節約はレジャー!

ウォッシャー液は水だけでもいい?リスクがあります

ウォッシャー液は水だけでいい?

車のウインドウォッシャー液を水だけですると単純に節約になりますが、水だけには思わぬリスクが潜んでいます。

実は10年ぐらい前の私も、夏場はウォッシャー液のタンクに水だけを入れていたことがあります。

そのきっかけとなったのは、タクシーに乗った時に運転手さんがウォッシャー液を出すと、全く泡立たなかったことでした。その運転手さんに聞いてみると、

「ウォッシャー液なんて水だけでいいんだよ」

と言ったからです。プロのドライバーであるタクシー運転手が言うのだから、そういうものなのかと納得し、私の車のウォッシャー液のタンクに水だけを入れるようになりました。

私は北海道に住んでいるので、冬場は凍結防止の為に通常のウォッシャー液を入れていたのですが、春先になると水だけにしていました。

すると思わぬ落とし穴にハマってしまいました。なんとウォッシャー液のタンクの中やウォッシャー液が通る透明のパイプの中が黒ずんできました。

タンクの黒ずみの原因

その事に気づいて調べてみると、ウォッシャー液を水だけにしてしまうと、タンクの中で藻やカビが発生しやすくなってしまうとのことでした。

しかも酷いケースになると、ウォッシャー液を出すノズルが詰まってしまうことがあるそうです。

一方で通常のウォッシャー液が十分に満たされていると、藻やカビがはえることは滅多にないそうです。

その事に驚いた私は慌てて通常のウォッシャー液を入れるようになったのですが、一度出来た黒ずみが無くなることはありませんでした。幸いノズルが詰まることはありませんでしたが。

ウォッシャー液は適度に使おう

そしてさらに驚いたのは通常のウォッシャー液を入れていても、しばらく使用していないと、同じように黒ずむ可能性があるということでした。

中古車のように何カ月もウォッシャー液を使用せずに放置されてしまうと、パイプの中のウォッシャー液が蒸発してしまい、そこが空気に触れてカビたり、乾燥して劣化が始まってしまうそうです。

またタンクの中もウォッシャー液が浸っているところまではいいのですが、タンクの内側の上の方は空気にさらされているので、そこだけ黒ずんでしまうことがあるそうです。

普通に運転をしていれば、加速やブレーキの度にタンク内のウォッシャー液が揺れて、満遍なくタンク内に触れることになるのですが、放置されている期間が長い車ほど、様々なリスクがあるそうです。

水の流れが激しい川の水は綺麗ですが、流れの少ない沼には藻が生い茂るようなことです。

またフロントガラスのウォッシャー液は、普通に車に乗っていれば時々使うものですが、後ろの窓用のウォッシャー液は人によってはあまり使いません。

たまにスイッチを押すと、しばらく「ウィーン」といったモーター音が鳴り響いてから、少し遅れてウォッシャー液が出るということがあります。

これがまさにパイプ内のウォッシャー液が蒸発しているということです。どうしても後ろの窓のウォッシャー液は使用頻度が低く、パイプも長いので蒸発しやすくなります。

これはエンジンオイルなども同様で、何カ月も放置されるとエンジンの中を保護するオイルが重力で下に落ち切ってしまい、エンジン始動時に負担がかかってしまうそうです。

私の住んでいる北海道では、冬場はいっさい車を運転しないという人がいるのですが、数ヶ月放置すると様々なリスクがあるので、月に一度ぐらいはエンジンをかけたり、ウォッシャー液を少し出してあげると良いかと思います。

タイヤもずっと同じ位置で何カ月も固定されていると、その状態でゴムが固まってしまい、走りだすと振動が出てしまうケースがあるそうです。夏用のタイヤで冬道を走れとは言いませんが、少しだけ前に出すなり、後ろに下げるなりして、タイヤの位置をずらしてあげると良いかと思います。

参考車の寿命を延ばす意外な方法!

