節約はレジャー!

Windows10にセキュリティソフトはいらない?情報発信者の背景

Windows10にセキュリティソフトは必要ない?

私は数ヶ月前にWindows8のパソコンからWindows10に買い替えたのですが、そこで初めて「Windows10にはセキュリティソフトはいらない」ということを知りました。

以前は無料のセキュリティソフトを使用していたのですが、Windows10からはそれすらも必要ないとのことで驚きました。

何となく不安を感じたのでMicrosoft社やWindows10のパソコンの使用者の情報を色々調べてみると、「なるほどな~」と納得しました。

結論から言ってしまうと、「Windows10にセキュリティソフトはいらない」です。実際にそれから数ヶ月ほど経ちましたが、全く問題になっていません。

ネット上には「Windows10にもセキュリティソフトは必要だ!」という意見も多くありますが、これはその情報を発信している人の背景を観察すると、その理由が見えてくるものです。

そこで今回は私がこのような考え方になった経緯について紹介します。セキュリティソフトに限らず、この考え方が出来るようになると、何かと真実が見えてくるようになりますよ。

Windows Defenderだけで十分?

Windows10には予め「Windows Defender」というセキュリティシステムが組み込まれています。

Windowsを開発しているMicrosoft社は「市販のセキュリティソフトは不要だ!」と断言しています。さらに「パソコン動作を邪魔するだけだ」とまで言っているほどです。

ですが、巷には「Windows Defender だけでは不十分」といった意見も多く出回っています。

そのような人の情報を知ると、何となく不安になってしまうものです。私自身もそれで色々と調べる事になりました。

余程パソコンに詳しい人でもない限り、たくさんのデーターを並べられても理解できません。何となく「そういうものなのかぁ」と納得させられてしまいます。

私自身もそれほどパソコンに詳しいわけではないので、細かなデーターを分析した上でセキュリティソフトの必要性を判断することは出来ません。

私はそれらの否定的な情報を発信している人の背景を観察することで、「Windows10にはセキュリティソフトはいらない」と判断する事ができました。

情報発信者の背景

「Windows10にも有償のセキュリティソフトが必要だ!」という情報を発信している人の背景を観察すると、大抵は「セキュリティソフトを売りたい側の人間ばかりだ」と気がつきました。

セキュリティソフトを販売している会社は当然としても、個人でもセキュリティソフトを紹介することで儲かる仕組みになっていました。

これは保険会社の外交員に「保険は必要ですか?」と尋ねるようなことです。「必要ありませんよ」というわけがありません。

ちなみに私は十年ほど前に、生命保険について様々な書籍を読んで調べていたことがあるのですが、生命保険の必要性を訴えている著者の多くが、特定の生命保険株式会社の内部の人(○○保険研究員など)でした。彼らの意見は生命保険の加入者の為になるのではなく、生命保険会社が儲がる為の情報です。

これらのようなセキュリティソフトを売りたい側の意見をはじき、損得なしで情報を発信されている人の意見をみると、「Windows10にセキュリティソフトはいらない」側が圧倒的に優勢でした

私はこちら側の意見を参考にしたいので、有償無償問わずにセキュリティソフトを導入しませんでした。今のところ全く問題はありません。

ちなみに無料のセキュリティソフトもたくさんあるので、節約や安心という意味でもとりあえず入れておこうと考える人がいるかも知れませんが、大抵のセキュリティソフトを導入すると「Windows Defender 」が自動でオフになってしまうので、余計な事はしない方が良いかと思います。

また無料のセキュリティソフトにも背景が隠されている事があります。たちの悪いものだと過剰にウイルス反応をアピールして、有料ソフトへのアップロードを促してきます。私が以前のパソコンに使用していたものでも、「○○のセキュリティが不十分でリスクがあります」とやたらと警告されました。

一方で「Windows Defender」ではそのような事はありません。

少なくとも無料のセキュリティソフトを入れるぐらいであれば、「Windows Defender」だけの方がずっと良いかと思います。

あるセキュリティ会社の裏話

数年前にたまたまネット上で見かけた動画に、あるセキュリティ会社のトップの人のアドバイスが紹介されていました。

ちなみにそのセキュリティ会社は個人向けではなく、国家や企業向けの高度なセキュリティを担う会社です。

そこのトップの人が言うには、「そもそも超一流のハッカーに狙われたら、どんなセキュリティでも突破されてしまう」という衝撃の事実でした。

ただし、超一流のハッカーとはいえ儲けにならないことはしません。セキュリティを突破するためのコストに見合わなければ、わざわざ危険な橋を渡ることはしません。

個人がそのようなハッカーのターゲットになる事はありません。

世界的な大企業や国家は機密性の高い情報を扱っているので、高度なセキュリティシステムを構築できる専門の会社に膨大な予算をつぎ込んでいます。

そのようなセキュリティシステムを個人で導入することは現実的ではありません。では一般の人はどうすればいいのかというと、

「マックを使えばいいよ」

とのことでした。

システム上の違いでマックの方がセキュリティに強いという話もありますが、理由はより単純で世界的にWindowsユーザー数が圧倒的に多いので、マックにするだけでターゲットになりにくくなるそうです。

