節約はレジャー!

洗車代を節約するなら洗車機がおすすめ!GS選びがポイント

洗車代の節約

洗車場の看板よほどの車好きでもない限り、多くの方にとって自家用車の洗車は煩わしいことではないでしょうか。

自分でバケツの水を用意して洗車をすれば、洗車代を節約することが出来ますが、多くの時間が奪われることになります。

私も若い頃はそれなりに車好きだったので、様々な洗車グッズを揃えていましたが、今思うと高くついていたなと感じています。

またコイン洗車場であれば手間や時間を軽減することが出来ますが、それなりの洗車代と水分を拭き取る手間もあります。

一方でGS(ガソリンスタンド)に設置してある洗車機であれば手間も時間もかかりません。しかし洗車代が若干高くなります。さらに洗車機によるキズのリスクも考慮する必要があります。

私はどの洗車方法も試してきましたが、現在ではGSの洗車機に落ち着きました。様々なことをトータルで考えると洗車代も時間も節約できるので、一番おすすめしたいと思います。

そこで今回はGSの洗車代を節約する方法を紹介します。さらに洗車機によるキズのリスクを減らすGSの見極め方も紹介します。

GSの洗車代の節約

GSの洗車にも様々な種類があります。中にはGSの従業員による手洗い洗車で数千円コースもあります。

カラフルなブラシの洗車機地域によってGSの洗車機の料金は違いますが、洗車代を節約するポイントは洗車機による「ドライブスルー形式」のGSを選ぶことです。こちらの方が圧倒的に節約になります。

セルフ式のGSの洗車機であれば、大抵はドライブスルー形式だと思います。

GSによっては店員さんが洗車機に通すところから全て行ってくれるケースもありますが、そのような洗車だと車内の清掃料金なども含まれてしまうので、少し価格が高くなる傾向があります。

このような洗車機ではなく、あくまでもドライブスルー形式の洗車機を利用するのが、節約するポイントです。

自分で車内の掃除を行うコツは、別のところで詳しく紹介しているので参考にしてみてください。順序を間違えなければ、それほど時間はかかりません。

参考効率の良い車内の掃除のポイント!

一般的なGSのドライブスルー洗車の安いコースであれば、500円を超えることはないと思います。私の住んでいる地域では300~400円ぐらいが相場です。

多くの方はいつもガソリンを入れているGSで洗車機を利用することが多いと思うのですが、洗車代を節約するにはここが重要なポイントになります。

大手の有名なGSでも店舗によって洗車料金が違うことがあります。さらに独自に洗車チケットを発行しているGSもあります。さらに洗車チケットのまとめ買いをすることで、大幅に洗車代を節約できるGSもあります。

さらに「期間限定で洗車チケットが二割引き!」というパターンもあります。これも地域やGSによって違うので何とも言えませんが、馴染みのGSでしか洗車をしない人は見逃している可能性があります

さらに洗車の「年間パスポート」のようなものを受け付けているGSもあります。

大抵は月に三回以上洗車をすれば元が取れるような料金設定になっているので、毎週のようにGSで洗車をしている方であれば、大幅に洗車代を節約することが出来るのでおすすめです。

ガソリン価格は地域によって統一されていることが多いのですが、洗車代は一定ではありません

ここを意識することが洗車代を節約するポイントです。

参考ガソリン価格の最安値を調べる方法

「ガソリンを入れずに洗車だけだと悪いから」と遠慮する必要はありません。むしろGS側からするとガソリンを入れてもらうよりも、洗車機を利用してもらった方が利益率が高いことも珍しくありません。

洗車歓迎のガソリンスタンドよく「洗車だけも大歓迎!」という看板を掲げているGSがあると思います。なので全く遠慮をする必要はありません。

近隣のGSをチェックして、洗車のお得な料金プランを設定しているGSを探すことが「効率よく洗車代を節約する」ことのポイントになります。

コイン洗車場を利用するのも悪くないですが、時間の節約という意味では拭き取る手間のない洗車機の方が、ずっと効率的でおすすめです。

もちろん洗車の為だけに遠出をするようなことはしないでください。余計なガソリン代が発生して節約になりません。生活圏の中で洗車代が安いGSを探してみてください

洗車機のキズのリスク

大型車用の洗車機のブラシ自動洗車機が普及してきた頃は、洗車機のブラシによるキズが問題になりました。

その当時は今よりも車のステータスがずっと高く、休日のコイン洗車場は満杯になるのが当たり前という時代でした。

「細かい磨きキズも許せない!」という感覚の方も多かったので、ブラシによる自動洗車機の出始めの頃は評判がよくありませんでした。

洗車機の柔らかいブラシそれから長い年月をかけて洗車機も進化しています。ブラシの素材も柔らかくなり、キズか付きにくくなっています。さらに洗車後に自動でブラシを毎回洗浄するのも当たり前になっています。

さらに定期的にブラシの交換も行っているので、よほど古そうな洗車機でなければ問題はないと思います。GSの新しさよりも自動洗車機の新しさを確認してください

高圧洗浄による洗車をしている様子それでも細かなキズが気になる方は、GSによって自動洗車機に通す前に手動の高圧洗浄機で、大まかな泥汚れを落としてくれるところもあります。

そのような洗車をしてくれるGSを選ぶことで、キズのリスクをさらに減らすことが出来ます。ただし他のGSに比べて洗車代は若干高い傾向があります。

これも地域によって違うので何とも言えませんが、馴染みのないGSの洗車情報も積極的にチェックしてください。これが洗車代を節約するポイントです。

特に新しく出来たGSは要チェックです。ガソリン価格はそれほど安くできませんが、洗車代は様々な割引キャンペーンでお得になっていることがあるので、見逃さないようにしてほしいと思います。

