節約はレジャー!

趣味の蕎麦打ちがプロの蕎麦屋を超えるのは珍しくないのかも知れない

蕎麦打ちが美味しくなる理由

先日、趣味が蕎麦打ちだという男性から手打ち蕎麦をご馳走になる機会がありました。

その蕎麦がとんでもなく美味しくて驚愕してしまい、

「今すぐお店を出せるレベルじゃないですか!」

と言うと、

「いやいや、趣味の方がお店より美味しいのは当たり前だよ」

という意外な返答がありました。

その理由を要約すると、お店はコストの問題で制限しなければならない要素があるからなのだそうです。一方で趣味の手打ち蕎麦だと原価率や手間を考える必要がなく、タイミングも自由なので理想的な蕎麦が出来上がりやすいとのことでした。

同じ事をプロの蕎麦屋が行おうとすると、お客さんに時間指定で予約してもらう必要があり、原価率も回転も悪くなるので、価格を何倍にもしないと成り立たないのだそうです。

蕎麦つゆも含めて贅沢なものを使用しているようで、彼が作ってくれた手打ち蕎麦の材料費は軽く2000円を超えていました。さらに手間暇もかけているので、お店で提供するとなると5000円ぐらいの価格でないと成り立たないのだそうです。

その説明を受けて感動してしまい、とても贅沢な体験をさせてもらいました。

この話を聞いて思いだしたのが、地元にある蕎麦屋でとんでもなく美味しい蕎麦を食べた時のことです。

安定した品質=良品、とは限らない

14時頃に8人でその蕎麦屋に行ったのですが、お昼用の蕎麦が数人分しか残っていないとのことで、今から蕎麦を打つと40分ぐらい待つと告げられました。

その事に了承して一時間後ぐらいに蕎麦がきたのですが、それがとんでもなく美味しくて皆で驚いてしまいました。

私は蕎麦好きなので、そのお店にも何度か行ったことがあったのですが、明らかにダントツで美味しい蕎麦だったことを覚えています。

参考粋な蕎麦の食べ方など気にする必要はない

その理由を私なりに考え、新蕎麦が美味しい時期なのかと思い、その後に一人で何度か通ってみたのですが、その時ほどの美味しい蕎麦ではありませんでした。

お昼過ぎで一時間近く待たされたこともあり、単純にお腹が減っていたから美味しかったのだと結論付けていたのですが、もしかしたら打ち立ての蕎麦で他のお客さんもいない時間帯で、ベストなタイミングで仕上げられたのかも知れないと考えを改めました。

そこで今度は開店時間の11時に合わせて行ってみたのですが、やはりたくさんの蕎麦を仕込んでいるせいか、あの時ほどの美味しさは感じられませんでした。

お店側も注文が入ってから蕎麦を打つとなると効率が悪すぎるので仕方がないのですが、理想的なタイミングで蕎麦を食べられる機会というのは、意外なほど少ないのかも知れません。

技術のあるプロの料理人といっても、何から何まで理想的な食材やタイミングを選べるわけではありませんし、効率や価格の事を考えると妥協しなければならない要素があるのは致し方ありません。

むしろ妥協しながらも80点ぐらいの完成度を出せるのがプロの凄さであり、制約がなければ90点を超えることなど難しくないのかも知れません。

獺祭という名の人気の日本酒があるのですが、獺祭は昔ながらの酒蔵で杜氏が作る製法ではなく、大量生産が可能な工場で最新の技術で作られています。

名の知れた多くの酒蔵では杜氏による伝統的な製法でつくられるので、季節が限られて天候の影響を受けやすく、生産量も限られるので高価になり、品質も安定しないので年によって当たり外れがあるのですが、獺祭は徹底的なIT技術によって支えられているので、通年を通して安定した高品質な酒を提供し続けています。

あまりの人気でプレミアム価格がついてしまっているのですが、定価は有名な酒蔵のものよりも安くなっています。

日本酒の品評会に出す酒は昔ながらの酒蔵だと市販品(80点)とは違う丁寧な製法(95点)で作られることが多いので、市販品のまま出しているの獺祭(88点)の方が低評価になることがあるのですが、お酒の違いが判る人はこぞって獺祭を選ぶわけです(点数は私の主観)。

お酒は趣味で作るわけにはいきませんが、様々な制約があるプロの点数を超えることはあり得ない話ではありません。

蕎麦打ちも気温や湿度の影響を受けやすく当たりはずれが多い世界なので、多くの蕎麦屋では品質を安定させる為に手打ち蕎麦ではなく、機械打ちで80点ぐらいに妥協して調節しているのかも知れません。

一方で趣味で行うものだと、ネックになる人件費という制約がなくなるので、技術と手間暇さえかけられるのであれば、90点を超えることが珍しくないのかも知れません。

例えば車のワックスがけです。同じ時間内であれば、プロが専用の道具を使って効率よくワックスをかけた方が綺麗な仕上がりになりますが、趣味で丸一日使ってワックスをかけた方が、細かなところまで丁寧に仕上げられるようなことです。

もちろん初めてワックスをかけるような知識も技術がない初心者だと難しいかも知れませんが、少し勉強して時間をかけることが出来れば、プロのレベルを超えることがあるということです。

