節約はレジャー!

メンタリストdaigoと意見が違う!という指摘を受けた件

メンタリストdaigoの意見は正しい?

少し前に当ブログのある記事に対して、問い合わせがありました。

問い合わせ内容を簡単に要約すると、

「メンタリストdaigoが、こんな風に言っているから、お前の意見は間違えだ!適当な事を書くな!」

といった感じです。

このような指摘をするのは自由ですが、その根拠となっている要素が、

「メンタリストdaigoが言っていたから!」

というところに驚きました。

おそらく問い合わせをしてきた人にとって、メンタリストdaigoさんの意見は絶対なのでしょう。

メンタリストdaigoさんに限ったことではありませんが、誰かの意見を妄信してしまうことにリスクがあります。

数年前に見たテレビでロシアの健康志向の強いお金持ちを中心に、日本食がブームになっていると紹介されていたのですが、現地の日本食のお店の一番人気のメニューが、なんと、

「天ぷらうどん」

でした。

確かに日本食ではありますが、少なくとも日本人には「天ぷらうどん」が健康に良いイメージはないと思います。

野菜たっぷりかき揚げがのった天ぷら蕎麦ならまだ良いとは思うのですが、そのロシアのお店では「エビの天ぷらうどん」でした。

「日本食=ヘルシー」

のような意見を何も疑うことなく受け入れてしまうと、このような結果になるのかも知れません。

その内に背脂たっぷりのギトギトのラーメンやかつ丼も、日本食だから健康に良いとか言われるようになるのかも知れません。

和食の多くは油を使わずに調理(煮る、蒸すなど)するので、フライパンに油をひいて調理することが多い中華や洋食よりもヘルシーな傾向があるのですが、流石に天ぷらは当てはまりません。うどんも糖質の塊です。

他にも煮物系には砂糖やみりんがたっぷりと使われる事がありますし、日本食だからといって健康に良いとは限らないものです。

こんな事は少し考えれば誰でもわかることですが、妄信していると気がつけないのかも知れません。

自分のフィルターを通そう!

私自身もメンタリストdaigoさんの本を何冊か読んでいますし、科学的な根拠やデーターを元に解説してくれるので、とてもわかりやすくて素晴らしい情報だと思います。

実際に多くの人の参考になると思います。

だからといって、その意見が全ての人に当てはまるわけではありません。

一般的によくある科学的な根拠の例として、

「□□大学が行った調査によると、○○をした学生は、○○をしていない学生と比べて、△△が12%向上した」

のようなものがあるとします。

ある事をした学生が12%向上したといっても、全ての学生が12%向上したのではなく、あくまでも平均値です。20%向上した学生もいれば、2%しか向上しなかった学生もいたかも知れません。

他にもその実験を行った学生のうちの割合で、「6割の学生が向上した」というケースだと、逆に言えば4割の学生には効果がなかったということでもあります。

効果がない方に自分が当てはまっても不思議ではありません。

コーヒーに含まれているカフェインによる覚醒作用は有名ですが、これだって全ての人に当てはまるわけではありません。

毎日コーヒーを5杯飲まないと眠くなる人もいれば、たった1杯でも眠れなくなるという人がいます。耐性が出来て効き目が弱くなってくる人もいるでしょう。

「毎日コーヒーを3杯以上飲んでいる人は、脳梗塞になりにくい」

といった調査結果があったとしても、全ての人に当てはまるわけではないとうことです。

もちろん参考にするのは良いのですが、あくまでも自分のフィルターに通してから判断しなければなりません。

カフェインはコーヒーだけに含まれているわけではないので、頻繁に緑茶や紅茶を飲む人であれば、同じような効果があるかも知れませんし、多くの栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。

コーヒーといってもブラックで飲む人もいれば、糖分や油分たっぷりの甘い缶コーヒーを飲む人もいます。

甘い缶コーヒーを3本も飲んでしまうと、カフェイン以外の成分で問題になるかも知れません。

自分のフィルターに通すことなく鵜吞みにしてしまうと、このようなリスクがあります。

メンタリストdaigoでも疑ってみよう

メンタリストdaigoさんに恨みがあるわけでもないですし、どちらかと言えば好きな方なのですが、あえて疑う視点を持つことも大切です。

ある動画で腹筋を鍛えるアブローラーというグッズに科学的な証明がないと紹介していたそうなのですが、実際にアブローラーでバキバキの腹筋になった人の反論動画がありました。

