節約はレジャー!

視力回復トレーニングで眼鏡代の節約!?無料で試してみよう

視力は回復する?

視力を矯正する為の費用はバカになりません。コンタクトレンズは毎日のメンテナンスが必要ですし、使い捨ては定期的に購入する必要があります。

また眼鏡も数年置きに視力に合わせて買い替える必要があります。眼鏡代を節約するのであればフレームはそのままにレンズだけを交換すればいいのですが、なるべくなら視力矯正をすることなく裸眼で暮らせるのが理想です。

目と歯が健康な人というのは、それだけで人生で何百万円もの費用を節約できると言われています。

とはいえ、誰もが簡単に健康的な視力や歯を維持できるものではありませんが、だからといって諦めてしまうのも、少しもったいないと感じています。

視力検査をする女のこ実は私の視力は半年前まで0.3だったのですが、少し前の健康診断では0.7に向上していました。

これには理由があります。

いわゆる「視力回復トレーニング」を色々試していました。

「視力が回復する人は一時的に弱っていただけ」という意見もあるのですが、私の視力が0.3になったのは20年ほど前であり、ここ半年ほどで0.7まで向上してくれたことに自分でも驚いてしまいました。

視力回復トレーニングを行ったきっかけは、単純に目に疲労を感じやすくなってきたからです。加齢に伴う老化で疲れを感じることが増えてきて、目の疲れを癒すための方法について調べていると、視力回復トレーニングなるものが、たくさんあることを知りました。

参考目の疲れを癒すポイント!

正直に言うと私は視力が回復することを望んでいたのではなく、凝り固まった目の周りの筋肉をほぐしたり、疲れを癒す目的で行っていたのですが、視力回復トレーニングの言葉の通りに、実際に視力が回復していて驚いてしまいました

全ての人の視力が向上するとは限りませんが、もしかしたら私と同じように短期間で視力が回復する人がいるかも知れません。

そこで今回は無料で行える視力回復トレーニングを紹介します。上手くいけば眼鏡やコンタクトレンズを手放せるかも知れません。

1 YouTube

動画サイトのYouTubeには、様々な視力回復トレーニングの動画が公開されています。

【YouTube】視力回復トレーニング

あまりにも数が多いので、どれが正解とも言えないのですが、ポイントはなるべく大きな画面にして視力回復トレーニングの動画を観ることです。スマホで見るのであれば、横にして画面を大きくしてください。

この動画は私のお気に入りで良く見ていたものです。必ずしもこれが良いという意味ではなく、私には相性が良かったと感じています。

相性の良い視力回復トレーニングを見つけたら、チャンネル登録をするなり、ブックマークやお気に入りなどで、何度もトレーニングできるようにしましょう。

相性の良さを判断するのも難しいのですが、ほどよく目に疲労感を感じるものがおすすめです。いわゆるパソコンやスマホと長時間向き合った時に感じる疲労感とは違います。普段使っていない眼球周りの筋肉を動かすと、目がしばしばするような疲労感ではなく、脳が疲れるような感じになります。

普段あまり使われない筋肉の使い方をするので、実際にトレーニング直後から視界がスッキリするような事もあるので、自分なりに相性が良いものを見つけてみてください。

2 スマホアプリ

スマホをする外人女性スマホの無料アプリの中にも、たくさん視力回復トレーニングのアプリが存在しています。

動体視力を鍛えるアプリや近視や老眼向けなど様々なアプリを無料で試す事が出来ます

それぞれ特徴があるので、自分の目の状態に合わせて選んでみてください。

数十年前に「マジカルアイ」という視力が良くなる本が流行した事があるのですが、こちらもアプリで同様のものがありました。

わざわざ本を購入しなくてもスマホアプリで無料で試す事が可能です。

また「ガボールアイ」という視力が良くなるトレーニング方法があるのですが、こちらは逆でアプリから人気になり、書籍化されました。

当然アプリで無料で試す事が出来るので、凄くおすすめです。

アプリの中には有料のものもありますが、大抵は無料のコースが用意されているので、相性を見極める事ができます。

書籍の方が発光しないので目に優しいといった事もあるのですが、それこそ相性が悪いと視力が良くなる事につながらないので、まずは無料の動画やアプリから試してみるのがおすすめです。

