節約はレジャー!

カラーボックスに一工夫!カビ防止の工夫と簡単対策

節約の味方!カラーボックス

シンプルなカラーボックス節約家に限らず、カラーボックスにお世話になっている家庭は多いのではないでしょうか。私も昔から愛用しています。

カラーボックスは安価にも関わらず、非常に強固で使い勝手もよく、工夫次第では机やテレビ台としても利用することが出来る素晴らしい家具です。

そんな便利なカラーボックスですが、一つだけ欠点があります。

それは「カラーボックスの裏側がカビやすい」ということです。湿気のある梅雨時になると、イヤな匂いが漂ってくるものです。

そこで今回はカラーボックスの裏側のカビ対策を紹介します。上手くカビ対策を施して節約につなげてほしいと思います。

カラーボックスの裏側がカビる原因

カラーボックスの裏側がカビてしまう原因は、湿度を吸収しやすいという特徴があるからです。

カビやすいカラーボックスの裏側カラーボックスは安価に作られているので、コストダウンのために裏側の加工が施されていません。木材(合板)がむき出しの状態なので湿度が高いと湿気を吸収してしまい、カビやすい状態になってしまいます。

また部屋の壁近くに設置すると室内の空気の流れが悪くなり、ホコリも貯まりやすくなります。

そして、その貯まったホコリが水分をまとってカビることもあります

よく「ホコリで人は死なない」などと言いますが、長年蓄積されたホコリはダニやカビの温床になり、健康を害する可能性は決して低くありません。

実際に私も緑色に変色したホコリの塊を見たことがあります。しかもプラスチックの収納ボックスの隙間に貯まったホコリでした。

これはカラーボックスに限った話ではないですが、家具類の裏側は空気の流れが少なく湿気やホコリが貯まりやすいので、壁から少し離した(10cm以上)方が通気性がよくなってカビ防止になり、日頃の掃除もしやすくなります。

掃除機だと床に落ちてきたホコリぐらいしか吸い込めないのですが、毛ばたきのようなものでカラーボックスの裏側の段差を定期的に掃除することで、カビの発生を防ぐことができます。

参考100均の毛ばたきは万能掃除グッズ!

また押入れやクローゼットの中にカラーボックスを入れている場合も注意が必要です。

閉ざされた空間は空気の循環がほとんどないので、時々空気の入れ替えをするなり、裏側の掃除をするなり、除湿剤などを利用してカビを予防してください。

参考扇風機の上手な使い方

一方でカラーボックスの表側は加工処理されているので、よほどな事がない限りカビる心配はありません。

カラーボックスのカビ対策!裏面を加工しよう

壁から少し離して設置して頻繁に掃除をする事でカビの発生を防ぐ事が出来るのですが、どうしても部屋が狭くなってしまうので、なるべくなら壁にピタッと設置させたい人も多いと思います。

そのような場合はカラーボックスの裏側を、表側と同じように湿気を吸わない加工処理する事でカビを防ぎやすくなります。

加工処理と言っても難しく考える必要はありません。基本的にカラーボックスの裏側は人に見られることはないので、綺麗に加工する必要はありません。

理想はカビ防止の塗料を塗ることですが、基本的に湿った空気が触れなければいいので適当な塗料でも構いません

カラーボックスのカビを防止する塗料を塗る様子自宅に余っている塗料があれば代用できます。カラーボックスの裏側は人目につかないので、空気が触れないように隙間なく塗ればOKです。

ただし匂いの強い塗料は注意してください。別の意味で不快感が伴います。

また壁紙などが余っていれば、カラーボックスの裏側のボードに貼ってもOKです。極端なことを言えば、あまり水分を吸わないツルツルした紙を貼ってもカビを防ぐ事ができます。

要するに見た目を気にせずに、湿気を吸収しやすいカラーボックスの裏側のザラザラした面を塞ぎ、空気に触れさせない工夫をすればカビは生えてきません

極端なことを言うと、ガムテープなどを貼ってもカビを防ぐことができます。ただガムテープは重ねて貼ることが難しく、さらに隙間があると粘着面にホコリがついてしまうので、慎重に隙間なく張る必要があります。

ボードを取り外してから張った方が綺麗になるのですが、カビ防止という意味では適当でも構いません。

ここまで紹介してきた加工処理は、あくまでもカラーボックスの裏側がカビる前にするべきことです。

新品のカラーボックスを組み立てる時に、これらのようなカビを防止する加工するのがおすすめです。

ただし、組み立てる前に背面のボードに壁紙を貼ってしまうと、ボードの厚みが増して上手く入らなくなることも考えられるので、厚みのある壁紙や布テープを貼る場合は、カラーボックスを完成させてから貼ってみてください。

カラーボックスにカビが出来てしまったら

一方でカラーボックスの裏側がカビてしまった場合は少々面倒です。

お風呂用などのカビ取り剤は木材には使用できません。アルコールやエタノールといった消毒液を使ってカビを除菌する事も出来なくはないのですが、これらは一時的な効果しかないと思ってください。

またファブリーズなどの除菌スプレーなどを吹きかけても意味がありませんでした。実際に私も試してみた事がありますが、一度発生してしまったカビが死滅する事はありませんでした。

