節約はレジャー!

超おすすめの速読本!宇都出雅巳の「高速大量回転」

数ある速読本のテクニック

当サイトでは過去に簡単な速読法について紹介したことがあるのですが、

参考本を読むスピードをアップさせて時間の節約

ここで紹介した速読のテクニックというのは、過去にいくつかの速読本を読んで実践してみた経験から、私なりの解釈を交えたものでした。

これが間違っているというわけではないのですが、より根本的に速読の本質について書かれている本がありました。

それは宇都出雅巳さんの「どんな本でも大量の読める『速読』の本」です。

 

「速読とはこういうことか!」

 

と凄く納得させられました。この本に書かれているテクニック(考え方)を意識して本を読むようになると、実際に大量の本を読めるようになったのでおすすめしたいと思います。

【スポンサーリンク】

宇都出雅巳さん流「速読術」

「どんな本でも大量の読める『速読』の本」の著者である宇都出雅巳さんが、数々の速読本を読み、速読セミナーに参加され、それらを実践されることで到達した結論が衝撃的でした。

それはchapter1で語られている「内容を知っているから速く読める」と言うことです。

当たり前のことですが、これは多くの方の盲点になっていることではないでしょうか。

自分の興味のある本、事前に知識が蓄えられているジャンルの本は、誰でも速く読むことができます。

一方で知らないジャンルの本を読むスピードは落ちてしまいます。しかもしっかりと読んだところで理解できるとは限りません。

私は中学時代の同級生が准教授になって論文を発表したというのを聞き、それを取り寄せて読んだことがあるのですが、まったく理解できなかった経験があります。

もちろん日本語なので読むことができるのですが、どうやら宇宙に関する内容らしく、初めて見るカタカナ言葉が溢れており、全て読んだところで全く理解できませんでした。

これは一度も厨房に入ったことがないような男性が、料理本を読んでも全く理解ができないようなことです。

宇宙の論文のように文章としては読むことができますが、例えば「短冊切り」という切り方がどのような形になるのかイメージができないと、内容を理解することができないようなことです。

これは誰でも同じです。

自分の知らない知識はイメージすることが出来ないので、しっかりと丁寧に読んだとしても理解できないということです。

巷に出回っている様々な速読テクニックで速く読むことができたとしても、内容が理解できないので知識として身に付きません。

この解決策として宇都出雅巳さんが提案している方法がとてもユニークでした。それは「高速大量回転」という速読法です。

高速大量回転とは

「高速大量回転」とは、意味がわからなくても気にせずにどんどん読み進める方法です。

いちいち「短冊切りってどんな形だったかな?」と考えるのではなく、理解できなくても読み進めることでベースとなる知識が蓄えられ、次に読んだときに自然と理解できるようになるようなことです。

なので同じ本を何度も読み返すことをおすすめしています。

2時間かけてゆっくりと読み進めるよりも、素早く30分で2回読んだ方が内容が入ってくるようなことです。

実際に私が「高速大量回転」を実践してみると、読み始めたときに理解できなかった単語や文章が、何度も読むことで自然とイメージできるようになっていて驚きました。

ゆっくりと難しい本を読み終えると達成感が得られるものですが、だからといって内容を深く理解できているとは限りません。序盤に読んだ内容など薄れていくものです。

一方で「高速大量回転」だと、初めは「短冊切り」がイメージできなくても、その先に「千切り」や「みじん切り」など知っている知識が出てくることで、少なくても千切りとは違うとイメージできるようになります。

さらに別の料理で「短冊切り」が出てきた時に、そちらの料理のイメージが頭の中にあれば「あ~そういう形か」と、頭の中の知識がつながっていきます。

全く知らない料理や食材の「ひと口大」はイメージしにくいですが、その先のページに知識のあるカレーライスの「野菜のひと口大」が登場すると、頭の中で知識が統合されてイメージしやすくなります。

