節約はレジャー!

現代に腕時計は必要?時間を確認する以外の役割を紹介

腕時計の必要性

ハンドルを握る手の腕時計皆さんは普段から腕時計を身につけているでしょうか?

腕時計が好きな方はいくつも持っているかも知れませんが、中には一つも持っていないという方もいると思います。

そもそも時間を確認するだけであれば携帯電話で事足りますし、街中に時計は溢れています。

ストップウォッチ機能やカレンダーなどは携帯電話の方が優れていますし、時間を確認するという機能だけに限って言えば腕時計の必要性はないのかも知れません。

また腕時計でも少なからず維持費(電池代や整備代)がかかります。節約という意味でも腕時計は必要はないと考える方もいると思います。

腕時計の必要性については、これといった正解があるわけではありませんが、腕時計の必要な人と、そうではない人の違いをしっかと理解し、上手に見極めてほしいと思います。

腕時計には意外な役割が含まれているものです。

【スポンサーリンク】

腕時計が必要な人

古い懐中時計腕時計とは、そもそも戦場の兵士が懐中時計を腕に巻き付けたことが始まりと言われています。

ライフルを構えて時間通りに計画を実行するには、射撃の構えを崩さずに時間を確認する必要がありました。そのような経緯もあり、ライフルの引き金を引く右手ではなく、左手に腕時計をするようになったと言われています。

一方で携帯電話の時計は懐中時計の役割と似ています。取り出すという一手間がいるので、何かの作業中にすんなりと時間を確認する人には腕時計が必要だと考えられます。

と言いましても、屋外で移動しながら時間を確認しなければならない状況というのは、現代では早々あるものではありません。屋内なら掛け時計で事足ります。

現代人に腕時計が必要な状況というのは、腕時計をすることが社会人としてのマナーだと思っている人と接する時に必要です。用は腕時計はTPOとしての役割があります。

昔は腕時計が高級だったので、腕時計を身につけるということは一つのステータスだったのですが、現在では安価で売られているので、身だしなみのマナーの一つになっています。

不潔なロンゲの男性髪型は長すぎて邪魔にならなければ、どんな髪型でも仕事に支障はないはずですが、清潔感のない髪型やチャラい髪型では相手に信用してもらえません。

 

腕時計も似ています。

 

社会人の身だしなみの一つとして、腕時計を持つことが当然だと感じている人達が、特に年配の方を中心に少なからず存在します。

その人達に煙たがられない為に腕時計は必要です。現代の腕時計の役割はこれが一番だと思います。

この時にちょっといい腕時計をしていると、そこから話が膨らむこともあります。

腕時計が必要な人というのは、あくまでも時間を確認するという機能だけではなく、相手に信用してもらうためのアイテムとして必要だということです。

社会人としての清潔感や身だしなみという意味で腕時計は必要です。数年前からクールビズなどでスーツ姿からカジュアルよりになってきましたが、大事な商談をまとめる営業マンは、しっかりとスーツを着て相手に敬意を示しているものです。

オシャレとしての腕時計

変わった腕時計ファッションが好きな方にも腕時計は必要だと思います。

こちらは相手に認めてもらうために腕時計をするのではなく、あくまでも自己主張としてのアイテムです。

営業マンであれば豪華すぎる腕時計は嫌味になりますし、かといってプラスチックのようなチープな腕時計だと信用されませんが、腕時計がファッションの一部であれば、おもちゃの腕時計ですら有効なアイテムになります。

