節約はレジャー!

フローリングの染みをメラミンスポンジで擦ったら大変なことになった

メラミンスポンジは万能?

節約家に限らず、食器の頑固な汚れを落とす為にメラミンスポンジを使用されている方も多いと思います。

メラミンスポンジは価格も安く、水を付けるだけでコーヒーやお茶の渋を綺麗に落とせるので、とても便利なものです。

ただしメラミンスポンジにはリスクもあります。

このリスクを考えずに安易に使用してしまうと、大変なことになってしまいます。

実際にやらかしてしまいました。

フローリングの染みにメラミンスポンジは危険!

私は少し前にフローリングに派手な染みを作ってしまいました。

染みの大きさからいってマグカップの底から付着したものなのですが、何が原因なのか皆目見当がつきません。

いつもと違う飲み物を飲んだわけでもなく、ちょっとした飲み物なら雑巾で簡単に落とせそうなものですが、なぜだか全く落ちてくれません。

そこで消しゴムで擦ってみたのですが、まるで効果がありません。

キッチンペーパーを湿らせてしばらく放置しても全く染みが緩んでくれません。

何か良い方法はないかと考えていると、メラミンスポンジが余っていることを思い出しました。

さっそくメラミンスポンジでフローリングの染みを擦ってみると、水分が白く濁りながら染みが落ちてくれました。

これは正解だとばかりに擦っていると、小さなメラミンスポンジのせいか直ぐに穴が開いてしまい、爪が擦れてフローリングに傷をつけてしまいました。

「あちゃー」と思い、その後はあまり力を入れずにメラミンスポンジを変えながら擦っていくと、全体的にフローリングの染みは薄くなってくれました。

取りあえずこれで成功したかと思っていたのですが、時間が経って水分が乾燥すると悲惨な状態になってしまいました。

このように細かなキズが付いてしまい、染みも取りきれていません。フローリングもカサカサとしてしまいました。

私はこの段階でメラミンスポンジについて調べてみると、フローリングのようなコーティングされている箇所にはNGとあり、「やってしまった!」と後悔しました。

メラミンスポンジは便利なものですが、使い方を誤るとこのようなリスクがあるということです。

安易に素人判断で使ってしまうと、大変なことになるかも知れません。

メラミンスポンジの注意書きにも木製家具はNGとありました。明らかに私のミスでした。

傷ついたフローリングの補修

フローリングの染みはメラミンスポンジでそれなりに落とすことは出来ましたが、キズが目立っているので何とか補修できないかと調べていると、様々なグッズがありました。

クレヨンのようなもので傷を埋めたり、塗料やカラーが含まれているワックスなどで染めることも可能なようで、それほど難しいようではなさそうです。

そこで改めて手持ちのもので何とかできないかと考えていると、以前に紹介した紅茶の出し殻の事を思い出しました。

参考紅茶の出し殻の再利用で使えるのはコレ

紅茶の出し殻で玄関の床に染みを作ってしまった苦い経験があるのですが、あえてフローリングの傷に利用できるのではないかと考えました。

ただ余計な染みになってしまっては元も子もないので、こまめに水分を拭き取りながらフローリングの傷に紅茶の出し殻を染み込ませていくと、かなり目立たなくなってくれました。

今回はたまたまフローリングの色が紅茶に近かったので成功しましたが、明るい色のフローリングだと紅茶の染みの方が目立つかも知れません。

深い傷は残ってしまいましたが、フローリングの色からいっても勝手に汚れなどが染み込んで目立たなくなっていくかも知れないと期待して、しばらくは様子をみることにしました。

まとめ 素人判断は危険!

今回は節約家がやりがちな失敗をしてしまいました。

全ての節約家に当てはまることではありませんが、なるべく手持ちのもので何とかしようと考えてしまうと、このような失敗をしてしまうものです。

メラミンスポンジのキズは事前にしっかりと調べておけば避けられたリスクなので、改めて素人判断は危険なのだと勉強になりました。

メラミンスポンジの仕組みについて調べてみると、荒い粒子がヤスリのような原理で汚れを削り取っているようでした。

力を入れすぎたり擦り過ぎてしまうと傷をつけてしまうのは、当然の事だったようです。

紅茶で傷を染めることに成功したのも素人判断ではあるのですが、これも全てのフローリングの色と合うわけではないのでリスクがあります。

掃除グッズや補修グッズに限ったことではないですが、世の中には様々な専用品があり、それらを揃えるとなるとお金もスペースも奪われてしまうので、ついつい何かで代用できないかと考えてしまうのですが、これも行き過ぎるとリスクになってしまいます。

この辺のバランス感覚は難しいところではありますが、フローリングのように替えの効かない対象は専用品に頼った方が良いのかも知れません

逆に簡単に買い替えが可能なものであれば、ちょっとしたアイディアを試してみるのも良いかと思います。

切れ味の落ちたハサミを買い替える前に、アルミ缶やアルミホイールなどを切ると復活する方法があるのですが、これで私のハサミは10年以上使うことが出来ています。

世の中には様々な節約アイディアがありますが、安価なハサミのようにダメ元で試せるものと、フローリングのようにそうではないものがあるので、しっかりと分けて考える必要があるのだと改めて勉強になりました。

後の祭りですが、フローリングの染みを落とす方法について調べてみると、アイロンのスチームを当ててから拭き取る方法があり、メラミンスポンジを使う前に試してみるべきでした。

私と同じような失敗(替えの効かない箇所に対しての素人判断)をしないように、節約家のみなさんは気をつけてほしいと思います。

コメント

  • メラミンスポンジでコップの渋を落とすと返って傷がつきやすくなることがあります。
    熱湯にしばらく浸したあと、普通の食器用スポンジに洗剤をつけて擦ると案外落ちるものですよ。
    メラミンスポンジには魔法のアイテムのような扱いがありますが、決してそうではありません。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]