節約はレジャー!

新古車の軽自動車はメリットだらけ!デメリットを理解して節約しよう

新古車とは?

新古車とは、単純に新しい中古車のことです。

新古車というカテゴリーがあるわけではなく、あくもでも分かりやすい表現として未使用の中古車の事を「新古車」と呼ぶようになりました。

ただ未使用車といっても走行距離が0㎞というわけではありません。

ディーラーで新車を購入されたことがある方であればわかると思いますが、そもそも新車でもメーターは数キロ走っています。

これは自動車メーカーが完成品の品質を見極めるテストだったり、船やキャリアカー(車輌運搬車)に新車を乗せる際に動かすことになるので、多少の走行距離はあって当たりまえです。

なぜに未使用である新古車が売られているのかと言うと、様々な要因があるのですが、大抵はディーラーがノルマを達成する為に忖度するからです。

ディーラーのノルマが表に出ることはありませんが、たくさん売れるディーラーほど本社から優遇されるのは当然の流れです。1台だけ売るより、まとめて10台売ったほうが仕入れ価格が安くなるようなことです。

また小さなディーラーだと頻繁に車が売れるわけではありませんし、たまに売れた1台だけを運んでくるより、まとめてキャリアカーに満載で運んできた方が運搬費用を抑えられます。

仮に残りの車を利益なしで新古車として外に流したとしても、利益率が高まるということです。

特に軽自動車に新古車が多いというのも、この小さなディーラーが多いということが関係しています。

街の整備工場のようなところでもメーカーの看板を掲げているものです。看板の足が一本と二本では格が違うという話を聞いたことがあります。

他にもディーラーの営業マンが自腹を切ることもあります。あと1台売れるとボーナスの査定がグッと良くなるのであれば、数万円の損を覚悟で自腹を切ったとしても、結果的に得するわけです。

最近はトヨタでも軽自動車を販売するようになったので、時々新古車のチラシに出ていることがあるものです。

新古車販売を得意としている中古車販売会社というのは、このような仕入れ先のパイプをいくつも持っています。

新古車は食品のプライベートブランドで考えるとわかりやすいかも知れません。

参考プライベートブランドは節約に効果的?

大手食品メーカーのポテトチップスと全く中身が同じモノが、パッケージを変えてプライベートブランドとして売られることがあります。

大手にとっては大量生産でコストダウンにつながりますし、安売りをしてブランドイメージを傷つけるリスクも避けられます。

プライベートブランドにとっても安く仕入れられますし、お互いにとってメリットがあるものです。

同じように新古車の存在も、ディーラーや中古車販売店にとってメリットがあるということです。

新古車だからといって、品質が低いということはありません。

そしてもちろん新古車を購入する側にもメリットがあります

そこで今回は新古車のメリット、デメリットについて紹介します。生活の為に軽自動車が必要だという地方の方ほど、新古車のメリットを受けられるので、しっかりと新古車のデメリットを理解した上で節約に役立ててほしいと思います。

新古車のメリット

新古車の一番のメリットは単純に安いということです。何といってもこれが一番のメリットです。

新車を新規登録する際にかかる費用が発生しない(支払い済み)ので、新古車の価格が新車と大差ないとしてもかなり節約になります。

とはいえ、大抵の新古車は新車価格よりも安いことが多いので、軽自動車であれば新車よりも10~20万円ぐらい安く購入することになります。

また既に登録済みなので納車が早いのもメリットです。一般的な新車だと納車まで3~4週間ぐらい必要ですが、新古車であれば一週間以内に納車されることもあります。私が購入した時は6日で納車されました。

新古車のデメリット

新古車のデメリットというのは、車のグレードやディーラーオプションを選ぶことが出来ないことです。

車の細部にまでこだわりたい方には向いていません。

また登録されてから日数が経っているものだと、それだけ次の車検までの期間も早く訪れることになります。これもデメリットになるかも知れません。

大抵の新古車は決算期前に登録されるので3月が多くなる傾向があります。実際に3月は一年の中で最も車検が忙しい時期なので、事前にしっかりと予約をしておかないと、都合の良い日に合わせられないかも知れません。

また新古車の中にはディーラーで展示車として活用されてきたものもあります。展示車は走行距離が少なくても細かなキズや汚れがあるケースがあります。

デメリットを見極めよう!

車が趣味で細部までこだわる方には新古車は向いていませんが、それほど車にこだわりがない方であれば、新古車を選択することは節約効果が抜群です。特に生活の為に軽自動車が必要な地方の方に向いています。

そもそも新古車でグレードが選べないといっても、高級グレードが出回ることは稀ですし、大抵は売れ筋のグレードが揃っているので問題にはなりません。

新古車のチラシで目玉商品になっている激安の車だと、オートマ(CVT)ではなくマニュアルということもありますが、その他の新古車はほぼオートマです。

オプション装備も人気車種であれば、カー用品店やホームセンターで同じようなものが手に入ります。不人気車種を選ばなければ問題ではありません。

ただしモデルチェンジしたばかりの新型車だと、専用品が出回っていない可能性が高いので気をつけてください(そもそも新型車はあまり新古車として出回りませんが)。

登録されてから日数が経っている新古車というのも、大抵はその分の割引がされているものです。

またそのような展示車はオプション装備が充実しているので、それらが必要であればあえて選ぶのも良いかと思います。

これらのように新古車のデメリットというのは、それほど車にこだわらない方であれば問題になるようなことではありません。むしろメリットばかりです。

珍しいカラーの車やオプション装備を求めている方には向いていませんが、一般的な車の使い方をする人にとってはデメリットにならないことがほとんどです。

まとめ 軽自動車こそ新古車が魅力!

