節約はレジャー!

片付ける時間がないなら、片付けないでも良い状態を目指そう

片付ける時間がない・・・

当ブログでは部屋を片付けるのが苦手な人向けに、様々な方法を紹介してきたのですが、

参考部屋を片付けるのが苦手な人へ

今回は発想の転換で片付ける方法を紹介していきます。

それは片付けをしないという方法です。

片付けなくてもいい?

片付けをしない方法というのは、わざわざ片付けなくても綺麗な状態を目指すという意味です。

例えば少ない洋服を着回していると、わざわざ洋服を畳んでタンスに収納しなくても良くなります。実際に私がそうなのですが、基本的に三着の洋服を着回しているので、洗濯後に干したハンガーのままクローゼットに収納してしまいます(もちろん乾燥してからですが)。

参考洋服選びや管理を楽にする方法

下着や靴下も同様です。クローゼットに収まる小型のピンチハンガーを利用しているので、洗濯バサミに挟まった状態のままクローゼットに入れてしまいます。

他にも鍋やフライパンを収納することもありません。いつも同じ鍋やフライパンを使うので、洗った後にコンロの上に置いておくだけです。

たくさんの洋服や調理器具を使い分けるとなると、その都度収納しないといけなくなりますが、いつも同じモノを使っていると片付ける必要性がなくなるということです。

似たようなところだとマグカップが当てはまります。マグカップを使用していない時は水切りカゴの上にあるので片付けることがありません。

このような視点を広げていくことで、片付けなくても良い状態を保つことが出来るようになります。

トイレットペーパーを物置などに買い置きしている人が多いと思いますが、トイレの中のトイレットペーパーが少なくなると物置からもってきて、再び新しいトイレットペーパーを購入して物置に収納しますが、わざわざ物置を経由しなければならない理由などないはずです。

トイレットペーパーが少なくなってきたら、新しいトイレットペーパーを購入してきて直接トイレの中に収納してしまえば同じなのに、わざわざ一手間加えて余計な事をしている人は少なくありません。

よほど田舎に住んでいて月に一度ぐらいしか買い物に行けないというのであれば分かりますが、いつでもトイレットペーパーを購入できる環境にも関わらず、このような手間を加える必要はありません。

節約家だと安売りの時にまとめ買いしたくなるかも知れませんが、ドラッグストアやホームセンターであればいつでも安売りしているものなので、極端に価格が変わるものでもありません。

数円の節約の為に部屋のスペースが圧迫されていたり、余計な手間が増えている人が多いので片付けるのが大変になってしまいます

余計な物や手間がなくなると本当に必要な物を管理するスペースに余裕が生まれ、片付けるのも楽になります。もしかしたらもう少し狭くて家賃の安い部屋に無理なく引っ越すことが出来るかも知れません。数円の節約よりもずっと効果的です。

余計な手間が行動を抑制する

掃除機を物置に収納していると、ちょっとした掃除の為に取り出すのは面倒になってしまいますが、リビングにお掃除ワイパーや毛ばたきのような物があれば、サッと掃除を完了することが出来ます。

用意する手間や片付ける手間がないので、面倒だと感じずに行動に移しやすいものです。

部屋が片づけられないという人は、片付ける手間よりも準備に手間取る傾向があるので、なかなか行動にうつせなくなっています

だからこそ別の記事で事前準備を整える重要性について紹介したのですが、事前準備すら必要のない状態にすることも有効です。

要は少ない物で暮らすということです。

包丁でリンゴの皮をむくときに果物ナイフを使用するとなると、専用の収納スペースが必要になってしまいますが、普通の包丁でもむくのであれば余計な収納スペースは必要ありません。

頻繁にリンゴの皮をむく人であれば、それこそリンゴ向き機のような専用品の方が効率が良くなりますが、たまにしかリンゴの皮をむかないのであれば専用品は必要ありません。むしろ専用品を用意する手間や片付ける手間の方が上回って効率が落ちてしまいます。

