節約はレジャー!

献血で節約!?ジュースを貰えるだけではなかった!

人生初の献血

献血で貰った歯磨き粉とティッシュ少し前に人生で初めて献血を経験したのですが、意外な節約効果を実感しました。

献血を体験したことがある人であればわかると思うのですが、献血をすると大抵は何かしらのモノが貰えます。

モノは地域によって様々なようですが、ジュースやお茶は鉄板のようです、私は献血をする前に水分を取るようにとお茶を頂き、終わった後にもオレンジジュースと歯磨き粉とティッシュを頂きました。

そのようなモノのために献血をするのも節約の一つかも知れませんが、献血にはもっと重要なメリットがありました。

そこで今回は献血によるメリット、節約について紹介します。

【スポンサーリンク】

血液検査

献血バス献血のメリットというのは、後日送られてくる血液検査の結果です。

一般的な会社の健康診断での血液検査と大差がないぐらいの、かなり詳細な結果を教えてくれました。

私は数年前に健康診断での血液検査で肝臓がひっかかったことがあり、それから定期的に病院で血液検査をおこなうようになりました。

保険を適用しても毎回4000円近くの金額がかかりました。

その後、一年ぐらいかけて肝臓の数値は平常値に戻ったのですが、その後も様子見ということで半年に一度は自費で血液検査をしていました。

その数値が献血でもわかることに衝撃を受けました!

献血では医者の診断や治療は行えませんが、経過を確認する程度であれば十分に判断基準になると思います。

私は肝臓の数値のGOTを知りたかったのですが、そのほかにも

  • ALT(GPT)
  • r‐GTP
  • 総蛋白
  • アルブミン
  • アルブミン対グロブリン比
  • コレステロール
  • グルコアルブミン
  • 赤血球数
  • ヘモグロビン濃度
  • ヘマトクリット値
  • 平均赤血球容積
  • 平均赤血球ヘモグロビン量
  • 平均赤血球ヘモグロビン濃度
  • 白血球数
  • 血小板数

が献血でわかりました、もしかしたら地域によって内容は違うかも知れません。ちなみに、

検査結果は医療用検査と同等の方法により測定しました。

とハガキに書いてありました。

過去に何かしらの数値が高かったことがある人にとっては、確認用として献血は節約に使えるのではないでしょうか。

もちろん普通の方でも献血は健康診断として目安にはなると思います、会社勤めではない方や主婦の方にもおすすめです、実際に周りに主婦っぽい方が多かったです。

社会貢献

ハートをもったけんけつちゃんそして献血には本来の目的である社会貢献としての満足感も得られます。

誰かの役に立っていると思えるのは嬉しいものです、血液を採取する看護婦さんにも笑顔で対応してもらえます。

血液には期限があるそうで、短いものだと四日しか持たない成分もあるそうです、なので常に新鮮な血液をキープする必要があるのだそうです。

年末年始は特に血液が不足するそうなので、社会貢献や人助けに興味のある方は協力してあげてください。また身体を鍛えている方や体力に自信がある方も協力してほしいと思います。

献血のデメリット?

血液型別けんけつちゃん献血にはデメリットと言いますか、人によっては体調が悪くなることもあるようです。

誰かのために役に立つことは素晴らしいですが、それによってあなたの健康が損なわれてしまっては元も子もありません、節約どころか余計にお金がかかってしまいます。

特に初めての献血の場合は、体調には十分に気を使ってください。

現場でも色々説明をしてくれます、私も色々聞かれました、体調が優れないときや病み上がりは避けてください。

血液ドーピング?

輸血をする青年ちょっと変わった話なのですが、ボクサーの世界には血液ドーピングなるものがあるそうです。

試合の直前は減量で苦しんでいるので、身体の中を流れる血液の質も悪くなるのだそうです、そこで体重を落とす前の絶好調の頃の血液をあらかじめ冷凍保存しておき、体重測定の後にその血液を戻す方法があるそうです。

軽量の直前に血液を抜くことで一時的に体重を下げることも出来ますし、その後に元気だった頃の血液を戻すことで身体に元気がみなぎるそうです。

あくまでも自分の血液なので薬物反応は出ません。

減量、元気、ドーピングと三つものメリットがあるそうです。

少し古い本で紹介されていた方法なので、今でも通用するのかわかりませんが、元気な人の血液と弱っている人の血液では、やはり質に差があるのかも知れません。

そういう意味でも、やはり献血は体調がいい時に行うのがいいと思います、輸血をされる方にとっても質が良い血液の方がいいですよね。

【スポンサーリンク】

まとめ 献血のメリット

献血カード最後のボクサーの話は怪しくなってしまいましたが、献血も上手に使えば社会貢献になりながらも健康診断ができます。

おまけにジュースやお茶やお菓子なども貰えるので、健康に自身のある方や元気な方は検討してみてはいかがでしょうか。

献血でお金が貯まるわけではないので、節約という要素は少ないですが、メリットは少なからずあるということです。

一度献血をすると登録されてポイントカードのようなモノがもらえます、そのポイントでも景品が貰える仕組みになっているようです、私はまだ貯まっていないので詳しくはわかりませんが。

ネットで調べてみると「けんけつちゃん」というゆるキャラが人気のようなので、グッズを集めている方もいるようです、献血のポイントを貯めてグッズを入手し、ネットオークションで売れば節約になるかも・・・。

でも献血はある程度の期間(数ヶ月、献血量によって違う)をあけないと出来ないので、ポイントを貯めるには長期間かかるとは思います。

また献血の条件は地域によっても違うようなので、詳しく知りたい方はあなたの住んでいる地域、「○○+献血」で検索をしてみてください、日程や場所も詳しくわかると思います。

間接的にも誰かの命を救う手助けが出来ていると思えると嬉しいものです、今まで経験したことがない幸福感が得られました、これが献血の一番のメリットかも知れません。

追記

この記事を書いてからも献血は続けており、その後に気がついたことを紹介します。

まずは「歯磨き粉はいらない」です(笑)。

これは個人差がありますが、歯磨き粉の成分には相性や好みがあるので、合わないものを使うことはおすすめしません。

節約という意味ではありがたいのですが、相性が悪く虫歯や歯周病になってしまえば節約どころではありません。

肩を寄せ合うカップルそして「恋多き人」にも献血は向いていません、もう少し具体的に言うと、多くの人と交わる人には向いていません。

性病や血液の病気は性交を通して感染することが多いので、不特定多数の方と交わることが多い人は毎回申告をする必要があります。

この辺のプライバシーが気になる方には献血は向いていません。

そして私は前回の献血をした後に体調を崩しました、それほどひどいわけではなかったのですが、調子を取り戻すのに三日ほどかかりました。

体調を崩す前までは通常の献血だったのですが、その時はいつもの倍の量(400ml)の献血にチャレンジしました。

輸血される患者さんにとっても、たくさんの人の血液を輸血されるより、なるべく少ない人から輸血された方が負担が少ないのだそうです。

その話を前回に聞いていたので、倍の量の献血にチャレンジしてみたのですが、少し負担がかかったようです。

だからと言って今後の献血を止めようとは思いませんが、これからは献血の前の体調管理も含めて準備しようと思います、献血にチャレンジしようと思っている方は、食事や睡眠もバッチリで体調が良い時に献血をすることをおすすめします。


コメント

  • コンサドーレの歯磨き粉、私も貰いました(笑)
    全国で色々あるのでしょうね~

    by ボードガヤ €

down

コメントする