このように初めに読んだときに内容が理解できなくても、その先のページの内容で自分の知識とイメージが合致することは珍しくありません。

すると二度目に読んだときには序盤に理解できなかった「短冊切り」や「ひと口大」が、すんなりと入ってくるようになります。

これが私なりに感じた高速大量回転の凄さです。一度目の読書で理解する必要はなく、何度も読むことで総合的な理解力が高まるという視点に驚かされました。

ベースの知識を蓄えるための読書

はっきり言ってしまうと、普段読書をしない人は速く読むことができません。ベースとなる知識が圧倒的に不足しているからです

これを言ってしまうと元も子もないようですが、速読が出来る方というのは、単純にベースとなる知識が豊富だということです。

だからこそ同じ本を何度も読むことで、総合的な理解力を高めることが速読に効果的なわけです。

自分の好きなジャンルの本を何度も読めば、誰でも速くなっていきます。

また料理で例えますが、料理初心者でも同じ料理を何度も作っていれば、誰でも速くなります。

その方が別の料理を作ると同じような速度とはなりませんが、共通する調理工程に関して言えば、素早くできるわけです。

当然その別の料理も何度もつくることで、どんどん洗練されて速くなっていきます。

そうなるとさらに別の料理を作ったときに、共通する調理工程がさらに増えているので、初めてでも速くなるわけです。

料理だと当たり前のことですが、速読も同じです。ベースとなる知識量が豊富なほど、新しい本でも速く読めるようになります。

このベースとなる知識、土台を固める作業が宇都出雅巳さんの「高速大量回転」という速読法なのだと思います。

速く読むことだけを追及した速読テクニックとは根本的に違います。内容を深く理解するための速読法なので、今回おすすめさせていただきました。

【スポンサーリンク】

まとめ 一生モノの知識

私は宇都出雅巳さんの「どんな本でも大量の読める『速読』の本」を何回読んだかわかりません。おそらく二十回以上読んでいます。もちろん「高速大量回転」なので現在では数分で読み終えられます。

数ある速読本の中でダントツでおすすめしたいと思います。

分厚い本を読み終えたときは達成感がありますが、だからと言ってすべて覚えているわけではありません。印象に残った(理解できた)箇所だけが、漠然と残っているだけです。

一方で「高速大量回転」だと読む度に新しい発見があります。初めの頃に理解できなかった箇所がイメージできるようになり、それがまた別の箇所のイメージをつくることにつながります。

誰でも好きなジャンルのことで自然と行っていることですが、それを速読のテクニックとして取り入れてほしいと思います。

大好きな小説を何年かぶりに読むと、当時とは違った印象を受けるものです。それはベースとなる知識量が変化したからでもあります。

映画も2度目となるとオチがわかっているので、序盤の伏線に気がついたりして、より深く楽しめるものです。

小説や映画は娯楽作品なので、わざわざ速読をする必要はありませんが、回数を重ねることでより深い楽しみ方ができるのは、イメージできると思います。

また既に所有している大切な本を何度も読み返すことは、理解が深まるだけではなく、節約という意味でも相性が良いのではないでしょうか。

節約術も考え方やコツをつかむと、あらゆるジャンルに応用が利くものです。ベースとなる知識が豊富だと、今まで気がついていなかった箇所の節約まで見えてくるものです。

ラーメンの作り方を極めた方は、パスタの作り方を極めるのも速くなります。パスタの知識が少なくても調理の手順や効率がすでに高いからです。

速読も全く興味のないジャンルの本でも、ベースとなる知識が豊富だと確実に理解するスピードは速くなります。

本を読めば読むほど速く読める(理解する)ようになるという事実を、改めて宇都出雅巳さんが教えてくれました。

世の中には様々な速読テクニックがありますが、速く目を動かして読んだところで理解していなければ、あまり意味はありません。

本を写真のように記憶するテクニックがありますが、それが出来たところで内容を理解していなければ読んでいないと同じです(いつでも読み返すことは出来るのかも知れませんが)。

宇都出雅巳さんの速読は、しっかりと内容を理解をするために速読法です。ここがスピードだけの速読術とは大きな違いだと思います。

「どんな本でも大量の読める速読の本」は本当に一生モノに知識になると思います。時間の節約という意味だけではなく、明らかに本の理解力が高まるのでおすすめしておきます。

追記

「どんな本でも大量の読める速読の本」は文庫本でも出版されているのですが、電子書籍版は文庫化される前の本がベースとなっているので、電子書籍の方が若干価格が高くなっています。

ですが、あえて電子書籍版をおすすめしたいと思います。

節約という意味では文庫本の方が安いのですが、電子書籍版には電子書籍ならではのメリットについて内容が追加されています(PDFでダウンロード)。

そもそも「どんな本でも大量の読める速読の本」の中で「速読には電子書籍が向いていない」と言っているのですが、実際に大量の読書を実践されている宇都出雅巳さんならではの電子書籍に対する考えに触れられるので、あえてそちらをおすすめしておきます。


down

コメントする