節約はレジャー!

個人情報を完璧に守る方法がないからこそ、やるべきこと!

個人情報を守る方法

一般的に個人情報を守る方法というと、パソコンやスマホなどのセキュリティを上げる方法になるのでしょうか。

有料のセキュリティソフトを導入したり、心当たりのないメールの添付ファイルを開封しないことだったり、怪しげなサイトに登録しないようなことです。

これらはネット社会で個人情報を守る方法ですが、一般社会で個人情報を守る方法となると、郵便物のあて名をシュレッダーでカットしたり、自宅に表札を出さないようにしたり、電話帳に登録しないようなことでしょうか。

これらのような一般的な個人情報を守る方法が悪いわけではありませんが、そもそも個人情報を完璧に守る方法はありません

大企業や政府の機関からも個人情報が流出することがありますし、個人でどうにか出来るものではありません。

「個人情報を完璧に守る方法はない!」

という前提で組み立てると、やるべきことが見えてくるものです。

それは定期的に個人情報のアップデートを行うことと、物理的なリスクを下げる方法です。

個人情報のアップデートとは?

個人情報のアップデートを簡単にいうと、住所を変更するようなことです。他にもメールアドレスや電話番号なども当てはまります。

定期的に個人情報が変わると、既に流出してしまった情報が役に立たなくなり、さらにいくつかのパターンが見つかると相手側も混乱するので、ターゲットにされにくくなります。

住所や電話番号を変更するのは簡単ではありませんが、メールアドレスであれば簡単です。実際に私も数年置きに新しいメールアドレスを取得し、大切なメールだけ移行するようにしています。

細かなところだと車のナンバープレートなども当てはまります。

しばしば車のナンバープレートをお気に入りの番号にしている方がいますが、「1111」のようなわかりやすい番号だと、特定されやすくなります。

実際に知り合いの男性が特徴的なナンバープレートで、たまたま奥さんの友達がラブホテルから出てくるところを目撃し、不倫がバレて大変だったと聞きました。

車そのものは街中でよく見かけるタイプだったので、ありふれたナンバーであれば特定されなかったかも知れません。

さらに細かな事を言えば、特徴的なファッションや髪型なども当てはまります。いつもハンチング帽をかぶっていたり、特徴的な髭を生やしていると、何かと気づかれやすくなります。

これらのような自分らしさやこだわりを固定しないことも、個人情報のアップデートに含まれます。

定期的に個人情報のアップデートを行うことで、流出してしまった情報の価値を減らすことが出来ます。

そしてさらにおすすめなのが、個人情報の使い分けです。

個人情報の使い分け

個人情報の使い分けというのは、偽名や捨てアド(予備のメールアドレス)を用いることです。

病院や銀行などで偽名を使えということではなく、お店の予約のようなどうでも良い個人情報の時に偽名を使うようにします。芸能人の芸名のようなことです。

実は私の本名は少し珍しい苗字で、普通に読むと間違った読み方になることが多いので、わりと昔から偽名を使っていました。

お店の順番待ちで名前を書くときは、いつも決まった偽名を使うようにしています。

ネットのメールマガジンなどに登録する時も捨てアドと偽名を使用します。決済や申し込みが発生するタイミングで、改めてメインのメールアドレスや本名で登録するようにしています。

