節約はレジャー!

「水曜どうでしょう」は憂鬱に効く!?カウンセラーが太鼓判

ローカル番組「水曜どうでしょう」

みなさんは「水曜どうでしょう」というテレビ番組をご覧になったことがあるでしょうか。

「水曜どうでしょう」は北海道のローカル番組ではあるのですが、全国的に人気を得ているお笑い旅(?)番組です。

なぜに節約テクニックを紹介しているブログで「水曜どうでしょう」という番組を取り上げているのか言いますと、何とこの番組を観ると「カウンセリングと同じような効果がある」と紹介している本があったからです。

テレビ番組を観るだけでカウンセリングの効果があるのであれば、医療費を大幅に節約できる可能性があるということです。

また精神的に辛い状況や落ち込んだ時の処方箋となる可能性があります。

「そんなわけあるかい!」と思われるかも知れませんが、実は私も偶然にもこの効果を体験していたので、その本を読んだ時は驚きと共に強く納得させられました。

水曜どうでしょうが人気の理由

佐々木玲仁さんという臨床心理士が書いた「結局、どうして面白いのか 水曜どうでしょうのしくみ」という本があります。

この本は少し難しい内容(専門的)になっているのですが、「水曜どうでしょう」という番組がいかにして多くの人を惹きつけるかを分析しています。

演者の大泉洋さんやミスターこと鈴井貴之さんが面白い事はもちろんなのですが、この番組独自の特徴としてスタッフの立ち位置について詳しく解説されています。

普通のテレビ番組ではスタッフ、ディレクターの声がのることは稀ですが、この番組に限っていえばガンガン支持が飛びます。さらに時々見切れて姿まで映し出されます。

現在ではディレクターやスタッフが表に出てくるテレビ番組が増えてきましたが、まさに「水曜どうでしょう」から変化していったと言われています。

これこそが「水曜どうでしょう」ならではの特徴なのですが、さらにカメラマンの立ち位置についてまで、深く深く分析されていました。

このカメラマンの立ち位置こそが、多くの人が惹きつけられる理由なんだそうです。よくしゃべるディレクター(藤村さん)ではなく、カメラマンの嬉野さんは、それほど会話には参加しません。

その彼の立ち位置が、視聴者の視点にとても近いのだそうです。

その視聴者(カメラマン)に対して、たまに出演者にちゃちゃを入れてこられると、見ているこちらもその場に居合わせているような臨場感を感じやすくなります。

この独特な構造によって「水曜どうでしょう」は視聴者が参加しているような感じになり、孤独を感じさせない特徴があるのだそうです。

ガンガンしゃべるディレクターではなく、たまにぼそぼそとしゃべるカメラマンという存在が、他の番組には見られない唯一無二の「水曜どうでしょう」の特徴であり、多くの視聴者が妙に惹きつけられてしまうわけです。

カウンセリングの手法

カウンセリングをする医者著者が臨床心理士ということもあり、一般のうつ病患者に対するカウンセリングについての流れが解説されていました。

私なりにその本で感じたことを要約すると、カウンセリングとは「やる気」が出ない状態の人に対し、何かしらの小さな達成感を感じさせるように誘導し、少しずつ前に進む感覚を取り戻す作業なんだそうです。

うつ病の人に無理やり行動を促してもムリですし、「頑張れ!」と応援する事ですれら負担になってしまうので、そんなに苦にならないで簡単に出来ることを、カウンセラーがいっしょになって見つけてあげる作業が、いわゆるカウンセリング作業です。

「水曜どうでしょう」という番組は、企画事にゴールがあり、そのゴールに向かって散々文句を言いながらも、少しずつ進んでいく工程を見せてくれます。

ゴールを達成したからと言っても、そこはあっさりと放送されて終わってしまいます。感動のフィナーレといった感じではなく、昔のジャッキーチェンの映画のように、中国のドラの音が「じゃ~ん」となって終了となることも多いです。

あくまでもゴールへ突き進む過程を見せてくれます。

そして、その道のりも順風満帆にはいきません。様々な誘惑にかられてどんどん横道にそれていきます。時にはズルをしたり、ゴールを諦めたりもします。それでも文句を言いながらも、毎回一応はゴールを目指します。

