節約はレジャー!

車のボディカラーを節約という観点から考察してみた

車のボディカラーによる違い

ピンクと黄色の車最近の車のボディカラーは多種多様になってきました。中にはショッキングピンクや鮮やかなオレンジのボディカラーの車もあります。

一方で昔ながらのボディカラーも人気です。

基本的に車のボディカラーは好きな色を選べばいいのですが、節約という観点から車のボディカラーを考察すると、お得なカラーとそうではないカラーが存在します。

そこで今回は車のボディカラーを節約という観点から考察します。車の購入前でカラーに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

1 塗装の寿命

寿命の長い白いセダン車のボディカラーの中で最も寿命が長いと言われているのは「ホワイト、白」です。

逆に寿命が短いと言われているボディーカラーは「ブラック、黒」です。

どうしても黒は太陽の光を集めてしまうので紫外線の影響を受けて劣化しやすい傾向があります。濃い色は全般的にそのような傾向があります。

また赤は褪色(色褪せ)しやすい傾向があります。特に青空駐車の場合は避けた方が無難なボディーカラーです。

車の塗装面の寿命に限っていえば、太陽の熱を集めやすい黒や色褪せしやすい赤は向いていません。

また太陽の熱を集めやすいということは、車内の温度が上がりやすいということでもあるので、エアコンの使用量が増えて燃費が悪くなるというデメリットもあります。

2 汚れ

モノクロのBMW車のボディカラーの違いで汚れがつきやすい、つきにくいということはないのですが、汚れが目立ちやすいカラー、目立ちにくいカラーというものはあります。

最も汚れが目立ちにくいのがシルバーです。昔から売れ筋のボディカラーなので多くの人が実感しているのではないでしょうか。

ちなみに白は水垢が目立ちやすく、黒はホコリや泥汚れが目立ちやすい傾向があります。

汚れの目立ちにくさではシルバーがダントツです。おそらく全ての車のボディカラーにシルバーは設定されているのではないでしょうか。それぐらい圧倒的な人気なのがシルバーです。

豆に洗車をする人であれば気にしなくて良いのですが、ついつい洗車をサボってしまう人にはシルバーがおすすめです。

参考洗車を節約するポイント!

3 事故率

青いフォルクスワーゲンなんと事故率の高いボディカラーというものがあります。

それは「ブルー、青」です。

青は後退色なので実際の距離よりも遠くに感じやすい傾向があります。車の輪郭がぼやけやすく、車間距離を間違えられやすい傾向があります。

どんなに安全運転を心がけていても、ブルーは周囲の車からの認識がズレやすいので、事故に巻き込まれる可能性が若干高くなります。

逆に事故率の低いボディカラーは「シルバー」です。

シルバーは夜間でも光が反射しやすいので、周囲の車や人に認知されやすいという特徴があります。逆に黒や濃い色は夜間では発見されにくい傾向があります。

白も夜間の反射は悪くないのですが、降雪地域だと雪に埋もれやすく、最も危険なボディカラーになってしまいます。

一方で赤や黄色は目立ちやすい色なので、周囲から認知されやすいボディカラーなのですが、赤や黄色はスポーツカーに多いということもあり、車好きや目立ちたい人が好む傾向があります。結果的に運転が荒くなる人が多いので、事故率が比較的高いボディカラーということになっています。

一部のスポーツカーでは黄色の事故率が圧倒的に高いということで、同じ車種にも関わらずボディカラーによって車両保険料が高く設定されることもあるそうです。

事故率の事でボディーカラーを考えると、後退色の青や紺は避けた方が良いです。夜間走行や雪道走行が多い場合も意識した方が良いかと思います。

4 下取り価格

真っ赤な二台のフェラーリ車の下取り価格にもボディカラーは大きく影響します。

これは車種によって違うので何とも言えませんが、フェラーリの赤のように特定のボディカラーがイメージしやすい車の場合だと、その他の色は下取り価格が下がる傾向があります。

一般的な車であればシルバーや白や黒などの定番のボディカラーで査定がマイナスになることはありませんが、奇抜な色や人気のない色を選ぶと下取り価格がマイナスになることがあります。