3 ピンホール眼鏡

100円ショップのピンホール眼鏡ピンホール効果とは目を細めた時に視力が向上するように、光の加減をコントロール(減らす)ことでピントが合わせやすくなることです。

昔はテレホンカードの穴から覗くと視力が良くなると言われていたのですが、ピンホール眼鏡をかけると同様の効果があります。

こちらは無料ではありませんが、100円ショップにも売られているほどメジャーなモノなので、一度試してみる価値があると思います。

不要な伊達眼鏡でもあれば黒い紙でも貼って自作する事も出来ると思います。

ピンホール眼鏡では視力が上がらないという意見もあるのですが、実際に試してみると、目の筋肉を普段以上に使っていると感じられるはずです。

視力の衰えというのは、単純に近視になったという事だけでなく、ピンとを合わせる筋力の衰えが関係している事も多いので、このようなグッズでトレーニングする事で機能が回復(正常に戻る)する可能性があります。

4 眼精疲労

視力は一日の中でも変化するので、疲労によっても大きく左右します。なので眼精疲労を回復させる事も視力回復につながります。

一般的に眼精疲労を回復する方法というと、目を温めるグッズだったり、マッサージを受けたり、目薬をさすといった事が思い浮かぶと思いますが、基本的に眼精疲労というのは目の使い過ぎが問題なので、しばらく「目を休ませる」事が重要なポイントになります

目を上下左右に動かしたり、グルグルと回したりするストレッチなども有効なのですが、単純に1分ぐらい「目をつぶる」だけでも疲労回復効果が期待できます。

これはNHKのガッテンで紹介されていたのですが、目をつぶる時に手のひらを擦り合わせて温めてから目元を優しく覆うだけで、かなりの疲労回復効果が認められていました。

目が疲れたと感じたら、直ぐにこの方法を取り入れる事で目を酷使する事を避けられるので、視力回復といったものにつながる可能性があります。

視力は回復する!と信じる力も重要

注射を持っている看護婦さん私は20年ほど前に通っていた眼科の看護婦さんに、

「視力は絶対に良くならないから、これ以上に悪くならないように正しい眼鏡をつくることが大切です」

と教わりました。

「絶対に」という言葉が凄く印象的だったので、何も疑わずにずっと信じていたのですが、たまたまテレビで放送していた疲れ目を回復するトレーニングをその場で試してみると、今まで目に感じたことのない疲労感があり、その後に視力が上がったように感じました。

それから気になって様々な視力回復トレーニングを試してみたところ、約半年ほどで0.3から0.7に向上したわけです。

視力は一日に中でも変化するので、そもそもずっと0.3でなかったのかも知れませんが、最近は日常生活で眼鏡をかけなくても全く問題なく暮らせるようになってきました。

以前は決まった席からテレビを観る時に必ず眼鏡をかけていたのですが、最近はテレビを見終わった後に眼鏡をしていなかったことに自分で驚いてしまいました。

現在では車の運転以外では眼鏡をかけていません。次の免許の更新では裸眼で試してみようと思います。もし眼鏡から完全に解放されれば、今後の人生の眼鏡代の節約効果が絶大です。

脳内のイメージ少し前まで人間の脳の神経回路は、若い頃をピークに減少していく一方だと考えられていたのですが、現在では何歳になっても脳内に新しい神経回路が構築されることが分かってきました。

筋力といったものも何歳になっても鍛えられる事が分かってきましたし、視力を決めるのも目の周りの筋肉の動きなので、改善する余地があっても不思議ではないのかも知れません。

私は眼科の看護婦さんに「絶対に視力は良くならない!」と言われていたので、長年試してみる事すらなかったのですが、いくら専門家の意見とはいえ、当時の常識と現在の常識では違うかも知れません。

