節約はレジャー!

車のオイル交換を安くする方法を調べていたら意外な結果になった

車のエンジンオイルを安く交換する方法

一般的に車のエンジンオイルを安く交換する方法というのは、カー用品店にお願いする方法です。

カーディラー>>整備工場>>カー用品店

といった具合にオイル交換を安く済ませられるのですが、一方で自分でオイル交換を行うという方法もあります。

私はガソリンスタンドでアルバイトをしていた経験があるので、自分でオイル交換をすることが出来なくもないのですが、廃油処理の為に専用の物を用意するとなると、意外と安くはならないものです。

これもダンボールに新聞紙などを詰めてビニールで漏れないようにすれば、燃えるゴミとして処分できるのですが、きちんと専門の業者に廃油処理をしてもらった方が地球にも優しいので、自分でオイル交換を行おうとは思いません。

今までの私は車検をお願いしている整備工場で、「オイル交換パック」なるものを購入して節約をしていました。

これは整備工場にもよるのですが、次の車検の予約をすることでオイル交換の費用がお得になるようなことです。

ただこのお得なパックが整備工場の都合で無くなってしまいました。私の軽自動車で普通にオイル交換をお願いするとなると、「3000円」ぐらい掛かると言われたので、安く済ませる方法がないかと調べていると、意外な結果になりました。

カー用品店は微妙・・・

一般的にオイルを安く交換する方法として、カー用品店を選ぶのは間違いではないのですが、大抵のカー用品店では交換工賃が発生してしまいます。だいたい「500円」ぐらいなのですが、これは会員になっていると無料になることが多いです。

既にどこかしらのカー用品店の会員になっている方であれば、そこでオイル交換をお願いするのが良いと思いますが、私は現在どこの会員にもなっていません。

改めて入会するとなると「1000円」ぐらい掛かってしまい、継続するのにも毎年「500円」ぐらい必要になってしまいます。オイル交換の工賃代として考えれば悪くはないのですが、私はカー用品店で他のものを買い物することが全くありません。

ちょっとしたカー用品であればホームセンターの方が安いですし、激安スーパーのトライアルならさらにお得な事が多いです。

参考カー用品を節約するポイント!

タイヤ交換ぐらいはカー用品店に頼るとも思っていたのですが、それもネットで購入するようになったので、まるで利用する機会がありません。

参考タイヤを安く交換する方法を調べてみた

なのでカー用品店の入会金や継続料金が、ほぼほぼオイル交換の工賃ということになってしまいます。

オイル交換を年に二回以上するのであれば、十分に元を取れる計算になるのですが、私はそれほど車の距離が伸びないので年に一回しか交換しません。

ホームセンターの方が安い!

そこでホームセンターでオイル交換を受け付けているところを調べてみると、工賃を支払ってもカー用品店より「400円」ほど安い計算になりました。

オイル交換は大型のホームセンターでないと受け付けていないことが多いのですが、私のように年に一回ぐらいしかオイル交換をしないという方にとっては、カー用品店よりも安く済ますことが可能です。

ただその日は日曜日だったということもあり、待ち時間が1時間以上かかるということだったので、日を改めることにしました。

次の休日にでもホームセンターに行こうと考えていたのですが、思わぬところで新たな選択肢が見つかりました。

激安のガソリンスタンドが穴場!

それは激安が売りのノーブランドのガソリンスタンドでのオイル交換です。

私はガソリンスタンドでアルバイト経験があると言いましたが、当時は明らかにカー用品店よりも高い金額でオイル交換を行っていたので、鼻から選択肢に入れていなかったのですが、いわゆる大手石油メーカーの看板を掲げていない激安のガソリンスタンドに、「オイル交換キャンペーン実施中!」というのぼり(旗)が立っていました。

ちょうど信号待ちで用事を済ませた後だったこともあり、気になってハンドルを切って店員さんに私の車(軽自動車)のオイル交換の料金を確認したところ、なんとどこよりも安い「2046円」という回答がありました。もちろん工賃込みです。

オイル交換の価格で一番安かったカー用品店で「2199円」(税別)だったのですが、入会金を支払うと「3199円」になってしまいます。ホームセンターでも工賃込みで「2800円」ぐらいでした。

もちろんオイルの種類が違うので、一概にお得だと判断できるわけではないのですが、オイルのグレードや粘度は全て同じだったので、極端に質が低いわけではありません。

しかも待ち時間が10分ぐらいということだったので、その場でオイル交換を申し込みました。

さらに驚いたことに、そこの激安のガソリンスタンドでは洗車機の使用料金が「300円」でした。

私がたまに利用している自動洗車機は「350円」だったので、待ち時間を利用して洗車も行いました。

参考洗車代を節約するポイント!

