節約はレジャー!

固形ワックスと液体ワックスの違いを理解して使い分けよう

車のワックスの種類

車好きの方であれば、愛車にワックスを施す時間というのは楽しいのではないでしょうか。愛車の輝きが増していく姿にうっとりとされる方も多いと思います。

昔の私はそれなりに車好きだったので、休日にはしこしことワックスを塗り込んで磨いていました。雨の日にコロコロとボディを流れていく水滴を眺めては満足していたものです。

ですが、現在ではそれほど車にこだわらなくなったので、ガソリンスタンドの自動洗車機のお世話になっています。

参考洗車代を節約するならGSがおすすめ!

自動洗車機にも様々なコースがあり、洗剤のみのシンプルな洗車コースだけではなく、その後に液体ワックスを施してくれるコースもあります。

毎回ではないですが、たまにワックスコースを選ぶこともあります。

そんな私でも年に二回ぐらいは固形ワックスを、わざわざ塗り込んでいます。

これには理由があります。

いわゆる一般的な固形ワックスと液体ワックスの違いのようなことではなく、私が住んでいる街の環境ならではの理由があります。

【スポンサーリンク】

固形ワックスのメリット

昔は休日ともなれば洗車場や自宅の駐車スペースで、丁寧にワックスを塗り込んでいるお父さんをよく見かけたものですが、現在は液体ワックスやコーティングの進化もあり、随分少なくなったように感じます。

固形ワックスは丁寧に塗り込むことが出来るので、綺麗な仕上がりという意味でもメリットがあるのですが、私がわざわざ固形ワックスを塗るには別の理由があります。

それは錆びを防止するためです。

私の住んでいる地域が海沿いということもあり、車にとっては錆びやすい環境です。実際に錆びている車を見かけることは珍しいことではありません。

さらに冬場には路面の凍結を防止する為に塩化カルシウムを撒きます。これも車の錆びの原因となります。冬場の洗車を怠っているとアルミホイールですら腐食してしまうほどです。

車のボディに僅かでもキズがついて塗装が取れてしまうと、鉄板の地肌がむき出しになってしまい、そこから錆が広がってしまいます。

この僅かなキズというのが曲者で、明らかなキズであれば何かしらの対処(板金塗装やタッチペンなど)をするものですが、よくよく見ないとわからないような小さなキズを見逃してしまうと、そこから錆が広がってしまうことがあります。

私が固形ワックスをたまに使用するのは、この錆び対策の為です。固形ワックスが細かなキズを埋めてくれます。

液体ワックスでも多少の防止効果はあるのかも知れませんが、ワックスの耐久性という意味でも固形ワックスを塗り込んでいます。

だいたい冬前と春先に塗り込んでいます。

液体ワックスのメリット

一方で液体ワックスにもメリットがあります。手間が少ないといった一般的なことではなく、手の届かない箇所にまでワックス効果が得られるのが液体ワックスのメリットです。

フロントガラスについた雨というのは、ボディの隙間から下に流れていきます。隙間といってもきちんと考えられた水はけのよいルートがあるのですが、流石にそこの隙間に固形ワックスを塗ることはできません。

これは全ての窓に当てはまります。ドアの窓も外から内側に入ってきた水分を排出するルートがありますし、セダンの後ろの窓にもトランクの淵を通って外に排出されるようになっています。

そのような入り組んだ箇所にも液体ワックスは届くので、水はけがよくなり、ボディの内側からの錆びを防ぐことになります。

年配の自動車整備士の方に聞いた話なのですが、昔はこのボディの内側から錆を防ぐ為に、雨を排出するルートにオイルを流してコーティングしていたそうです。

ドアの窓にも杭を打って隙間をつくり、わざわざオイルを流していたそうです。

海沿いの街に住んでいる方はわかると思うのですが、ボディの内側から錆てしまうと塗装面がボコボコと盛り上がってしまいます。こうなってしまうと綺麗に修理しても、またすぐに錆びてしまいます。

