節約はレジャー!

節約のリスク!目的がないとお金以外を失います

節約のリスク?

説明をする女性今回は私が当サイトで何度も「節約を楽しもう」「レジャーにしましょう」と口を酸っぱくしている理由を、改めて説明しようと思います。

 

なぜなら節約にはリスクが伴うからです。

 

節約によるリスクをしっかりと理解した上で、一つ上の節約を行ってほしいと思います。今回は「お金を節約する」という行為を、角度を変えて紹介します。

【スポンサーリンク】

時間貯金箱

古い重箱昔々、あるところに時間を貯めておくことが出来る不思議な貯金箱がありました。

その時間貯金箱を手に入れたある男は、せっせと時間を貯めるようになります。

仕事のない休日は丸ごと時間貯金をし、日々の休憩時間や隙間時間も徹底的に時間貯金をしました。

遊ぶ時間を削り、睡眠時間まで削って必死で時間を貯めました。

ある時、別の男が尋ねました。

「何の為に時間を貯めているんだい?」

「そりゃあ将来のためさ、ゆっくりと安心して暮らしたいからね」

そして誰よりも早く定年を迎えたその男性は、ついに時間を貯めることをやめます。

「これからはたっぷりの時間を使って何をしようか」

そう考えた男の頭には何も思い浮かびませんでした。家庭や趣味を全く持たずに過ごした男は何をしていいかわかりません。仕事以外の知識はまるでありませんでした。

仕事の仲間はまだ仕事を続けており、誰も時間を持て余してなどいません。

男はその時に気づきました。若い頃の時間と老後の時間は同じではないということを。

 

この話の正体がわかりますかね。

 

お金の本質は時間ということです。

危険な節約

時間の貯金箱は現実的ではありませんが、仕事人間なら想像できると思います。ひたすら仕事だけに没頭してきた人生というのは、老後にぽっかりと穴が開いてしまうことがあります。

割れたハートのチョコ仕事以外の人付き合いをせず、家族を大切にしてこなかった仕事人間は熟年離婚ということもあります。

もちろん仕事を頑張ることは悪いことではありませんし、楽しんで仕事をしていた人はたくさんの知り合い、友達がいるでしょう。

 

節約も少し似ています

 

ホームレス節約だけが目的になってしまうと極端なことになってしまい、身なりを気にせず人目を気にせず節約ばかりになってしまいます。

確かにお金は残りますが、周りの人は残っていません。

節約の先を考えておかないと、節約だけが目的になってしまいます。

節約をする目的は人それぞれ違うので何でも構いませんが、節約そのものを目的にはしないでください。時間貯金箱のようになってしまいます。

これが節約のリスクです。

節約をレジャーに

人差し指を立てる男性節約をする目的が明確になると、節約はそれほど苦しいものではなくなります。

目的が曖昧だと我慢しながら節約、仕方がなく節約、貧乏だから節約、とネガティブになるのですが、目的があると「○○のために節約」とポジティブに捉えられるようになります。

ポジティブな節約は苦しくありません。むしろ楽しみになります。

旅行費用でもマイカー購入でも養育費でも何でも構いません。目的が明確になると自動的に期間が設定されるのでゴールまでの道筋が明確になります。

いつまでなのか、毎月どれくらい節約をすればいいのか、具体的な数字も見えてきます。節約すべきポイントと、そうではないポイントが見極められるようになります。

大切な家族を労う為の家族旅行の費用を貯める為の節約であれば、日ごろから家族をないがしろにして関係が悪くなってしまえば、誰も旅行についてこないかも知れないので、家族サービスの時間やお金を削ってまで節約しようとは考えないはずです。

一方で試食の梅干し節約そのものが目的になってしまうと、見境が無くなってしまいます。

極端な例だと人目も憚らず試食をしたり、公園の水で洗車をしたり、トイレットペーパーを持ち帰ったりするようなことです。

下手をすれば犯罪になることもあります。目的のない節約にはリスクがあるということです。

【スポンサーリンク】

節約の目的

何のために節約をしているのか、今一度意識することで節約をする意味を見極められるようになります。

またゴールが見えると楽しくなるものです。

苦しいランナーマラソンランナーはゴールまでの距離を初めから意識すると続かないそうです。辛くなってきたら「次の電柱まで頑張ろう、あの曲がり角までは走ろう」と目の前に目標を定めるそうです。

もしこれが「まだ半分も来てないのか~」と考えてしまうと、モチベーションが低下してリタイアしてしまうかも知れません。

収入は人それぞれなので、具体的な数字を定めるのは難しいですが、意味もなく漠然と「一億円貯める」ようなことではなく、「○○のために○○円貯める」と達成できそうな目標を設定すると、行動(日々の節約)につながりやすくなります。

これといった目標を持たずに節約をしていると、缶コーヒーを我慢して節約しても「120円貯まった」としか感じられませんが、しっかりとした目標がある人は缶コーヒーを我慢するたびに、目標に近づいていることを実感することができます。

目標を達成した時にだけ喜びが感じられるのではなく、日々の小さな節約をする度に喜びを感じられるようになるということです。

これが節約を楽しく続けられる人の特徴です。目標金額が貯まる前から喜びを感じています

若い女の子が初めて出来た大好きな彼氏との初デートの前というのは、洋服を選んでいる時からドキドキ感を味わっています。

デートで彼と直接触れ合っている時にだけ、ドキドキするのではありません。

デートの日取りが決まった(目標が設定された)時から、心地の良いドキドキ感を味わっています。

デートが一週間後であればダイエットをするかも知れませんし、美容室の予約を入れるかも知れません。

これといった目標がないダイエットは辛いだけですが、デート前の彼女のダイエットの辛さは、むしろ心地よさを感じられるものです。痛くて辛いはずの筋肉痛が、気持ちよく感じられます。

また濃い味付けの高カロリーの太りやすい料理よりも、薄味でヘルシーな料理を好むようになります。今までは苦痛でしかなかった苦味や酸味が、ダイエットにつながっていると感じられるようになるからです。

 

これが目標を設定することの大切さです。

 

節約も目標が曖昧なままだと、ただの辛いダイエットのようになってしまいますが、しっかりとした目標が設定されていると、筋肉痛が気持ちよく感じるように、節約した自分が誇らしく感じられるようになります。

日々の小さな節約をする度に達成感が得られるので、目標に到達する前から楽しさを感じています。

一方で節約そのものが目的になってしまっている方というのは、彼氏に気に行ってもらえる為のダイエットではなく、ダイエットそのものに取りつかれているような状態です。

健康を害してまでダイエットをしている人が、魅力的にうつるわけがありません。

しばしばガリガリの女性を見かけることがありますが、そのようなスタイルの女性を好きな男性はホントに少数派です。一方でぽっちゃりしている方がいいという男性は少なくありません。

大好きな彼氏の為と思って行っていたダイエット(節約)のはずが、むしろ彼氏の為になっていないこともあるということです。

節約にだけ取りつかれてしまうと、このようなリスクがあるので気をつけてください。何の為に節約を行っているのか、しっかりと確認してほしいと思います。


down

コメントする