節約はレジャー!

冷たい飲み物をやめると健康になる人は多いのかも知れない

冷たい飲み物のリスク

東洋医学系の本を読むと「冷たい飲み物」のリスクについて語られている事が多いものです。

アイスのような冷たい食べ物というのは、少量ずつ口の中で温められてゆっくりと胃の中に入っていくのですが、ゴクゴク飲めてしまう冷たい飲み物は温度が低いまま胃の中に到達してしまい、身体の内側から冷やす事になってしまいます。

おしっこが体温ぐらいに温かいように、冷たい飲み物を取ると余計にエネルギーを消費してしまう事になります。

体温が上がっている暑い夏場に冷たい飲み物を飲むと気持ちが良いものですが、日常的に冷たい飲み物をたくさんとっていると、それだけ体温が奪われてしまう機会が増えてしまいます。

よく健康の為に水をたくさん飲む健康法がありますが、それも度が過ぎるとおしっこの回数が増えて体温が奪われてしまいます。

これは一般的に言われている冷たい飲み物のリスクですが、実はもう一つのリスクがあります。それは糖分の摂取量の増加です。

冷たい飲み物は甘い?

味覚は食べ物や飲み物の温度が体温に近いほど正常に機能します。

極端な事をいうと、冷たい飲み物というのは味覚が麻痺したような状態になるので、甘さが感じにくくなります

これは甘い缶コーヒーでイメージすると分かりやすいのですが、冷たくして飲むと程よい甘さで美味しくても、常温になると甘ったるく感じるような事です。

その甘ったるい状態がその飲み物の本来の味であり、冷たくすると甘さが感じにくくなるので、冷たくして飲む事を前提としている飲料水(炭酸ジュース等)ほど、糖分が多い傾向があります

これが冷たい飲み物のもう一つのリスクです。

溶けてしまったアイスを飲むと、凄く甘ったるく感じた経験がある人もいるのではないでしょうか。

ぬるくなったコーラーは物凄く甘く感じます。それが本来の味です。冷たい状態で美味しく飲めるように調整されている飲料水というのは、かなり糖分が多い傾向があります。

この味覚の麻痺は熱い物にも当てはまる事なのですが、熱々のコーヒーをゴクゴクと飲める人はいません。普通は火傷しないように少量のコーヒーを空気と一緒に口の中に含めて、冷ましながら飲み込んでいます。

ブラックコーヒーの苦味も常温の方が強く感じられるものです。それが本来の味です。

ちなみにアイスコーヒーが苦いのは別の理由があります。氷で薄まる事を前提としているので、ホットコーヒーよりも深煎りで焙煎されている事が多く、濃い目に味が調整されているからです。

そしてその濃さに合わせて甘さが加えられる事になります。ガムシロップの糖分は、角砂糖の三個分に相当すると言われています。ホットコーヒーに角砂糖を三個も入れると相当甘ったるくなるものですが、アイスコーヒーだと丁度よく感じるものです。

それだけ冷たい飲み物というのは、糖分が多くなるという事を覚えておいてください。意外とこのリスクが見落とされているように感じます。

太っている人ほど冷たい飲み物を好む傾向がありますが、その度に余計なカロリーを摂取する事になっているのかも知れません。

温度による味の変化

飲み物が温度によって味が変わるのは、日本酒で考えると分かりやすいかも知れません。

日本酒の温度は「冷や(常温)」「ぬる燗」「熱燗」といった感じで、様々な温度で飲まれます。

銘柄によって相性の良い温度がありますし、もちろん個人の好みで温度が選ばれる事もあります。

香りの弱い日本酒の風味を活かす為に、あえて熱燗にした方が美味しく感じられるものもありますし、冷酒(冷たい)のように冷たく飲む事を前提として作られる日本酒もあります。

温度によって飲み物の味が変わる事は珍しい事ではありません。

ぬるくても良い飲料

暑い夏場に冷たい飲み物を飲みたくなる気持ちもわかりますが、乾いた喉を潤す為だけであれば、常温の水や体温に近い温度の白湯の方が身体の負担になりません。

赤ちゃんのミルクを人肌に温めてあげるように、身体に負担のない温度で飲むのが理想です。疲労回復の為の水分補給であれば、必ずしもキンキンに冷やす必要はないのではないでしょうか。

