節約はレジャー!

収納を減らすことこそ、一番の収納アイディアなのかも知れない

収納アイディアのリスク

世の中には様々な収納アイディアやグッズがあり、家の中のデットスペースを上手く有効活用していて感心することも多いのですが、収納スペースが増えることが必ずしも良いことだとは限りません。

収納に余裕が生まれると、物が収納しきれなくなった時点で整理する機会が失われてしまいます。

片付けるなり捨てるなりする判断が先延ばしになってしまいます

本当に必要な物を収納しておくのは構いませんが、二度と読むことがないであろうつまらない本や着なくなった洋服を、無意味に収納しておくことになってしまいます。

最近は様々な物がネットオークションで売られていますし、リサイクルショップで買い取ってもらうことができるのですが、倉庫の中で眠らせておくと買取価格も下がってしまいます。

希少性の高い物であれば得することもあるかも知れませんが、多くの物はそうではありません。

新刊の本であれば、いち早く手放す事で定価の2~3割ぐらいで買い取ってもらえますが、半年も経つと1割を切ってしまい、1年も経つと数十円になってしまい、3年も経つと価値が無くなってしまいます。

洋服も流行が残っているうちであれば、数百円で買い取ってもらえる事がありますが、クローゼットやタンスの中で長年眠って色褪せてしまうと、買取不可となってしまいます。

洋服を小さく畳むテクニックだったり、便利な収納グッズを購入してしまう事というのは、必ずしもベストな選択肢ではありません。

むしろ収納を減らした方が管理がしやすくなったり、無駄にする事が無くなるかも知れません。

まだまだ使える、まだまだ着られる、いつか使う時が来る、と安易に保管していると、本当に必要になった時に使えなくなってしまっている可能性もあります。

使いにくさもデメリット

よくキッチン下の収納スペースを有効活用する為に、空間を上手く活用できるグッズが売られていますが、このような物によって取り出しにくくなるといったデメリットもあります。

頻繁に使う物まで取り出しにくくなってしまうと、たまにしか使わない物のせいで普段の生活を圧迫してしまいます。

十特ナイフのようなもので考えると分かりやすいのですが、たまにしか栓抜きや缶切りを使わない家庭にとっては便利な道具ではありますが、飲食店のように頻繁にビールの栓を抜くようなところだと、ただただ使いにくいだけの代物になってしまうような事です。

便利な収納グッズといったものも似ています。頻繁に取り出すものに限っていうと、むしろ煩わしさが増えてしまうものです。

取っ手がとれて大小さまざまな鍋を重ねて収納できると便利なように感じるかも知れませんが、鍋を使う度に全てを取り出して取っ手を付けるとなると、一手間増えて面倒になるので、結局はよく使う鍋に取っ手をつけっぱなしになるかも知れません。

重ねて収納できるだけにコーティングが剥がれてしまったり、鍋底に残っていた汚れが他の鍋に移ってしまう可能性もあります。

参考テフロン加工の寿命を縮める原因

頻繁に利用する鍋ほど寿命が短くなるので、結局はそのサイズの鍋だけ別に購入する事になるかも知れません。

そもそも頻繁に使用する鍋やフライパンならコンロの上に置いていても邪魔になりません。毎回取っ手を外して綺麗に重ね直して収納するのは大変です。

これは三色ボールペンなどで考えてみても分かりやすいかも知れません。一本のボールペンで三色つかい分けられるのは便利ですが、頻繁に三色を使い分ける必要があるのかと考えると、そうそう当てはまる人は多くないはずです。

普通のボールペンより太くて書きにくくなるかも知れませんし、一番使う黒のボールペンのインクだけが減ってしまい、残りの色のインクが無駄になってしまうかも知れません。

頻繁に使う黒のボールペンは書きやすい物を選び、たまにしか使わないその他の色のボールペンだけが三色のような便利グッズであれば、収納スペースを減らすことに役立ちますが、黒のボールペンまでそこに含めてしまうと、使いにくくなってしまいます。

洋服の畳み方なども同様です。小さく畳むアイディアで収納スペースを有効活用することが出来ても、畳む手間が増えてしまいますし、余計な皺も増える事になってしまいます。下着や靴下を丸めて小さくしてしまうと、ゴムが伸びて寿命が短くなってしまうかも知れません。

参考皺にならない洋服選びを意識しよう

収納を増やすテクニックやグッズが悪いとは言いませんが、そのせいで余計な手間が増えている事は珍しくありません。

大きな旅行鞄を購入してしまうと、一泊二日の旅行でも余計な物まで持っていってしまいやすくなってしまうような事です。

むしろ小さな鞄しかない人の方が工夫するかも知れません。私の例でいうと、あえて古い下着や靴下を履いていって現地で捨てる事があります。

大きな車に乗っている人ほど、趣味の物を積みっぱなしにして燃費が悪くなってしまったり、洗車が煩わしくなってしまうように、必ずしも収納できる事が良いとは限りません。

まとめ 収納を減らすのもアイディア

一番の収納アイディアというのは、使いやすさを考えることです。

物置に隙間なく物が収納されていると取り出すのが面倒になって行動が制限されてしまいます。掃除機を取り出すのに一苦労してしまうと、掃除が億劫になってしまうものです。

参考お掃除ワイパーのメリットは手軽さ

本当に必要な物を効率よく収納する事に異論はありませんが、安易に収納スペースを増やしてしまうと、どうでも良い物を捨てる判断を先延ばしする事になってしまいます。

大きな本棚があると、二度と読む事がないような本でも取り敢えず置いてしまうように、スカスカの本棚をキープ出来る人は多くありません。

むしり本棚を手放すなり、サイズダウンすると、重要なな本だけが残る事になり、本当に必要になった時に見つけやすくなります。

道具や収納スペースが限られていると、自分なりのアイディアがどんどん生まれてくるものです。

参考フライパンでパンを焼いてみた

お客さん用のオシャレなティーカップが食器棚の奥にあると、いざお客さんがきた時に取り出すのに一苦労ですし、しばらく放置していると頑固な汚れがこびりついているかも知れません。

オシャレな食器ほど細かな溝が多かったり、変わった造形で重ねづらい事も多いです。

参考中途半端なオシャレ雑貨がリスクになる?

