節約はレジャー!

車のボディカラーを節約という観点から考察してみた

車のボディカラーによる違い

ピンクと黄色の車最近の車のボディカラーは多種多様になってきました。中にはショッキングピンクや鮮やかなオレンジのボディカラーの車もあります。

一方で昔ながらのボディカラーも人気です。

基本的に車のボディカラーは好きな色を選べばいいのですが、節約という観点から車のボディカラーを考察すると、お得なカラーとそうではないカラーが存在します。

そこで今回は車のボディカラーを節約という観点から考察します。車の購入段階でカラーに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

【スポンサーリンク】

1 塗装の寿命

寿命の長い白いセダン車のボディカラーの中で最も寿命が長いと言われているのは「ホワイト、白」です。

逆に寿命が短いと言われているボディーカラーは「ブラック、黒」です。

どうしても黒は太陽の光を集めてしまうので紫外線の影響を受けて劣化しやすい傾向があります。濃い色は全般的にそのような傾向があります。

また赤は褪色しやすい傾向があります。特に青空駐車の場合は避けた方が無難なボディーカラーです。

また太陽の熱を集めやすいということは、車内の温度があがりやすいということでもあるので、エアコンの使用量が増えて燃費が悪くなるというデメリットもあります。

2 汚れ

モノクロのBMW車のボディカラーの違いで汚れがつきやすい、つきにくいということはないのですが、汚れが目立ちやすいカラー、目立ちにくいカラーというものはあります。

最も汚れが目立ちにくいのがシルバーです。昔から売れ筋のボディカラーなので多くの方が体感しているのではないでしょうか。

ちなみに白は水垢が目立ちやすく、黒はホコリや泥汚れが目立ちやすい傾向があります。

汚れの目立ちにくさではシルバーがダントツです。おそらく全ての車のボディカラーにシルバーを設定されているのではないでしょうか。それぐらい圧倒的な人気なのがシルバーです。

3 事故率

青いフォルクスワーゲンなんと事故率の高いボディカラーというものがあります。

それは「ブルー、青」です。

青は後退色なので実際の距離よりも遠くに感じやすい傾向があります。車の輪郭がぼやけやすく、車間距離を間違えられやすい傾向があります。

どんなに安全運転を心がけていても、ブルーは周囲の車からの認識がズレやすいので、事故に巻き込まれる可能性が若干高くなります。

逆に事故率の低いボディカラーは「シルバー」です。

シルバーは夜間でも光が反射しやすいので、周囲の車や人に認知されやすいという特徴があります。逆に黒や濃い色は夜間では発見されにくい傾向があります。

白も夜間の反射は悪くないのですが、降雪地域だと雪に埋もれやすく、最も危険なボディカラーになってしまいます。

そして赤や黄色は目立ちやすい色なので、周囲から認知されやすいボディカラーなのですが、赤や黄色はスポーツカーに多いということもあり、車好きや目立ちたい人が好む傾向があります。結果的に運転が荒い方が多いので、事故率が比較的高いボディカラーということになります。

一部のスポーツカーでは黄色の事故率が圧倒的に高いということで、同じ車種にも関わらずボディカラーによって保険料が高く設定されることもあるそうです。

4 下取り価格

真っ赤な二台のフェラーリ車の下取り価格にもボディカラーは大きく影響します。

これは車種によって違うので何とも言えませんが、フェラーリの赤のように特定のボディカラーがイメージしやすい車の場合は、そのほかの色は下取り価格が下がる傾向があります。

一般的な車であれば、シルバーや白や黒などの定番のボディカラーで査定がマイナスになることはありませんが、奇抜な色や人気のない色を選ぶと下取り価格がマイナスになることがあります。

5 修理のしやすさ

車のボディカラーは修理時にも影響があります。人気のカラー、定番のカラーのパーツは在庫が豊富なのですが、人気のないカラーの場合は取り寄せに時間が必要になります。

また最近は中古パーツの流通が普及してきたので、修理工場によっては中古のパーツを選ぶことで修理代を節約することもできるようになってきました。

一から修理するよりも中古パーツと一式交換した方が安くなるケースは珍しくありません。

この場合も人気のないボディカラーは不利になります。

【スポンサーリンク】

まとめ 無難な選択

シルバーのBMW節約の観点から車のボディカラーを考察すると、やはり無難な「シルバー」になります。多くの方が選ぶ色ということは、それなりの理由があるものです。

無難と言えばそれまでですが、無難ならではの理由もわかっていただけたと思います。

ですが、基本的には好きなボディカラーを選ぶのが一番満足度が高いと思います。せっかく車という高額な物を購入するのに、好きでもないボディカラーを選ぶのは勿体ないことです。

それほどボディカラーにこだわりがない方や、二つのカラーなどで迷っている方の参考になれば嬉しいです。

おまけ

最後に、ちょっと変わった話を紹介します。

車のボディカラーは国の景気を表すと言われています。勢いのある国の車はピカピカで様々な色が競い合っています。

特に若い世代がお金を持つと、そのような傾向になります。バブル景気の日本や中国を思い浮かべるとわかりやすいのではないでしょうか。

保守的な街並み逆に経済が落ち込むと車は薄汚れてシルバーが増えると言われています。保守的な人や年齢層の高い人が選ぶボディカラーの特徴でもあります。

節約という観点から見ればシルバーが最もコストパフォーマンスに優れていると思いますが、勢いがある人には見られないということも頭の片隅に入れておいてください。

職業によっては保守的に見られることがマイナスになることもあると思います。自分のキャラクターのブランディングとしても、車のボディカラーは使えるということです。

逆に介護ヘルパーの車が派手なカラーだと喜ばれません。無難なシルバーや白が圧倒的に選ばれています。

車のボディカラーは節約の効果だけではなく、様々な意味合いを持たせることができるので、上手に見極めて選んでほしいと思います。


コメント

  • いつも違う介護ヘルパーが来た時に真っ赤な車でおばあちゃんが怖がっていました。車の色にも向き不向きがありますよね。

    by 匿名 €

down

コメントする