節約はレジャー!

バスタオルは必要ない!?手放すことで得られる3つのメリット

バスタオル不要論

白いバスタオル多くの方が当たり前にお風呂上りにバスタオルを使用していると思うのですが、実は私は数年前からバスタオルを手放しました。

きっかけは思い切って購入した高級バスタオル(五千円!)から生乾きの匂いが発生してしまったからです。あの時のショックは相当大きかったです・・・。

ある成功者の本の中に、

「最高級のモノに触れると人として成長出来ます。まずは最高級のバスタオルから試してください」という内容があり、そういうものかと思い切って実践してみたのですが、その高級バスタオルから一週間も経たずに生乾きの匂いが発生してしまいました。

生乾きの匂いを何とかしようと熱湯で殺菌してみたりしたのですが、結局バスタオルの生乾きの匂いは取れずに泣く泣く捨てることになりました。ちょうど梅雨時に試したのも悪かったのだと思います。

そのことがあまりにも悔しく「もうバスタオルなんていらない!」と、普通のタオルで身体の水分拭き取っていたのですが、そこで思わぬメリットを感じることが出来ました。

そこで今回はバスタオル手放すことで得られる3つのメリットについて紹介します。

【スポンサーリンク】

1 収納スペース

積み上げられたバスタオルバスタオルは通常のタオルに比べてかなりかさばります。特に良質で高級なバスタオルほどフカフカでかさばる傾向があります。

毎日バスタオルを交換するという方は、専用の収納スペースを確保していると思います。

バスタオルを手放すとことで収納スペースに大きな余裕が生まれました。脱衣所のスペースが少ない家庭ほどバスタオルを手放すメリットが大きいように思います。

2 乾燥時間

干してあるタオルそしてバスタオルから普通のタオルにすることで、乾燥時間が圧倒的に早くなりました。

バスタオル専用のハンガーを使用すれば、生地が重ならないように干すことも出来ますが、やはりそれなりのスペースが必要です。

普通のハンガーでは工夫をしないとバスタオルが折れ曲がって重なってしまいます。特に湿度の高い梅雨時は乾燥が遅くなります。

一方で普通のタオルであれば、この乾燥時間が圧倒的に早くなります。通常のハンガーを二本がけにすれば完璧です。わざわざバスタオル専用のハンガーは必要ありません。

普通のタオルだと身体の水分を拭き取れないと思われるかも知れませんが、ちょっとしたポイントがあります。それは素手で身体の水分を切るだけです。

以前、お風呂掃除を簡単に済ませる水切りワイパーを紹介したことがあるのですが、

参考お風呂掃除の時短テクニック!

人間の身体の水分も同じように素手であらかたの水分を切ることで、拭き取る手間をかなり軽減できます。

髪の長い女性は髪の水分を絞ることが当たり前だと思いますが、髪の短い男性も手であらからの頭の水分を切ることができるものです。もちろん身体も手が届く範囲であれば多くの水分を切ることができます。

バスタオルに比べて吸水量が少ない普通のタオルでも、素手で水分を切るだけで事足りるものです。

3 洗濯

くちゃくちゃのタオルそしてバスタオルを手放すことの一番大きなメリットは、洗濯物が少なくなることです。

高級でフカフカなバスタオルほどかさばるので洗濯機のスペースが必要になります。数枚のバスタオルを洗濯するだけで洗濯機が一杯になることもあると思います。

家族構成にもよりますが、洗濯の手間や回数を減らせるのが一番のメリットです。

また普通のタオルは乾燥の早さもありますが、干しやすさも各段に上です。

大きなバスタオルを干す専用のハンガーなどいりません。バスタオルの収納スペースだけではなく、ハンガーのスペースにも好影響を与えてくれます。

普通のタオルのメリット

バスタオルで髪を拭く女性流石に髪の長い女性だと通常のタオル一枚だけでは厳しいかも知れませんが、それでもバスタオルを使うよりも普通のタオルを二枚使うほうが、洗濯や収納スペースにメリットがあると思います。

