節約はレジャー!

車の節約は安全運転が一番!改めて危険が増す行為を見直そう

車の事故の被害

首にコルセットを巻く男性車が事故を起こすと多大な被害があります。いくら充実した自動車保険に加入していて金銭的な被害が少なくても、失われる時間やストレスやケガがなくなるわけではありません。

僅かな時間の削減の為に車を飛ばすようなことは、危険が増しているということを改めて理解してほしいと思います。

また極端に車の整備代金を節約することもおすすめできません。安価な車検ではろくな整備を受けることが出来ません。整備不良で大事故につながる可能性があります

最近はセルフ式のガソリンスタンドが増えてきたこともあり、車のタイヤの空気圧をガソリンスタンドの店員さんがチェックしてくれる機会が減ってきています。節約的にガソリン価格の安いセルフ式はありがたいですが、それだけに意識を高めなければなりません。

JAFのデーターによるとタイヤの空気不足による出動が年々増えているそうです。半年に一度ぐらいはチェックしてください。

参考タイヤの空気圧は高めが正解!?

車や運転に対する甘えは自分自身だけではなく、相手の人生を大きく変える可能性があります。そのことを忘れないでください。これをしっかりと理解しないと「車の節約=リスク」になってしまいます。

そこで今回は車の事故の確率が上がる危険な行為を紹介します。中には良かれと思って行っている行為でも事故を起こす可能性が上がる場合があるので、改めて見直しほしいと思います。改めて車の節約は安全運転が一番なのだと肝に銘じてほしいと思います。

1 お守り、ステッカー

フロントガラスのバックミラーにお守りや雑貨をぶら下げている方がいるのですが、これは前方の視界を妨げることになるので、安全運手の妨げになる可能性があります。

願掛けをするのは構いませんが、前方の視界を妨げない別のところに固定してください。

中には毎年買い足していったのか、凄い数のお守りをぶら下げている方がいます。

またステッカーも同様です。リアウインドウに神社の安全祈願などのステッカーが貼られていることがあるのですが、これも後方の視界を妨げることになります。

自動車メーカーは少しでも運転しやすいように視認性を高める工夫をしています。ピラーと呼ばれる窓枠部分の強度を落とすことなく、細く見えるような工夫を重ねて開発しています。

安全運転の願掛けそのものが悪いとは言いませんが、お守りやステッカーによって視界が遮られていては事故の確率が上がってしまいます。安全運転という本来の目的から遠ざかる可能性があることを忘れないでください。

ブラブラと揺れるお守りや雑貨との目線の延長線上に子供がいないとは限りません。運転の邪魔にならないところに固定しておいてください。

2 ぬいぐるみ

並べられたぬいぐるみお守りと同様にぬいぐるみを車内に飾っている方がいます。リアのガラスにびっしりと並べている方もいますが、後ろの車が目を奪われて追突される可能性が高くなっていることを理解してください。

中にはフロントガラスの下(ダッシュボード)にもぬいぐるみを並べている方がいますが、これは言語道断です。前方視界が狭まるだけではなく、フロントガラスに反射して危険です。事故を起こす確率が飛躍的に高まっていることを理解してください。

水中眼鏡をかけて運転しているようなものです。お守りやステッカーのように運転中の視界が狭まるようなことはしないでください。

トラックのように荷物を運ぶという目的があれば、後方視界が遮られるのは仕方がないのですが、それでも少しでも安全運転が出来るようにバックモニターやサイドミラーを追加しているものです。

わざわざ事故の確率を上げるようなことはしないでください。大好きなぬいぐるみは自宅で楽しましょう。

3 オーディオ

スピーカーのイラスト車内でオーディオを大音量で流すことも事故の確率を高める行為です。

これは実際に私が経験したことなのですが、信号待ちで先頭で止まっていた時に青に変わったのですが、救急車が来たので待っていると後続車にクラクションを鳴らされ、その車の運転手が私を睨みつけられながら抜かしていき、救急車とぶつかりそうになっていました。その車からは「ズンズン」と重低音が響いていました。