これらのようにどうでもいいところに、個人情報を使用しないことで流出した際のリスクを下げることが出来ます。

ちなみにグーグルのメールアドレスだと、簡単に使い分ける裏技があります。

「abcd@gmail.com」

のようなメールアドレスで登録しているのであれば、

「abcd+1@gmail.com」

のように@の前に「+」を入れると、簡単に増やすことが出来ます。

「+1」でなくても「+2」や「+10」でもいいですし、数字でなくても構いません。

全て元のメールアドレスに届きますが、宛先には「+1」と表示されます。

「efg」という名のサイトのメールマガジンに登録するのであれば、

「abcd+efg@gmail.com」

と入力した上で、そのメールマガジン以外からこのアドレス宛にメールが届くと、そこから流出したことが特定できます。

このような使い分けが面倒な方でも、数年置きに新たなメールアドレスを取得し、大切なメールだけを移していくようにしてみてください。

そのタイミングで様々なサイトに登録しているIDやパスワードを変更することで、さらにリスクを下げることが出来ます。

物理的なリスクを下げる方法

そしてもう一つの個人情報を守る方法として、物理的なリスクを下げる方法があります。

一番わかりやすいのはパソコンやスマホを使わないということです。

ネット経由で個人情報が流出しなくなります。他にも表札を出さなかったり、電話帳に登録をしないようなことです。

ただパソコンやスマホを手放す生活というのは現代では難しいと思うので、まずは簡単に出来ることを紹介します。

誰にでも出来るのは電源を落とすことです。ネットに接続されていなければ、個人情報は流出しません。深夜にも関わらず電源を入れっぱなしにするようなことは、なるべく避けましょう。

スマホやタブレットであれば、安易にGPSやフリーWi-Fiに接続しないことです。必要な時にだけピンポイントで接続するのであれば、リスクを下げることが出来ます。

またIDやパスワードの管理も同様です。

パソコンのソフトやブラウザの機能で一括管理できますが、それらは有能なハッカーやウィルスの進化によって破られるリスクがあります。

偽名や捨てアドで登録しているどうでも良いサイトにログインするのであれば構わないのですが、銀行口座などの大切な情報を扱うサイトの場合は、パソコン内で管理するのではなく、紙のノートなどで管理することでリスクを下げられます。

手書きのノートでも、

「楽天銀行 ID:abcd  PS:efgh」

のような誰にでも判る書き方ではなく、

「rid:dcba  rps:hgfe」

のように自分だけが判る一工夫(逆から書くなど)を加えておくことで、それが盗まれた際の物理的なリスクも下げることが出来ます。

さらにマイクやカメラもリスクになります。それらが裏でこっそりと作動して個人情報を漏らす可能性があるので、不必要な機能は付けるべきではありません。

自宅のパソコンであればマイクやカメラが必要だとは限りません。ノートパソコンだと予めマイクやカメラが付いている事が多いのですが、デスクトップパソコンだと付属していないので、物理的にそれらを経由して情報が流出するリスクを下げることが出来ます。

必要な時にだけでカメラやマイクを接続できればいいのですが、スマホやノートパソコンのように内臓されている場合は、カメラやマイクにシールなどを張って対策することが出来ます。

スマホでも自撮りをしない方であれば、フロントカメラのレンズにシールを張っても問題ないですし、裏面のカメラのレンズも汎用のスマホケースに入れて置けば、普段は塞いでおくことが出来ます。

どんなに実力のあるハッカーでも、カメラのレンズの前に張ってあるシールを剥がすことは出来ませんし、紙のノートの中身を覗き見ることは出来ません。

個人情報を守る為には定期的に個人情報をアップデートし、これらのような物理的なリスクを下げることも意識してみてください。

まとめ 個人情報流出は完全には防げない

信頼のおける大きな会社でも個人情報が流出することがありますし、政府のような機関でも同様です。

「個人情報を完璧に守ることは出来ない」

という前提で考えることが大切です。これこそが個人情報を守るポイントになります。

高度なセキュリティシステムを導入するのも悪くないのですが、どうしてもいたちごっこの世界なので、新たなリスクが生まれ続けてしまいます。

有償の高価なセキュリティシステムを導入したからと安心しきってしまうと、そこを突破された時に大きなリスクになってしまいます。

セキュリティソフトやシステムのアップデートだけでなく、個人情報も定期的にアップデートし、物理的なリスクも下げながら個人情報を守っていきましょう。

卒業アルバムや同窓会の名簿が流出することもありますし、そもそも全ての個人情報を自分で管理できるものではありません。

住所を変更するのは難しいかも知れませんが、メールアドレスや偽名であれば簡単です。お金は全く必要ありません。

また定期的にメールアドレスなどの連絡先を変えると、本当に必要な相手とだけ再登録することになるので、情報の断捨離もすすみます

選挙の時にだけ連絡してくる人や、お金に困って手あたり次第に連絡をしてくる人とも距離を置けるので、定期的に個人情報をアップデートしていきましょう。

不要な銀行口座やクレジットカードなども同様です。いつでも新たに作れるものを取っておくのではなく、定期的に整理することで管理もしやすくなります。

個人情報を完璧に守る方法がないからこそ、やるべきことがあるので、出来ることから取り入れてみてください。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]