節約はレジャー!

間違いだらけの洗濯術レビュー|裏読みすると節約に役立ちます

間違いだらけの洗濯術

今回紹介する本はクリーニング屋を経営されている人達が書いた「間違いだらけの洗濯術」です。

多くの洋服はクリーニングに出さなくても自宅で洗濯が可能であり、正しい洗濯術を知ることで大幅にクリーニング代を節約できるといった内容です。

なぜにプロのクリーニング屋がわざわざ自分の首を絞めるような事を書くのかと不思議に思ったのですが、著者のクリーニング屋は繊細な高級生地といった特殊な分野に特化している事もあり、一般の人が何気なくクリーニング屋に出す洋服ではないようでした。

プロのマッサージ屋が簡単に肩こりを治せるストレッチや習慣などを教えてしまうと、リピート客が減ってしまうので難しいわけですが、その層を相手にしていないだけに真実があるような気がしました。

ただ私は節約家という事もあり、そもそも洋服をクリーニングに出す事がありません。基本的に自宅で洗濯が難しい洋服を所有していないので、この本に書かれている内容を実践したところで節約にならないのですが、クリーニングのプロの目線から紹介する「正しい洗濯」というものが、どんなものかと興味があったので読んでみました。

読後の感想、節約は難しい・・・

私が「間違いだらけの洗濯術」を読んで気になったのが、「正しい洗濯術」が節約になりにくいという事です。

洗濯機に洗濯物を入れて全自動のスイッチをポンと押すと、勝手に水量を決めてくれるものですが、プロからするとそれでは不十分な水量にしかならないそうで、正しく洗濯する為には、できるだけ少ない洗濯物を大量の水で洗うのが良いようでした。

洗濯物を詰め込み過ぎると上手く対流せずに汚れが落ちないのはイメージできますが、その基準がプロからすると違うのだそうです。

また衣類につく汚れというのは、時間の経過とともに頑固になっていくので、なるべく毎日洗濯する事が望ましいのだそうです。

汚れが頑固になる前に毎日少ない洗濯物を大量の水で洗濯する事でしっかりと落とせるようなのですが、この方法だと節約家にとっては難しい選択になります。

家族構成にもよりますが、私は男の一人暮らしという事もあり、洗濯は週に2回ぐらいしかしません。それでも水量がマックスになるほど洗濯物が出るわけでもありません。

また天日干しは紫外線による傷みがあったり砂ぼこりが付着するリスクがあるので室内干しを勧めており、エアコンや除湿器を積極的に使いましょうとありました。これも節約家にとっては負担になります。

正しい洗濯術が間違っているとは言いませんが、意外と手間やお金が掛かる方法が多いので、節約家にとっては微妙な内容が多く紹介されていました。もちろんクリーニング代を節約する事はできるのかも知れませんが、指摘されていた間違いを全て改善しようとは思えませんでした。

参考になった点

一方で「間違いだらけの洗濯術」の中でも節約家にとって参考になった箇所もあります。

それは衣類によって洗剤を使い分ける目安があり、

  • よく着る洋服は弱アルカリ性の液体洗剤
  • 頑固な汚れは洗浄力が強い粉末洗剤
  • デリケートな生地の洋服は中性洗剤
  • 色落ちしそうな洋服も中性洗剤

とありました。最後の色落ちしそうな洋服も初めの洗濯だけは気をつけて、特に色落ちがなかった場合は普通の洗剤でOKなんだそうです。

当ブログでは以前にコスパの良い洗剤として粉末洗剤を勧めた事があるのですが、

参考洗濯洗剤でコスパが良いのはどれ?

粉末洗剤は洗浄力が強力なだけに、衣類の繊維を傷めてしまうリスクがあるのだそうです。特に漂白剤や蛍光増白剤が入っているものだと注意する必要があるようでした。

毎日のように洗濯していて汚れが頑固になる前であれば、一般的な液体の洗濯洗剤の洗浄力で十分なんだそうです。

他にも洗濯カゴの重要性ついても紹介されており、汗や皮脂で湿っているほど雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、通気性の良いメッシュタイプが良いようでした。

大抵の洗濯カゴは通気性が良い構造になっていますが、一部のオシャレな布製のようなカゴは避けた方が良いのかも知れません。

参考オシャレ雑貨のせいで苦しむ人

裏読みすると節約になる!