断捨離にハマっている人やミニマリストと呼ばれる人というのは、これらの余計な手間から解放された事に喜びを感じているものです。時間に余裕がうまれるので本当にやりたい事に集中することが出来ます。

もちろん専用品ではないので、リンゴの皮をむく時間だけで考えると非効率かも知れませんが、その他の手間(用意、片付け)の時間まで含めて考えると、結果的に効率が良くなる事は珍しくありません

飲食店のようにたくさんのリンゴの皮をむく必要があるのであれば、専用品を使用した方が効率が良いですし、ミカンやパイナップルの皮をむく専用品まで用意する価値があるのかも知れませんが、たまにしか使用しない一般家庭で専用品を用意してしまうと非効率です。

片付ける時間がないという人は、物を減らして片付ける必要がない状態を目指してみてください。必要な物だけに囲まれて生活するようになると、そもそも片付ける必要性がなくなりますよ。

まとめ 片付ける物は不要な物かも知れない

頻繁に使用する物というのは、そもそも片付ける必要がありません。テレビやエアコンのリモコンを引き出しに収納することはありません。

逆に考えると片付けなければならない物というのは、たまにしか使わない物だということです。

そのたまにしか使わない物というのは、必ずしも生活に必要な物だとは限りませんし、高い機能性が求められる事も少ないです。

たくさんのビール瓶の栓を開ける必要がある飲食店であれば、栓抜きに特化した専用品の方が効率が良いですが、たまにしか使用しない一般家庭であれば、多少使いにくくてもセットになっている物で十分ですし、収納スペースも抑えることができます。

専用品の方が効率が良いものですが、それを準備する手間や片付ける手間や管理する手間の事まで考えると、非効率なことは珍しくありません。

もちろん毎晩のようにワインの栓を抜くという人であれば、機能性の高い専用品を所有する価値がありますが、滅多にワインを飲まない人にとっては、収納スペースを圧迫するだけの不要なものになってしまいます。

一般的な調味料と中華だしさえあれば、大抵の中華料理に対応できるものですが、ホイコーロー専用の調味ソースやチンジャオロース専用の調味ソースを用意するとなると、とんでもないスペースが奪われてしまいますし、賞味期限などの管理する手間も増えてしまいます

お好み焼き粉やホットケーキミックスなども同様です。小麦粉と調味料だけで作れるものまで専用品を用意してしまうと、使い切れずにダメにしてしまうかも知れません。

特に粉ものはダニが発生しやすいので、開封後はなるべく早く使い切った方が良いのですが、小麦粉であれば様々な料理に使う機会があるので、何カ月も放置されるようなことにはならないものです。

ペーパーナイフなど、よほど頻繁に封筒を開ける人でなければ必要ありません。カッターでもハサミでも代用できますし、そもそも綺麗に開封しなければならない大切な書類など多くないので、適当に手で開けても問題にはなりません。

これらのような便利な専用品というのは、たまにしか使わない人にとってはデメリットばかりです。大きな家で収納スペースに余裕があったとしても、準備や片付けや管理する手間はなくなりません

ミキサーやフードプロセッサーなど洗うのが大変だからという理由で、使わない主婦も多いのではないでしょうか。ちょっとした食材なら包丁で切った方が効率的です。

物が増えると本当に必要な物を探す手間まで増えてしまうので、益々片付けるのが大変になってしまいます。

びっしりとペン立てに様々なボールペンなどを挿していると、使いたいボールペンを見つけるのに手間取ってしまいますが、必要な物だけであればサッと取り出すことが出来るようなことです。

時間がなくて片付けられないという人というのは、これらのような不要な物に囲まれている傾向があるので、物を片付けるという視点ではなく不要な物を処分するようにしてください。結果的に必要な物が使いやすいように配置されるようになり、部屋が勝手に片付いていきますよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]