ゴールテープを切る女性このダラダラと横道にそれながらもゴールを目指すという工程が、まさにカウンセリングの手法と似通っているのだそうです。

やる気に満ちている人は気合いだけで一気にゴールを目指すことが出来ますが、うつ状態の人に正攻法でゴールを促しても失敗に終わってしまいます。

なので必ずしもゴールを達成しなければならないわけではありません。とりあえず文句を言いながらも、その場から少しでも前に進むきっかけを探す作業がカウンセリングです。

だからこそ落ち込んでいる人、元気がない人、憂鬱な状態の人が「水曜どうでしょう」を見ると心地良く感じるのだそうです。そして視聴者の気持ちを投影させやすいカメラマンの立ち位置が絶妙であり、視聴者も一緒に旅をしている(行動をしている)という臨場感が得られやすくなっています。

うつ病の人が目標に向かって一直線に頑張っている人(スポーツマンなど)を見ると、現在の自分と比較して深く落ち込んでしまうのですが、しょうもないゴールに向かって文句を言いながら立ち止まったり、諦めたり、横道にそれながらも進んでいる姿を見ると受け入れやすいくなります。

これが「水曜どうでしょう」を観ているだけで、カウンセリングの効果があるということのようでした。

あくまでも私なりの解釈なので、詳しく知りたい人は本を読んでみてください。

私の体験談

そもそも私が何故に「結局、どうして面白いのか 水曜どうでしょうのしくみ」という本を読んだのかというと、私が離婚直後に一心不乱に「水曜どうでしょう」を観ていた期間があったからです。

少し恥ずかしい話なのですが、私は離婚をして愛する子供と離れることになり、人生に絶望していました。何を食べても美味しく感じませんでしたし、なんだか世の中の色が薄くなったような気がしていました。

半年ぐらいそのようなどん底の世界の中にいました。

落ち込む男性仕事をしている時はまだ気が紛れていいのですが、自宅で一人でいると寂しさと不安に押しつぶされる日々を過ごしており、急に涙が溢れ出てきたり、嗚咽がこみあがる事も珍しくありませんでした。

少しでも考え事をすると後悔ばかりが頭に浮かぶので、とりあえず気を紛らわせようとテレビをつけてはみるのですが、どの番組を観ても楽しくありませんでした。

特にバラエティー番組などうるさくて不快なぐらいでした。大好きだったはずの「アメトーク」を見ても、芸人の笑い声に苛立ちを感じてしまうほどでした(現在は普通に楽しんで見られます)。

そんな状態の時に「水曜どうでしょう」をたまたま観ると、、思わず笑ってしまった事に自分でも驚いてしまいました

「あれ?テレビを見て笑ったなんてどれぐらいぶりだろう・・・」

と不思議に思い、どん底は抜けたのかとも思ったのですが、その他の番組を見てもまるで笑う事はありませんでした。

それから「水曜どうでしょう」のことが気になるようになり、知り合いに「水曜どうでしょう」が大好きな人がいたことを思い出し、DVDを貸してもらいました。誰かに連絡をしたのも久しぶりだったと思います。

そしてそのDVDを毎晩のように見続けていました。とりあえず「水曜どうでしょう」を観ている間だけは、孤独感から逃れられました。

そんな辛い時を乗り越える時に「水曜どうでしょう」がありがたかった事があったので、この本のタイトルを見た時にピンときて即購入してしまいました。

そして読んでみると、まさに自分が辛かった時期に支えられた理由が明確になり、改めて「水曜どうでしょう」の凄さに気づかされたというわけです。

まさかカメラマンのうれしーに自分の姿を投影し、いっしょに旅に参加して小さな達成感を得ていたとは思いもしませんでしたが、憂鬱な状態を助けてもらった事に感謝しています。

まとめ 水どうは寂しい時に強い味方!

今回は「結局、どうして面白いのか 水曜どうでしょうのしくみ」という本をおすすめするというよりは、元気がない人や憂鬱な人に「水曜どうでしょう」という番組をおすすめしたいと思います。

もちろん既に「水曜どうでしょう」のファンの人は、本も読んでみてください。改めて彼らの凄さを感じられると思います。

現在落ち込んでいて「水曜どうでしょう」という番組を一度も観たことがないという人は、是非機会を作ってご覧になってみてください。地域によっては再放送されているかも知れません。

とても不思議な空気感に包まれている番組なので、「元気がない」「なんだかつまらない」「やる気がでない」「とにかく辛い」と感じている人の心に、「水曜どうでしょう」は優しく(?)寄り添ってくれると思います。

もちろんお医者さんに「うつ病」だと診断されている人は、お医者さんの指示に従ってください。「水曜どうでしょう」を観るだけでうつ病が完治すると言いたいわけではありません。

あくまでも私の体験と本の内容を合わせて、元気のない人におすすめしたいという事です。

ちなみに名物スタッフのディレクターとカメラマンも本を出版しています。そちらのタイトルが「悩むだけ損!」です。

「水曜どうでしょう」の空気感を作り上げているのが感じられる内容になっており、こちらは「続・悩むだけ損!」「続々・悩むだけ損!」もあるので、番組のファンは楽しめると思います。

