節約はレジャー!

ダイエットが続かない人向けのモチベーションキープ方法

ダイエットが続かない理由

お腹のサイズを測る女性世の中の多くの方がダイエットを続けられずに悩んでいます。

何かのきっかけでダイエットを始めても、大抵はモチベーションがキープできません。

漠然と「ダイエットをした方が良い」と思ってはいても、本心からダイエットをしたいと思っている人は実は多くありません。

テレビの健康番組で太っていることのリスクを目の当たりにすると、一時的には行動するのですが、そのリスクをリアルに想像出来ないと大抵は行動を継続することはできません。これが多くの方がダイエットに失敗する理由です。

ちょっと厳しい言い方をすれば、「ダイエットへの覚悟が足りない」ということです。何となくでは一時的に上がったモチベーションはキープできません。

これが健康診断などで危険な数値が出ると多くの方がダイエットに成功します。ダイエットをする目的が明確になるからです。リスクをリアルに感じられるます。身体に具体的な痛みや症状が出た場合も同様です。一気にリアルになるので覚悟が決まります。

何となく始めたダイエットではモチベーションが続きません。

では、どうすればいいのか言うと、ダイエットをするべき確固たる理由を明確にすることです。すると自然にモチベーションはキープされます

基本的にダイエットをする理由は自分の為です。誰もが健康に美しくなりたいものですが、そこにリアルな願望がないとモチベーションはキープされません。

健康診断の数値のように生死に関わる場合や、モデルのように仕事の結果に直結する場合は、ダイエットへのモチベーションは自然とキープされます。

そこで今回はダイエットが続かない人向けにモチベーションをキープする方法を紹介します。モチベーションそのものを上げるのではなく、確固たる目的(何のためのダイエットなのか)にフォーカスすることがポイントです。

【スポンサーリンク】

1 お金の為

浜辺で青汁をそそぐ人世の中には様々なダイエット商品や食品が売られていますが、誰もがそのようなモノに頼らずともダイエットが出来る方法を知っています。

単純に食べる量を減らせばいいということは、誰もが理解していることです。

何となく健康の為、何となく綺麗になりたい為にダイエットをしている人は、何となくダイエット商品や食品に手を出します。

その為に余計なお金がかかっていることを強く意識してください。節約かであればあるほど有効です。ダイエットの為に毎月どれぐらいの出費をしているのかを、改めて計算してみてください。

さらに普段の食事を減らすことで、どれだけの食費が浮くのかを計算してみてください。

「ダイエット食品の購入代金+食費の削減」

シンプルな計算機のダブルの効果で大幅に節約することができます。改めて具体的な数字で表すことで、頭の中でリアルにイメージできるので、ダイエット目的に健康食品などを購入している方は、一度しっかりと計算してみてください。

ダイエットは健康や美容の為だけではなく、お金の節約にもなると強く意識してください。節約家であれば効果抜群です。

高額なスポーツジムに入会して無理やりモチベーションをキープする方法もありますが、冷静にその金額分を節約出来ることを意識してください。

何となく健康や美容の為だと思うより、具体的に貯まる金額がイメージできるとモチベーションをキープしやすくなります。

2 大切な人の為

仲睦まじい家族の後ろ姿ダイエットは自分の健康や美容の為になるだけではなく、周りの人の為にもなります。

健康的な身体を取り戻すことは、家族や恋人、友達を安心させることになります。もちろん仕事のパフォーマンスにも影響します。太っている状態のほうが有利に働く職場など限られています。

そしてダイエットに成功すると危機管理能力が向上します。

走ることもままならない体型では大切な人を守ることなどできません。大切な子供やパートナーを守る為にも健康的な身体である必要があります。

また災害時での行動力にも影響します。様々な防災グッズが売られていますが、災害時に本当に大切なのは健康な身体でいることです。

参考節約の観点から防災グッズを考察

また助けられるケースでも同様です。介護を受ける側の人が必要以上に太っていると迷惑をかけます。災害時で救助を受けるにしても、太っていればそれだけ迷惑をかけることになります。

