節約はレジャー!

収納を減らすことこそ、一番の収納アイディアなのかも知れない

収納アイディアのリスク

世の中には様々な収納アイディアやグッズがあり、家の中のデットスペースを上手く有効活用していて感心することも多いのですが、収納スペースが増えることが必ずしも良いことだとは限りません。

収納に余裕が生まれると、物が収納しきれなくなった時点で整理する機会が失われてしまいます。

片付けるなり捨てるなりする判断が先延ばしになってしまいます

本当に必要な物を収納しておくのは構いませんが、二度と読むことがないであろうつまらない本や着なくなった洋服を、無意味に収納しておくことになってしまいます。

最近は様々な物がネットオークションで売られていますし、リサイクルショップで買い取ってもらうことができるのですが、倉庫の中で眠らせておくと買取価格も下がってしまいます。

希少性の高い物であれば得することもあるかも知れませんが、多くの物はそうではありません。

新刊の本であれば、いち早く手放す事で定価の2~3割ぐらいで買い取ってもらえますが、半年も経つと1割を切ってしまい、1年も経つと数十円になってしまい、3年も経つと価値が無くなってしまいます。

洋服も流行が残っているうちであれば、数百円で買い取ってもらえますが、クローゼットやタンスの中で長年眠って色褪せてしまうと、買取不可となってしまいます。

収納を増やすことばかりに囚われていると、このようなリスクが生まれてしまいます。まだ使えるからと保管しているうちに、使えなくなってしまう可能性があります。

使いにくさもデメリット

よくキッチン下の収納スペースを有効活用する為に、棚を設置するグッズが売られていますが、このような物によって取り出しにくくなるといったデメリットもあります。

頻繁に使う物が取り出しにくいと、普段の生活まで圧迫してしまいます。

取っ手がとれて大小さまざまな鍋を重ねて収納できると便利なように感じるかも知れませんが、鍋を使う度に全てを取り出して取っ手を付けるとなると、一手間増えて面倒になるので、結局はよく使う鍋に取っ手をつけっぱなしになるものです。

毎日のように使う鍋やフライパンならコンロの上に置いておけば問題になりません。それらだけしか所有していなければ、そもそも収納スペースがいらなくなります。

これは三色ボールペンなどで考えてみても分かりやすいかも知れません。一本のボールペンで三色つかい分けられるのが便利ですが、頻繁に三色を使い分ける必要があるのかと考えると、そうそう当てはまる人はいません。

普通のボールペンより太くて書きやすさも失われてしまいますし、一番使う黒のボールペンのインクだけが減ってしまい、残りの色のインクが無駄になってしまいます。

頻繁に使う黒のボールペンは書きやすい物を選び、たまにしか使わないその他の色のボールペンだけが三色のような便利グッズであれば、収納スペースを減らすことに役立ちますが、黒のボールペンまでそこに含めてしまうと、使いにくくなってしまいます。

洋服の畳み方なども同様です。小さく畳むアイディアで収納スペースを有効活用することが出来ても、畳む手間が必要になりますし、余計な皺も増えてしまいます。下着や靴下を丸めて小さくしてしまうと、ゴムが伸びて寿命が短くなってしまうかも知れません。

多くの収納アイディアも同じような事になっているケースがあるものです。年に数回しか使わないような物を上手く収納しておくことは有効かも知れませんが、頻繁に使うものまで頼ってしまうとデメリットばかりになってしまいます。

まとめ 収納を減らす

一番の収納アイディアというのは、使いやすさを考えることです。

物置に隙間なく物が収納されていると、取り出すのが面倒になって行動が制限されてしまいます。掃除機を取り出すのに一苦労してしまうと、掃除が億劫になってしまうものです。

収納アイディアでスペースを増やすことよりも、むしろそれらを手放して収納を減らした方が、余計な物を素早く手放すことになり、結果的に使いやすさが向上することは珍しくありません