実際に一部の若い女性を中心に、ダイソーの100円腕時計が人気になったことがあるぐらいです。

また男性のファッションは女性に比べて光物が少ないので、腕時計は数少ない主張の強いアイテムになります。腕時計抜きで男性のオシャレは考えられないほどです。

腕時計が必要な人というのは、何も時間を確認する機能だけを求めているわけではありません。社会人としてのブランディング、またはオシャレアイテムとして機能しています。

腕時計が必要ない人

工場の作業員一方で腕時計が必要ない人というのは、初対面の方と接する機会が少ない人です。

工場勤務のように特定の方としか接しない環境の人は、基本的に必要ありません。むしろ作業の邪魔にすらなってしまいます。

そもそも相手に見極められる機会が少ないので、腕時計の時間の確認以外の役割が発揮されることはありません(スーツ姿での面接のときは腕時計をした方が良いです)。

ただし、出世して上司や取引先の方と接する機会が増えれば、やはり腕時計がある方が相手からの印象は良くなります。

金ピカの腕時計またプライベートでは自由です。合コンで男性が高級腕時計をしていれば、食いついてくる女性もいるでしょうが、食いついてこなくても自由なわけです。

これが仕事だと取引先に食いついてもらうためにも必要になりますが、プライベートでは相手にどう思われようと関係ありません。これは自分次第です。

あえて腕時計をしないことで、成金ファッションが嫌いな女性に好かれることになるかも知れません。オシャレとして腕時計をしたいのでなければ、特に必要はありません。

オシャレアイテムとしての腕時計に魅力を感じない人、または腕時計がTPOとして機能しない人には、腕時計は必要ありません。

【スポンサーリンク】

まとめ 自分次第

腕時計をするランナー基本的には移動しながら逐一時間を確認する人以外は、腕時計で時間を確認するという機能は必要ありません。

時間に追われる仕事をしている方やマラソンランナーでもない限り、機能としての腕時計は必要ありません。

ですが、腕時計の役割は時間を確認することだけではありません。相手の内面を見極める物差しになったり、逆に自分を主張するアイテムにもなります。

社会人がモヒカン頭で個性を主張しても誰にも受け入れてもらえませんが、腕時計は社会人のルールの中で許される数少ない主張出来るアイテムです

腕時計の必要性を感じていない方は、プライベートでは全くする必要はありませんが、仕事で様々な方と接する機会がある人は、身だしなみの一つとして腕時計は必要だと考えた方が良いかと思います。

シンプルな腕時計時間を確認すること以外の役割は、数千円の腕時計でも意味があるので、無難なデザインのシンプルな腕時計を一つは用意しておいた方が良いかと思います。

また猫背で携帯電話を見ている姿というのは、はたから見ると見栄えはよくありません。ちょっと時間を確認するだけであれば、やはり腕時計の方がスマートだと思います。

冠婚葬祭をイメージするとわかりやすいと思います。チラっと腕時計を見るのと、こっそり携帯電話を取り出してみるのでは、周りから見た印象は大きく違うと思います。

また高級腕時計だと維持費(定期的な分解整備、○万円)が高くなりますが、数千円の腕時計であれば電池交換も安く済むので節約効果も抜群です。

個人的におすすめなのは革ベルトのシンプルな腕時計です。革のベルトを交換することで腕時計の雰囲気を気軽に変えることができます。

たくさん腕時計を持つとそれだけ維持費が発生するので、一つ腕時計のベルトを交換する方が節約にとっても有効だと思います。

周りの環境によっては腕時計は必要ないのかも知れませんが、どこにでも身につけていけるシンプルな腕時計の一つぐらいは、持っておいて方が損にはならないと思います。

あなたの生活スタイルに合わせて、上手に腕時計を取り入れてみてください。もちろん全く必要がないと考えている人は、気にすることはありません。

追記

ホリエモンこと堀江貴文さんは全く腕時計をしないそうです。腕時計に限らず、高級なスーツや車なども所有していないそうです。

ホリエモンやイチローのような誰からでも認められている一部の天才は、どんなファッションでも圧倒的な存在感で相手に信用されるので、TPOなど意識しなくても通用するのだと思います。

どんな分野でも圧倒的な実力があれば、多少のことを目をつぶってもらえます。

ホリエモンがお葬式でスマホをいじっていても、「なんて失礼な奴なんだ!あいつとは仕事は出来ん!」ということにはならないと思います。

ですが、多くの一般人は飛び抜けた実力があるわけではないので、やはりマイナス評価を受ける要素は避けた方が良いかと思います。

必ずしも腕時計をもつ必要はありませんが、どんな洋服にも収まりやすいシンプルな針の腕時計の一つぐらいは、あった方が良いと感じています。

ホームセンターで2千円も出せばシンプルで上品な腕時計が見つかるものです。自慢の為の腕時計が悪いわけではありませんが、TPOとして違和感なく収まる腕時計があると安心だと思います。


down

コメントする