何も疑いもせずに諦めていた自分がもったいなかったなと感じています。

誰もが簡単に視力が回復するとは限りませんが、もしかしたら私と同じように良くなる人がいるかも知れませんし、もっと短期間で効果がある人もいるかも知れません。

諦めていると行動にうつせないので、まずは視力が回復する可能性があると信じてみてください。無料で試せる時代なので、試さない方がもったいないのではないでしょうか。

行動にうつすようになると、今まで見えなかった視界の距離を集中して観るようになります。

この距離ならどうだ、もう少し近づけばどうだ、と自分の視力の限界を見極めるようになります。この基準が出来ると昨日よりも視力が良い、悪いなど視力の違いを意識出来るようになります

ギリギリ焦点を合わせられるピントを探ることは、視力回復トレーニングそのものです。行動にうつさないとギリギリの焦点をキープしようなどとは思いません。無意識では目の筋肉が疲れないように楽にピントが合うポイントしか見なくなります。

これは怠けるようなことなので、この状態で眼鏡やコンタクトで視力を矯正してしまうと、回復する必要性すらなくなってしまうわけです。

時間帯や体調や疲れ具合によって視力が変わるという当たり前の事を無視して、諦めてしまうと回復する余地までつぶしてしまうかも知れません。

これは凄くもったいない事なので、今回紹介した無料で試せる視力回復トレーニングを、ぜひ実践してほしいと思います。

おまけ 私なりの視力回復トレーニング

ぼやけたセクシー画像最後に私なりに考えた視力回復トレーニングを紹介します。

それは自分の興味のある対象を、ピントがギリギリ合わない距離で見つめる方法です。

大好きな人や俳優やアイドルのセクシー写真ほど有効だと思います。心の底から観たいと思う対象ほど集中力が発揮されます

「何が何でも見たい!」と思えば思うほど、脳がフル回転して目の周りの筋肉をコントロールしてくれるわけです。

獲物を探す狩人の目は凄まじい力を発揮していたはずです。獲物が見つからなければ生死に関わることなので、全神経を研ぎ澄ませて視界の能力を高めていたはずです。

アフリカの部族の人の視力が高いのは有名な話ですが、それこそ生活に必要がだからこそ磨かれた能力であり、必然性があったからなのではないでしょうか。

現在の日本のように近場を見るだけで済む生活をしていると、身体もそこに相応しい状態に適応してしまうので、デスクワークで近くに固定されている時間が長い人ほど、その状態が楽な筋肉になってしまいます。

だからこそ、自分の視力でギリギリ捉えられない箇所に興味が沸く対象を置くと、脳が何とか観ようと頑張ってくれるので、視力が向上する可能性があると感じています

狩人のように生死(食欲)に関わるほどの集中力を引き出すのは難しいですが、大好きな異性の写真のようなものであれば、性欲を利用して生命力を引き出す事になるのでおすすめです。

人間の能力というのは凄いもので、立食パーティーなどで様々な人が話している中でも、目の前の人の声だけを的確に聞き取って判断できてしまうものです。

賞味期限が切れた食品の匂いを嗅いで判断する時なども、嗅覚を研ぎ澄ませる事ができてしまいます。

皮膚感覚といったものも、学生時代に背中に「スキ」とか「バカ」が書かれるときに、目をつぶって神経を研ぎ澄ませる事ができたはずです。

おそらく視力といったものも、瞬間的に研ぎ澄ませる事で認知能力が上がるような事があるのだと思います。急激に視力が良くなるとは言いませんが、ぼやけていても脳内で明確な映像として捉える能力が上がるかも知れません。

その状態を繰り返していくことで、少しずつ目の周りの筋肉が動きやすくなったり、スムーズにコントロールできるようになるのではないでしょうか。

あくまでも私が考えなので、科学的な根拠などありませんが、是非一度試してみてください。ぼやけている写真がグッと見える瞬間を感じてほしいと思います。

まとめ 回復して当然と確信しよう!