プロに車を磨いてもらう費用が一万円だとしても、ワックスの原価は1000円にも満たないかも知れません。もちろん業者から大量に仕入れられるので、一般の人が同じワックスを手に入れるとなると2000円ぐらいするかも知れませんが、より高品質な3000円のワックスを購入して自分で行った方が、より良い出来になる可能性があります。

趣味の蕎麦打ちも同じです。一般的な蕎麦屋よりも高価な蕎麦粉を選べるので、手間暇や技術次第でプロを超える事は珍しくないのかも知れません。これは節約にも当てはまることです。

まとめ 趣味や節約は贅沢

効率や利益を考えなければならないプロの世界というのは、様々な制約の中でベストなものを提供してくれますが、趣味であればその制約の壁を超えることは珍しくないのかも知れません。

数年前に成田空港にある蕎麦屋に入ると、味はいたって普通なのに価格が高くて驚いたことがあります。プロは人件費だけでなく立地や家賃なども加味しなければなりません。国際空港となると英語を話せるスタッフも雇う必要があるのかも知れません。

簡単に趣味でプロを超えられるとは言いませんが、技術や知識や経験次第では可能な事もあるはずです。時間をかけることが惜しくなく楽しめるものであれば、結構な確率で90点台に到達できるのではないでしょうか。

当ブログでは純セレブスピーカーなるものについて何度も紹介してきたのですが、

参考純セレブスピーカー

手作りしやすいダンボールのスピーカーボックスだからこそ、自分好みの音に簡単に近づけることが出来るので、何十倍もの価格のプロのスピーカーを超えることがあるのだと感じています。

時間をかけて楽しめる趣味というのは、とても贅沢な体験なのかも知れません。

これは節約にも当てはまることです。家計を管理する為の手段として節約を取り入れるのであれば、時間をかけて効率が落ちてしまうと失敗になりますが、節約そのものを楽しむことが出来ると、時間効率が悪くても無駄ではありません。むしろ贅沢なことです。

電車代を節約する為に一駅歩くとなると時間が失われてしまいますが、ウォーキングや街歩きが楽しい人にとっては贅沢な楽しい時間になるようなことです。

生活が苦しくてイヤイヤ行う節約というのは悲壮感が漂うものですが、節約そのものを趣味に昇華することができると、お金に余裕があっても日々の節約を無理なく楽しむことができます。

何かしらの目的を達成する為に節約をしてお金を貯めている方というのは、缶ジュースを1本我慢する度に目的達成に近づいている実感が得られるので、我慢した苦しさよりも喜びが上回っているものです

効率を考えずに時間も手間も掛けられる趣味が贅沢で質も高くなるように、節約も効率を考えずに行うことが悪いわけではありません。

しばしば節約に時間をかけて効率が悪くなることをバカにする人がいるのですが、バカにする人にとっては苦痛に感じる節約だとしても、当人が苦痛を感じているとは限りません

料理が苦手な人が自炊で節約するとなると苦痛が伴いますが、料理が好きな人にとっては快感の方が上回ります。全く同じ自炊という行為でも、ストレスが貯まる人もいればストレスが発散される人もいます。

世の中には様々な節約方法がありますが、苦痛が伴う節約だと長続きせずにリバウンド(浪費、ヤケ買い)してしまうので気をつけてください。

一方で楽しみを感じられる節約方法が見つかると、どんどん節約が加速していきます。苦手な物を克服するのが悪いわけではありませんが、得意分野を伸ばして貯めたお金で苦手な要素を減らしていくと、ストレスも減って人生が好転していくものです。

料理が苦手な人が無理に自炊しても長続きせずにストレスを感じてしまうので、お弁当や外食費を安く抑える節約方法の方が相性が良いようなことです。

ポイントカードやクーポン券やクレジットカード(のポイント)が有効かも知れませんし、カップラーメンや冷凍食品を安くまとめ買いすることが有効かも知れません。趣味が人それぞれ違うように節約にも相性があるので、しっかりと自分と向き合って見極める必要があります。

もしかしたら自炊がイヤなのではなく、お皿洗いなどの片付けがイヤなのかも知れません。それなら食洗器を導入することがベストになるかも知れないようなことです。

節約でも蕎麦打ちのようにプロのレベルを超えられることがあるかも知れません。ファイナンシャルプランナーが提案する節約方法が全ての人に当てはまるわけではありませんし、中途半端に投資アドバイザーの意見を取り入れてしまうと余計なリスクまで背負うことになってしまいます(経験あり)。

投資で食べていけるのならアドバイザーになる必要はありません。競馬の予想が当たるなら予想師をやる必要などないはずです。むしろオッズが下がって不利になるだけです。

プロの意見が必ずしも優れているとは限りません。参考にするのは構いませんが、自分との相性を見極めずに鵜吞みにしてしまうと火傷してしまうので気をつけてください。

節約も趣味のように自分と相性の良い方法を見つけることがポイントなので、しっかりと自分の生活と向き合ってほしいと思います。

プロの蕎麦を超えた趣味の手打ち蕎麦と出合えたおかげで、改めて趣味の贅沢さと素晴らしさを感じる出来事となりました。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]