節約はレジャー!

一人暮らしは水道代を節約しても無意味!?ケースバイケースです

一人暮らしの水道代

計算機結論から言ってしまうと、一人暮らしの方が水道代を節約することは難しいです。

水道代には基本使用料が定められており、一定の使用量までは料金が一律です。

一定の使用量や基本使用料は地域によって違うのですが、水道料金の明細書に詳しく記載されているのでチェックしてみてください。

「水道代+あなたの地域」で検索してもわかると思います。

この基本使用料を節約することは出来ません。一人暮らしの方に限ったことではありませんが、水道代の請求が毎回同じ金額の方は基本使用料内に収まっていると考えられます。これがケースバイケースということです。

一方で請求金額がバラバラの家庭であれば、節約する価値はあります。

【スポンサーリンク】

節水するべきケース

節水の蛇口家族が多ければ水道の使用量が基本使用料内で収まることは難しいので、水道の節水テクニックはかなり有効な節約になります。

一方で一人暮らしの方で節水が有効なケースというのは、水道代が毎回違う方だけです。

おそらく毎日お風呂にお湯を貯めている方は、基本使用料を超える可能性があります。

シャワー単純な解決策として一番有効なのは、お風呂にお湯を貯めずにシャワーだけにすることですが、ゆっくりと湯船につかることが楽しみな方も多いと思うので、その場合は他の水道を節水することで基本使用料内に収めることが出来る可能性があります。

またトイレの水を毎回「大」で流してしまう人や、歯を磨く時に水を出しっぱなしにしている人は、それらの無駄を改善するだけで大きく違ってきます。

ちなみに私も一人暮らしをしていまして、自宅ではシャワーだけなのですが、基本使用料の半分にすら達していません。これ以上節水をしても節約効果は全く期待できません。

ちなみに基本使用料の仕組みを知らずに徹底的に節水をしていたころは、四分の一以下に収めていました。

そこまで頑張って節水しても、全く水道代を節約出来なかったことにショックを受けたものです(苦笑)。

現在では基本使用料内だからと無駄にするようなことはありませんが、極端な節水は行っていません。

細かな節水テクニックは無駄

一人暮らしの方であれば、お風呂のお湯を意識するだけで基本使用料内に収めることが出来ると思います。

吹き出ている水逆にこれで収まらないことは稀です。よっぽど水を無駄に使いしなければ、まず超えることはありません。

家族が多くて明らかに収まらないケースだと、節水コマや節水シャワーヘッド、お風呂の残り湯洗濯など、細かな節水テクニックを駆使することで節約につなげることが出来ますが、一人暮らしであれば、ちょっとした無駄を省くだけで水道代は基本使用料に収まります。

【スポンサーリンク】

まとめ 地球の為

滝を眺める男性水は限りある資源なので、基本使用料内だからと無駄に使うべきではありませんが、一人暮らしの場合は節約の為に極端に節水をしても意味がないケースが多いです。

一人暮らしで基本使用料を超えている方は、かなり無駄な使い方をしている可能性があるので気を付けてください。

もし急に水道代が高くなった場合は、水漏れの可能性も考えられます。原因が自宅になければ支払った水道代が戻ってくる可能性があるので、水道代が跳ね上がった方は、水道局や建物の管理会社に相談してみてください。

またその他の細かな節水テクニックについては、当サイトでもたくさん紹介しているのでそちらを参考にしてください。

ちなみに水道代の基本使用料は地域によって差があります。

安い地域だと下水道代も含めた二ヶ月分で2000円で収まるらしいのですが、逆に水道代が高い地域では二ヶ月で8000円もの基本使用料がかかるのだそうです。

水道料金の為に引っ越すことは現実的ではありませんが、水質は隣町でも大きく違うことがあるので、気になる方は調べてみるのも面白いと思います。

限りある資源を大切に扱いましょう。


down

コメントする