今回紹介した視力回復トレーニングをまとめると、

  1. YouTube動画
  2. 無料アプリ
  3. ピンホール眼鏡
  4. 疲労回復
  5. 興味のある写真

の5つです。どれでも気軽に試すことが出来るので、是非チャレンジしてみてください。

「科学的に視力は回復しない」と信じていると、回復するものも回復しません。

目の周りの筋肉が楽な状態に合わせて眼鏡やコンタクトレンズを作る事になるので、鍛えられる機会が失われてしまいます。

科学的に不可能だと思われていた事でも、身体が適応して乗り越えてきたようなケースは珍しくありません。

参考科学的な根拠でも妄信すると危険

声帯が失われた人は医学的には発声できないはずですが、自分の声を発したいと強く願って努力してきた人が、食道をコントロールして発声できるようになったケースすらあります。

科学的な根拠が間違いなのではなく、現代科学では解明できていない事がたくさんありますし、それこそ視力だと実際に回復した人がたくさんいるので、信じてみる価値があるのではないでしょうか。

プラシーボ効果という思い込みによる安心感で免疫力が向上して改善してしまう作用がありますが、実はこれは逆にも働きます(ノーシーボ効果)。

このプラシーボ効果の要素があまりにも大きいので、新薬の開発時には治験者に何に効く薬なのか避けた上で検査されるほどです。

何も効果のない薬(小麦粉のような丸薬)をテレビで名医と呼ばれる立派な先生が自信満々に処方すると、その先生を信頼している患者に希望の光がともり、プラシーボ効果(自己免疫力向上による回復)で劇的に改善する可能性がありますが、一方で悪い評判のある怪しい医者から処方されると、何も効かないどころか、マイナスの効果を引き出してしまうこともあります。

科学的に効果が認められている薬でも、患者が不安を感じていたり、活きる希望がないと想定していた効果が出ない事があるわけです。

これが信じる力が重要な理由です。

アントシアニンのサプリメントは目に良いと言われているのですが、これも心から信じて飲む人とそうではない人では、アントシアニンの成分以外の要素で効果に差が出る可能性があります。

視力の回復についても様々な意見があるのですが、半年前の私のように偏見を持っているとチャレンジすらしなくなりますし、向上したとしても気づきもしません。

これは凄くもったいない事ですし、せっかくのチャンスをつぶす事になってしまうので、本気で視力を回復させたい人は、絶対に良くなると信じて試してほしいと思います。

「どうせもう年だから歩けない」

と信じてしまうと、ますます歩かなくなって足の筋力も衰えてしまいますが、

「何歳になっても筋肉がつくんだ!」

と信じられると、積極的に歩くようになり、実際に筋力がついていくような事です。

そもそも人は目が疲れると自然と目頭を刺激するものですが、これは東洋医学のツボの位置と一致しています。

背中や肩や首が痛くなると誰もが自然と背伸びをして血行を良くするように、身体は不具合が出ると改善する方法を知っています。

東洋のツボといったものも科学的に解明されているわけではありませんが、最近では米軍の治療でも耳つぼシールが使われるぐらい効果が認められています。

何故に効くのか科学的には分かっていなくても、効果そのものは認められているので、米軍ですら取り入れられているわけです。

視力が良くなる方法というのも、科学的なメカニズムが解明されているわけではないのですが、多くの人の体験談を元に良い物が普及しているので、自分と相性が良いトレーニングを見つけられると、実際に改善する可能性があるのではないでしょうか。

正しいか正しくないかよりも、相性が良ければ儲けものなので、今回紹介した無料の方法からぜひ試してみてください。

多くは普段あまり動かさない目の周辺の筋肉を刺激することになるので、例え視力が劇的に回復しなくても、目にとって悪いことではありません。少なくとも視力の衰えを防ぐ効果は期待できます。

目の周辺の筋肉の影響は視力だけではなく、動く対象を素早くとらえる能力やピントを合わせる能力、奥行きを感じる能力、視界の広さなどにも影響します。眼鏡やコンタクトを手放せない人にとっても、視力回復トレーニングには意味があります。

ただし、やり過ぎにだけは注意してください。普段意識してあまり動かさない筋肉だけに、初めは慣れる必要があります。アプリでは時間制限がある場合も多いので、それらはしっかりと守ってくださいね。

コメント

  • 僕は極度の近視でずっと分厚い眼鏡をかけていましたが、中学に入ってから様々なトレーニングを行うと裸眼(0.2)でもなんとか暮らせるようにまで回復しました。医者からはかなり珍しいケースだと言われましたが誰にでも可能性はあると思います。個人的には風池というツボを押すのがおすすめです。

    by 栄口 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]