私も友達の家にあった腹筋ローラーを使用したことがあるのですが、強烈に腹筋が刺激されて翌日にとんでもない筋肉痛になったことがあります。

メンタリストdaigoさんが引用した研究そのものが間違っているのかも知れませんし、研究や検証の方法が間違っていたのかも知れません。

別にメンタリストdaigoさんの意見が間違っていると言いたいわけではないのですが、自分のフィルターや体験を軽視してしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまうかも知れないということです。

もちろんこれはメンタリストdaigoさんにだけ当てはまる事ではありません。あらゆる情報に対して当てはまります。

「酒は百薬の長」といったものが当てはまる人もいるかも知れませんし、アルコールを受け付けない人には毒でしかないように、あくまでも自分でしか判断できない事があります。

私もメンタリストdaigoさんの本や動画をありがたく参考にさせてもらっていますが、あくまでも自分で判断することを忘れないでください

まとめ 科学的な根拠も変わる

科学の進歩で根拠が変わることは珍しくありません。現在の物理学では説明できない事はたくさんありますし、前提となっている物理学に問題があるケースだって考えられます。

私はメンタリストdaigoさんが眼鏡をかけていた頃の古い本も持っていますが、当時の意見と現在の意見で違うところがあるものです。

最新の研究ほど参考にするべきなのかも知れませんが、それだって数年経つと間違いだったということになるかも知れません。

少し前までは擦り傷が出来ると消毒して絆創膏などを張るのが一般的でしたが、現在は消毒液が傷を修復する免疫細胞まで弱めてしまうことがわかったので、擦り傷に挟まっているかも知れない異物を水で流すだけが良いとされています。消毒しない方が傷跡も綺麗になるのだそうです。

昔の人の「唾をつけておけば治る」も意外と悪くなかったのかも知れません。

そもそも何かしらの研究をする時というのは、理由はわからないけど効果を実感している人がいるからです。

先に何かしらの効果や成果があり、その理由を調べる為に研究するのが本来の流れのはずです。

個人の人が発見した素晴らしいことでも、科学者が研究してくれないと科学的な根拠とはなりません。

だからといって、間違っているとも限らないわけです。

逆に科学的な根拠があったとしても、自社の製品の有効性を高める為に都合の良い結果だけを公表するケースも考えられます。

保険会社の目的は、いかに不安を煽って加入する人を増やすかということなので、関連する研究機関は滅多にないケースの不安を過剰にアピールしてくるものです。

都会の一等地にある保険会社の巨大なビルや、高額な報酬を受け取る保険外交員の給料は、全て生命保険が支払われなかった人達のお金で成り立っています。

だからこそ、しっかりと自分のフィルターを通して判断をする必要があります。不安にとらわれてしまうと必要のない保険にまで加入してしまうかも知れません。

専門家が言っているからと、何も考えずに鵜吞みにしてしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまうかも知れないので気をつけてほしいと思います。

これは節約にも当てはまる事なのですが、お得な価格だったからと、それほど必要のないモノまで購入して、無駄に消費してしまっている人が多いものです。

普通のサイズの100円のポテトチップスの横に、大きなサイズのポテトチップスがセールで120円になっていると、ついついそちらに手が伸びてしまうものですが、余計に20円を支払って食べ過ぎになってしまうだけかも知れません。

お得な価格につられて不要な物や量を選んでしまうわぬよう、気をつけてほしいと思います。

メンタリストdaigoさんの意見は最新の研究を元に紹介している事が多いので、参考にする対象としては素晴らしいと思いますが、それらの意見だって必ずしも正しいとは限らないということです。

あくまでも自分の体感を大切にしてください。

科学的な証明がされているものでも、合わないものは合いません。

汁物が多い日本食を食べている日本人とハンバーガーのアメリカ人では、身体が必要とする栄養や水分量が違っても不思議ではないはずです。

アメリカの大学の研究結果が、気温も湿度も人種も食文化も違う日本人に当てはまるとは限りませんし、全く逆の結果になるかも知れません。

私が指摘された記事の内容も、私個人の体験を元に紹介しているものなので、科学的な証明があるわけではないのですが、中には私と同じように効果がある人がいるかも知れません。

