節約はレジャー!

物欲が止まらない人は、あえて物欲を高めて成熟させよう!

物欲を止める方法に囚われない!

知り合いがある生活雑誌で紹介されていたという「物欲を止める方法」を実践していました。

その知り合いは以前まで欲しいと思ったらすぐに購入してしまうタイプだったのですが、その物欲を止める方法のおかげでコントロールできるようになったらしく、自慢げに私に教えてくれました。

ただ、とても辛そうだったのが印象的でした。一緒に買い物に行ったときに、

「あ~、これ凄く可愛いけど・・・」

といった感じで後ろ髪を引かれながら、何とか物欲を止める方法でモノの購入を諦めていました。

あまりにも辛そうなので、私は「いつか爆発するだろうなぁ」と思っていたのですが、案の定その後に高額なブランドバッグを衝動買いしていました。

世の中には様々な「物欲を止める方法」というものが紹介されていますが、必ずしも全ての方に上手くいくわけではありません。

そこで今回は「あえて物欲を高める方法」を紹介します。物欲を無理やり止めるのではなく、成熟させることでより良い結果が期待できます。

物欲を高めるメリット

「あえて物欲を高める方法」というのは、何かしらのモノが欲しくなったときに、そのモノの購入を諦めるのではなく、「もっと良いモノを購入しよう!」と考えることです。

たとえば洋服屋さんである洋服に一目惚れした時に、物欲を止めることにフォーカスするのではなく、同じような洋服で「もっと良い洋服はないか」と考えることです。

その洋服の購入を泣く泣く諦めるのではなく、「よし、購入しよう!でも、もっと良い洋服があるかも?」と考えます。

すると、その洋服に一目惚れした理由が見えてきます。

デザインなのか、生地の柄や色なのか、この先の予定にピッタリの洋服だったのか、それともお手頃価格だったのか、何かしらの理由が見えてきます。

自分の中でふわっとしていた理由が明確になると、よりその理由に適した洋服が新しい選択肢として目に入ってきます

これがあえて物欲を高めるメリットです。

無理やり物欲を止めて購入を諦めるのではなく、そのモノを購入したくなった理由を明確にすることで冷静さを取り戻すことができます。

後悔しない買い物

より目的に適した洋服を選べるようになると、購入してから「着ていくところがなかった」といった感じの失敗がなくなります。また目的を満たしている範囲で洋服を選択できるようになるので、節約をしたい方は上手に最安値を選択できます。

これが節約という基準だけで洋服を選んでしまうと、耐久性が低い(低品質な)洋服を選んでしまうものです。セールだからと余計な洋服を購入してしまいます。

物欲が止められない人というのは、購入後に後悔するから物欲を止めたいと感じています。

たとえば生活に必要なモノであれば購入後に後悔することなどありません。いつも使っているティッシュが安かったからと、まとめ買いをしても後悔はしません(収納スペース以上に膨れ上がった場合は別ですが)。

参考まとめ買いのリスク!

何かしらのモノが欲しくなった時は、あえてそのモノよりも良いモノを選択肢に入れてみてください。予算オーバーしていても構いません。むしろ予算の上限がないほうが本当に欲しいモノ(求めている機能)が見つけやすくなります。

その本当に欲しいモノ(機能)が明確になるということは、それ以外の求めていない機能に気がつくことになります。

たとえばテレビを購入したくなったときに、予算(5万円)の範囲内だけで選択をしてしまうと、5万円に収まる良さげなテレビを選んでしまいますが、あえてより高品質な10万円のテレビを選択肢に入れて考えると、様々な機能の知識を知ることになります。

大きなサイズや録画機能や画質や省エネ性能など、今まで意識していなかった知識が入ってきます。

すると、それらの機能の中で自分が求めている機能とそうでもない機能が明確になってきます。一日中テレビをつけっぱなしにしている人なら省エネ性能が重要ですし、将棋や囲碁の番組をたまにしか見ないという人なら高画質である必要はありません。

5万円に収まるからとセール中のテレビを安易に選んでしまうと、余計な電気代が嵩んだり、必要以上に大きなサイズで部屋のスペースを圧迫するかも知れません。一度も使われることがない録画機能のおかげで無駄に大きなリモコンになるかも知れません。

自分が本当に求めている機能とそうではない機能が明確になれば、セールで8万円のテレビが49800円でも安易に選ばなくなります。それよりも必要十分な機能を満たしている39800円のセールではないテレビを選択できるようになります。

このような選び方であれば、決して購入後に後悔することはありません。

物欲を無理やり止める方法に囚われのではなく、あえてより良いモノを選択肢に入れることで、本当に欲しいモノが見えてきます。本当に欲しいモノ(機能)が見つかった結果、それが15万円の高機能テレビだった場合は、15万円貯まるまで待てばいいだけです。

無理やり物欲を止めて諦めてしまうと、13万円のそれなりに高機能なテレビがセールで98000円で売られていると飛びついてしまいます。

13万円のそれなりに高機能なテレビだと、本当に求めていた機能が搭載されていないので、後から後悔することになってしまいます。

まとめ 物欲を成熟させよう

何かしらのモノが欲しくなるということは、現状に不満を抱え、より良い生活へ向かおうとしている事でもあるので、それはそれで悪いことではありません。物欲が止められない人というのは、ある意味では成長意欲が高いということでもあります。

ただ、その選択を安易にしてしまうので、購入してから後悔することになってしまいます

物欲が止められない人は、無理やり物欲を止める方法に囚われるのではなく、あえて物欲を高めて成熟させてほしいと思います。

  • もっと良いモノはないか?
  • より適しているモノはないか?
  • このお店が最安値なのか?