「間違いだらけの洗濯術」で紹介されている正しい洗濯術というのは、節約という意味では微妙なものがあるのですが、裏を返すと節約に繋げられるなと思えました。

粉末洗剤の洗浄力が強いという事は、単純に使用量を抑える事で衣類への負担を減らせるとも考えられます。これは私自身も日頃から意識している事なのですが、いつも洗剤のパッケージに書かれている目安よりも少なめにして使用しています。

私は中性洗剤で洗わなければならなにデリケートな素材や色落ちしそうなものを避けているので、洗浄力が強い粉末洗剤を少量使うだけでOKなのだと解釈できました。

また洗濯カゴの中で湿ってしまうと汚れが頑固になるとの事だったので、汗が染み込みやすい脇などの箇所が乾燥しやすいように、洗濯カゴに掛けて外側に出す事で乾燥しやすいようにしました。

一人暮らしだと洗濯カゴに入れずに直接洗濯槽に入れて放置している人もいるかも知れませんが、汗が染み込んでいる箇所だけでも外に出して掛けてあげるのも良いかも知れません。

毎日大量の水で洗濯をするのが理想なのかも知れませんが、裏読みする事でそれぞれの家庭の環境に合わせて取り入れられる点があるので、そこは凄く勉強になったと感じています。

まとめ 理想と現実の間

洗濯に限った事ではありませんが、理想的な方法が分かっていても必ずしも取り入れられるものではありません。

様々な衣類のタイプに合わせて洗剤を使い分けたり、理想的な水量や干し方をした方が良いのだとは思いますが、その為に余計な手間や費用(電気代や水道代)が掛かってしまうと難しいものです。

クリーニング屋に出していた洋服だけでも、正しい洗濯術を意識する事で節約になるケースがあるとは思いますが、そもそもクリーニングに出さなければならない洋服を避けたり、洗剤を使い分けなければならないデリケートな素材を避ける事で、よりシンプルに解決できる事もあるのではないでしょうか。

強力な洗浄力があって価格も安い粉末洗剤だけで事足りる素材の洋服に統一すれば、あらゆる手間から解放されますし、洗剤を少な目に入れて節約する事も可能です。

オシャレが大好きな人であれば、使い分けるような手間を掛けてでも所有する価値があるとは思いますが、それほどこだわりがない人が、中途半端に高価な洋服やデリケートな素材に手を出してしまうと、良い状態を保つ事ができずにヨレヨレの状態で着る事になってしまうかも知れません。

カシミヤやウールのセーターがセールでお得だったとしても、洗濯の手間やクリーニングの事を考えると、人によってはあまり良い選択肢ではありません。

一方で耐久性のあるアクリルのセーターであれば洗濯ネットに入れるぐらいで良いので、結果的に良い状態を長く保つ事になるものです。

カシミヤやシルクの風合いや着心地は素晴らしいとは思いますが、それなりの手間やお金を掛けないと良い状態を保つ事ができないので、ワンシーズンも持たずに台無しにしてしまう事があるわけです。

学校の制服のように毎日洗濯する事が難しい衣類は、化学繊維を混合して耐久性を上げている事が多く、風合いが良いウール100%のような事は滅多にありません。理想と現実の間で上手くバランスを取っています。

一般的な洋服だとそれぞれの好みに委ねられるわけですが、中途半端に背伸びしてしまったばっかりに、お手頃価格の洋服よりも悪い状態になってしまう事があるので気をつけてほしいと思います。

調理器具などでもプロ用の本格的なものほど、手入れが大変で良い状態を保つのが難しいような事です。一般的な主婦にとっては、切れ味が抜群でなくても簡単に砥げる包丁の方が相性が良いものです。

プロのクリーニング屋が教えてくれる正しい洗濯術というのも、裏を返すと別の解決策が見えてくるものなので、それぞれの環境に合わせてアレンジする為にも一読する価値があると思いました。

【楽天】日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術

【amazon】日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術

頻繁にクリーニング屋に出している人にとっては、かなり節約になる可能性がありますし、私のようにそうではない人でも、裏読みする事で洗剤を使い分けなくても良いような基準が学べると思うので、機会があれば読んでみてください。

アイロンがけの手間が減るテクニックなども紹介されており、人によっては凄く役立つとは思うのですが、これも裏を返すとアイロンがけが必要のない洋服を選ぶ事で解決してしまいます。

サラリーマンのワイシャツのように避けられない問題もありますが、クールビスが許される季節だけでもポロシャツにするだけでもアイロンがけから解放されます。

そのポロシャツ選びも汗染みや黄ばみが目立ちにくいカラーを選ぶ事で、正しい洗濯術に囚われなくても対処できるようになるかも知れません。

「間違いだらけの洗濯術」の間違いのポイントをしっかりと理解する事で裏読みする事が可能になり、新たな視点が手に入れられ、根本的な対処法(正しくなくても何とかなる)が見つかるかも知れません。

これは様々な節約術にも通ずる事なのですが、安く購入する事ばかりに囚われてしまうと、大して役に立っていないような物まで所有し続けるようになってしまいます。

参考家庭内に数あるマットは本当に必要?

必要のない物をどんなに安く購入できたところで節約にはなっていません。得した気分は味わえるかも知れませんが、役に立っていない物の為にスペースを奪われたり、洗濯の手間などが増えてしまうものです。

根本的な問題と向き合う為にも、間違っているポイントを理解する事は為になるものですよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

節約仲間のブログがいっぱい!

 

  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