節約はレジャー!

圧倒的に節約できるスーパー「トライアル」が最高過ぎる!

トライアルとは?

「トライアル」とは株式会社トライアルカンパニーが運営するスーパーのことです。

一度でもトライアルに足を運んだことがある方であれば実感していると思いますが、トライアルの多くの商品価格は他のスーパーを圧倒しています。

要するに節約家にとっては最高のスーパーです。

近所にトライアルがあるのに一度も足を運んだことがない方は、節約のチャンスを棒に振っている可能性が高いです。

そこで今回はトライアルのメリット、凄さを紹介します。またデメリットも紹介します。

【スポンサーリンク】

トライアルの凄さ

圧倒的にトライアルが節約に役立つ理由は、何といっても価格の安さです。セールの日だけ安いのではなく、常に王道の一般的な商品の価格が安いところが特徴です。

しかも税込み価格です。

多くのスーパーの商品価格は税抜き価格であり、それだけでも大きなアドバンテージになるのですが、トライアルの税込み価格は他店の税抜き価格よりも安いことが珍しくありません。

またトライアルが凄いと感じるのは、圧倒的に「安値目線」のところです。決してお客様目線ではありません。

私の住んでいる街にあるトライアルだけではなく、他の地域のトライアルにも足を運んだことがありますが、どのトライアルも従業員のサービスが悪いです(笑)。

悪いと言うと語弊があるのですが、決してサービスが良いタイプのスーパーではありません。

大手スーパーの従業員のように、徹底した「お客様目線」ではなく、あくまでも「安値目線」のところに潔さを感じます

特に深夜にトライアルに訪れた時には驚きました。従業員が黙々と品出しを行っているのですが、誰からも「いらっしゃいませ」と言われませんでした(苦笑)。

さらにレジに人がおらず、「すいませーん」と声をかけると、めんどくさそうに会計をしてくれました。

これはこれで凄いことだと思います。徹底的に効率を高めて最安値でも利益が出る為の工夫なのだと思います。

多くの節約家にとっては、従業員の笑顔より割引き価格の方が嬉しいものなので、トライアルの姿勢はとても心地が良いと感じます。

トライアルのデメリット

一方であえてトライアルのデメリットを言わせてもらうと、休日は混んでレジに長蛇の列が出来ることです。

トライアルに訪れたことがある方の多くが実感されているように、他のスーパーの商品価格を圧倒しているの混むのは仕方がありません。

実際にトライアルの勢いは凄まじく、とんでもない右肩上がりで売り上げと店舗数を伸ばしています。

私の住んでいる街には10年ぐらい前に初めてトライアルができたのですが、現在では大型店も含めて3店舗あるほどです。

大型の店舗を中心にセルフレジを導入していたり、支払いだけを自動化していますが、それでもレジで全く待たされないということは滅多にありません。

「僅かな節約の為に時間を無駄にしたくない」という方にはトライアルは向いていません。何か一つだけ商品を購入する場合などは、時間のロスの方が大きくなります。

また小型の店舗の多くは居抜き(前の店舗のまま使用)のせいか、通路が狭く他のお客さんとすれ違うのも大変なところもあります。

またそのような小型店舗では生鮮食品の品ぞろえが悪い傾向があります。おそらくスペースの問題もあって、利益率の低い(廃棄率の高い)生鮮食品のスペースが縮小されているのだと思います。

トライアルの上手な付き合い方

ちなみに私はバツイチなのですが、当時の奥さん(お嬢様育ち)とトライアルに行った時、彼女は従業員のサービスの悪さばかりが目についたようでした。

彼女はずっと実家暮らしで高給取りの公務員だったこともあり、それまで商品の価格をあまり気にしてこなかったようで、トライアルの価格の安さにメリットを全く感じていないようでした。

そして会計を済ませて商品をエコバックに詰めている時に、「もうココには二度と連れてこないで!」とまで言われてしまいました。

そのような金銭感覚の違いもあり、彼女とは別れることになりましたが、別に彼女の金銭感覚がおかしいとは思いません。

彼女には彼女の考え方があり、日頃から節約を意識する必要がなかったわけで、それはそれで立派な考え方なのだと思います。

実際に彼女は高級デパートの地下食品街が大好きでした。私の感覚からすると「随分と高いなぁ」と感じるものばかりでしたが、デパ地下はいつも賑わっています。

 

