節約はレジャー!

シワになりにくい洋服選び!意識するべき3つのポイント

洋服のシワの原因

しわくちゃの生地衣替えで久しぶりに取り出した洋服がシワシワで困った経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

洋服のシワを取る為だけに洗濯をしなおしたり、アイロンをかけることはとても面倒です。

洋服にシワができてしまう原因は、大きくわけて3つあります。

  • 洗濯
  • 保管(畳み)
  • 着用

これらの洋服のシワの原因を全て避けることは難しいです。洋服に全くシワが付かない洗濯方法などありませんし、全ての洋服をハンガーに吊るしておくことも現実的ではありません。

また洋服は着る為にあるので、着用時につくシワを避けることはできません。

洋服にシワがつく原因を完全に避けることは難しいですが、一方でシワになりにくい工夫や洋服を選ぶということは可能です。

これを意識するだけで日々の洋服の洗濯やアイロンがけといったメンテナンスが格段に楽になるものです。

そこで今回はシワになりにくい洋服を選ぶ3つのポイントを紹介します。洋服の手入れの手間を節約しましょう。

1 洋服の生地の素材

様々なワイシャツ洋服のシワのなりにくさは、生地の素材によって大きく左右されます。

また多くの洋服の生地に使用されている綿でも、生地の織り方によって差があります。綿100%の生地でもTシャツとポロシャツとYシャツでは織り方が違うのでシワに差が生まれます。

また予めシワになりにくいように、綿に化学繊維を混ぜている洋服も増えてきました。

化学繊維は体質(汗)との相性の問題もあるので、ポリエステル100%となると汗が臭くなってしまうような事もあるのですが、形状記憶の為に少し混ざっているぐらいであれば、それほど問題にならないケースが多いです。

シワになりにくい生地の素材に必ずしも正解があるわけではないのですが、なるべくならシワになりにくいような加工がされている洋服を選ぶことがポイントです。

現在所有している洋服の中でもシワの出にくさに差があると思うので、シワになりにくい素材の洋服の生地の素材や織り方を覚えておくと、今後洋服を購入するときの参考になります。

また洋服の生地のカラーや柄によってもシワの印象は変わります。これはシワが出来にくいという事ではなく、シワが目立ちやすいかどうかという意味です。

誰でも好みのカラーや柄があるとは思いますが、それほどこだわりがない場合はシワが目立たないカラーや柄を選ぶ事で、清潔感を維持しやすくなります。

2 サイズ

大きすぎるTシャツを着た男性洋服を着用している時にできるシワの原因の多くは、洋服のサイズが大き過ぎるからです。

もちろん姿勢の悪さや行動なども影響しますが、そもそも洋服のサイズが大き過ぎると生地が余ってしまい、黙っていてもシワがよってしまいます。

参考姿勢を良くする効果を理解しよう

引き締まった体型の人がピチピチのTシャツを着ると全くシワはできません。これは余分な生地がないからです。

体型を目立たせたくない人もいると思いますが、安易に体型を隠そうと大きめのサイズを選ぶと必要以上にシワが増えてしまい、より体型を強調してしまう事は珍しくありません。

小柄な人がサイズの大きな洋服を着ると、シワが増えてより小柄さが強調されるような事です。子供であれば可愛げもありますが、成人した人がそのような恰好をしていると、ただただシワが増えて残念な印象になってしまいます。

太っているのが気になる人の洋服選びでも同様です。安易にサイズを上げるのではなく、太っている人向けのシルエットの洋服を選ぶ事で、肩幅や袖や裾の長さが適切なまま、お腹周りだけゆとりをもたせるような事が可能です。

きちんと洋服のサイズ合わせを意識することで、洋服のシワを大幅に減らすことは可能です。

多くの人が適当に大き過ぎるサイズの洋服を選んでしまっています。「大は小を兼ねる」とは言いますが、大き過ぎる洋服は見た目のシワが増えるだけではなく、生地の重さも加わるので疲れの原因になることも珍しくありません。

オシャレの為にあえてオーバーサイズの洋服を着るのは個人の自由ですが、何となく適当に大きめのサイズを選んでしまっている人が多いので気をつけてください。

洋服のサイズは「165~175cm」のように、かなり幅広い層の人が着られるように設定されています。靴は5mm刻みで細かく分かれていますが、洋服のサイズは結構大雑把です。

