節約はレジャー!

「水曜どうでしょう」は憂鬱に効く!?カウンセラーが太鼓判

ローカル番組「水曜どうでしょう」

みなさんは「水曜どうでしょう」というテレビ番組をご覧になったことがあるでしょうか。

「水曜どうでしょう」は北海道のローカル番組ではあるのですが、全国的に人気を得ているお笑い旅(?)番組です。

なぜに節約サイトで「水曜どうでしょう」という番組を取り上げているのか言いますと、何とこの番組を観ると「カウンセリングと同じような効果がある」と本に書いている方がいたからです。

テレビ番組を観るだけでカウンセリングの効果があるのであれば、医療費を大幅に節約できる可能性があるということです。

また精神的に辛い状況や落ち込んだ時の処方箋となる可能性があります。

「そんなわけあるかい!」と思われるかも知れませんが、実は私も実際に体験していたことなので、その本を読んだ時は驚きと共に強く納得させられました。

人気の理由

佐々木玲仁さんという臨床心理士が書いた「結局、どうして面白いのか 水曜どうでしょうのしくみ」という本があります。

この本は少し難しい内容(専門的)になっているのですが、「水曜どうでしょう」という番組がいかにして多くの人を惹きつけるかを分析しています。

演者の大泉洋さんやミスターこと鈴井貴之さんが面白いことはもちろんなのですが、この番組独自の特徴としてスタッフの立ち位置について詳しく解説されています。

普通のテレビ番組ではスタッフ、ディレクターの声がのることは稀ですが、この番組に限っていえばガンガン支持が飛びます。さらに時々見切れて姿まで映し出されます。

現在ではディレクターやスタッフが表に出てくるテレビ番組が増えてきましたが、まさに「水曜どうでしょう」から変化していったと言われています。

これこそが「水曜どうでしょう」の特徴なのですが、さらにカメラマンの立ち位置についてまで深く、深く分析されていました。

このカメラマンの立ち位置こそが多くの人が惹きつけられる理由なんだそうです。よくしゃべるディレクター(藤村さん)ではなく、カメラマンの嬉野さんは、それほど会話には参加しません。

その彼の立ち位置が、視聴者の視点にとても近いのだそうです。

その視聴者(カメラマン)に対して、たまに出演者にちゃちゃを入れてこられると、見ているこちらもその場に居合わせているような臨場感を感じやすくなります。

「水道どうでしょう」は視聴者を孤独を感じさせない構造になっているわけです。

ガンガンしゃべるディレクターではなく、たまにぼそぼそとしゃべるカメラマンという存在が、他の番組には見られない唯一無二の「水曜どうでしょう」の特徴なのだと分析されていました。

カウンセリングの手法

カウンセリングをする医者著者が臨床心理士ということもあり、一般のうつ病患者に対するカウンセリングについての流れが解説されていました。

私なりにその本で感じたことを要約すると、カウンセリングとは「やる気」が出ない状態の人に対し、何かしらの小さな達成感を感じさせるように誘導し、少しずつ前に進む感覚を取り戻す作業なのだと思います。

うつ病の人に無理やり行動を促してもムリなので、そんなに苦にならないで簡単に出来ることを、カウンセラーがいっしょになって見つけてあげる作業が、いわゆるカウンセリングなのだと思います。

「水曜どうでしょう」という番組は、企画事にゴールがあり、そのゴールに向かって散々文句を言いながらも、少しずつ進んでいく工程を見せてくれます。

ゴールを達成したからと言っても、そこはあっさりと放送されて終わってしまいます。感動のフィナーレといった感じではなく、昔のジャッキーチェンの映画のように、中国のドラの音が「じゃ~ん」となって終了となることも多いです。

あくまでもゴールへ突き進む過程を見せてくれます。

そして、その過程も順風満帆にはいきません。様々な誘惑にかられてどんどん横道にそれていきます。時にはズルをしたり、ゴールを諦めたりもします。それでも文句を言いながら毎回一応はゴールを目指します。

ゴールテープを切る女性このダラダラと横道にそれながらもゴールを目指すという工程が、まさにカウンセリングの手法と似通っているのだそうです。

やる気に満ちている方は一気にゴールを目指すことが出来ますが、うつ状態の人に正攻法でゴールを促しても失敗に終わってしまいます。

なので必ずしもゴールを達成しなければならないわけではありません。とりあえず文句を言いながらも、その場から少しでも前に進むきっかけを探す作業がカウンセリングです。

だからこそ落ち込んでいる人、元気がない人が、「水曜どうでしょう」を見ると心地良く感じるのだそうです。そして視聴者の気持ちを投影させやすいカメラマンの立ち位置が絶妙であり、視聴者も一緒に旅をしている(行動をしている)という臨場感が得られやすいわけです。

うつ病の人が目標に向かって一直線に頑張っている人(スポーツマンなど)を見ると、現在の自分と比較して深く落ち込んでしまうのですが、しょうもないゴールに向かって文句を言いながら立ち止まったり、諦めたり、横道にそれながらも進んでいる姿を見ると、受け入れやすいということです。