さらにさらに驚いたのが、自動洗車機の前にコイン洗車場にあるような高圧洗浄機が設置されていたことです。料金を支払う販売機に予備洗浄なる項目があり、それがなんと無料でした。

一部のガソリンスタンドでは店員さんが自動洗車機に通す前に、手動の高圧洗浄機で大まかな汚れを落としてくれるところがあるのですが、そのようなところは洗車代も割高なので私は避けていたのですが、なんとそこでは無料です。

もちろん自分で行う必要はありますが、コイン洗車場にある高圧洗浄機の安いコースと同じぐらいのものを、自動洗車機に通す前に行えることに驚いてしまいました。ここぞとばかりに車の下廻りを洗車しました。

激安なのに下抜きのオイル交換そしてオイル交換を行うと、まさかの下抜きでした。私の車の前にオイル交換を行っていたベンツが上抜きだったので、リフトで車が上がった時には驚きました。

オイル交換には上抜きと下抜きの二つの方法があり、私がアルバイトをしていたガソリンスタンドでは上抜きでした。

上抜きはポンプでエンジンの中のオイルを吸い出す方式で、交換時間は早いのですが、オイルパン(オイルが貯まっているタンク)に僅かに残ってしまいます。

一方で下抜きはオイルパンにあるドレンボルト(ネジ)を外してオイルを抜くので、上抜きよりも綺麗に抜くことが出来ます。

ただ下抜きはボルトの締め付けが甘いとオイル漏れをするリスクがあり、ワッシャーと呼ばれるパッキンを新品に交換するなど、時間だけでなく余計な手間や費用が発生してしまいます。

ディーラーや整備工場やカー用品店では下抜きが一般的なのですが、私がアルバイトをしていたガソリンスタンドではスピードやオイル漏れのリスク回避の目的もあり、上抜きが一般的でした。

激安ガソリンスタンドのオイル交換でまさか下抜きをしてもらえると思っていなかったので、嬉しい誤算となりました。

私の前にオイル交換を行っていたベンツには、専用のワッシャーが無かったのかクレームを恐れて上抜きにしていたのかも知れません。

まとめ 意外な選択肢があるかも

オイル交換を安くする方法を調べてみると、一般的なカー用品店が安いのは間違いありませんが、会員でない方にとってはお得だとは限りません

年に二回以上オイル交換を行う車であれば、会員価格を支払ってでも十分に元が取れますが、私のように年に一回ぐらいであれば、ホームセンターの方が安いかも知れません。

さらに激安のガソリンスタンドのキャンペーン価格のように、思わぬ選択肢が見つかるかも知れません。

もちろんガソリンスタンドだけでなく、大手の整備工場が「オイル交換祭り!!」のようなキャンペーンを行うことがあるので、そろそろオイル交換の時期だな~という方は意識するようにしてみてください。

ちなみに私の車のオイル交換を行ってガソリンスタンドのキャンペーンではない時のオイル交換の料金表が待合室にあったのですが、軽自動車は「2280円」とありました。それでも一般的なカー用品店やホームセンターよりも安い価格です。

馴染みのガソリンスタンドしか知らないと、このような新たな選択肢が見えてこないので、通勤圏に激安のガソリンスタンドがある方はチェックしてみてください。

一般的なガソリンスタンドでも、洗車やオイル交換だけでも丁寧に接客してくれるものなので、安いところがあればチェックしてみてください。

ちなみにノーブランドの激安のガソリンスタンドのガソリン価格が安い理由は、その都度安い製油所から仕入れているからです。

ガソリンは石油から作られるのですが、ガソリンだけでなく灯油や重油や軽油といった様々な燃料が作られることになります。

ガソリンだけを多く取るようなことが出来ないので、冬場で灯油の需要が増すと、その他の燃料が余ってしまうので、ガソリンなどが安く販売されることになります。

本来のガソリン価格はメーカーによって違うのが当たり前なのですが、実際には地域にあるガソリンスタンドが談合して価格を揃えています。実際に私がアルバイトをしていたガソリンスタンドの店長も、定期的にそのような会議に参加していました。

これは何十年も前の事なので時効だとは思いますが、おそらく現在でもガソリン価格が地域で揃っているところをみると、同じようなことが行われていると思われます。

一方で大手の看板を背負っていないノーブランドのガソリンスタンドは、周辺よりも安い価格で売ることで集客しています。大手メーカーのガソリンスタンドが自由に価格を下げて在庫をさばけないので、持ちつ持たれつの関係で成り立っています。

これは食品のプライベートブランドの関係で考えると分かりやすいかも知れません。

参考プライベートブランドは節約に効果的?

大手食品メーカーの商品を安売りするとブランドイメージが傷つきますが、プライベートブランドとして名前を変えて別に売り出すことで、生産量を増やしてコスト削減につなげられるようなことです。

なのでノーブランドの激安のガソリンは様々なメーカーの物が混ざっています。品質を気にする人にとっては気になるかも知れませんが、各社きちんとした基準を守ってガソリンが作られており、定期的に検査も受けているので、極端に品質が悪いということではありません。

ちなみに私は普段は出光でガソリンを給油しているのですが、一番の理由は単純に近いからです。

参考ガソリン代を節約するポイント!

楽天ポイントが貯まるのもメリットではあるのですが、少しでも安くガソリンを入れるために遠くのガソリンスタンドに行ってしまうと、無駄なガソリンを消費して節約になりません。

今回オイル交換をしたガソリンスタンドは郊外にあり、たまたま用事があって通りかかったので発見することが出来たのですが、オイル交換を安く済ませる為に無駄なガソリンを使って探し回ってしまうと、全く節約にならないので気をつけてください。

通勤圏や生活圏にあるガソリンスタンドの中で見つけられるとラッキーぐらいに考えておくと良いかと思います。

基本的には年に二回以上オイル交換を行う車はカー用品店、一回ならホームセンターがお得です。もちろん馴染みの整備工場などで、お得なオイル交換パックなどがあればおすすめです。

ディーラーのパックは高いので、節約的にはおすすめではありません。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]