節約はレジャー!

音楽を聴きながら行う運動には相性があります

音楽を聴きながらの運動

ウォーキングをするお年寄り音楽を聴きながら本格的な運動をする方はいませんが、軽い運動であれば多くの方が実践されています。

最近ではウォーキングやランニングをしている方の多くが音楽を聴きながら行っているものです。

音楽を聴きながら運動を行うと、あまり疲れを感じなかったり、苦しさがまぎれて継続しやすいなどの様々なメリットがあると思います。

一方で音楽を聴きながら行う運動にはデメリットもあります。

そこで今回は音楽を聴きながら行う運動のメリット、デメリット、相性について紹介します、これらを理解して上手に運動に取り入れてください。

【スポンサーリンク】

音楽のメリット

音楽を聴きながらのウォーキングやランニングを行うことのメリットは、やはり現実逃避ではないでしょうか。

楽しそうに音楽を聞く女性辛い運動から意識を音楽へ向けることで疲労感を忘れることが出来ます。

特に風景の変わらない自宅やスポーツジムの運動では、視覚による刺激が少ないので聴覚を刺激することはとても効果的です。

また音楽の一定のリズムに動作を合わせることでパフォーマンスを上げることもできます、自分のペースよりも少しだけ早いリズムなどを上手に見極められると運動の効率がよくなります。

音楽を聴きながら行う運動というのは、単調な動作になりがちな運動(ウォーキングなど)を楽しくするメリットがあります。

音楽のデメリット

音楽を聴きながら運動を行うことのデメリットも少なからずあります。

音楽のリズムに引っ張られてパフォーマンスが上がる場合はいいのですが、逆に遅いリズムに引っ張られてペースが落ちるケースがあります、選曲も大切な要素になります。

そして一番気を付けてもらいたいのが「周辺への配慮」です。

並んで走る二人組の女性様々な人々が行きかう公道を音楽のリズムにのって気持ちよくウォーキングをしている方の中には、周辺への意識が欠けている方がいます。

また自転車や自動車の走行音が聞こえにくくなるので、交通事故のリスクも上がります。

最近のハイブリッドカーや高級車は本当に静かなので、普通に歩いていても気がつきにくいぐらいです、音楽を聞きながらだと尚更リスクが高まります。

最近は片耳だけのイヤホンも多く販売されているので、そのようなタイプを利用することでデメリットは解消できます。

音楽との相性

ルームランナー音楽を聴きながら行う運動と相性が良いのは、スポーツジムのルームランナーやエアロバイクです。

景色が全く変わらないので身体の疲労を感じやすいのですが、音楽を聴きながら行うことで意識を分散することが出来ます。

最近では水中でも使えるイヤホン一体型の音楽プレイヤーも販売されており、スイマーも音楽を聴きながら泳ぐことができます。

スポーツジムのように限られた空間であれば、音楽の世界に没頭しながら運動をすることが出来るので相性はバッチリです。

またプロのスポーツ選手の多くが、試合前のウォーキングアップなどで音楽を聴きながら運動を行っています、慣れ親しんだ音楽というのは緊張感をほぐす効果があります。

一般の方の日常的な運動に緊張感はないと思いますが、いつもとルーティンの一つとして音楽が役割を果たすこともあります。

【スポンサーリンク】

まとめ

歩く足元音楽を聴きながらの運動の一番のメリットは、やはり単調で辛い運動を楽しくしてくれることです。

いつもと同じ曲順にセットすれば、同じ時間でどこまで行けたのかなどの目安にすることも出来ます。

ですが、稀にリズムを崩したくないのか信号を無視したり、横断道路のギリギリまでスピードを落とさずに近づいてクルッと向きを変える方がいます。

車を運転する側からすると道路に飛び込んでくるように見えるので、このような歩き方では急ブレーキを踏ませてしまいます、公道では自分の世界に入り込み過ぎないように気をつけてください。

音楽を聴きながら行う運動は、メリットとデメリット、相性を上手に見極めて取り入れてください。上手に取り入れられれば単調な運動を楽しくしてくれるものです。


down

コメントする