当サイトでは以前に軽自動車の安全性について紹介したことがあるのですが、

参考軽自動車は維持費は安いけど危険!?

軽自動車だからといって、必ずしも乗用車より安全性が低いとは限りません。

軽自動車は維持費(車検、保険、税金等)も安いですし、生活に車が必要な地域に住んでいる方にとっては無くてはならない存在です。タイヤ交換やバッテリー交換ひとつとっても安く済むものです。

参考タイヤを安く交換する方法を調べてみた

私自身も軽自動車を乗り継いできました。

最近の軽自動車はコンパクトカーよりも価格が高いものもありますが、だからこそ新古車で購入価格を抑えることで軽自動車ならではの節約効果(維持費)をグッと高めることが出来ます。

街の整備工場や板金塗装屋でもボディーコーティングや下廻りの塗装などを受け付けていることがあるので、必ずしもディーラーオプションが受けられないからといってデメリットになるわけではありません。

オーディオやカーナビだってカー用品店で取り付けられますし、ディーラーオプションでなければ困る装備などドアバイザーぐらいでしょうか。これもタバコを吸わない人が多い現在では必需品ではありません。

また新古車は軽自動車のラインナップが豊富なので、意外と好みのモデルやカラーが見つけやすいのも魅力です。

単純に車の購入費用を節約するのであれば一般的な中古車も選択肢に入りますが、中古車の品質を見極めるのは簡単ではありません。

自分で車の整備が出来る方や、車に詳しい知り合いがいれば何かと対処できるかも知れませんが、中途半端な中古車を購入してしまうと、後々高くつくことになってしまうかも知れません。

そのような意味でも新古車はかなりおすすめです。多くの節約家にとって味方になってくれる存在です。

最近は新古車専門のお店も増えてきましたし、それなりに好みも選べるようになってきました。

新型車や車の細部にまでこだわりたい方には向いていませんが、それほど車にこだわらない方であれば、新古車は最高の選択肢になると思います。

ちなみに私が初めて購入した車は中古車(登録されて7年目)だったのですが、車検の度に結構な費用がかかってしまいました。二度ほど車検を取ったのですが、どちらも12万ぐらいかかりました。

その次に購入したのが新古車だったのですが、コミコミ価格で80万ほどで購入できました。この新古車の車検は街の整備工場で受けていたのですが、一度目は4万5千円ぐらいで、二度目が7万弱、三度目が8万弱、四度目が9万8千円で収まり、10万円を超えることはありませんでした。

その次に購入したのが現在も乗っている新車で購入した車なのですが、この車は結婚していた当時に購入したこともあり、元嫁の好みを取り入れて選びました(彼女は中古のモノが大嫌いだったのでディーラーで購入しました)。

オプションでフロアマットと下廻りの塗装をしてもらい、総額で130万ぐらいだったのですが、その他の費用を合わせて144万を支払ったことを覚えています。

現在でもこの車はモデルチェンジを行っておらず、最近の新古車屋のチラシをチェックしてみると、同等のモデルがコミコミ価格で115万で売られています。

おそらくそろそろモデルチェンジの時期なので、ディーラーで新車を購入してもそれなりに割引してもらえると思いますが、流石に29万も安くならないと思います。

新車を割引してもらう為の交渉術もありますが、そもそも車両価格の高い高級車でもない限り、29万もの割引きを引き出すのは難しいと思います。

たとえ割引き出来たとしても、本当にお得だとも限りません。

参考上手い話には裏があるの裏を見極めよう

その点、新古車の価格というのは既に安くなっているので、余計な駆け引きや失敗も避けられるものです。

車についてあまり詳しくない方こそ、状態を見極める必要のある中古車や新車の値引き交渉が難しいので、安く購入したいのであれば新古車が向いています。

車が趣味だという方は別ですが、生活の為に軽自動車が必要だという方ほど新古車のメリットを受けられると思うので、検討してみる価値がありますよ。

もちろん全ての方に新古車が向いているとは限りません。全く車についてわからなくて頼れる人もいないのであれば、多少価格が高くても馴染みのある近所のお店で購入した方が、何かと相談できて良いかも知れません。

気難しい頑固おやじの整備工場しかいない田舎町であれば、その人を頼って買うのが一番かも知れません。

それぞれの環境に合わせて最適な購入方法を検討してください。特に軽自動車の購入を考えている方こそ、新古車もチェックしてみてください。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]