匂いは多少は防止する事が出来るかも知れませんが、カラーボックスの裏側がザラザラのままだと、いずれまたそこに湿気やホコリが付着してカビてしまいます。

完璧にカビを落としたいのであればヤスリで削るといった方法もありますが、かなり大変な作業になってしまいます。

カビてしまったカラーボックス対策として私がおすすめしたいのは、背面のボードを取り外してしまう方法です。

背面ボードがないオシャレな収納家具これはカラーボックスの使い方にもよるのですが、このような家具のような使い方であれば背面のボードがなくても問題ありません。むしろオシャレに仕上げることにもなります。

100円ショップなどで売られているカラーボックス専用の収納カゴを利用している場合なら尚更です

カラーボックスの裏側のボードは、用途によっては必ずしも必要なわけではありません。

この方法だとカラーボックスの裏側の空気の流れを考える必要もないので、壁のギリギリまで近づけることができます。

湿気のこもりやすい押入れの中などに設置する場合にも相性が良いので、既にカビてしまったカラーボックスは、思い切って背面ボードを外して活用するのがおすすめです。

背面ボードを取り外しても、カラーボックスの淵の合板はむき出しでザラザラなままなので、そこだけ軽く削ってカビを落とし、テープで塞いでしまうのも良いと思います。

セロテープでもビニールテープでも構わないので、空気が触れないようにしておきましょう。

カラーボックスは横側にネジがあるので、それを外すと簡単に分解できます。ボードを取りはずだけなら片面だけで十分です。このようにシールでネジが隠されている場合もあるのでよく確認してみてください。

裏側の縁のカビだけであれば削るのも簡単ですし、コロコロクリーナーやガムテープを張り付けるだけでも結構な汚れが落ちてくれるので、簡単に処理する事ができますよ。

まとめ カラーボックスの凄さ

カラーボックスは本当に良く出来ています。ちょっとしたアレンジを加えるとオシャレな家具に早変わりしてくれます。

最近では様々なカラーも増えていますし、昔ながらの3段だけではなく、2段もメジャーになってきました。

あえて横置きにする事でテレビ台として活用できたり、横置き用のインナーボックスも売られているので、上手く活用してみてください。

ホームセンターに行けば千円前後で購入出来ますし、通販でも手頃な価格で購入できるので、マンションなどで運ぶのが大変な場合は通販がおすすめです。

【楽天】 カラーボックス

【amazon】 カラーボックス

またカラーボックスの裏側のカビ対策は、新品の状態で行うのが望ましいので、古いカラーボックスのカビに悩んでいる場合は、思い切って買い替えも検討してみてください。

節約という意味では安易な買い替えをすすめにくいのですが、カラーボックスの価格やカビを処理してから加工する手間を考えると、買い替えた方が楽だと思います。

カビてしまったカラーボックスの背面を取り外している様子またカビてしまったカラーボックスは、背面のボードを取り外して倉庫や押し入れなどの棚として利用するのがおすすめです。

カラーボックスは非常に強固なので、倉庫や物置の隙間空間を無駄なく有効活用することができますよ。

ちなみに私は古いカラーボックスをリサイクルショップで買い取ってもらったことがあります。

引っ越し前に洗濯機の買い取りの為にリサイクル業者に自宅に来てもらったときに、「他に何か不要なモノはありますか?」ということだったので、ダメもとでカラーボックスを出してみると50円で買い取ってくれました。中々の年期が入っていたのもかかわらず、です。

カラーボックスが売られているリサイクルショップ単品で持ち込んで買い取ってもらえるのかわかりませんが、近くのリサイクルショップにカラーボックスが売られていれば、可能性があるのではないでしょうか。

参考不要なモノはリサイクルショップで学ぼう

ちなみにその時はカラーボックスの他にも突っ張り棒、ドライヤー、アイロン、電気ストーブ、姿勢矯正椅子、古いギター、シンク下の収納棚なども買い取ってもらいました。どれも数十円程度の買い取り価格でしたが、有料ゴミや粗大ゴミに出すよりは節約になります。

参考有料のゴミ袋を節約する方法

根気のある人は、カビが生えてしまったカラーボックスの背面ボードをヤスリで削ってから処理するのも良いかと思いますが、背面ボードを外して使ってみたり、新品に買い替えてから、今回紹介したカビ防止対策をするのも良いと思います。

追記 激安カラーボックスを発見!

私がよくお世話になってきる激安スーパー「トライアル」にも、カラーボックスが売られていました。

参考圧倒的に節約できるトライアルに感動!

ホームセンターで売られているカラーボックスよりも安価だったので、近所にトライアルがある人はチェックしてみてください。

ただカラーボックスを持ち帰るとなると、それなりの重さがあるので車がない人や階段が大変な場合は、自宅まで運んでくれるところで購入した方が良いかと思います。

コメント

  • なんか面倒そうなのでカビの上に直接ガムテープを貼ったらいい感じでしたw
    カビの匂いもしなくなったし応急措置なら直でいいと思う

    by 匿名 €

  • 洋服のホコリをガムテープで取るように
    カビも何度かガムテープを当てるとそれなりに取れましたよ
    試す価値ありです

    by 匿名 €

  • カラーボックスのボードって取り外せるんだ!

    by 匿名 €

  • トライアルやばいね!カラーボックス以外も安くて驚いた。税込み価格だし

    by 匿名 €

  • 裏を確認してみたら緑色のカビがホントにあったわ・・・やっぱり安物はダメだね

    by ろくろ €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]