5 修理のしやすさ

車のボディカラーは修理時にも影響があります。人気のカラー、定番のカラーのパーツは在庫が豊富なのですが、人気のないカラーの場合は取り寄せに時間が必要になります。

また最近は中古パーツの流通が普及してきたので、修理工場によっては中古のパーツを選ぶことで修理代を節約することが出来るようになってきました。

一から板金塗装をして修理するよりも、同じカラーの中古パーツと一式交換した方が安くなるケースは珍しくありません。この場合も人気のないボディカラーほど不利になります。

車に傷をつけやすいという人は、王道のカラーを選んだ方が節約になる可能性が高いです。

まとめ 無難な選択

シルバーのBMW節約の観点から車のボディカラーを考察すると、やはり無難な「シルバー」になります。多くの人が選ぶ色ということは、それなりの理由があるものです。

無難と言えばそれまでですが、それだけに選ばれる理由もわかっていただけたのではないでしょうか。

基本的に車のカラーは好きなものを選べば良いと思いますが、それほどこだわりがないのであれば、メンテナンス(洗車)や安全性や下取り価格を考慮して選んだ方が節約になるかと思います。

ちなみに私の車はブラウン(焦げ茶色)です。この色を選んだ理由は今回紹介してきた理由とは少し違います。

それは「錆び対策」です。

私は雪国で海沿いの街に住んでいるという事もあり、塩害(融雪剤と潮風)を受けやすく、特に車の下回りの錆びに悩まされていました。

参考固形ワックスの意外なメリット!

購入時や車検の度に下廻りに錆び防止の塗装をするのですが、それでもちょっとしたキズから錆が広がってしまいます。

理想は丁寧に錆びを落としてから同じボディーカラーの塗装を塗り直す事なのですが、自分でやるとなると大変ですし、プロにお願いすると十万単位でお金が掛かってしまいます。

なので私は定期的に錆止め剤を塗っています。これを塗ると錆びの進行が止まり、茶色い錆びが黒く変色してくれます。

白やシルバーの車で同じ事をすると、どうしても目立ってしまうのですが、黒やこげ茶や濃紺の車であれば、それほど目立ちません。

濃紺は後退色なので避け、黒も汚れが目立ちやすいので、消去法として焦げ茶色を選びました。

焦げ茶色が設定されている車は多くないので、誰もが選べるカラーではありませんが、車の錆びに悩まされる地域の人にとっては相性が良いカラーだと思います。黒ほど押し出しが強くないのでおすすめです。

それほどボディカラーにこだわりがない人や、カラーで迷っている人の参考になれば嬉しいです。

おまけ カラーの意味

最後に、ちょっと変わった話を紹介します。

車のボディカラーは国の景気を表すとも言われています。勢いのある国の車ほどピカピカで様々なカラーがひしめき合っている傾向があります。

特に若い世代がお金を持つと、そのような傾向になります。バブル景気の日本や中国を思い浮かべるとわかりやすいのではないでしょうか。

保守的な街並み逆に経済が落ち込むと車は薄汚れてシルバーが増えると言われています。保守的な人や年齢層の高い人が選ぶボディカラーの特徴でもあります。

節約という観点から見ればシルバーが最もコストパフォーマンスに優れていると思いますが、勢いがある人には見られないということも頭の片隅に入れておいてください。

職業によっては保守的に見られることがマイナスになることもあると思います。自分のキャラクターのブランディングとしても、車のボディカラーは使えるということです。

逆に介護ヘルパーの車が派手なカラーだと喜ばれません。福祉車両は無難なシルバーや白が圧倒的に選ばれています。

今回は節約の観点から車のボディカラーを紹介してきましたが、ボディカラーは様々な意味合いを持たせることができるので、それぞれの状況に合わせて上手く見極めて選んでみてください。

コメント

  • いつも違う介護ヘルパーが来た時に真っ赤な車でおばあちゃんが怖がっていました。車の色にも向き不向きがありますよね。

    by 匿名 €

  • 私も若い頃は色々な車に乗っていましたが、やはりシルバーが一番楽です。
    あえて難点を上げるとすると、駐車場で間違えやすいという事でしょうか。
    ただ最近はリモコンキーが普及してきたので、鍵穴に挿すまで気がつかないというケースは、ほとんどなくなったのではないでしょうか。

    by 栃内 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]