節約はレジャー!

最新家電好きが家電製品を育てる!?私はおこぼれで十分

家電芸人の言葉

友達の家に遊びにいった時にテレビ(アメトーク)で、家電の特集が放送されていました。

その友達は家電製品が大好きらしく、かなり食い入るように番組を観ていました。

私は家電製品にそれほど興味がないのですが、ある家電芸人の言葉が気になりました。

うるおぼえなのですが、その方が言うには、

「新しい家電は詰めが甘かったり、不十分なところがあるが、それを買うからこそ家電が進化して育っていく」

のだそうです。

そのように家電が進化、成長していくことで、機能が洗練されていき、価格も安くなり、世の中の多くの方に役立つ一般的な家電に搭載されていくのだそうです。

私のような新しい家電を買わない人ばかりだと、「家電は育たない」とのことでした。「だから家電好きは最新家電を買いましょう」と声高に訴えていました。

育った家電

この話を聞いて私は「なるほどなぁ~」と思いました。当サイトでは以前に家電製品が壊れやすい人の特徴を紹介したことがあるのですが、

参考家電製品が壊れやすい人の特徴

まさに最新家電が大好きな方が、育っていない家電製品を積極的に手にしてくれるからなのだと納得しました。

私のように成熟した家電製品(主に型後れの普及品)しか購入しない人ばかりだと、家電製品の進化はないのかも知れません。

このことは、あらゆる分野にも当てはまることなのだと思います。

車好きの方がいてくれるからこそ、様々な新しい機能が開発されていき、中でも素晴らしい機能が一般的な車にも搭載されて進化してくれるのだと思います。

車の様々な安全装備も昔は一部の高級車やスポーツカーにしか搭載されていませんでした。それらを購入してくれた車好きがいたからこそ、現在では一般的な車にも搭載されるようになったわけです。

選択基準を明確に!

節約が上手くいく方というのは、これらのような成熟した製品を選択する傾向があります。

既に製品の評価が定まっているので、求めている機能、必要としている機能を満たしている製品を選択することができます。なので、購入してから後悔することがありません。

食事も冒険することは滅多にありません。新しい発見や驚きは人より少ないのかも知れません。

 

ですが、趣味の世界では別です。

 

私は読書が趣味なので、新刊の本でレビューがなくても興味が惹かれるタイトルであれば購入しますし、好きな作家の新刊が出れば即購入します。

家電好きの方でもソニーやアップルの新製品が発売されると、即購入される方がたくさんいるそうです。

このような生活を豊かにしてくれる趣味(娯楽)と、生活に必要なモノ(生活必需品)を選ぶ基準を明確に分けることが、節約のポイントになるのだと思います。

たいして興味のないジャンルの製品に対してまで、この趣味の選択基準を入れてしまうと、お金はどんどん失われていきます。

車に興味のない人が高級スポーツカーを購入するようなことです。最新機能を十分に活かせないばかりか、運転が難しかったり、トランクが狭かったり、乗り心地が悪かったり、維持費が高かったり、洗車がしずらかったりするものです。

子供が離れて夫婦二人だけの生活にも関わらず、大型の冷蔵庫や洗濯機を購入してしまうと、機能を十分に使えないばかりか、余計なスペースや電気代がかかってしまうようなことです。

家電好きに感謝

最新家電が大好きな方(趣味の方)がいてくれるからこそ、最新家電に興味がない私のような人が成熟した家電製品を手にすることができます。ホントに感謝です。

読書家がいるからこそベストセラーが生まれます。流行している本しか読まない層は、決して評価されていない新刊本を購入することはありません。

グルメな方がいてくれるからこそ、新しい料理が生まれてくれます。それらが人気になり大量生産されて安価になるからこそ、一般の人の口にも運ばれるようになります。

これらのように開拓者がいるからこそ、多くの人に伝わるようになるわけです。

 

ただし、誰もが開拓者になる必要はありません。

 

生活に影響の出ない余裕資金で楽しむ趣味の世界であれば、思う存分に購入して楽しめばいいのですが、生活に必要な分野で開拓者になってしまうと、お金はいくらあっても足りなくなってしまいます。

節約が上手くできないという方は、しっかりとこれらの選択をしてみてください。

上手に分けられれば、お金に余裕がなくて趣味による楽しみが減ったとしても、生活レベルは全く落ちません。

逆にお金に余裕があったとしても、生活必需品に必要以上の機能を求めないので、無駄な買い物がなくなります。

生活を豊かにする趣味へのお金の使い方と、生活必需品へのお金の使い方を、しっかりと分けて選択してください。

多くの家電製品は生活に必要なものなので、この分け方が混同しやすいと思います。オーディオ機器のような趣味の為の電化製品と、洗濯機のような生活家電をしっかりと分けて選択してほしいと思います。

家電芸人を見て改めて勉強になりました。私にとっては興味のないジャンルの製品ですが、最新家電好き(開拓者)に感謝です。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]