節約はレジャー!

軽自動車は煽られやすい?その理由と対策を紹介します

軽自動車は煽られやすい?

結婚して子育てにお金が必要だからと軽自動車に乗っていた友人が、少し前に押し出しの強い大きな車に乗り換えていました。その理由を聞いてみると、

「軽にしてから煽られまくっていたんだよ」

とのこと。

私は節約家ということもあり、ランニングコストの安い軽自動車に乗っているのですが、それほど煽られて困るとは感じていません。

一般的に軽自動車は煽られやすいと言われていますが、これには大きく分けて二種類あります。これを分けて考える必要があります。

軽自動車が煽られる理由

まず一つは実際に軽自動車ということでなめられた結果、煽られる傾向があります。

軽自動車だからといって法定速度よりも遅いということもありませんし、交通の流れを乱すほど加速が悪いわけではありません。荷物満載のトラックの方がずっと加速が悪いものです。

軽自動車に大人が四人乗っていたり、勾配のきつい登り坂だと加速が悪くなることもあるのですが、それだけなら加速の良いモード(エコモード解除、オーバードライブ解除など)にするだけで、煽られようなことはなくなります。

軽自動車だからといって極端に遅いわけではありません。

ただ軽自動車に乗ったことがない人や、昔の軽自動車の事しかしらない年配の人の中には、

「軽自動車=ノロマ」

といったイメージがあり、さらに軽自動車には女性が乗っていることが多い傾向があるので、強気になって煽る人が少なからずいるのは確かです。

また地方に行くほど男性の車にステータスが求められることがあり、実際に私も地元(田舎)に帰ると、

「なんで軽なんかに乗ってるの?」

と言われることがあります。このように軽自動車を下に見ている人達がいることも否めないので、バカにして煽る輩がいることは事実です。

これらは一般的な軽自動車が煽られやすい理由ですが、勘違いしてほしくないのが、もう一つの理由です。

 

それは車幅(全幅)です。

 

軽自動車の車幅は1480㎜以下に定められているので、単純に普通車よりも車幅が狭くなっています。

すると後ろの一般車が同じように走っているだけで、ドアミラーに後ろの車の右側がはみ出て見えるので、煽られているような印象を受けてしまいます

しかも教習所で習ったキープレフト(車線内の左側に寄せて走る)を、きちんとしている軽自動車ほど後方から煽られたと感じやすくなってしまいます。

これはコンパクトカーなどでも同じなのですが、後ろの車が右側に寄せているような印象を受けてしまうと、余計な圧迫感を感じて煽られていると勘違いしてしまいます。

特に渋滞している道路だと、割込みをされたくない心理が働いて車間距離を縮める人がいるので、煽られているように感じてしまうことがあります。

これは単純に車幅という構造上のものなので、いちいち煽られたとイライラしないようにすることが大切です。

参考運転中のイライラを抑える方法

今まで大きな車に乗っていた人が軽自動車に乗り換えると、後ろの車が右側にはみ出て煽っていると感じやすい傾向があります。

煽られない対策

軽自動車に限ったことではないのですが、後ろの車に煽られない対策がいくつかあります。

一番簡単なのは少し前に登場したドライブレコーダーを取り付けることです。

ドライブレコーダーに残されている映像が証拠となり、煽り運転で捕まるケースがニュースで紹介されるようになってきたので、抑止力になる可能性があります。

ただドライブレコーダーをつけていることが後ろの車に伝わらないと意味がないので、車の後方にステッカーを貼るのが効果的です。

カー用品店やホームセンターでも売られています。

逆に言えば、ステッカーだけでも煽られる可能性を下げられます

セコムやアルソックなどのホームセキュリティーを導入している家庭の窓には、わかりやすくステッカーが貼られていますが、あれと同じようなことです。

セコムやアルソックを導入していないのに名前を使ってしまうと違法ですが、それっぽいデザインのステッカーやダミーの防犯カメラが売られています。これらも空き巣対策として機能します。

ドライブレコーダーもかなり安くなってきましたが、煽られない対策だけならステッカーだけで機能します。

まず一つは、先ほども紹介した加速を気をつけることです。

アクセルを床まで踏みつけるような危険な加速をする必要はありませんが、重い荷物を積んでいる時や大人が四人乗って重たい時などは、いつもよりも加速しやすいモードに切り替えたり、少しアクセルを踏み込むようにしてください。

