節約はレジャー!

使いやすい爪切りは時間と靴下を節約出来ます!

爪切りは壊れない!

色々な爪切り少し前に私が長年愛用していた爪切りを勢いよく床に落としてしまい、噛み合わせが悪くなってしまいました。

そこで最近の爪切りに買い替えたところ、使いやすさや機能の進化に驚かされました。

爪切りはそうそう壊れるものではないので、節約家なら十年以上使用しているという人も珍しくないのではないでしょうか。

私が愛用していた爪切りも、おそらく学生時代に購入したもので二十年近く使用していたことになります。

その爪切りしか知らなかったので、特に機能に疑問を感じていなかったのですが、最近の使いやすい爪切りはかなりの時間を節約することになると実感しています。こんなことなら早く買い替えておけば良かったです。

そこで今回は爪切りを買い替える基準と選び方を紹介します。爪を切る時間と靴下を節約することが出来ますよ。

爪切りを買い替える基準

爪切りを買い替える時に意識してほしい基準は3つあります。

1 ヤスリの質

まずは爪切りのヤスリの質です。

ヤスリが昔ながらのギザギザの溝のタイプの爪切りの場合は、最新の爪切りに買い替えることで使いやすさが劇的に向上します。

最近の爪切りのヤスリは「サー」っと軽くこするだけで爪を滑らかにしてくれます。このヤスリがけの時間を大幅に節約することが出来ます。

足の爪も軽くこすることが出来るので、靴下を爪に引っかけて無駄にすることもなくなります。今までどれだけの靴下を無駄にしてしまっていたのかと後悔しています。

2 切れ味

爪切りの切れ味が落ちてきたと感じている人も買い替えることをおすすめします。そもそも切れ味の鋭い爪切りを使用すると切り口がキレイなので、ヤスリがけの時間が少なくて済みます。これも買い替えたことでかなり実感しています。

単純に古かったり、目で見てわかるほど刃が傷んでいたり、噛み合わせが悪くなった爪切りは、無理して使い続けずに買い替えを検討してみてください。

ちょっとした黒ずみぐらいであれば、アルミホイルなどで磨くと復活するケースがあるようなのですが、おそらく切れ味が戻るほどの効果はないので、あまり過度な期待はしない方が良いかと思います。

ハサミのようなも刃が擦れる事でカットする刃物であれば、アルミホイルやアルミ缶を切る事で刃の切れ味が戻る事がありますが、爪切りのように刃で挟む刃物だと、刃の噛み合わせも考慮して研がないと意味がないので、素人では難しい傾向があります。

3 構造が古い

昔の爪切りは爪が飛び散りやすい構造(カバーがない)のものがあります。爪を切ったときによく爪が飛び跳ねるという人は、新しい爪切りにすることで、その掃除の手間も減らすことが出来ます。

ニッパータイプの爪切りでも良質な物ほどサクっと切れるので、爪が飛び散らない傾向があります。

どれか一つでも条件が当てはまる人は、爪切りの買い替えをおすすめします。

おすすめの爪切り

基本的に爪切りは長い期間使用することが出来るので、極端な安物はおすすめしません。100円ショップのようなところでも売られていますが、なるべくなら良質な爪切りをおすすめしておきます。

使いやすい爪切りを見極めるポイントは、今まで使っていた爪切りと同じようなものを選ぶ事です。

ニッパータイプの爪切りは硬い爪の人や巻き爪の人によっては便利なものですが、一般的な人に向いているとは限りません。ヤスリも別に用意する必要があるので、煩わしいと感じる事もあります。

また爪切りのサイズも重要です。長年使用していた爪切りの大きさに慣れているので、少しでも大きくなったり、小さくなると使い勝手が悪く感じてしまいます。

少し前に実家で爪切りを借りたのですが、少しサイズが小さくてヤスリがけのリズムが合わなくて使いにくく感じました。

なので使いやすい爪切りを選ぶポイントというのは、今までの爪切りと同タイプ(同サイズ)の中から質の高いものを選ぶ、という事になります。

理想は様々な爪切りを実際に試して使いやすいものを選ぶ事ですが、爪切りの試し切りをできるところは多くないので、今まで使用していた爪切りを目安に選んでみてください。

おすすめの使いやすい爪切り機能の高い爪切りを見極めるのに簡単なのは、1000円を超えるものを選ぶ事です。

数百円の爪切りでも良いものがあるとは思いますが、それこそ実際に試してみない事にはわからないので、同じメーカーの爪切りが売られている場合、なるべく高い爪切りを選びましょう。

節約という意味では良い選び方ではないのかも知れませんが、こればっかりは試しようがないので仕方がありません。もちろんより高価な爪切りを選んでもOKです。十年以上使うと考えれば、それほど大きな負担にはならないのではないでしょうか。

数百円をケチったせいで、使いにくさを十年以上引きずってしまわなうよう、気をつけてほしいと思います。

爪を切るタイミング

ちなみに爪を切るベストなタイミングがあることをご存知でしょうか?