まとめ 洗車の時間も考えよう

GSの自動洗車機が最も優れているところは、なんといっても「時間の節約」です。洗車が趣味で大好きな方であれば別ですが、そうではない方は洗車の時間を節約する意味でも、GSの自動洗車機がおすすめです。

それにGSの自動洗車機の安いコースと、コイン洗車場の価格はそれほど差がありません。あっても100円程度の差です。

その価格差をGSのキャンペーンや洗車チケット、洗車会員などで埋めることができるので、上手に洗車代の安いGSを選んで洗車時間を節約してほしいと思います。

細かなことを言えば、コイン洗車場を利用した後に水分を拭き取るクロス(雑巾)なども節約することが出来ます。これらはそうそう買い替えるモノではありませんが、クロスを乾かす手間だったり、保管しておくスペースも節約することができます。

洗車道具一式をトランクに積んでいる方がいますが、余計な荷物は燃費にも悪影響を与えるのでおすすめできません。

参考車の燃費をよくするポイント!

自宅でバケツに水を用意して洗車をすれば節約にはなりますが、大幅な時間が必要になります。また洗車用の洗剤やワックスやスポンジやクロスなどの消耗品も必要なので、それほどお金の節約になるとも限りません。

笑顔で洗車をする少年もちろん洗車が好きな方は時間の節約をする必要はないので、楽しみながら納得のいくまで車を磨き上げてください。それは立派な趣味の一つです。

そうではない方は、やはりGSの洗車機を利用した方が、洗車代や時間の節約になると思います。

また泥汚れや酷かったり、久しぶりに洗車をするという方であれば、コイン洗車場の方が向いているかも知れません。ピンポイントで頑固な汚れに水圧を噴射できます。

ちなみに酷い汚れは雨上がりに洗車をするのがおすすめです。雨で汚れが浮き上がっているので落ちやすいですよ。

それぞれ上手に組み合わせて、洗車代を節約してほしいと思います。

最後に究極の洗車代の節約テクニックを紹介します。

 

それは「雨の日の手洗い洗車」です。

 

私は学生の頃にGSでアルバイトをしていたので「手洗い洗車」を経験しています。車にホースで水をかけながら汚れを浮かしてクロスで拭いていきます。これはかなり大変な作業でした。

確か当時の手洗い洗車の価格は2500円でした。洗車機の一番高いコース(スーパーwaxのような感じ)は1200円だったと思います。

この2500円と同じ手洗い洗車は、雨の日であれば誰もが行うことが出来ます。傘を差しながらではまず出来ません。傘が車のボディに触れてキズの原因になるので、開き直ってずぶ濡れになる覚悟が必要ですが。

参考車のボディカラーを節約の観点から考察

「雨の日の手洗い洗車」はあまり現実的ではありませんが、普段からそれなりに車を綺麗にしている方であれば、雨上がりに車に残った水分を拭き取るだけでもかなり綺麗になるので、これなら洗車の回数を減らすことが出来るので、節約的にもおすすめです。

これらを上手く組み合わせて、洗車代や洗車の時間を節約してほしいと思います。

また車を購入するときは自動洗車機と相性の良い車を選ぶという視点も大切です。複雑な造形の車は自動洗車機では上手く洗えません。

車が趣味でスポーツカーに乗りたいのであれば気にすることはありませんが、特に車にこだわりがないのであれば、シンプルなデザインの車の方が自動洗車機との相性が良く、実際に綺麗に洗車できるのでおすすめです。

洗車代も車の維持費の一つです。回数を重ねるので決して安くはありません。洗車のしにくい車(自動洗車機と相性が悪いが車)は、それだけ維持費が高くなるということを忘れないでください。

また新車購入時にオプションでボディコート(ガラスコーティング等)をするのも一つの選択肢だと思います。露天ではなく車庫で保管できる環境の方であれば、洗車の回数を劇的に減らすことができます。

また都心部などで有料の駐車場を契約されている方は、月額費プラス千円程度で別の屋内駐車場が契約できるかも知れません。結果的に洗車代と相殺できるので検討する価値があると思います。

車の洗車に正しい方法があるわけではありませんが、自分にあった洗車を上手に選択してみてください。それほどこだわりがないのであれば、GSのドライブスルー形式の洗車機が一番おすすめです。


ブログランキング参加中!良ければ応援ポチっとお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメント

  • 私の家の近所のガソリンスタンドにも年間パスポートがありますが、そこの洗車はいつも混んでいて土日には行列になります、全く時間の節約にならないので一年で辞めてしまいました。
    平日の昼間に行ける人にはいいかもしれませんが、込み具合も考えた方が良いと思います。

    by さーこ €

  • 車の汚れが浮き上がっている雨上がりに
    コインパーキングの300円の高圧洗浄だけで
    大抵の汚れは落ちるよ
    それしかやっていないけど五年経ってもピカピカ

    by ささじま €

  • 私もいろいろ試してきましたがガソリンスタンドの洗車機に落ち着きました。洗車チケットをまとめ買いすると節約になります。何よりも楽なのが一番ですが!

    by こもじい €

  • ジャパネットたかたでケルヒャーを買ったけど出し入れするだけで面倒で結局使わなくなった。冬場は凍結の心配もしなきゃらなんし保管場所にも困る。なんだかんだガソリンスタンド最強

    by 匿名 €

  • ガソリンスタンドの店員さんにおまかせの洗車をしてたけどレシートみたら洗車代に消費税が加算されていた。他のスタンドのドライブスルーの機械清算だと税込み価格だった。

    by こじ €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]