適切な体型をキープするということは、自分の健康や見た目の為だけではなく、大切な人の為になるということを強く意識してください。

目の前で強盗や泥棒を発見した時に、追いかけられる体型や体調になるのだと意識してください。自分の為だけのダイエットではなく、大切な人の為のダイエットなのだと感じられると、モチベーションは自然とキープされます。

3 世界の為

両手を広げる女性ダイエットを行って適切な体型をキープするということは、自分の為、大切な人の為になるだけではなく、世界の為にもなります。

世界は未だに飢餓の問題を抱えています。

ですが、世界の人口を賄えるだけで食糧は既に生産されています。

あくまでも世界の飢餓は食糧の分配の問題です。政治的な理由で飢餓の問題が解決されません。

主に先進国が経済力で食糧を独占しており、貧しい国に食糧が回りません。

日本のお米は国内の生産だけで十分に足りており、生産量を抑えるためにコントロールをしているぐらいなのですが、過去に台風の影響で米不足になったことがあります。

この時に日本は海外からお米を買い占めました。カリフォルニア米やタイ米などがスーパーの店頭に並びました。

タイのお米中でも価格の安いタイ米は日本のお米と品種が大きく違うこともあり、非常に評判が悪く廃棄されることが問題になりました。

そして日本が安いタイ米を買い占めることで、経済的に貧しい国はタイ米の購入が出来なくなりました。この時に北朝鮮は食糧危機になったと言われています。

日本は経済力で米不足を回避できましたが、その余波は貧しい国に大きな影響を与えました。それでいながら「タイ米は不味い」と廃棄していたわけです。

タイ米が買えなくなって苦しんだ国にとって、日本は悪魔のような存在です。しかもそのお米を捨てていたわけですから、恨みをかうのも当然の流れなのかもしれません。

必要以上に食糧を集めるということは世界の貧しい国に影響を及ぼします。必要以上に食べたり、食べずに廃棄するという行為も同様です。

食品の安全や賞味期限の問題などありますが、食料の無駄を減らすという行為は世界の飢餓を救うことに繋がります。あなたがダイエットをして適正な食事量に抑えるということは、巡り巡って世界の飢餓を救うことにつながります。

最近は喜ばしいことに、コンビニでも小さなお弁当が増えてきました。

炭水化物抜きダイエットなどが流行っていることもあり、お弁当のお米を残す人が増えてきているのですが、あらかじめ小さなお弁当やお惣菜とおにぎりなどで済ませば、廃棄される食糧を減らすことができます。

可燃ごみを償却するにも資源(石油や石炭)が使われています。ダイエットによって適切な食事量を取り戻すということは、地球の役にも立つということです。

コンビニは売れ筋の商品を充実させるようにデーターを取っているので、小さなお弁当を購入する方が増えるほど、その流れがどんどん波及します。

貨物船必要以上に海外から食糧を輸入する必要もなくなれば、世界の食糧の分配のバランスも良くなります。貧しい国にも食糧がいきわたりやすくなります。

そして食糧の廃棄率も少なくなります。食料の運搬に使われるエネルギー(石油)も減らすことになります。巡り巡って地球の環境にも好影響を与えます。

地球の裏側から石油を使って運んできた食糧を、わざわざ加工してから日本のゴミ処理場で燃やすなんてバカげています。

あなたが頑張ってダイエットをして適切な食事量に抑えるということは、巡り巡って世界の為、地球の為になると意識してみてください。自分のわがままでダイエットが出来ないなどと思わなくなります。

【スポンサーリンク】

まとめ 必要十分を知る

ダイエットは自分以外の為にもなっていると意識できるようになると、自然とモチベーションをキープしやすくなります。慣れてくるとキープする必要性すら感じなくなります。

今回は極端な例を紹介しましたが、要するにダイエットは自分の為だけだと思わないでください。大切な人を守る為、世界の為にもなっています。

自分の為だけだと「ま~いいや」となってしまいます。今の自分によほど不満を抱える出来事(健康診断の悪化、大好きな人からの指摘など)でもない限り、脳は楽な現状維持を選びます。これがダイエットのモチベーションが続かない理由です。

