節約はレジャー!

やっぱりテレビの情報は嘘なんだと実感したこと。

テレビは視聴者の為ではない?

少し前に知り合いの美容師さんがテレビの取材を受けたとのことで、その放送を録画して見てみると驚きました。

何とオネエキャラに仕上げられていました。

その方には奥さんもいますし、いたって普通のイケメンなのですが、面白おかしくする為にそのようにキャラをお願いされたそうです。

それでも宣伝になるからと取材を受け入れたのですが、とても後悔していました。

これとは別に、数年前に近所のラーメン屋さんが夕方の情報番組に取り上げられたことがあります。

その放送を私は見ていないのですが、放送後に行列が出来て驚いたことを覚えています。

そのラーメン屋さんは、冷静に、客観的にみて美味しくありません(笑)。これは私だけの意見ではなく、多くの地元民の足が遠のいています。

それでも行列はしばらく続いていたことを覚えています。

半年ぐらい過ぎると行列も見られなくなったので久しぶりに行ってみると、安定の不味さが健在でした(笑)。

それからしばらくして人づてに聞いた話なのですが、お金を払うことでテレビの取材を受けることが出来るそうです。

【スポンサーリンク】

テレビはスポンサーの為

その人が言うには、テレビ番組の人気によって取材してもらう出演料が違うそうです。

その時は「へー」としか思わず、それでも中には本当に素晴らしいテレビ番組があると信じていました。

特に視聴率をあまり求めていないであろう経済関係のテレビ番組(子供や女性をターゲットにしていない)などは、本物なのだろうと思っていました。

ですが、最近YouTubeで情報を配信しているある社長さんが、凄いことを言っていました。

なんと経済関係のテレビ番組に出演しないかと営業が来たことがあるそうです。

そして私が人づてに聞いた通りに料金表があり、100万なら夕方の情報番組の特集、200万なら夜の経済ニュースの特集、1000万なら一時間の経済番組のメインといった感じで、ランク付けされていたのだそうです。

私は最近ではほとんどテレビを見なくなりましたが、昔はテレビ○京の夜に放送される「○ン○リ○宮殿」や「○イ○の夜明け」を良くみており、それぞれの会社のピンチや経営方針に感動していました。

そのYouTubeで情報を発信している社長さんが言うには、そのような有名番組の名前がたくさんあったそうです。

テレビは視聴者の為に存在しているのではなく、あくまでも番組政策に出資するスポンサーの為だけなのだと思い知らされました。

これらは当たり前のことではあるのですが、その根が私が思っていたよりも深いことに驚きました

真実を言えないテレビ

ネットが大頭してきたとはいえ、まだまだテレビほど多くの国民に普及しているメディアはありません。圧倒的に影響を与えるメディアです。

スポンサーだけではなく、政府にとって不都合な情報が遮断されることは、よくあることです。

原発や東電を悪く言うことはできませんし、もし生放送で言ってしまうとテレビ業界から追放されてしまうそうです。

数年前、中国で日本に対するデモが盛んだった頃、難しいニュースをわかりやすく解説することで有名なキャスターが、

「成熟している日本ではこのようなデモが起きません」

と我が物顔で言っていたのですが、ネットでは日本人大学生が中国大使館の前でデモを行っていた画像が上げられていました。

その事はテレビや新聞では全く報道されませんでした。何かしらの力が働いたことは安易に想像できます。

中国ではネット上も監視されているので、そういう意味では日本の方が成熟しているのかも知れませんが、ネットに疎い高齢者や情報収集がテレビだけの方だと、特定のフィルターを通した情報にしか触れることが出来ません。

多くの方が「テレビの情報には嘘が含まれていることは理解している」と思われているでしょうが、想像以上に根が深いことを覚えておいてほしいと思います。

【スポンサーリンク】

自分で選択する重要性

テレビ以上にネット上には嘘の情報が蔓延していますが、だからこそ自分でその情報を判断し、選択する重要性が増してきているように感じます。

以前紹介した家電批評という雑誌のように、

参考家電批評が優れていて面白い!

一部の媒体は広告に頼ることなく、大手メーカーだろうが人気商品だろうが辛辣に批評をしてくれていますが、そのような媒体は決して多くありません。

またそのような雑誌に広告を掲載する会社も少ないので、結果的に雑誌の価格も高い傾向があります。多くの人の目に触れられないものです。

以前無料のリスクについて詳しく解説されている本も紹介したのですが、

参考無料のリスクが学べるフリー経済入門

このような知識を得た上で、テレビや雑誌の情報に触れると、それらの情報に込められている真実が見えるようになるのではないでしょうか。

色々な手品の種を知っている人と、全く知らない素人が見る手品では、注目するポイントは全く違います。

種があることを前提とした手品であれば楽しいショーですが、もしそれが奇跡の演出として利用されると、人はいとも簡単に騙されてしまいます。

何事も疑えと言いたいのではありません。ただ情報をそのまま受けいれるのではなく、その発信している側の立場を考えられるようになると、より情報の質が高まるということです。

よくテレビを見る方も、そのような適切な距離を保って接してほしいと思います。

もちろん全てのテレビ番組が嘘で塗り固められていると言いたいわけではありません、そう信じたいものです。


down

コメントする