高級なバスタオルを使うことで良質なモノに触れ、人として成長することがあるのかも知れませんが、私は失敗から学ぶことで成長することが出来ました。

確かにフカフカの高級バスタオルは肌触りが良く、吸水性も抜群で使い心地は素晴らしかったです。

そのような一流のモノだからこそ、機能性(吸水性)が高いだけに乾燥が遅く、雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあることに気づくことが出来ました。

これが安いタオルだと雑菌が繁殖したらさっさと買い替えるだけです。ただし薄手のタオルは直ぐに乾燥するので生乾きの匂いに悩まされたことはありません

高級なバスタオルの中にも「乾燥が早い」と謳っている商品があります。

そのような速乾タイプのバスタオルを上手に選べば、フカフカで使い心地もよく、雑菌の心配がいらないのかも知れません。

ですが、どうしてもバスタオルだと普通のタオルのような干し方というわけにはいきません。収納や洗濯の手間を考えると、やはり普通のタオルを使用することのメリットが大きいように感じます。

どうしてもバスタオルを手放せないのであれば、このような速乾タイプを選ぶのも一つの選択肢だとは思います。それでも梅雨時は干し方を工夫してイヤな生乾きの匂いにならないように気をつけてほしいと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 常識は非常識?

銭湯の脱衣所銭湯に通う方の多くはフカフカのかさばるバスタオルを持っていきません。

特に私のように男性の場合は、身体を洗うタオル一本だけで済ませる方も多いです。銭湯だと当たり前のことが自宅だと変わってしまっています。

バスタオルを使うということが常識だと思っていると疑うこともありませんが、私のライフスタイルではバスタオルを手放してみても全く困らないどころか、メリットだらけで嬉しい発見になりました。

もちろんバスタオルを使うことが悪いとは言いません。

バスタオルを巻いた女性新婚夫婦であれば、お風呂上りにセクシーにバスタオルを巻いて色々楽しめるのかも知れません。また小さなお子様がいる家庭ではバスタオルは寝具の代わりにもなるので、便利なアイテムだと思います。

あなたのライフスタイルと照らし合わせて判断してほしいと思います。常識にとらわれる必要はありません。

バスタオルを手放すことのメリットをまとめると、

  • 収納スペースの削減(ハンガーも)
  • 乾燥時間の短縮
  • 洗濯のしやすさ

の3つがあります。特に洗濯物が多い家庭では、バスタオルを手放すメリットを実感しやすいと思います。

ポイントはお風呂から上がる時にしっかりと素手で身体の水分を切ることです。これだけでおそらく半分以上の水分を減らすことが出来ると思います。

ちなみに私は素手で水を切った後にお風呂掃除をすることが多いので、自然乾燥してしまうことも珍しくありません。

昔から当たり前のように使っていたバスタオルですが、手放すことで様々なメリットを感じることが出来るものです。

あなたが現在使用しているバスタオルを今すぐ処分しろとは言いませんが、一度しっかりと素手て身体の水分を切ってからバスタオルを使用してみてください。思いのほか水分が付かないことに驚くと思います。

しっかりと水分を切る習慣が身につけてば薄手の安物のタオルでも十分です。コツを掴めば背中の水分も綺麗に切ることが出来るようになりますよ。肩甲骨の体操にもなって一石二鳥です(笑)。

バスタオルが必要のないライフスタイルというのは、バスタオル代の節約という意味もありますが、洗濯が軽減されるメリットはすごく大きいので、検討する価値があると思います。


コメント

  • 私もフカフカのバスタオルが匂ってきたので手放しました、それからは安物のバスタオルを使用しています、わりとショートカットなので普通のタオルにも挑戦してみます

    by 匿名 €

  • バスタオルから変な匂いが漂ってくるたびに熱湯で消毒していました、本当に面倒なのでバスタオルを手放すという選択は目から鱗です。
    安いペラペラのタオルほど乾燥するのが早いのは実感していたので、さっそく今日からバスタオル替わりに試してみます!

    by びーこ €

down

コメントする