175cmの人にピタリと合う洋服が、165cmの人にピタリと合う可能性は限りなく少ないです。よほど恰幅がよくなければダボダボになってしまいます。

Tシャツ姿で歩く二人の男性そして実際に多くの人がダボダボの洋服を着ています。この大きすぎるサイズを改めるだけで洋服は各段に似合うようになり、そして余計なシワもつかなくなります

MサイズのTシャツが大きすぎる人は、Sサイズを試してみることも大切なのですが、同じMサイズのTシャツでもメーカーによってサイズやシルエットが違います

丈が長かったり、袖が短かったり、お腹周りに余裕があったり、とメーカーによるサイズの違いがあります。ここを意識して選ぶことがポイントです。

どんなに有名なブランドや高級ブランドのTシャツでも、サイズが合わないものは合いません。ブランドのロゴマークで判断するのではなく、自分の体型に合うメーカーを選んでください

これは洋服のシワが少なくなるだけではなく、洋服も似合うようになって魅力がアップしますよ。

参考節約家はオシャレな人が多い?

本当に多くの人が適当にサイズの大きな洋服を選んでしまっています。ズボンの裾合わせのようなちょっとした事でも、見た目の印象は大きく変わりますし、余計なシワも少なくなるものです。

さらに細かなことをいうと、洋服が小さくなると洗濯物の量も減ります。洋服はサイズによる価格差はありませんが、必要以上に大き過ぎる洋服だと洗濯物の量が増えて、余計な水道代や洗剤が必要になってしまいます。

節約の為にもシワになりにくい適正サイズの洋服を選ぶようにしてください。これも既に所有している洋服の中から、フィットしているものが参考になると思います。サイズだけでなくシルエットなども覚えておくと、新しく洋服を購入する際に役立ちますよ。

3 洗濯方法

洗濯時につく洋服のシワを抑えるには、脱水前の一手間がポイントになります。

特に縦型の洗濯機は様々な洋服が絡み合った状態で脱水されるので、脱水の前に一度洋服の絡みをほどくだけで、かなりのシワを抑えることができます

参考ランドリーボールで皺が激減!

そして脱水後は速やかに干すことも大切です。

洋服を1枚ずつゆっくりと取り出すのではなく、シワになりやすい洋服を先に取り出して絡まりをほどいてください。それからシワを伸ばしながら干しすだけでシワを大幅に減らすことが出来ます。

そしてきちんとしたハンガーにかけることも大切です。針金ハンガーだと厚みのある洋服の乾燥が遅くなるだけでなく、シワの原因になってしまいます。

全ての洋服に合わせてハンガーを用意するのは大変ですが、シワになりやすい洋服や大切な洋服用に何本が厚みのあるハンガーを使用しましょう

ちなみに形状記憶加工がされているシャツなどは、全く脱水をしないで濡れたまま干すことが推奨されているケースがあります。洋服に含まれている水分の重みでシワが伸びてくれます。

お風呂場や屋外に干せるのであれば、そのような方法でシワを防ぐことが可能です。ただ梅雨時などは洋服が乾燥するのに時間が掛かってしまい、生乾き臭が発生してしまいやすいので気をつけてください。

参考洗濯物を早く乾かす裏技!

洗濯によるシワは柔軟剤などで軽減できる事もあるのですが、最後の脱水前に洋服の絡まりを軽くほどいてあげるだけで随分と変わるので意識してみてください。

おまけ シワ 加工

最後はおまけで、あえて「洋服のシワを活かす方法」を紹介します。

ジーパンで浜辺を歩く男性シワを活かす着こなしでわかりやすいのはデニム生地です。全くシワのないジーパンは味気がないものです。シワや擦り切れや色落ちが味になってくれるタイプの洋服なので、わざわざアイロンをかける必要はありません。

また麻(リネン)のシャツなども同様です。洗いざらしのシワがいい味になってくれます。わざわざシワをキープする為に、脱水後に雑巾のように絞ってしばらく放置する人もいるほどです。

まらあらかじめシワ加工が施されている洋服もあります。

これらのようにシワを味方にする着こなしを選ぶのも一つの選択肢です。

ただしシワ加工は一歩間違えると清潔感が失われてしまいます。肌や髪が若々しい人には似合いますが、そうではない人が着ると一気に清潔感が失われてしまいます

きちんと身だしなみを整えて、あえて洋服のシワを楽しんでいると周りに伝わるような着こなしをすることがポイントです。麻のシャツにダメージジーンズを合わせて古ぼけたスニーカーを履いてしまうと、どんなに高価なものでも浮浪者のように見えてしまうかも知れません。