急発進をすると燃費が悪くなるからと、じわじわとした加速を心がけている方もいるのですが、ある自動車雑誌の調査では法定速度まで速やかに加速して素早くアクセルを一定に抑えた方が、燃費が良かったというデーターもあります。

法定速度の60キロまで1分かけてじわじわ加速するより、20秒ぐらいで60キロまで速度を上げてアクセルを一定にした方が、燃費が良い走行状態の時間が長くなります

もちろん危険な急発進をしろということではないのですが、じわじわと加速させるメリットはそれほどありません。状況に合わせて運転を変えることで、遅いという理由で煽られることが少なくなります。

一定の速度で走っている時に煽られる場合は、速やかに抜かせてしまうことが有効です。しばしば、

「法定速度を守っているんだからオレは悪くない!」

と頑なになっている人がいるのですが、そのイライラとした状態をずっと続けるより、さっさと道を譲った方がイライラが早く収まります

追い越し禁止の道路でも対向車がいないタイミングで、左に少し寄せてウインカーを出すと、急いでいる車はさっさと抜いていきます。

私はたまに道幅のせまい山道を走ることがあるのですが、後ろに車が追い付いてくると直ぐに譲ってしまいます。もちろんカーブの途中や先の見通しが悪い状況だとやりませんが、対向車のいない直線になるとアクセルを緩めてウインカーを出します。

その車が速度違反で捕まっても関係ありませんし、事故っても自己責任です。

そんな奴の為にイライラさせられることの方がもったいないので、一本道で後ろの車が追い付いてきたら、さっさと譲ってしまうと煽られることが少なくなります。

もしかしたら子供がケガをして急いでいるのかも知れませんし、家が火事なのかも知れませんし、大事な仕事に遅れそうで必死になっているのかも知れません。

もちろん軽自動車だからとバカにして煽ってくる奴もいるかも知れませんが、どんな理由にしろさっさと道を譲った方が、自分の心の平穏を保つことになり、安全運転を続けることが出来ます。

自分にとって何が一番良いかと考えるようにしましょう。

まとめ 煽るバカから離れよう

世の中には車に乗ると気が大きくなって、我が物顔で煽ってくるバカな奴がいるものですが、そんな奴は相手にしないことが一番です。

  • 軽自動車だから煽る
  • 女が乗っていそうだから煽る
  • 黒塗りの高級セダンだから煽らない

のような相手によって態度を変えるような奴はろくでもないので、そんな奴がずっと後ろを走っていると気分が悪くなってしまいます。

なので抜きやすそうな道やタイミングを見計らって、さっさと道を譲ってしまいましょう。それが結果的に自分の気持ちが最も落ち着きます。

「あんな奴がいるおかげで罰金を払って警察の予算を支えてくれているんだよな~」

と考えると、気持ちが和らぐものですよ。

みんなが安全運転をしてしまうと、ちょっと車線をはみ出したり、下り坂で知らずに少し加速しただけで捕まってしまうようになるかも知れません。

ちなみに煽りながら車線変更を繰り返している車を、次の信号で追いついて車線を変えていなかった自分の車の方が先に行けると、凄く気持ちが良いものですよ(笑)。

軽自動車に乗っていると、どうしても車幅が短いので後ろの車がはみ出てしまいやすいのですが、そこは別の問題なので気にしないようにしましょう。

あと常に車線の右側によって前方視界を良くしながら運転する人もいるのですが、その状態で停止すると前に車に煽っているような印象を与えてしまうので、あまり極端な事はしないように気をつけてください。

走行中である程度の車間距離があればいいのですが、渋滞中にそのような事をやっていると前の車に余計なストレスを与えてしまいます。

同じような理由で押し出しの強い車や改造車も同様です。そのような車が好きで乗るのは個人の自由ではありますが、それほどこだわりがないのであれば、無意味に押し出しの強いデザインの車や改造は避けた方が良いかと思います。

何かしらの事情でそのような車を運転しなければならないのであれば、十分な車間距離を保ち、右側により過ぎないように意識して、前の車に余計な圧迫感を与えないようにしましょう。

ドライブレコーダーが普及してきている現在でも煽ってくるバカな車とは、付き合う必要はありません。さっさと距離を置いて気持ちを落ち着けて安全運転を続けましょう。

コメント

  • でもカミさんの軽に乗るとやっぱり煽られることが多いよ
    ステッカーでも貼るかな

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]