こんなわかりやすいバカは少ないと思いますが、大音量で音楽をかけていると車から発せられる様々な音を聞き逃す可能性があります。

ブレーキパッドの残りが少なくなると「キーキー」と音がします。故障する前には何かしらのサインがあるものです。僅かな異音を聞き逃してしまうと大きな故障に繋がってしまいます。

見通しの悪い住宅街から子供の遊ぶ声が聞こえてくれば、事前に警戒することもできます。車の運転中はオーディオのボリュームをほどほどにしておいてください。

また車の運転中はイヤホンやヘッドホンも危険です。ハンズフリーで会話ができる専用品もありますが、きちんとしたモノは両耳を塞ぐような形にはなっていません。

ちなみに私は車を運転するときに少しだけ窓を開けています。これは車の外の音情報を取り入れるためです。自転車のブレーキ音や横をすり抜けていくバイクなど、様々な情報を事前に察知することができます。

運転中に音楽を楽しむなとは言いませんが、極端な大音量は避けてください。事故を起こす確率が一気に増してしまいます。

また似たようなことだと車内用の芳香剤も当てはまります。稀にとんでもない数の芳香剤を車に置いている方がいますが、オイル漏れなどの故障の匂いの発見が遅れてしまいます。芳香剤もほどほどにしておいてください。

4 改造

違法改造社のイラスト大音量を出す為にスピーカーを改造するようなことはしないでほしいのですが、そのほかにも車を改造すると安全性が損なわれる可能性があります

見た目をカッコよくする為に車高を下げたり、極端に大きなタイヤに交換すると安全性が損なわれます。

車は絶妙なバランスの上でセッティングされているので、規定のサイズからずれるとあらゆる影響が出てしまいます。サイズのあっていないハイヒールを履くと外反母趾になるように、必ずどこかにしわ寄せ、ひずみが出てしまいます。

タイヤが片減りしたり、乗り心地が悪化したり、安全運転から遠ざかります。違法な改造は絶対にしないでください。

またダッシュボードに毛足の長い白い絨毯のようなモノをおくのも危険です。反射して視認性が落ちてしまいます。

そもそも多くの車のダッシュボードのがグレーなのは最も反射がしにくい色だからです。最近は内装がオシャレな車も増えてきましたが、ダッシュボードまで奇抜な色が使われることはありません。

これは運転中の視界に入る多くのモノに共通することです。無駄に光るようなグッズは視認性を悪くしてしまいます。当然事故を起こす確率が上がってしまいます。

快適性を増すようなグッズも多く販売されていますが、緊張感もなくだらけた姿勢で運転するようなことはしないでください。稀にシートを倒して寝そべるような格好で運転をしている方がいますが、そのような運転姿勢では緊急回避などできません。

普通の運転姿勢であれば簡単に避けられる事故でも、シートを倒してハンドルにぶら下がっているような姿勢では回避できません。

例え相手が対向車線からはみ出てきたとしても、こちらが冷静に運転をしていれば回避できるケースもあります。これは事故に巻き込まれなかっただけではなく、相手の人生を救ったことにもなります。

100%相手が悪い事故でも、こちらがきちんとした運転で事故を回避できれば、あなた自身も救われます。あなたを大切に思ってくれている人達を悲しませることはありません。