清潔感が漲っている若者であれば、そのような着こなしでも良いのかも知れませんが、ある程度の年齢の人であれば、ワンポイントだけ取り入れて他は綺麗なファッションにまとめるのがポイントです。

シワが活きる洋服もあるというお話でした。

まとめ 清潔感は意識

洋服のシワを完全に失くすことはできませんが、なるべくシワが付かないように工夫をすることは可能です。

今回紹介した洋服の生地選び、サイズ合わせ、洗濯方法を意識してみてください。大幅に清潔感がアップすると思います。

おそらく手持ちの洋服でもアイロンをかけなくても良い洋服があると思います。そのような洋服と向き合う事で、次回に購入する時の参考になりますよ。

そして洋服のシワが目立たない柄やカラーも意識してみてください。白いシャツほど襟の黒ずみや脇汗の黄ばみといったものが目立ちやすいように、生地の色によっても見た目の印象は変わるものです。

似たようなところだと、脇汗が目立ちやすいカラーを避けるのもおすすめです。この辺は体質にもよりますが、洋服のシワの出来やすさだけでなく、目立ちやすさなども意識してみてください。

あとは洋服の畳み方でしょうか。洋服を細かく畳んで立てた状態で収納するようなテクニックがありますが、個人的には妙なシワが増えるのでおすすめではありません。

それこそシワになりにくい生地の洋服だと、細かく畳んでも綺麗なものですが、注意してほしいのは衣替えなどで長期間保管する時です。

ポリエステルのようなシワが出来にくい生地にシワが出来てしまうと、洗濯をしてもアイロンをかけても元には戻りません。そうなるとお手上げです。

頻繁に着るような洋服であれば、長期間同じ形というわけではないので、頑固なシワになる事は少ないのですが、衣替えの時の洋服の畳み方は気をつけてください。

参考衣替え上手は節約上手!

洋服の好みは人それぞれですが、洋服の購入時にいくつかの選択肢がある場合は、シワになりにくい洋服の生地を選ぶことで、その後のメンテナンスが格段に楽になります。

オシャレが大好きな人であれば、そのような手間を掛けてでも好きな洋服を選んだ方が満足するとは思いますが、それほどこだわりがない人はシワになりにくいような、メンテナンスのしやすい洋服選びといった基準を取り入れてみてください。

オシャレ着洗いが必要なデリケートな生地の洋服が無くなると、洗濯洗剤を使い分けるような手間も無くなって楽になりますよ。

参考洗濯洗剤を節約するポイント!

洋服の寿命は手入れ次第で大きく左右します。毎日きちんと手入れをするのが理想ではありますが、なるべくなら手入れの手間が少ない洋服を選ぶようにしてみてください。

節約という意味では、なるべく価格の安い洋服を選びたくなりますが、その後のお手入れの時間を考えると、多少高くても長く愛用できた方が節約になる事も多いので、安易に低品質な洋服は避けた方が良いかと思います。

一方で高級な洋服の中には、手入れの難しい天然素材の生地が多いものです。セールだったからと購入してしまうと、直ぐにダメにしてしまうかも知れません。

洋服を購入する際には、お手入れ方法や維持費(クリーニング代)も考慮して選ぶようにしてください。

参考カシミヤのメリット、デメリット

カシミヤのセーターがセールで半額だったとしても、カシミヤの扱いは簡単ではありません。適当に洗濯をしてしまうと一発でダメになってしまいます。クリーニング費用も高額なので、同じ値段ならウールのセーターの方が長持ちするものですよ。

今すぐ手持ちの洋服をシワが出来にくいものに買い替える必要はありませんが、手持ちの洋服の中からでもシワの出来にくいものや目立ちにくいものがあると思うので、それらと向き合って特徴を掴んでおいてください。

次回の洋服の購入時に活きてくるので、自然とシワが目立たない洋服選びが出来るようになり、日々のメンテナンスといったものも格段に楽になっていきますよ。

コメント

  • そうなんだよね、背伸びしてオシャレな洋服を買っても良い状態を維持できなくて直ぐに使い物にならなくなる

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]