節約はレジャー!

着なくなった洋服の様々な活用法を紹介します

着なくなった洋服の活用法

よく着なくなった洋服の活用法として、フリーマーケットや古着屋で売ったり、友達に譲ったりするのが良いと言われていますが、他にも活用法はあります。

着なくなった洋服は、大きく分けて二つに分類できます。

一つ目は「着られなくなった洋服」です。

単純に擦れや傷みによって寿命をむかえたようなことです。他にも体型の変化や成長によって着られなくなることもあります。

もう一つは「着たくなくなった洋服」です。

これは流行遅れになった洋服だったり、好みが変わって着たくなくなったりするようなことです。

これらの分類によって着なくなった洋服の活用法は変わります。

まだ着られる洋服の活用法

着たくなくなった洋服というのは、基本的にはまだまだ着られる洋服です。

このような洋服は状態も悪くないので、古着屋さんやフリーマーケット(フリマアプリ)で売ることが可能です。

と言っても、有名ブランドの洋服でもない限り、大した金額にはなりません。

むしろ知り合いにでも譲った方が、「これは〇万円もしたのよ」とアピールできますし、喜ばれることが多いものです。個人的にはこちらの方が満足度が高いように感じます。

他にも部屋着として活用する方法があります。スーツのような張りのある生地の洋服を部屋着にしてしまうとリラックスできませんが、カジュアルな洋服であれば問題ありません。

スウェットのように部屋着として作られた洋服は安いものですが、わざわざ購入しなくてもまだまだ着られる洋服で代用できるものです。

定価が3千円ぐらいの洋服を古着屋さんに持ち込むと、状態が良くても数百円にしかならないものなので、1,000円の部屋着を購入するよりもお得な計算になります。

スウェットのような部屋着だとコンビニやゴミ出しに行くのにも人目が気になるものですが、それなりの洋服であればわざわざ着替えなくても気軽に行けるものです。

また普段から着る部屋着でなくても、汚れ仕事をする時用に取っておくことも出来ます。私は車のタイヤ交換やちょっとした整備、ワックスがけをする時ように、汚れてもいい洋服を少しだけ残しています。

それなりにお金になる洋服であれば、古着屋さんやフリマで処分するのがおすすめですが、そうではない洋服は、二軍の洋服として活用した方がお得になるケースが多いものです。

もし手先が器用な方であれば、着なくなった洋服をリメイクしてみるのも良いかも知れません。これも立派な活用法だと思います。

着られなくなった洋服の活用法

一方で傷んで着られなくなった洋服は、雑巾のようにして無駄なく活用するのがおすすめです。

Tシャツのような薄い生地の洋服であれば、ほどよくカットしてクイックルワイパーにはさむことも可能です。少し湿らせれば手を汚すことなく雑巾がけを行うことができます。

Tシャツの袖のような部分は、油汚れを拭きとるのに最適です。キッチン周りに飛び散った油汚れを拭きとるのでもいいですし、カレーや麻婆豆腐をつくった後の鍋の残りを拭きとるのにもおすすめです。

一枚のキッチンペーパーよりも吸水性が高いですし、力を入れて拭き取ることも出来ます。

他にも靴磨きや車のワックスを拭きとるのにも使えます。靴磨きの本を読むと面白いのですが、靴磨きは使い古したシャツの切れ端がベストなんだそうです。使い古した生地ほど繊維の舞い上がりがなく、綺麗に仕上がるのだそうです。

よく公民館のような施設に古着の回収ボックスがあるものですが、あれは洋服がリサイクルされるのではなく、工場などでダスター(雑巾)として活用されるのがほとんどです。

それだったら自宅でダスターとして活用した方が、より役に立つのではないでしょうか。

さらに私がおすすめしたい着られなくなった洋服の活用法というのは、保温調理の道具にしてしまうことです。

保温調理については別のところで詳しく紹介しているのですが、

参考保温調理で電気代やガス代を大幅節約!

温めた鍋に専用カバーをかぶせて、じっくりと煮込む調理法です。この鍋専用のカバーが売られているのですが、ちょっとした厚手の洋服を鍋にかぶせてしまえば保温調理が出来てしまいます。

取っ手の長い片手鍋であれば、むしろ袖のある洋服の方が綺麗にかぶせられるほどです。

着られなくなった洋服で鍋の周りに空気の層をつくり、電気代やガス代の節約につなげることができます。

ただし熱に弱い化学繊維の洋服(フリースなど)は、熱々の鍋にかぶせてしまうと溶けてしまうかも知れないので気をつけてください。

洋服は耐火性のある専用カバーとは違うので、少し冷ましてからかぶせるぐらいがちょうどよいかと思います。

寄付は微妙

海外の恵まれない人や災害時に洋服を寄付するのも立派な活用法ですが、これは微妙です。

災害が発生して間もない頃は役立つことがありますが、時間の経過と共に古着が溢れて問題になることが多いです。

今は新品の洋服も安く購入できますし、災害時には衣料メーカーが格安で融通することも多いです。新品の下着や肌着を送るのであれば喜んでもらえるかも知れませんが、心身共に疲弊している方々に使い古した洋服は、あまり送るべきではないと思います。