事故を起こす可能性が少しで高まるようなことはしないでください。あなただけの問題ではないということです。

5 掃除

車内の掃除を怠ることも事故の確率を上げる可能性があります。

空き缶がブレーキペダルの下に転がってくるかも知れません。絨毯が砂埃や泥だらけだと靴底が滑って正確な操作が出来なくなるかも知れません。

窓が汚れて視界が悪くなるかも知れません。

ハンドルが滑るかも知れません。

悪臭で気分が悪くなるかも知れません。

参考効率の良い車内の清掃方法

これは自動車の整備にも通じることですが、きちんと車を運転しやすい状態に保つことも安全運転に繋がります。

ホコリやカビが酷ければ呼吸にも影響を与えるかも知れません。真夏の車内でライターやスプレー缶が爆発するかも知れません。

洗車というと外見ばかりに目がいきますが、車内の掃除も忘れずに行ってください。これも安全運転につながります。

まとめ 事故のリスク

どんなに安全運転を心がけても事故に巻き込まれる可能性があります。どんなにきちんと整備された車でも故障する可能性があります。

どちらの可能性もゼロにすることはできませんが、なるべくゼロに近づけることは可能です

日頃からきちんとした運転姿勢を心がけ、きちんと整備された車であれば、何なく避けられた事故もたくさんあったと思います。それらを怠ったばかり命が失われた事故は少なくありません。

シートベルトなしの影響シートベルトを締めないで亡くなった方もたくさんいます。これは自己責任とも言えますが、巻き込まれた相手にとってもたまったものではありません。ぶつけてきた相手が死んでしまったことによるストレスを一生抱えることになるのです。

100%自己責任で誰にも迷惑のかけない自動車事故などありません。単独の事故でもモノを破壊したり、保険会社を通じて他の方に迷惑がかかります。

これを理解してください。

「自分はどうなってもいい」は間違いです。自分だけの問題で済むことはありません。

今回は紹介した車の事故を起こす確率を上げる危険な行為を、改めて見直してほしいと思います。

  • お守り、ステッカー
  • ぬいぐるみ
  • オーディオ
  • 改造
  • 車内の掃除

どれも当たり前のことですが、極端なことにならないように気をつけてください。

そして「俺は絶対に事故を起こさない」という考えも危険です。そもそも事故を起こそうと思って事故を起こすことなどありません。それでも年間何万件という事故が起きています。

一方で「いつ事故を起こすかわからない」「いつ事故に巻き込まれるかわからない」という意識を持っていると、車の整備や体調管理を怠ることもありません。当然安全運転から遠ざかるようなこともしません。

事故におびえてビクビク運転するのも危険ですが、自信を持ちすぎるのも危険です。誰もが事故に巻き込まれる可能性があるということを理解してください。「備えあれば患いなし」です。

事故によって人生が台無しになることがあります。相手の人生を一瞬で奪ってしまうこともあります。日頃から安全運転を心がけるということは、自分の為だけではなく世の為、人の為になる行為です。

だからこそ、事故の確率が少しでも上がるような行為は、自分を危険に晒しているだけではなく世の為、人の為にも迷惑をかける行為です。それを忘れないでください。車を運転するということはそういうことです。

踵の固定されていないサンダルでも平気で運転するような人は、安全運転の意識が低すぎるので距離を置いてください。そのような方と関わっていると、直接事故に合わなくても何かしらの弊害、迷惑をこうむることになります。

大切な家族やパートナーの為にも、少しでも事故を起こす確率を減らすことが出来る人の方が素敵だと思います。

あなたが安全運転を心がけてくれるということは、巡り巡って世の為に繋がります。安全運転の為に車を整備することも世の為、人の為に繋がります。

これは体調を管理することも同じです。運転中に体調を崩してしまうと大事故になってしまいます。実際にバスの運転手が気を失って大事故になったケースがあります。

ハンバーガーをほおばる男性「俺の身体なんだからどうでもいい」とばかりに暴飲暴食をするということは、自分の身体を壊すだけではなく、世の中に迷惑をかける行為です。

しっかりと体調管理を行っている健康な方が健康保険を支えています。暴飲暴食で病院に通っている方は自分の身体の問題だけではなく、健康保険料を引き上げる行為です。

安全運転を心がけるということは巡り巡って世の為、人の為になっています。その事を忘れないでください。もちろん自分自身の為、結果的に節約の為にもなっています。

あなたの安全運転が巡り巡って大切な人の為になっています。もちろん私の為にもなってくれています。

本当にありがとうございます。私もあなたの為のこれからも安全運転を心がけていきます。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]