あらゆる冷たい飲み物を避けろとは言いませんが、水やお茶のようなものだけでも、なるべくなら冷たい状態を避けた方が良いかと思います。

夏場でもないのにキンキンに冷えたビールばかりを飲んでいると、その度に身体の内側で温めなければならなくなり、余計な疲労の原因となってしまいます。

冷たくなくても美味しく飲める飲料まで、キンキンに冷やすような事は避けた方が健康に良いという事を覚えておいてください。

まとめ きちんと選択しよう

体温よりも極端に低い温度の飲み物を取ると身体の負担になってしまいます。暑さで身体がバテている時ほど、安易に冷たい飲み物を選ぶのではなく、きちんと選択する事で速やかに水分補給する事ができます

食事で冷たい物や飲み物を少しぐらい楽しむのであれば、それほど身体の負担にはなりませんが、安易に冷たい飲み物ばかりを選ばないようにしましょう。

そして冷たい飲み物を減らすと糖分の摂取量も少なくなる可能性があります。常温の缶コーヒーでもブラックなら美味しく飲めるものですが、ロング缶の甘いコーヒーは甘すぎて飲めたものではありません。

ちょっとした飲み物でも常温で飲む事を意識するようになると、甘いスポーツドリンクやジュースではなく、自然と水やお茶を選ぶようになるものです。

ちなみに東洋医学には水毒という考え方があり、水ですら飲み過ぎると身体に良くないと言われています。

もちろん水分が不足するのも身体に悪いのですが、健康の為にと必要以上に水を飲み過ぎてしまうと、身体の中の塩分濃度が薄まって不調をきたすケースがあります。

参考減塩にもリスクがあるというお話

塩っ辛いものを食べると水を飲みたくなるように、自然と身体が求める分の水分を摂取するのであれば体内でバランスが取れるのですが、健康の為にと必要以上に水を飲み過ぎる事はありません。

しかもその水が氷で冷えていると、体温まで奪われて疲れてしまいます。これでは全く健康の為になっていません。

常温の水や白湯を少しずつ飲むのが理想なのですが、無理に冷たい水をゴクゴクと飲むような健康法は避けた方が良いかと思います。

飲食店で提供される水には氷が入っている事が多いので気をつけてください。氷が溶けてから少しずつ飲むぐらいが良いと思います。

喉が渇いているならにでも氷を移しても良いかと思います。ファミレスのドリンクバーなどであれば、あえて氷を入れないような調節もできるので、このような選択をするように意識してみてください。

もちろん暑い夏場や運動で汗をかいたような場合は別です。そこは分けて考えてください。身体がほてっている場合は冷たさが良いケースもあります。

ちなみに私は冷蔵庫を手放しているという事もあり、冷たい飲み物を飲む事が少ないのですが、たまに会社の飲み会などでキンキンに冷えたビールを飲むと、喉から食道にかけて冷たくなっていくのを感じます。

参考冷蔵庫がいらないライフスタイル

特に飲み物の温度を意識していなかった昔は、そのような感覚は全くなかったのですが、冷たい飲み物を避けていたせいで、食道や胃の中の感覚が敏感になったのかも知れません。

味覚も鋭くなってきた(正常に戻った)のか、お米を炊く時の水分量の僅かな違いによる味の変化を敏感に察知できたり、料理をつくっている最中の味見の精度が、昔よりも格段に良くなってきたと感じています。

アイスやかき氷のように冷たいからこそ美味しいものもありますが、それらは体温が高くなっているからこそ美味しく(気持ちよく)感じるのであり、寒い冬場に美味しいものではありません。

キンキンに冷えたビールをありがたがる人が多いせいか、最近の飲食店では氷点下のビールを提供している事がありますが、よほど暑い夏場でもない限り、なるべくなら避けた方が良いと思います。

ちなみにビールを常温で飲むと麦の甘さが感じられて、それはそれで美味しいものですよ。

完全に冷たい飲み物を避けるのは難しいと思いますが、水やお茶のように冷たくなくても美味しく飲める飲料があるので、選択できるものだけでも意識してほしいと思います

最近は一部の自動販売機でも常温で売られている事があるので、意外と選択する余地があるものですよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]