海外への寄付も同様です。着るものも満足に購入できない環境の方々は、食料の方がずっとありがたいはずです。直接食料を送るのは現実的ではありませんが、それだったら信頼できる機関にお金を寄付した方が、本当に現地の人々に役立つ使い方をしてくれると思います。

以前に「洋服を捨てることで学べること」を紹介したのですが、

参考洋服を捨てることでしか得られない学び

安易に人に洋服を譲ったり売ったりしていると、そのサイクルが抜け出すことが出来なくなります。

まだまだ着られる洋服を着なくなった理由に気がつけません。安易に流行にのっただけなのか、セールで安かったからとサイズやカラーを妥協して選んだのか、そもそも必要でもない洋服を購入したのか、それらの過ちと向き合うことにならないので、結局また同じような洋服選びをしてしまいます。

これは洋服に限らず、あらゆる中古品にも当てはまることですが、まだまだ使えるなら使えばいいんです。

参考不要なモノはリサイクルショップに行くとわかる

まだまだ使えるのに、使わないということは、そもそも必要なものではなかったということです。

巧みな広告宣伝に騙されたのか、周りの人が持っているからと合わせただけなのか、何かしらの理由があるはずです。

安易に譲ってしまうと、それらの理由と向き合う機会が失われてしまいます。

まとめ 洋服は使い切るのが一番

外出着として使えなくなった洋服でも、部屋着やダスターとして使い切ることで得られる学びは多いものです。

生地が綿100%のTシャツや下着でも、生地の織り方や縫製によって寿命は大きく違うものです。数回の洗濯でヨレヨレになってしまう洋服もあれば、何度洗濯をしてもしっかりとしている洋服があるものです。

洋服を最後まで使い切ることで、それらの違いも理解できるようになります。

するとセールで安かったからと、安易に低品質な洋服を選ぶようなことがなくなります。

本当に自分の使用環境に合っている洋服を選べるようになるので、結果的に無駄な買い物も減っていきます。

女性であれば流行を全く無視するわけにはいかないと思いますが、逆に「今シーズンだけもてば十分かな」といった視点で選べるようになれば、必要以上に高い洋服を購入せずに済むようになります。

靴などがわかりやすいのですが、年に二回ぐらい新しい靴に買い替えているという方も多いと思うのですが、靴底がすり減って歩くのに影響が出るほど使い切る方は稀だと思います。大抵は汚れが目立つようになると買い替えているのではないでしょうか。

どうしても靴は汚れやすいので、日頃のメンテナンスや扱い方によって傷み具合は大きく変わります。

緩めに靴紐を結んだ状態で固定し、強引に足を押し込んで履いていると、靴は直ぐに型崩れしてしまいます。そのような履き方の方は、靴を脱ぐときも手を使わずに靴同士を擦り合わせて強引に足を抜くので、靴は傷だらけになってしまいます。

まだまだ靴底は残っているのに、見た目が劣化して買い替えるという方が多いものです。

一方できちんと靴を扱っている方というのは、ワンシーズンで捨てるようなことはありません。革靴であれば靴磨き、スニーカーであればたまに水洗いをし、消しゴムなどで汚れを落としているので、綺麗な状態を保つことができます。

参考靴の寿命を延ばして節約する方法

靴底の補修アイテムもありますし、数年間は良い状態のまま履き続けているものです。そのような扱い方をしていると靴というのは、靴紐も切れて交換するものです。

靴の寿命よりも靴紐の寿命の方が早く訪れるのが本来の流れです。一度も靴紐が切れたことがないという方は、靴の扱い方を改めてください。

洋服もきちんとハンガーにかけたり、丁寧に洗濯をしたり、洋服ブラシでホコリや汚れを落としたり、定期的にクリーニングに出すことで、良い状態を保つことが出来るものです。

それでも数年経つと擦れが出てきますが、擦れる箇所と向き合うことで、日頃の姿勢やクセと向き合うことにもなります。

  • いつも左肘をついているのだな
  • いつも肩掛けカバンのストラップを右肩にかけているのか
  • このズボンの裾の内側の擦れはなんだ?あ、自転車か!

といった気づきが得られるようになります。すると生活習慣を改めるきっかけになったり、洋服選びの基準も変わっていきます。

流行を追い求めるだけの洋服選びではなく、職場環境に適した洋服選びや加齢に伴う肉体の衰えに合わせた洋服選びが出来るようになります。自然と不必要な洋服を選ばなくなるので、着なくなる洋服など出なくなります

着なくなった洋服の一番の活用法というのは、最後までその洋服を使い切ることです。それが結果的にあなた自身を成長させてくれます。

若い方であれば全身流行のファッションを身に着けたいかも知れませんが、ある程度の年齢になっても流行ばかりを追い求めていると、軽薄な印象にうつるものです。

しっかりと自分の基準に当てはめた洋服選びが出来るようになると、基準の範囲内でほどよく流行も取り入れられるようになるので、無駄なく上品にオシャレにうつるものです。

もう着なくなったからと安易に洋服を売ったり譲ってばかりいると、これらの成長をすることがないので、ずっと着なくなる洋服を買い続けることになってしまうので気をつけてください。

ただし子供服の場合は別です。これは物理的に着られなくなる洋服なので分けて考えてくださいね。

down

コメントする