扇風機の風をあてることも効果的です。これは強風で乾かすというよりも洗濯物の周りの湿った空気を循環させることに意味があるので、微風でも効果があると言われています。

参考扇風機の意外な使い方

また移動式の物干しの場合だと、換気扇や換気口の近くに設置すると早く乾いてくれます。こちらも自然の空気の流れがあるので効果が高くなります。

またカーテンレールなどを利用して干す方がいますが、窓や壁に近いと空気の流れが悪くなるので、なるべくなら避けてください。窓に湿気が付くと結露しやすく、その周辺の空気が湿ってしまうことにもなります。

最悪の場合はカーテンがカビることにもなるので、梅雨時は特に気をつけてください。

また少々強引ですが「うちわ」を使う方法もあります。筋トレをする方であればトレーニングの一貫して楽しみながら扇ぐことも出来るのではないでしょうか。

また風の中で最も強力なのはドライヤーを使って乾かす方法です。

ドライヤーの熱風で強制的に乾かすことが出来ます。朝になっても乾いていない場合など、緊急用として頭に入れて置いてください。

ただし洋服によって熱に弱い繊維もあるので、デリケートな洋服は気を付けてください。

5 アイロン

これはシャツとアイロンドライヤーに似ているのですが、アイロンの熱で強制的に乾かす方法もあります。

洗濯後の湿った洋服はアイロンのスチームをださなくてもいいので、僅かに電気代の節約にもなります。

また高熱による殺菌効果も期待できるので、イヤな生乾きが発生した洋服を捨てる前に試してほしいと思います。

こちらも洋服のタグの表示に従って、熱に弱い洋服は避けてください。

参考スチームアイロンの蒸気を復活させてみた

6 干し方の工夫

干し方の工夫というのは、洗濯物の間隔を開けるということです。

洗濯物の距離が近いと空気の流れが悪くなり、乾くのが遅くなってしまいます。

ピンチハンガーにびっしりと吊るしてしまうと、中心部の乾きが遅くなるので、なるべく間をあける工夫をしてください。

他にもフード付きのパーカーやコートなどは、ハンガーを一つ足してフードが重ならないように浮かせて干すと効果的です。

毛布やシーツのような厚手のモノを干すときも、ただ物干し竿にかけるのではなく、間にいくつかハンガーを挟むことで空間を広げることが出来ます。

細長いタオルもハンガーを組み合わせることで、重ならないように工夫することが出来ます。

7 アーチ干し

アーチ干し「アーチ干し」なる洗濯物の干し方があります。

洗剤で有名なライオンが紹介している干し方なのですが、このように長いモノを外側、短いモノを内側にすることで、煙突効果が生まれて上昇気流が発生するのだそうです。

洗濯物の周りの空気は室内の温度よりも低くなるそうで、アーチの中心部の下の温かい空気が温度差で上昇するそうです。

並び順を考えないで干した場合と比べて、およそ一時間も早く乾くのだそうです。

ちょっとしたことですが、頭に入れておく価値があると思います。

【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたでしょうか。これらの洗濯物の乾かし方をいくつか組み合わせることで、梅雨時でも積極的に洗濯物を早く乾かすことが出来ます。

また薄っぺらくて安いタオルは直ぐに乾きますが、上質なタオルほど厚手の生地で乾きにくい傾向があります。

上質な肌触りのお気に入りのタオルが生乾きになるのは悲しいことです。上手に裏ワザを取り入れて積極的に乾かしてください。

逆にそれほどタオルなどにこだわらない方は、あえて乾燥しやすいものを選ぶことも有効です。

参考バスタオルを手放した理由

コインランドリー今回紹介した洗濯物を干す方法の他に、極端なことを言えば乾燥機を購入することが最も手っ取り早いと思います。

また梅雨時に毛布や布団を洗濯する場合は、コインランドリーを利用するのもかしこい選択だと思います。数年前からコインランドリーの数が増えてきて便利になっています。

さらに乾きやすい洋服を選ぶという選択肢もあります。ユニクロのように化学繊維を上手に取り入れている洋服は乾くスピードが凄く早いので、洗濯頻度が高い下着や肌着はおすすめです。

ただし、化学繊維はアレルギー体質や汗との相性もありますので、いきなりまとめ買いなどをせずに、一度試してから判断してください。

これらは皺にもなりにくく耐久性もあるので、下着や肌着として本当に優秀だと感じています。

他にもイヤな匂いの発生を抑える部屋干し専用の洗剤も売られているので、梅雨時などはそのような専用品を活用するのもいいと思います。

除菌成分が配合されているので、匂いを防ぐ効果があります(ただし洗浄力は若干落ちます)。

洋服を早く乾かす裏ワザは時間の節約だけではなく、イヤな匂いのせいで処分する洋服をなくすことにもなります。

これも立派な節約の一つではないでしょうか。

あなたにとって無理なく取り入れられる裏ワザを取り入れてください。洋服を早く乾かして節約につなげてほしいと思います。


down

コメントする