バスタオルで髪を拭く女性それは「お風呂上り」です。

お風呂上りは爪が柔らかくなっているので綺麗に切ることが出来ます。

逆に爪を切ってはいけないタイミングは「お風呂前」です。爪切りで皮膚が傷ついてしまう可能性があります。

血が流れるような傷でなくても、わずかな傷が皮膚についてしまうと、そこからバイ菌が入る可能性があります。

自宅の中でもお風呂やお風呂場は湿気が多く、カビやバイ菌が繁殖しやすい環境なので、直前に爪を切ることにはリスクがあります。

バスタオルは毎日替えている家庭でも、バスマットとなるとそうでもない事があるように、バイ菌の影響を受けやすい傾向があります。

ヤスリで細かな削りカスが出るので、お風呂で綺麗に流したい気持ちもわかりますが、なるべく直前は避けてください。

軽い傷口なら数十分でふさがるので、お風呂の直前だけは爪切りの使用を避けるように意識してください。

まとめ 爪切りを買い替えるメリット

私は爪切りを買い替えてから爪を切ることが楽しくなりました。前の爪切りよりも明らかに早く、そして綺麗に仕上がるようになりました。

爪切りは相性の問題があるので、一概に正解の爪切りがあるわけではないのですが、長く使えるものなのでしっかりと選んでほしいと思います。

友達や実家の爪切りを使わせてもらうのも良いかも知れません。ちょっとした違いでも随分と使い勝手に差があるものです。

私は爪切りを壊してしまったこともあり、緊急で近所のドラッグストアで1500円ぐらいのを購入したのですが、もう一つ上のランクの2000円の爪切りがあったので、現在ではそちらを購入しておけば良かったと少し後悔しています。

おそらくまた十年以上は使うことになるので、僅かな金額を節約するよりも少しでも品質が良い爪切りの方が良かったと感じています。

高級爪切りだからといって相性が良いとは限りませんが、同じメーカーの爪切りであれば、おそらく切れ味や使い勝手も良いので参考にしてみてください。

またネットで探すと様々な爪切りが売られていますが、サイズ感がわかりにくいので、実際に店舗で実物を確認しながら購入した方が良いかと思います。

ネットで人気の爪切りだったとしても、今まで長年使っていた爪切りとタイプやサイズが違うと使いにくいかも知れないので、安易には選ばない方が良いかと思います。

節約という意味では、ドラッグストアやホームセンターで実物を確認してから、ネットで最安値で購入するのが良いと思いますが、その場合は送料の事もしっかりと考慮して選んでください。

【amazon】爪切り

【楽天】爪切り

爪切りのように長年使用する物は、節約家といえども多少の価格差で妥協しないで選んでほしいと思います。

物を大切に扱うことは素晴らしい事ですが、何となく古い爪切りや安い爪切りを使っているという人は、買い替えを検討してみてください。爪を切る時間や靴下の節約だけではなく、満足感も大きく上がると思います。

もちろん現在の爪切りになんの不満もないのであれば、わざわざ買い替える必要はありません。爪の硬さや厚みや質も人それぞれなので、それほど品質が良くない爪切りでも十分かも知れません。

使い捨てのような物であれば、なるべく価格を抑えて節約したいものですが、長く愛用できる物は品質も重視した方が結果的に節約につながりますよ。

コメント

  • ちょうど私も爪切りを買い替えたばかりでした。前のは独身の時から使っていたので20年ものでした。最新のは切れ味が全然違いますよね。もっと早く買い替えておけば良かったと思います。

    by 匿名 €

  • 確かに靴下の寿命には関係あるよね

    by 匿名 €

  • 楽天スーパーセールで4000円の爪切りを半額で買ったら使いにくくてバカらしかった
    高けりゃいいってもんではないよ

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]