節約はレジャー!

カラーボックスに一工夫!カビ防止の工夫と簡単対策

節約の味方!カラーボックス

シンプルなカラーボックス節約思考の方に限らず、カラーボックスにお世話になっている方は多いのではないでしょうか。私も昔から愛用しています。

カラーボックスは安価にも関わらず、非常に強固で使い勝手もよく、工夫次第では机やテレビ台としても利用することが出来る素晴らしい家具です。

そんな便利なカラーボックスですが、一つだけ欠点があります。

それは「裏側がカビやすい」ということです。

そこで今回はカラーボックスの裏側のカビ対策を紹介します。上手にカビ対策を施して節約につなげてほしいと思います。

裏側がカビる原因

カラーボックスの裏側がカビてしまう原因は、湿度を吸収しやすいという特徴があるからです。

カラーボックスのざらざらな裏側どうしてもカラーボックスは安価に作られているので、コストダウンのために裏側の加工が施されていません。

木材(合板)がむき出しの状態なので湿度が高いと湿気の影響を受けてしまいます(表側は綺麗な木目の紙が貼ってある)。

また部屋の壁の近くに設置すると室内の空気の流れが悪くなり、ホコリが貯まりやすくなります。そして、その貯まったホコリがカビることもあります。

よく「ホコリで人は死なない」などと言いますが、長年蓄積されたホコリはダニやカビの温床になり、健康を害する可能性は決して低くありません。実際に私も緑色に変色したホコリの塊を見たことがあります。

これはカラーボックスに限った話ではないですが、家具類の裏側は湿気やホコリが貯まりやすいので、壁から少し離した(10cm以上)方が通気性もよく掃除もしやすくなります。

特に押入れやクローゼットの中にカラーボックスを入れている方は注意が必要です。閉じられた空間は空気の循環がほとんどないので、時々空気の入れ替えをするなり除湿剤などを活用してください。

参考扇風機の上手な使い方

一方でカラーボックスの表側は加工処理されているので、よほどな事がない限りカビる心配はありません。

裏面を加工

そこでカラーボックスの裏側も、表側のように加工処理すればカビを防ぐことが出来ます。

加工処理と言っても難しく考える必要はありません。基本的にカラーボックスの裏側は見られることはないので、綺麗に加工する必要はありません。

理想はカビ防止の塗料を塗ることですが、基本的に湿った空気が触れなければいいので、適当な塗料でも構いません。

白いペンキを塗る刷毛自宅に余っている塗料があれば代用できます。カラーボックスの裏側は見られることがないので、空気が触れないように隙間なく塗ればOKです。ただし匂いの強い塗料は注意してください。別の意味で不快感が伴います。

また壁紙などが余っていればカラーボックスの裏側のボードに貼ってもOKです。また極端なことを言えば、あまり水分を吸わないツルツルした紙を貼っても同様の効果が期待できます。

要するに見た目を気にせずに、カラーボックスの裏側の隙間を埋めて空気に触れさせない工夫をすればOKです。

さらに極端なことを言えばガムテープなどを貼ってもカビを防ぐことができます。ただし私は実際に試してみたことがあるのですが、ガムテープは重ねて貼ることができず、さらに隙間が生まれやすいので、重ねて貼ることができる布テープの方が良いかと思います。

ここまで紹介してきた加工処理は、あくまでもカラーボックスの裏側がカビる前にするべきことです。新品のカラーボックスを組み立てる時に加工することがおすすめです。

ただし組み立てる前に背面のボードに壁紙やガムテープを貼ってしまうと、ボードの厚みが増して上手く入らなくなることがあります。厚みのあるモノを貼る場合はカラーボックスを完成させてから貼ってみてください。

カビが出来てしまったら

一方でカラーボックスの裏側がカビてしまった場合は少々面倒です。

カビを殺菌する薬剤が売られていますが、これらは一時的な効果しかないと思ってください。カラーボックスの裏側がざらざらのままだと、いずれまたそこにホコリが付着してカビてしまいます。

また少し面倒な方法ですが、カビた部分をヤスリで削ると新品に近い状態に戻ります。加工処理をするのであれば薬剤より向いていると思います。

また簡単なカビ対策として、カラーボックスの背面のボードを取り外すという方法もあります。

オシャレな家具これはカラーボックスの使い方にもよるのですが、このような家具のような使い方であれば背面のボードがなくても問題ありません。むしろオシャレに仕上げることにもなります。