ウォッシャー液が水だけで良いケース

一方で一日中動いているタクシーのような車であれば、タンクの中が水だけでも問題にならないのかも知れません。頻繁にウォッシャー液が使用されて新しい水と入れ替わるので、このようなリスクは少ないのだと思います。

タクシーは毎日洗車をしているそうなので、ウォッシャー液の洗浄成分がない水だけでも、毎日綺麗に窓を掃除することができます。

ただこれが一般の人の車の使い方に当てはまるかというと、やはり難しいと思います。よほど頻繁にウォッシャー液を出す方でもない限り、リスクの方が大きいように感じます。

僅かな節約の為に余計なリスクを背負わない方が良いので、水だけは避けた方が良いかと思います。

まとめ 安物のウォッシャー液を入れよう!

ウォッシャー液を水だけにすると節約にはなりますが、様々なリスクを考えると、安物でもいいので通常のウォッシャー液を入れた方が良いかと思います。

ホームセンターに行けばかなり安く手に入りますし、水で希釈すれば倍近くの量を使えます。

参考カー用品はホームセンターがお得!?

またウォッシャー液の変わりに、水と食器洗い用の洗剤を入れるという方法もあるのですが、これもおすすめしません。

これも私は過去に試してみたことがあるのですが、泡立ちが良すぎてフロントガラスに白く跡が残ってしまいました。ワイパーで拭き取れる箇所はいいのですが、ワイパーで拭き取った淵がどんどん白くなっていき、視界を狭めてしまいます。

参考ワイパーを安く交換する方法

ウォッシャー液は水だけや食器洗いの洗剤などで代用できなくはないのですが、微々たる節約の為に安全運転が阻害されてしまっては元も子もないので、やはり専用のウォッシャー液をおすすめしたいと思います。

高速道路でフロントガラスに虫がぶつかった時に、水だけでは綺麗に落とすことは難しいです。いくつもの虫がへばりついた状態では安全運転などできません。

高速道路では路肩に止めるわけにはいきませんし、やはり専用のウォッシャー液を入れておいた方が安心だと思います。

ウォッシャー液には様々なタイプがありますが、基本的には安物で十分だと思います。むしろ価格の高い撥水タイプはおすすめしません。

大雨をワイパーでしのぐドライバー中途半端な撥水はワイパーを動かす度に窓がうっすらと白っぽくなってしまいます。

フロントガラスに本格的な撥水加工をし、撥水用のワイパーに交換したうえで、撥水タイプのウォッシャー液を使用するのであれば、良い撥水状態を保てるかも知れませんが、それだって一カ月も経つと撥水力が落ちて、ワイパーを動かす度に白っぽくなってしまいます。

毎月のように撥水加工をし直し、撥水加工を取り戻す専用のシートなどで窓を拭いてメンテナンスをしないと、良い撥水状態をキープできないので、お金も時間もかかってしまいます。

中途半端な撥水加工が一番危ないので、安易に撥水タイプのウォッシャー液は使用するべきではありません。

また撥水タイプのウォッシャー液は他のウォッシャー液と混ぜることが出来ません。一般的な安いウォッシャー液であれば、このようなリスクもないので安心して使用することが出来ます。

ホームセンターやディスカウントストアであれば、2リットルのウォッシャー液が200円を切る価格で売られているので、リスクを避ける為にもそれらを使用するのが良いのではないでしょうか。

大抵の車のウォッシャー液の容量が2リットルぐらいなので、空になった時に半分ぐらいを入れ、残りを水道水で満たしてあげれば節約につながると思います。

ウォッシャー液によって3倍、4倍といった希釈率でもOKなものがあるので、それぞれの条件に合わせて節約につなげてほしいと思います。

また一部のガソリンスタンドでは、会員限定で無料でウォッシャー液を提供しているところもあるので、近所のガソリンスタンドをチェックしてみてください。

ちなみにガソリンスタンドで通常料金のウォッシャー液を購入するとなると、かなり割高なので気をつけてください。

あと昔100円ショップで購入したウォッシャー用の錠剤は最悪でした。タンクに水を入れて錠剤を入れるだけの便利なものでしたが、洗浄成分がほとんどないにも関わらず、白っぽく跡が残るだけの粗悪品だったのでおすすめしません。

かなり昔の事なので、もしかしたら最近のは良いのかも知れませんが、安いウォッシャー液と比べてそれほどお得なわけでもないので、あえて選ぶメリットもないかと思います。

コメント

  • 良かれとおもって撥水タイプを入れるとダメだよね
    中途半端な撥水は曇って危険!
    結局は安いウォッシャー液が一番

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。