科学的な根拠が乏しい磁気ネックレスやパワーストーンのようなものでも、手放せなくなるほど抜群に効く人がいるものです。

「そんなものはプラシーボ効果だ!」と片付けてしまう人もいるのですが、プラシーボ効果でも本人が効果を感じているなら目的を果たしています。

お守りのご利益などにも科学的根拠はありませんが、信じている人にとっては心のよりどころとして機能するので、実際に気持ちが落ち着いてリラックスし、ベストパフォーマンスを発揮しやすくなる事があります。

科学的な根拠を求める事が悪いわけではないのですが、そこだけに執着してしまうと企業や研究機関にとって都合の良い根拠に振り回されてしまうかも知れません。

そのような情報ばかりに囚われて意外と遠回りしている人が多いので、自分の体験や体感も大切にしてほしいと思います。

追記

ある事を思い出したので追記します。

20年ぐらい前に図書館で借りた本の中に、とても気になる情報がありました。誰が書いたかもタイトルも覚えていないのですが、外国の科学者の本を翻訳したものです。

うる覚えで申し訳ないのですが、その中に

「癌は血液を浄化するシステムだ!」

というものがありました。血液が癌細胞の中を通ると綺麗になるという説です。

癌が出来るのは綺麗な血液が必要な箇所であり、手術で癌を取り除いてしまうと近くに同じような癌ができ、これが転移するメカニズムだという内容でした。

この仮説は現在でも主流にはなっていないので、科学的な証明はされていないのですが、もしかしたら今後に証明されるかも知れません。

血圧が高くなる人というのは、血圧を上げないと身体の隅々まで血液が届けられなくなったからです。

運動不足による筋肉量の低下で血流が悪くなったのか、食事のバランスや水分が不足して血液がドロドロになっているのか、ストレスに対抗するためなのか、何かしらの理由があって血圧を上げる必要があります。

それを無理やり薬で下げてしまうと、血圧が上がってしまった何かしらの理由を改善することが出来ません。

もちろん血圧が危険水域に達しているのであれば、無理やりにでも薬で下げた方が良いのですが、それだけでは問題は解決しません。一生のみ続けることになってしまいます。

風邪による発熱も同じです。身体の免疫システムを活性化する為にあえて体温を上げているのであり、それを無理やり薬で下げてしまうと、免疫システムが有効に働かなくなり、回復が遅くなってしまいます。

風邪の症状を抑える咳止め薬なども同様です。病原菌やウイルスを効率よく排出するための生体反応を薬で抑えてしまうと、回復が遅くなってしまいます。

こちらも脳の損傷を与えるリスクのある高熱になっていたり、生活に支障が出るレベルの咳や鼻水が出ているのであれば、お医者さんの管理の元に薬でコントロールする必要がありますが、ちょっとした微熱で薬を飲んでしまうと風邪が長引いてしまうものです。

稀に手術でも取れない癌が奇跡的に消えて治るケースがありますが、もしかしたら生活習慣を改めることで血液が綺麗になり、癌の必要性がなくなって消滅したのかも知れません。

科学的な根拠が悪いわけでもありませんし、軽視しろと言いたいわけではありませんが、科学的に証明されていないからといって、必ずしも効果がないということではありません。

アメリカの軍隊でも東洋医学の鍼灸(ツボ)が取り入れられています。現在の科学では証明できないことでも、多くの人が効果を実感するものは珍しくありません。

参考にするべき対象として最新の研究結果は素晴らしい選択肢ではありますが、だからといって自分の体感を無視するような事はしない方が良いのではないでしょうか。

亡くなった私の祖父も長年腰痛に悩まされており、名医がいることで有名な病院で外科手術を受けたのですが、腰痛は改善しませんでした。

背骨の軟骨がつぶれて飛び出て神経を刺激していることが腰痛の原因だということで、軟骨を取り除く手術を受けたのですが、その後何年経っても痛みは消えませんでした。

その祖父が近所の鍼灸院で針をうってもらうと、二週間ぐらい痛みが消えるとのことで亡くなるまで通っていました。

もしかしたら腰痛の原因が、軟骨が飛び出たこととは関係なかったのかも知れません。

科学的な検査や証明が悪いわけではありませんが、多くの人に有効な方法だとしても自分にも効果があるとは限りません。

やはり自分で判断するしかないので、自分の体感を大切にしてほしいと思います。

もちろんメンタリストdaigoさんの意見を参考にするのが悪いのではありません。ただ鵜吞みにするのではなく、しっかりと自分のフィルターを通して判断するようにしましょう。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]