収納スペースが限られていると、自分なりのアイディアがどんどん生まれてくるものです。

参考フライパンでパンを焼いてみた

お客さん用のオシャレなティーカップが食器棚の奥にあると、いざお客さんがきた時に取り出すのに一苦労で片付けるのも大変になってしまいますが、普段から使っているティーカップを少しオシャレな物にしておけば、わざわざ別に用意しておく必要がなくなります。

普段から自分でも使う物もオシャレになって気分が向上しますし、取り出しやすい食器棚の手前に置くようになると、見た目も良くなります。

トイレットペーパーを買い置きして倉庫に入れておくと、新しいトイレットペーパーを買ってくる度に倉庫を経由する手間が増えてしまいます。トイレの中のトイレットペーパーが少なくなってきたタイミングで購入してくれば、わざわざ倉庫の中で収納しておく必要はありません。

よほど田舎に住んでいて気軽にトイレットペーパーを買えない環境なのであれば別ですが、多くの人はそうではないはずです。

いつでもどこでも買えるものまで所有しておく必要はありません。収納スペースに余裕があると、このような余計な手間が増えてしまうものです。

スーパーで特売のお肉を買ってきて冷凍庫に保管し、一週間前に購入したお肉を冷凍庫から取り出して解凍してから使うようなことです。手間が増えているだけでなく、お肉が劣化してしまっています。

また収納が少ないと同じ物を使う頻度が増えます。肌着や下着を一週間分用意するより、2~3日分でローテーションさせた方が早く寿命を迎えることになり、シーズンに合わせて買い替えるような事が出来るようになります。すると衣替えで保管する収納スペースも必要なくなります

洋服の数が少なければハンガーに干したまま保管できるようになるので、型崩れの心配もなくなり畳む手間もなくなります。毎晩洗濯をするような家庭であれば、翌朝に前日と同じ靴下を履くことだって出来るはずです。

このように同じ物を頻繁に使うことになると、流行遅れや時間経過による劣化の影響も受けなくなります。少ない金額で物を最大限に有効活用することが出来ます

私は冷蔵庫を手放してから食材を無駄にすることが一切なくなりました。その時々に食べたい物を食べたい分だけ購入するので、賞味期限に追われて食べたくもないタイミングで食べることもなくなり、食生活が格段に豊かになりました。

参考冷蔵庫がいらないライフスタイルとは?

逆に大きな冷蔵庫を所有している家庭ほど、管理が難しくて食材を無駄にしているものです。気づいたら賞味期限が大幅に切れていたという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

使いにくい収納アイディアにはリスクがあります。存在そのものを忘れて同じ物を購入してしまったり、まだまだ使える物まで劣化してしまうことがあります。

収納を増やしてしまうと、このようなリスクを抱えるだけでなく、自分なりのアイディアが生まれてこなくなるので、安易に収納アイディアやグッズに頼らない方が良いのではないでしょうか。

まずは限られた収納スペースの中で、より良い選択を考えるようになってほしいと思います。この経験を積み重ねることで、さらにスペースに余裕が生まれて収納の為だけの無駄な物を減らせるようになるかも知れません

引き出しに小分けの仕切りをつけて整理するアイディアがありますが、そもそも物の数が少ないと仕切る必要などないものです。

いつでもネットを経由して電子情報で受け取れる物など、わざわざ所有する必要などないはずです。単純に物が少なくなると部屋が広くなるだけでなく、災害時や防犯のリスクも下げることに繋がります。

参考節約の観点から防災対策を考察

本当に大切な物をいくつか所有するぐらいは良いと思いますが、たいして必要もない物やいつでも買える物まで所有していなければならない理由などないはずです。

一番の収納アイディアというのは、物理的な収納スペースを増やすことではなく、この考え方を身につけることではないでしょうか。

背負う物が少なくなるとフットワークも軽くなるので、本当に必要な行動を取りやすくなります。準備の為の無駄な時間も減るので、人生が豊かになっていくものですよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。