どうしても海沿いはしけることが多く、塩分を含んだ霧が毎晩のように車にまとわりつきます。少し風が強い日だと塩で真っ白になることもあります。

その付着した塩分が窓を伝ってボディの内側に残ってしまうと、錆の原因になってしまいます。

これはどんなに綺麗に洗車をしていても対処できません。

この対処として液体ワックスが優れているということです。

洗車の後に水分を拭きとる時にスプレーをするタイプのコーティング剤では、このようなメリットはあまり期待できません。

コイン洗車場や自動洗車機の液体ワックスだからこそ、ボディの内側にまでワックスを届けることが出来ます。

固形ワックスと液体ワックスの違いというと、一般的には手間や仕上がりの違いということになるのでしょうが、錆という観点で考えると、どちらにもメリットがあると思います。

ちなみに私が住んでいる街の住宅の外壁塗装のペースは5~6年サイクルです。おそらく内陸部だと10年ぐらいが一般的なのではないでしょうか。これぐらい潮風の影響は大きいものです。

【スポンサーリンク】

まとめ 環境次第

私のように海沿いの街に住んでいなければ、それこそガソリンスタンドの自動洗車機だけでも綺麗な状態を保つことが出来ると思います。

自分でワックスをかけたい方は、固形ワックスでも液体ワックスでも、どちらでも構いません。自分が求める仕上がりに近い方を選んでください。

また車のランクにもよっても錆は違います。高級車ほど塗装の質(塗装の厚み)が良いので錆びに強いですし、新車時のオプションでコーティングしておくのも錆防止に効果的です。

また車庫の有無も大きく影響します。

知り合いに少し変わった方がいるのですが、その方の車はとても大切にしており、いつも車庫で保管しているのですが、雨の日はいっさい乗らないと決めているそうです。

実際に雨の日の約束には、昼間でもタクシーで来ていました。

いわゆる一般的な洗車はいっさい行わず、高級ハイヤーの運転手が使っていそうな毛ばたきとワックスがけしかしないのだそうです。

その方いわく、洗剤に含まれている研磨剤が車の塗装を傷める原因なんだそうです。

私は彼ほどのこだわりがないので、お手軽なガソリンスタンドの自動洗車機(時々ワックスコース)と年二回の固形ワックスがけで済ませています。

私と同じように海沿いの街に住んでいる方は、固形ワックスと液体ワックスのそれぞれのメリットを頭に入れて、使い分けてみてください。

海沿いの街といっても太平洋側と日本海側では違うかも知れませんし、入り組んだ湾でも違うのかも知れないので、それぞれ条件に合わせて選んでほしいと思います。

固形ワックスを塗り込むのはかなり手間ですが、現在は半ねりタイプの固形ワックスがあり、塗りやすさや拭きとりやすさが格段に上がっています。

また固形ワックスの塗り込み方も変化しています。昔は円を描くように塗り込んで、完全に乾燥させてから拭き取るのが主流でしたが、現在は縦横に薄く塗り、乾燥する前に拭き取るものが多いです。

この辺はワックスのメーカーによっても違いがあるかも知れないので、メーカーのホームページなどで正しい塗り方を調べてみてください。

固形ワックスと液体ワックスでは、どちらが優れているとも決められるものではありません。あくまでも違いがあるだけなので、それぞれの環境に合わせて上手に選んでほしいと思います。

よほどの車好きでもない限り、常にピカピカな状態をキープする必要もないとは思うので、環境や予算や時間の都合に合わせて、上手く洗車代の節約につなげてほしいと思います。

ちなみに数年前に読んだあるカー雑誌で、元ワックス業者に勤めていた方が匿名で暴露していたのですが、高級なカーワックスはほとんど詐欺なんだそうです。

高級カーワックスの代名詞として天然カルナバロウの含有率がアピールされますが、カルナバロウは硬くて含有率を上げてもあまり意味がないのだそうです。

意味がないどころか塗り込めなくなるのであり得ないのだそうです。パッケージを高級にしてふっかけているだけなんだとか。その方いわく1000円ぐらいのワックスと大差ないのだそうです。

私は500円ぐらいのワックスを使っていますが、固形ワックスはそうそう減るモノではないので、もう少し高級なものでも良かったとは思うのですが、1000円ぐらい出せばワックスの性能としては十分とのことなので、参考にしてみてください。


down

コメントする