100円ショップなどで売られているカラーボックス専用の収納カゴを利用している方も同様です。カラーボックスの裏側のボードは、用途によっては必ずしも背面のボードが必要なわけではありません。

この方法だとカラーボックスの裏側の空気の流れを考える必要もないので、壁のギリギリまで近づけることができます。また湿気のこもりやすい押入れとも相性が良い方法です。

また背面のボードをプラスチックなどに変える方法もありますが、そこに数百円かけるのであれば、カラーボックスごと買い替えた方が安いかもしれません。

たまたまプラスチックボードなどが余っている方は、検討してみてください。

まとめ カラーボックスの凄さ

カラーボックスは本当に良く出来ていると思います。ちょっとしたアレンジを加えるとオシャレな家具に早変わりしてくれます。

最近では様々なカラーも増えていますし、三段だけではなく、二段もメジャーになってきました。

ホームセンターに行けば千円前後で購入出来ますし、通販でも手頃な価格で購入できるのでマンションなどで運ぶのが大変な方には通販がおすすめです。

【楽天】 カラーボックス

【amazon】 カラーボックス

またカラーボックスの裏側のカビ対策の加工処理は、新品の状態で行うのが望ましいので、古いカラーボックスのカビに悩んでいる方は、思い切って買い替えも検討してみてください。

節約という意味では安易な買い替えをすすめにくいのですが、カラーボックスの価格やカビを処理してから加工する時間を考えると、買い替えの方が楽だと思います。

カラーボックスの背面を外す方法またカビてしまったカラーボックスは、背面のボードを取り外して倉庫や押し入れなどの棚として利用するのもおすすめです。

カラーボックスは非常に強固なので、倉庫などの隙間空間を無駄なく有効活用することができます。

ちなみに私は古いカラーボックスをリサイクルショップで買い取ってもらったことがあります。

引っ越し前に洗濯機の買い取りの為に自宅に来てもらったときに、

「他に何か不要なモノはありますか?」

ということだったので、ダメもとで「カラーボックス」を出すと数十円で買い取ってくれました。中々の年期が入っていたのもかかわらず、です。

単品で持ち込んで買い取ってもらえるのかわかりませんが、近くのリサイクルショップにカラーボックスが売られていれば、おそらく買い取ってもらえる可能性があるのではないでしょうか。

参考不要なモノはリサイクルショップで学ぼう

ちなみに私はカラーボックスの他に突っ張り棒、ドライヤー、アイロン、電気ストーブ、姿勢矯正椅子、古いギター、シンク下の収納棚も買い取ってもらいました。どれも数十円程度の買い取り価格でしたが、有料ゴミや粗大ゴミに出すよりは節約になります。

参考有料のゴミ袋を節約する方法

自治体によってはカラーボックスを処分するのに粗大ゴミ扱いになると思いますが、おそらく分解してのこぎりで小さくすれば、燃えるゴミでも大丈夫だと思います。

根気のある方はカビが生えてしまったカラーボックスを、ヤスリで削ってから処理をしてください。そうではない方は買い替えも検討してみてください。そして新しいカラーボックスの裏側には予めカビ対策をして節約につなげてほしいと思います。

追記

私がよくお世話になる激安スーパートライアルにもカラーボックスが売られていました。

参考圧倒的に節約できるトライアル

ホームセンターよりも安価だったので、おすすめしておきます。

ただカラーボックスを持ち帰るとなると、それなりの重さがあるので、車がない方や階段が大変な方は通販の方が便利だと思います。

コメント

  • なんか面倒そうなのでカビの上に直接ガムテープを貼ったらいい感じでしたw
    カビの匂いもしなくなったし応急措置なら直でいいと思う

    by 匿名 €

  • 洋服のホコリをガムテープで取るように
    カビも何度かガムテープを当てるとそれなりに取れましたよ
    試す価値ありです

    by 匿名 €

  • カラーボックスのボードって取り外せるんだ!

    by 匿名 €

  • トライアルやばいね!カラーボックス以外も安くて驚いた。税込み価格だし

    by 匿名 €

down

コメントする