節約はレジャー!

節約生活がつまらないと感じる人はアリを誤解しているかも!?

アリとキリギリス

「アリとキリギリス」という童話がありますが、私なりに簡単に要約すると、

厳しい冬を越すために夏場に餌を蓄えていたアリと、先のことを考えずに夏を謳歌していたキリギリスのお話で「将来のことを考えて苦労しないといけませんよ」といった内容です。

戦中、戦後に食べ物に苦労した世代の方はアリの生き方に共感されることが多いようですが、最近は今を楽しむキリギリス的な生き方を支持される方も増えてきました。

どちらの考え方が正しいのかここでは問いませんが、いわゆる節約生活をしている方の多くはアリ的な考え方に分類されると思います。

このアリも大きく二つのタイプに分けられます。

それはつまらないと感じながら我慢して食べ物を蓄えているアリと、楽しみながら食べ物を蓄えているアリです。このことが理解できると節約生活がつまらないと感じる理由も理解しやすいと思います。

【スポンサーリンク】

節約生活がつまらない理由

つまらないと感じながら我慢して食べ物を蓄えているアリは、自分の意思で食べ物を蓄えていません。周りの蟻の意見にならって仕方がなく蓄えているようなことです。

食べ物を蓄えなければならない理由、意味に納得していません。

このような状態であれば、むしろキリギリス的な生き方をした方が楽しくなります。それはそれで悪いことではありません。

節約生活がつまらないと感じる方も同様です。その節約して得られる成果、意味を理解できていない状態です。

漠然とした将来の不安や周囲の人の影響を受けて、なんとなく節約生活を初めてしまうと、つまらないと感じてしまいます。

楽しい節約生活

一方で食べ物を蓄えることが楽しくて仕方がない状態のアリは、食べ物を蓄えることの意味を明確に理解しています。

昨年の冬に飢えて苦労したのかも知れませんし、先輩アリの意見に心から納得したのかも知れません。

節約生活を楽しめている方も同様です。その節約で得られる成果を頭の中で明確にイメージできているので、楽しみながら節約することができます。

ここを勘違いして欲しくないのですが、節約をした先の未来で得られる成果を得た時にだけ楽しさを感じるのではなく、その未来で得られるであろう成果につながっている現状の行動に対しても楽しさを感じられるということです

はたから見ると我慢しているように見える節約生活でも、むしろ本人は楽しめているということです。これは動物の求愛行動で考えると理解しやすくなります。

求愛させる脳内物質

当たり前ですが人間に限らず動物にも性欲があります。子孫を残すことの重要性がDNAに刻まれています。発情期になれば子孫を残すためのパートナーを探すことになります。

その為にわざわざ求愛行動をしなければなりません。

基本的に動物は発情期以外は獲物(食べ物)を探すことだけしかしません。自分が獲物になってしまう可能性があるので極力無駄な行動はしません。

お腹が満たされたライオンは、目の前に獲物が通りかかっても寝ています。

ですが、発情期になれば危険を顧みずにパートナーを探しだします。

最終目的はパートナーと交尾をすることですが、発情期には交尾のパートナーを見つける為に危険を顧みずに行動をさせる脳内物質が分泌されます。

それが「ドーパミン」です。

よくドーパミンは快楽物質だと言われていますが、それだけではなく快楽を求めさせる物質でもあります。獲物やパートナーを探す行動を促すのに重要な脳内物質です

発情期になって交尾をしたいというドーパミンが分泌されると、危険を顧みずにパートナーを探す行動をとるようになります。

そしてパートナーの前で求愛行動をとったり、ライバルとなるオス同士が争ったりします。ライバルに負けてしまえば交尾という目的が達成されないので、他の動物の獲物になってしまうリスクを考えずに必死で求愛行動をします。

実はこの状態から脳は快楽を感じています。交尾を成し遂げた瞬間に快楽を感じるのではなく、その為の行動から快楽を感じています。だから危険を顧みずに目的達成のための行動をすることにつながります。