といったようなことを考えるようにしてください。

すると結果的に衝動的な物欲を止めることになります。物欲そのものを無理やり止めるのではなく、衝動的な物欲を止めることができます。本当に必要なモノ、欲しいモノまで止める必要はありません。

人間は情動を揺さぶられると冷静な判断が出来なくなります。

悲しいことがあると自暴自棄になりますし、楽しいこと、嬉しいことがあると普段より大胆になるものです。

「セールで今だけの特別価格!」といった言葉に踊らされると、冷静に判断することなく行動をしてしまいます。

「残りわずか」や「限定品」といった言葉も同様です。冷静に判断させない為の売り文句です。

どんなに安い特別価格でも限定品でも、欲しくもないモノ、必要のないモノを購入してしまうと、後で必ず後悔してしまいます。物欲が止まらない人というのは、そのような情動に揺さぶられやすい傾向があります。

だからこそ、あえて物欲を高めて成熟させてください。

物欲を認めた上で、より良いモノ、本当に求めている機能と向き合ってください。

この物欲を成熟させる時間こそが、モノを売りたい側によって揺さぶられた情動から抜け出すテクニックでもあります。

冷静さを取り戻せば「今だけの特別価格!」が毎週あることに気がつくかも知れません。

誰だって頭に拳銃を突きつけられると冷静な判断など出来ないはずです。恐怖という情動に支配されると相手の思うがままにコントロールされてしまいます。

宣伝文句に拳銃ほどの恐怖はありませんが、モノを売る側は様々なテクニックを使って情動を揺さぶってくるので、気をつけてほしいと思います。

だからこそ、何かしらの物欲が沸き起こってきたときに、あえて物欲を高めて冷静さを取り戻してください。

お腹が空いている時に焼肉屋さんの換気扇からいい匂いが漂ってくると、強烈に食欲が刺激されてしまうものです。物欲が止められないタイプの人は、ここで何も考えられずに焼き肉さんに入ってしまいます。

一方で「焼き肉を食べたい!」という食欲を認めた上で少し考えられるようになると、様々な選択肢があることに気がつきます。

「この後に大事な商談があるから匂いのつく焼肉はその後だな、上手くいったらみんなで高級焼き肉に行こう」

「月末で金欠だから焼肉は厳しいかぁ、そうだ、吉野家なら焼肉定食が安いぞ!」

「週末に焼肉に行く予定があるから、そこまで我慢するか」

「明日の健康診断でコレステロールに影響するかな~、脂身の少ない肉と冷麺にしておくか」

といった感じで、焼き肉屋さんの匂いによる情動の揺さぶり(食欲への刺激)から、一歩距離を置くことができます。焼き肉を食べることを諦めるのではなく、より良い選択肢を手に入れることができます。

もしこの時の「焼肉を食べたい」という欲求を無理やり止めてしまうと、その後に他のモノを食べてもどこか不満を感じ続けてしまうかも知れません。どんどんストレスが溜まっていくと、夕食を食べたにも関わらず、深夜にコンビニに走って焼肉弁当をドカ食いしてしまうかも知れません。

物欲も同じです。無理やり止めても上手くいくとは限りません。

もちろんそれでコントロールできる方もいますが、なかなか上手くいかない方こそ、あえて物欲を高めてより良い選択肢がないか考えてみてください

冷静さを取り戻すことで物欲そのものが止まることもありますし、実際により良い選択肢が見つかって後悔しない買い物になることも増えると思います。

追記

ちなみに、多くの方が衝動買いしないモノとして歯ブラシがあげられます。

大抵の人にはお気に入りの歯ブラシの銘柄があり、普段使っていない高級歯ブラシがセールでも安易に購入はしません。

歯ブラシは毎日使っているだけに、自分が求めている機能をしっかりと理解しているからです。

たまにテレビ番組などで歯ブラシの情報に触れると、それがきっかけで歯ブラシのタイプを変える方がいるかも知れませんが、歯ブラシのように実体験を元に判断するものは、相性が悪ければ冷静に元の銘柄に戻すことができます。

一方で自分では判断しにくいモノは、他者からの情動の揺さぶりの影響を受けやすい傾向があります。

わかりやすいのは洋服です。基本的に洋服は自分で見えません。他者からの意見を受け入れやすい傾向があります。

店員さん「お似合いですよ~」と褒められると、つい購入してしまいます。

その洋服の着心地が悪くても、着ていくシーンが滅多になくても「いま流行っているですよ!」「残り一着なのでチャンスですよ~」といった言葉で情動を揺さぶられると、冷静に判断できなくなってしまいます。

物欲が止められないタイプの人というのは、この自分で判断をすることが苦手なのだと思います。

何事も歯ブラシのように自らの判断基準で選択できるようになってください。その為に有効なのが物欲を無理やり止めるのではなく、あえて物欲を認めた上で成熟させるということです。

down

コメントする