節約はレジャー!

楽天でお買い得な商品を探すなら長期ランキングを利用しよう

ネット通販のリスク

割れているチョコレートネット通販はとても便利なものですが、初めて購入する商品の場合、実際に手元に届くと想像と違うことが珍しくありません。

そのような失敗を避ける為には、購入者のレビューを参考にするのが最も良い方法だとは思いますが、他に売れ筋の商品から選ぶという方法があります。

多くの方が購入している商品や長年売れ続けている商品というのは、それだけ信用があるということです。

そこで今回は楽天でお買い得な売れ筋商品を探す方法を紹介します。それほどこだわりがない商品や、いくつかの商品で悩んでいる方の参考になると思います。

【スポンサーリンク】

楽天人気商品ランキング

楽天ランキング市場楽天のトップページの真ん中ぐらいに「人気商品ランキング」というものがあります。

参考【楽天市場】

そこの「総合ランキングを見る」をクリックすると、当日の売れている商品のランキングが表示されます。

そこで表示されたランキングから選んでもいいのですが、さらにランキング市場の中で興味のある商品のジャンルを検索すると、そのジャンルのランキングが表示されます。

「ナッツ」という特定の食品ジャンルで検索をしてもいいですし、より細かいキーワードの「アーモンド」でも検索可能です。商品名だと各販売店の中で売れているものが表示されます。

また「ジャンル一覧」から興味のあるカテゴリーを選ぶことも出来ます。

そしてさらに「期間別ランキング」というものがあり、週間、月間、年間のランキングを確認することができます。

私のおすすめは月間ランキングです。細かいジャンルまで絞ると週間までということもあります。

基本的に悪評が高い商品が定期的に売れ続けることはありません。一方で長期的に売れ続けている商品といのは失敗が少ないと考えれられます。特に飲料水のようなたくさん消費する消耗品は参考になります。

当日(デイリー)のランキングだと、テレビで紹介された商品や新商品が強い傾向があるので、バランスの良い月間ランキングがおすすめです。

また他のショップ(amazonやヤフーショッピング等)の方が明らかにお得な場合も、楽天の人気商品ランキングの上位になりにくい傾向があります。

最近のネットショッピングは簡単に他者との比較が出来るので、楽天のランキング上位にいる商品は他のショップも含めてお買い得な可能性が高いというこです。amazonの方が圧倒的に安ければ楽天のランキング上位にはなりません。

だからこそ、楽天のランキング上位の商品はお買い得な可能性が高くなります。

そして送料を含めての最安値のショップが上位にランクインするので、楽天内の他のショップと比較する手間も省けます。楽天は送料込みの最安値を探すのが面倒なのでおすすめです。

人気商品ランキングは、他の人達がお買い得な商品を見極めた情報を参考にできるということです。

特に持ち運ぶのが大変なかさばる消耗品(水、お米、おむつなど)を選ぶ時は、とても便利な機能だと思います。いくつかの商品で悩んでいる方は参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

まとめ

楽天のランキング上位の商品の全てが良いとは言いきれませんが、長期的に売れ続けている商品というのは、匿名性の高いネットのレビューでも高評価な可能性が高いです。

既に欲しい商品が決まっている場合は別ですが、漠然と商品ジャンルだけが決まっている場合は、長期的な売れ筋ランキングは参考になると思います。

特定の商品を購入する場合は、商品名や型番で検索をして、送料込みの最安値のショップを選べばOKです。

最近の消費者は賢いので、近所のスーパーやドラッグストアよりも高い商品がランキング上位にくることは少ないです。だからこそランキング上位にいる商品はお買い得な可能性が高いものです。

重たい商品(水やお米)に限って言えば、スーパーよりも価格が高くてもランキング上位にいることがありますが、やはり配達してもらうメリットがあるので、そこも含めて考えてみてください。

ただし、必要のない商品を買うことほど無駄なことはありませんので、あくまでもあなたが本当に欲しい商品だけを参考にしてください。何となくランキングを眺めていると、つい余計な商品まで欲しくなってしまうものです。

やはりランキング市場の検索窓に、気になる商品のジャンルを打ち込むのが一番だと思います。

【楽天ランキング市場】

上手に他の方の意見(売れ筋商品)を参考にしてほしいと思います。

追記

楽天ランキングの目次ページから探すのも便利なので追記しておきます。

かなり細かく分かれているので目的のジャンルが見つかると思います。

【楽天ランキング目次一覧】

こちら目次ページでは性別や年代も絞ってランキングにすることも可能です。さらに都道府県別のランキングもあるので参考にしてみてください。冬物の洋服などは地域別によって結構違うものです。

洋服や靴は男女で分けると便利です。さらに年代や地域によって好みに差があるので、上手に活用してほしいと思います。


down

コメントする