人間は年中発情期なので常に異性を意識した行動をとります。性欲が旺盛な若者ほど求愛行動(着飾る等)が顕著です。性行を行った時にだけ快楽を感じるのではなく、パートナーを探す為に様々な行動をしている時から気持ち良さを感じています。

洋服を購入することだったり、ダイエットをすることだったり、デートコースを調べたり、口説き文句を学んだりしている最中から、脳内では気持ち良さを感じています。

性交する為のパートナー探しを意識していない子供の段階では、これらの行動をしません。無理にやらせても全く意味がわからないので楽しめません。

節約生活がつまらないと感じている方も、その先に得られるであろう成果をイメージできていないので楽しさを感じられません。性行をする意味、必要性を感じていない子供のような状態です。

なんとなく周りの人が節約をしているからと真似する程度では、行動を促すドーパミンが分泌されません。当然快楽を感じることもありません。

一方で節約生活を楽しめている方というのは、目標を達成する為の行動なのだと理解しています。だから求愛行動のようにはたからみると大変そうな行動でも、当人の脳はドーパミンで満たされているので快楽を感じられています。

キリギリス目線で考えると、全てのアリが我慢を強いられてつまらなさそうに見えるかも知れませんが、アリの中でも楽しみながら食べ物を蓄えているアリと、我慢しながら辛いと感じているアリがいるということです。

【スポンサーリンク】

まとめ 本心と向き合う

あくまでも「アリとキリギリス」の童話は作り話ですし、アリのタイプ分けも私の勝手な想像なので、たとえ話として捉えてください。

そもそもキリギリスの寿命は数週間程度だそうです。冬を越す必要がありません。

一般的に言われている「アリとキリギリス」のタイプのどちらが正しいのかここでは問いませんが、はたから見ると大変そうなアリが、必ずしもつまらないと感じているとは限らないということです。

そもそも節約生活がつまらないと感じている方は、無理に節約をする必要がないのかも知れません。十代の若者に老後の蓄えの重要性を説いても実感が沸かないのが普通です。

大抵は年齢を重ねるごとに知識が増え、家族を持つなどして将来のことを考えるようになると、節約(もしくは収入アップ)の必要性を感じるようになります。

節約をする目的は人それぞれですし、老後の蓄えだけに限らず、子供の学費や家族旅行の為かも知れませんが、それらの為に得られる節約の成果を頭の中で明確にイメージできると、楽しみながら食べ物を蓄えるアリのように、はたから見て大変そうな節約生活でも本人は楽しむことができます。

節約生活がつまらないと感じている方は、そもそも本当に節約をする必要があるのか考えてみてください。漠然とした将来の不安を明確にすることで、節約する必要性や目標とする金額も見えてきます。

もちろん必要性がないのであれば無理して節約をすることもありません。親が資産家で莫大な財産が入ってくることが明確な未来であれば必要ないでしょう。

そのような方は少数派でしょうが、必要以上に節約をしてしまう必要もありません。

ここも勘違いしないでください。

将来の不安が曖昧なままだと、いくら節約をしても目標に到達できません。目標に近づいている実感がないと不安はいつまでたっても解消されません。

目標に近づいている実感こそが「ドーパミン」が分泌されている証拠です。

お金を貯めること、節約をすることが目的なのではなく、何のために節約をしているのかを実感してほしいと思います。

はたから見ると大変そうなダイエットや筋トレも同様です。本人は気持ちよくて仕方がないのかもしれません。

目標としている体型に日々近づいていることを実感していると、グーッとお腹が鳴る音や筋肉痛などの一般的に苦痛と言われることが、本人にとっての快感に変わっていきます。

 

他人の目、他人の評価は関係ありません。

 

遊びほうけているキリギリスより、目標に向かって進んでいることを日々実感しているアリの方が、ドーパミンの量が多く幸せを感じているかもしれません。

世間一般で楽しいとされている事が全ての人の楽しみになるわけがありません。好きな食べ物は人それぞれ違います。自分でしか決められないことです。

あなた自身とよく向き合ってみてください。心から求めている目標の為の節約なのだと感じられると、つまらないと感じていた節約生活が楽しくなるものですよ。


down

コメントする