これが「水曜どうでしょう」を観ているだけで、カウンセリングの効果があるということのようです。

私の体験談

そもそも私が「結局、どうして面白いのか 水曜どうでしょうのしくみ」という本を読もうと思ったきっかけは、私が離婚直後に一心不乱に「水曜どうでしょう」を観ていた期間があったからです。

少し恥ずかしい話なのですが、私は離婚をして愛する子供と離れることになり、絶望していました。何を食べても美味しく感じませんでしたし、なんだか世の中の色が薄くなったような気がしていました。

半年ぐらいそのようなどん底の気分を味わっていました。

落ち込む男性仕事をしている時はまだいいのですが、自宅で一人でいると寂しさと不安に押しつぶされる日々を過ごしていました。

考え事をすると後悔ばかりが頭に浮かぶので、とりあえずテレビをつけてはみるのですが、どの番組を観ても楽しくありませんでした。

バラエティー番組などうるさくて不快なぐらいでした。

そんな状態の時に「水曜どうでしょう」をたまたま観て、思わず笑ってしまった自分に自分でも驚きました

「あれ?テレビを見て笑ったなんてどれぐらいぶりだろう・・・」

それから「水曜どうでしょう」のことが気になるようになり、知り合いに「水曜どうでしょう」が大好きな人がいたことを思い出して、DVDを貸してもらいました。知り合いに連絡をしたのも久しぶりだったと思います。

そしてそのDVDを毎晩のように見続けていました。とりあえず「水曜どうでしょう」を観ている間だけは、孤独感から逃れられたわけです。

そんな経験もあり「水曜どうでしょう」のことが好きになっていたので、この本のタイトルを見た時にピンときて、即購入してしまいました。

そして読んでみると、まさに自分が辛かった時期に支えられた理由が明確になり、改めて「水曜どうでしょう」の凄さに気づかされた次第です。

まさかカメラマンのうれしーに自分の姿を投影し、いっしょに旅に参加して小さな達成感を得ていたとは思いもしませんでしたが。

まとめ 水どうは味方!

今回は「結局、どうして面白いのか 水曜どうでしょうのしくみ」という本をおすすめするというよりは、元気がない方に「水曜どうでしょう」という番組をおすすめしたいと思います。

もちろん番組のファンの方は、本も読んでみてください。改めて彼らの凄さを感じられると思います。

現在落ち込んでいる方で「水曜どうでしょう」を観たことがない方は、是非ご覧になってみてください。地域によっては再放送されているかも知れません。

とても不思議な空気感に包まれている番組なので、「元気がない」「なんだかつまらない」「やる気がでない」「とにかく辛い」と感じている方の心に、「水曜どうでしょう」は優しく(?)寄り添ってくれると思います。

もちろんお医者さんに「うつ病」だと診断されている方は、お医者さんの指示に従ってください。「水曜どうでしょう」を観るだけでうつ病が完治すると言いたいわけではありません。

あくまでも私の体験と本の内容を合わせて、元気のない方におすすめということです。

ちなみに名物スタッフのディレクターとカメラマンも本を出版しています。そちらのタイトルが「悩むだけ損!」です。

「水曜どうでしょう」の空気感を作り上げているのが感じられる内容になっています。

こちらは「続・悩むだけ損!」「続々・悩むだけ損!」もあるので、番組のファンの方は楽しめると思います。

辛い時、元気がない時、憂鬱な時は、全うな正攻法では上手くいかないことがあるものです。

「元気がないなら肉を食え!」と言えるのは、元気な人だからです。落ち込んでいる状態の人が「肉を食べて元気になろう」とはなかなか思えないものです。

「水曜どうでしょう」は、そんな状態の方の味方になってくれると思います。

 

また不安の多くは時間が解決します。

 

不安のほとんどが「取り越し苦労」です。何かしらの対策を行って解決するとは限りません。そもそも明確な解決策がないから不安なわけです。手っ取り早い解決策が見つかるのであれば、誰も苦労しません。どうしようもないから悩んで不安になってしまいます。

不安な状況を改善させる為には、ある程度の時間が必要です。

過去に不安を乗り越えた時のことを思い出してみてください。多くは何かしらの解決策を発見したのではなく、ただただ時間が過ぎ「なんてことなかった」という事があったはずです。

その不安な時間の過ごし方が重要なのだと思います

過去の私のように悶々と後悔や考え事ばかりをしていると、ますます辛さや不安感が増してしまいますが、何か別の対象(仕事や趣味)に意識を向けていれば、少なくてもその間は苦しまなくて済みます。

私にとっての都合の良い時間の過ごし方が、たまたま「水曜どうでしょう」を観ることでした。

もちろん全ての方に「水曜どうでしょう」が当てはまるとは思いませんが、あなたなりの辛さを忘れられる時間の過ごし方(趣味、仕事等)を見つけてほしいと思います。

これと言った趣味がみつからない方は、一度「水曜どうでしょう」をご覧になってみてください。

「水曜どうでしょう」を味方(武器?)につけると、冒頭の「ちゃぁ~~~~ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ、ちゃららら~~」という気の抜けたメロディーを聞くだけで、すごく安心するものですよ。

down

コメントする