そのような手間や使い勝手の悪さも含めて気に入っているのであれば、むしろ普段から自分で使った方が満足できるはずですし、わざわざお客さん用にとって置く必要もありません。

冷蔵庫の大きさなどで考えても分かりやすいのですが、スペースに余裕があると特売日にたくさん買ってきて得したような気分になるのですが、必ずしも得につながっているかいうと微妙です。

スーパーで特売のお肉を買ってきて冷凍庫に保管し、一週間前に購入したお肉を冷凍庫から取り出して解凍して使うとなると、お肉の鮮度が落ちてしまっています。

冷凍、解凍といった手間が増えているだけでなく、余計な電気代まで掛かってしまっています。

一方でその日に食べるお肉をその日に調達してくれば、例え数十円高かったとしても、余計な手間も電気代も掛かりませんし、より新鮮なお肉を食べられる事になるので、結果的にお得になっているのではないでしょうか。

また収納が少ないほど同じ物を使う頻度が増えます。肌着や下着を一週間分の7着用意するより、2~3日分でローテーションさせた方が早く寿命を迎えることになり、シーズンや体型の変化に合わせて買い替えやすくなります。

靴やスーツのようなものだと、毎日着用していると汗による湿気が抜けきれなくて雑菌が繁殖しやすくなるケースもありますが、それでも2~3着でローテーションさせていれば十分です。

るような事が出来るようになります。すると、衣替えで保管する収納スペースも必要なくなるかも知れません

洋服を小さく畳むテクニックで上手く収納できたとしても、次のシーズンに取り出した時に皺くちゃになっていたり、頑固な黄ばみが残っていたり、虫食いの被害にあっていると、結局は無駄にしてしまいます。

参考節約上手は衣替え上手!?

洋服の数が少なければハンガーに干したまま保管できるようになるので、型崩れの心配もなくなり、畳む手間もなくなります。毎晩洗濯をするような家庭であれば、翌朝に前日と同じ靴下を履くことだって出来るはずです。

これらのように収納が限られている家庭ほど、同じ物を頻繁に使うことになり、流行遅れや時間経過による劣化の影響も受けにくくなります。

その物の役割、寿命を全うしやすくなるので、結果的に節約にもつながるのではないでしょうか。

私は冷蔵庫を手放してから食材を無駄にすることが一切なくなりました。その時々に食べたい物を食べたい分だけ購入するので、賞味期限に追われて食べたくもないタイミングで食べることもなくなり、食生活が格段に豊かになりました

参考冷蔵庫がいらないライフスタイルとは?

逆に大きな冷蔵庫を所有している家庭ほど、管理が難しくなって食材を無駄にしているものです。掃除をするのも大変なので衛生的にも良くないかも知れません。

気づいたら賞味期限が大幅に切れていたという経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。

わざわざ電気代とスペースを使って無駄にしてしまうわけです。

収納を増やしてしまうと、このようなリスクを抱えるだけでなく、自分なりのアイディアが生まれてこなくなるので、安易に収納アイディアやグッズに頼る前に、無駄な物がないかといった、本質的な問題と向き合った方が良いのではないでしょうか。

引き出しに小分けの仕切りをつけて整理するアイディアがありますが、そもそも物の数が少ないと仕切る必要すらないものです。

いつでもネットで調べられる情報が載っている本など、わざわざ所有する必要はありません。

その知識を知った時点で十分に元は取れているので、細かな数値などはどうでも良いはずです。

単純に物が少なくなると部屋が広くなりますし、不要な物の為に余計な家賃を支払う必要もなくなるかも知れません。無理なく家賃を下げられたり、より良い立地を選んで通勤時間を削減する事も出来るかも知れません。

さらに物が少なくなるほど、地震による転倒や防犯のリスクも下げることに繋がります。

参考節約の観点から防災対策を考察

本当に大切な物を効率よく収納するのは良いと思いますが、安易に収納を増やしてしまうと不要な物まで手放しにくくなってしまうので気をつけてください。

一番の収納アイディアというのは、物理的な収納スペースを増やすことではなく、この考え方を身につけることではないでしょうか。

背負う物が少なくなるとフットワークも軽くなるので、本当に必要な行動や選択を取りやすくなります。準備の為の無駄な時間も減るので、人生が豊かになっていくものですよ。

コメント

  • 嫁が昔使っていた布団乾燥機を実家から持ってくることになって正月に家族で車で行くと、結構な田舎で家や倉庫がバカでかい事もあり、探すだけで一苦労した事がある。探している間に「コレも持っていこう」と古い加湿器も出てきて貰ってきたけど、どっちも使ってみると悪臭が発生して使い物にならなかった。新年早々散々でした。

    物を大切にする事は素晴らしい事だとは思うけど、使える物を使わずにとって置いても意味がないどころか、手間や不幸を招く事になるだけ。収納を増やすどころか減らすという発想は良いと思う。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]