何が言いたいのかというと、要するに「目的次第」だということです。

 

僅かな節約をすることより、気持ちよく接客をされたい方がいる一方、それほど良いサービスが受けられなくても、価格が安い方に価値を感じる方がいます。

前者はトライアルに行くべきではありませんし、多くの節約家に当てはまるであろう後者は、トライアルと相性が抜群です。

また一部の年配の方の中には、従業員との会話のキャッチボールを楽しみにされている方がいますが、そのような方もトライアルとは相性が悪いかも知れません。

必死で品出しをしている従業員に「○○はどこですか?」と聞きにくい雰囲気があります。

トライアルとの上手な付き合い方は、あくまでも目的がどこにあるのかを、はっきりさせることです。喉が渇いたからとジュース一本だけを買いにいってしまうと、長蛇の列に悩まされることになります。

一方で食品や生活必需品を買いに行くと、それなりの品数になるので節約効果が高まります。トライアルは常に価格が安いので極端なまとめ買いはする必要はありませんが、一般的な多くの商品の価格が安いので、普通に買い物をするだけで節約につながります。

【スポンサーリンク】

まとめ 目的次第

何だかトライアルの接客サービスがとても酷いように書いてしまいましたが、あくまでも接客サービスが優れている高級デパートや大手スーパーと比べて、それほどでもないということです。

あからさまな侮辱を受けたこともありませんし、もちろんトラブルになったこともありません。

また居抜きを利用した小型店ではなく、新たに作り上げた大型店舗の場合は、比較的従業のサービスが良かった印象があります。通路も広く、生鮮食品の品揃えも豊富でした。

近所にトライアルがある方は、ぜひ足を運んでみてください。間違いなく節約になります。

一方で近くにトライアルがない場合は、こちらのホームページで確認してみてください。

https://www.trial-net.co.jp/

よく訪れる街にあるかも知れません。

 

たまにコンビニ店員の接客態度の悪さを嘆く方がいますが、そのようなタイプの方もトライアルとは相性が悪いかも知れません。

よほど酷い場合は別ですが、コンビニのメリットは手軽さにあるはずです。

どこのコンビニでもある程度は商品が置いてある位置が共通していますし、立地が良いのも特徴です。パッと用事を済ませられる手軽さがあるからこそ、ほぼ定価でも成り立ちます。

だからこそコンビニは、割引き価格が当たり前のスーパーと戦えるわけです。これも目的次第ということです。

一方でトライアルはスーパーの強みであるはずの割引き価格を、どこのスーパーよりも徹底的に極めています。

商品の数を絞ってでも効率(大量仕入れや品出しの簡素化など)を重視し、売れ筋の商品価格を徹底的に抑えてくれています。

 

だからこそ節約家と相性が抜群と言えるわけです。

 

節約家が求めている目的と、最も合致しているスーパーがトライアルです

もちろん他のスーパーも様々な努力をしていますが、独自の商品開発だったり、他のスーパーにはない品揃えで個性を出したり、業務用の大型商品に特化していたりと、何かしらの方向性を打ち出しています。

その方向性とあなたの目的が合致(家族が多い=業務用、など)していれば、そちらのスーパーの方が節約にとっても相性が良いかも知れませんが、あくまでもトライアルはある程度の売れ筋の商品、一般的な商品の価格を抑えることに特化しているので、多くの節約家の味方になってくれると思います。

トライアルも一部のオリジナル商品(パンなど)がありますが、それらも王道の商品ばかりです。変わり種に手を出しません。もちろん激安価格です。

また別のところでも紹介したことがあるのですが、トライアルの凄さは食品価格だけではありません。

参考ワイパー交換を節約する方法

専門店ほどの品揃えではありませんが、カー用品やペットフードなども価格を抑えて販売してくれています。それらも王道の商品が中心なので、よほどのこだわりがなければ問題ないと思います。

一般的なホームセンターやドラッグストアよりも安い価格設定になっているので、節約されたい方はチェックしてみてください。


コメント

  • トライアルやばいぐらい安いよねw
    近所にある人が羨ましいです

    by 匿名 €

down

コメントする