大泉洋さんは現在では全国放送で活躍しているので、目にする機会も多いと思いますが、やはり「水曜どうでしょう」でしか味わえない良さがあるので、ぜひ機会を作って味わってみてください。

辛い時、元気がない時、憂鬱な時というのは、全うな正攻法では上手くいかないことがあるものです。

「元気がないなら肉を食え!」と言えるのは、元気な人だからです。落ち込んでいる状態の人が「肉を食べて元気になろう」とはなかなか思えませんし、無理に食べても吐き出してしまいます。

鬱には適度な運動が身体に良いと分かっていても、「そうか!」と気持ちを切り替えて出来るものではありません。

「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」と気持ちを直ぐに切り替えられるなら苦労はしませんし、そのような人は鬱になりません。

「水曜どうでしょう」は、1人で憂鬱な状態で苦しんでいる人の強い味方になってくれると思います。

やる気が起きなくて寝転んでいても、彼らを共に旅をする事で不思議と元気を少し分けてもらえるはずです。

手を差し出して立ち上がらせてくれるわけではありませんが、いっしょになって寝転んで笑ってくれます。取りあえずこのままでも良いかと、その日を乗り越える事ができるはずです。

 

そもそも多くの不安というのは、時間が解決します。

 

不安の正体の大半は「取り越し苦労」です。何かしらの対策を行って解決するとは限りません。そもそも明確な解決策がないから不安なわけです。手っ取り早い解決策が見つかるのであれば誰も苦労しません。どうしようもないから悩んで不安になってしまいます。

不安な状況を改善させる為には、ある程度の時間が必要です。

過去に不安を乗り越えた時のことを思い出してみてください。多くは何かしらの解決策を発見したのではなく、ただただ時間が過ぎて「なんてことなかった」と「取り越し苦労」が解消されたからです。

自分ではどうしようもないからこそ悩むであり、自ら不安をどんどんと膨らませて苦しくなってしまいます。

だからこそ、その不安な時間の過ごし方が重要なのだと思います

過去の私のように悶々と後悔や考え事ばかりをしていると、ますます辛さや不安感が増してしまいますが、何か別の対象(仕事や趣味)に意識を向けていければ、少なくてもその間は苦しまなくて済み、時間も少しずつ流れていきます。

私にとってその都合の良い時間の過ごし方が、たまたま「水曜どうでしょう」を観ることでした。

特に寝る前には欠かさずに見ていました。良質な睡眠を取る為には寝る前にはテレビやスマホの明かりに触れない方が良いと言われていますが、

参考睡眠の質を上げるポイント!

少なくとも当時の私にとっては、「水曜どうでしょう」を眺めている事が、何よりも最適な睡眠導入法でした。

医学的に良質な睡眠を取る方法とは、程遠いのかも知れませんが、こればっかりは当人にしか分からない事です。小さな子供が大好きなぬいぐるみを抱いていないと眠れないように、絶大な安心感を手にする事ができました。

もちろん趣味が釣りの人なら、釣りのDVDを淡々と眺める事でも良いと思いますし、実際に釣りに出かけるのも良いと思います。

ただこれといってやりたい事が見つからない人であれば、「水曜どうでしょう」のような存在がある事を覚えておいてください。もし親友が憂鬱な状態になっているのであれば、無理やり遊びに連れ出すより、「水曜どうでしょう」のDVDをプレゼントするのも良いかも知れません。

もちろん全ての人に「水曜どうでしょう」が当てはまるとは思いませんが、自分なりの辛さを忘れられる時間の過ごし方(趣味、仕事等)を、日頃から見つけておくと、辛い時間を過ごす時の味方になってくれるのではないでしょうか。

逆に考えると、「水曜どうでしょう」が世の中の多くの人に受け入れられているのは、それだけ多くの人が孤独で苦しんでいるのかも知れませんね。

不思議と「水曜どうでしょう」という番組は、同じ放送を何度も見ていても楽しめてしまう魅力があるので、節約という意味でもコスパが良いかも知れません(無理やり節約にこぎつけました苦笑)。

「水曜どうでしょう」が味方になると、冒頭の「ちゃぁ~~~~ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ、ちゃらぁらら~~」という気の抜けたメロディーを聞くだけで、すごく安心するものですよ(笑)。

機会があれば、ぜひご賞味ください!程よい苦味と酸味と共に、優しく心を満たしてくれると思いますよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]