脳内のイメージ多くの方のダイエットが失敗する理由は、本心ではそれほどダイエットをしたいと思っていないからです。辛いダイエットをするぐらいなら楽な現状維持を選びます。

「ダイエットをした方がいいかな~」ぐらいでは、あっさりと脳に負けてしまいます。

だからこそ子供の為、大切な人の為、環境の為、世界平和の為と意識することが、ダイエットのモチベーションを保つポイントになります。

自分の為だけだと誘惑に勝てませんが、大切な人の為になると考えられると抑止力が働きます。

そして必要以上に食べる習慣がなくなれば、わざわざダイエットをする必要もありません。自然と全ての行動がベストな体型を求めるようになるので、モチベーションを意識することもなくなります。

ここまで食べる量を減らすことばかりを紹介してきましたが、身体を動かす仕事で世の中の役にたっている方はしっかりと食べてください。それは全く無駄な行為ではありません。世の為、人の為になっています。

太っていることが誰かの役にたっているのであれば、それは意味のある行為です。そこは胸を張ってたくさん食べてください。身体の大きなスポーツ選手は、夢を与えるという立派な役割があります。

スピード感のある車車は重たくなると燃費が悪くなりますが、荷物を運搬する目的のトラックにはきちんとした役割があるので全く問題はありません。

一方で年に数回しかゴルフをしないのにも関わらず、普段からゴルフバックを車のトランクに入れっぱなしにすることは燃費を悪くする無駄な行為です。

きちんと役割を果たしているのかと考えることで、今すべき行動がはっきりと見えてきます。

今のあなたの環境に相応しい体型をしっかりと理解してください。必要以上に太っていると仕事のパフォーマンスも下がってしまいます。

「働く(はたらく)」という言葉は、「はたが、らくになる」という意味もあります。一生懸命に畑を耕すと周りの人が楽になります。仕事は周りの人の為になる立派な行為です。ベストな体型で仕事のパフォーマンスを向上させてください。

適切なカロリー消費量は人それぞれなので、しっかりと見極めて必要十分な食事量を意識してください。

大きな瓶の貯金箱食べ過ぎにならないようにすれば、自分の健康や美容の為になるのはもちろん、お金の節約にもなるので趣味や夢を充実させることにつながります。あなたのダイエットが巡り巡って、どんどん世界の為になります。

洋服や靴のサイズが小さくなれば、素材や運搬費も減らすことができます。バスや電車やコンサート会場の席も広々と感じられます。必要以上に大きくならないということは様々な好影響を与えます。

あなたがダイエットをして健康的な身体を取り戻すということは、あなたの魅力がアップするだけではありません。大切な人、周囲の人、巡り巡って世界中の人々の為になります。

ダイエットが続かなくても頑張ろうとしているあなたは、世界中の人々に好影響を与えようとしています。本当に素晴らしいことです。私はあなたのダイエットを尊重します。

ダイエットへのモチベーションが続かないという方は、改めてここまで紹介してきたダイエットによる様々な影響力を認識してください。

しっかりと頭で納得できると、イヤでも普段の行動がダイエットに向かっていくようになります。特にダイエットのことを意識していなくても体型を維持されている方の多くは、自然とこのような考え方になっているものです。

あなたが本当にやりたいことを達成するためにも、大切な人を守るためにも、ベストな体型を維持する必要があるはずです。

ダイエット食品のために余計なお金を使っている場合ではありません。楽なダイエットを求めている限り、ダイエットが成功することはありません。

ダイエットのことなんか忘れるぐらいになってください。常にあなたがベストパフォーマンスを発揮して人生をより良くするためには、太っている場合ではないはずです。

ダイエットそのものを意識するのではなく、あなた自身を大切にしてください。そして周囲の人を大切にしてください。その為に出来ることが頭の中で明確になればなるほど、自然とベストパフォーマンスが発揮できる体型になっていきます。

ダイエットへのモチベーションを考えている時点で間違いだということです。

ダイエットが成功した先の人生にフォーカスしていれば、体型は勝手についてきますよ。


down

コメントする