そしてWindowsユーザーに対してのアドバイスは、

「しっかりとWindowsのアップデートを行ってください」

だけでした。その理由も衝撃的で、

「どの市販のセキュリティソフトも特定のある機関が発表する情報に従って対策をしているので、そもそも差なんてありません。Windowsのアップデートをしていれば同じです」

とのことでした。ちなみにその動画は、まだWindows10が発表される前に見たものです。

またセキュリティソフトの各社の違いというのは、動作の軽さや表示の仕方や自動スキャンの頻度などの違いであり、そもそものウイルス対策にはほとんど違いがないそうです。

そしてもう一つのアドバイスが、

「毎日パソコンの電源を切るといいよ」

とのことでした。パソコンをスリープ状態にしているとハッキングされる可能性がありますが、そもそも電源を落としてネット回線につながっていなければ相手は何もできません。

特に外国からの不正アクセスは時差の関係で日本の深夜や明け方に集中するので、その時間帯にパソコンの電源を切っていれば対象になりにくいのだそうです。

不特定多数の個人を狙うハッカーは効率よく手っ取り早く済ませる必要があるので、あまり個人に執着しません

要はセキュリティの甘い(アップデートが終了した古いパソコン等)ところから狙うという事です。

個人に執着してやっとの思いで侵入できたとしても、得るものがなければ無駄足になってしまいます。

もちろん世界的にもお金持ちであることが有名な人のパソコンであれば、相手もしつこく狙ってくるのかも知れませんが、それこそ一般の人なら対象にはなりません。

普段パソコンをスリープ状態にして放置している人は気をつけてください。省エネ効果よりも大切なものがあるはずです。

参考パソコンはスリープ状態の方が省エネ?

またパソコンの電源を切るタイミングでWindowsのアップデートが行われる設定になっていることもあるので、たまにしか電源を落とさない人ほど、アップデートが遅れてしまう傾向があります。

自動アップデートでもパソコンを再起動しなければならない事もあるので、何日間も電源を落とさないような事は避けた方が良いと思います。

私自身は節約家という事もあり、マックは高価で使い慣れていないのでWindowsを選びましたが、基本的にはしっかりとアップデートを行っていれば問題ないのだと判断しています。

まとめ 相手の背景を確認しよう

もしこのアドバイスをしていたセキュリティ会社が、一般ユーザー向けのセキュリティソフトを販売していると、このような事は絶対に言わないはずです。むしろ「セキュリティソフトを入れないと危険ですよ」と不安を煽って、自社製品をすすめてくるはずです。

世の中には様々な情報が出回っていますが、その情報を発信している人の背景を確認する習慣をもつと、本当の情報にたどり着きやすくなります。

参考上手い儲け話は誰が儲かるのか考えよう

私と同じようにセキュリティは「Windows Defender 」だけで全く問題がないという人の意見も多いものです。ただ検索結果の上位に出てこないので人目につきにくいだけです。

モノを売りたい側は膨大な広告費をかけるので、どうしても一般の人の目につくことが多いのですが、それらの情報が必ずしも正しいとは限りません。

パソコンに詳しくない人ほど割高な家電量販店で購入してしまうものですが、そこで有償のセキュリティソフトを勧められる事も珍しくありません。セットで割引だからと安易に入れてしまう人もいます。

これも家電量販店が利益を出す為の仕組みであり、お客さんの事を考えての事ではないのかも知れません。

Windows10に新たにセキュリティソフトを導入しようかどうか迷っている人は、それらの情報を発信している人の背景をよく確認してみてください。新しい発見があると思います。

よくサッカーやオリンピックなどの広告で、イケメンや美人アスリートが爽やかにコーラを飲んでいるものですが、コンディションを気にする一流のアスリートが日ごろからコーラなどを飲んでいるわけがありません。モデルさんだってスタイルを維持する為に節制しているはずです。

新発売のシャンプーや化粧品を使用したから綺麗になったのではなく、元々綺麗な髪や肌の女優さんが広告に抜擢されるだけです。

ダイエットの広告やテレビの企画でもビフォーアフターを際立たせる為に、あえて直前に太らせることも珍しくありません。体重計に乗る前に水をたらふく飲むだけで1キロぐらいは簡単に増えますし、少し前からトイレを我慢していれば2キロぐらい増えます。

そのように太らせた分の体重を短期間で落とすことなど、それほど難しいことではありません。

酷いものだと口の中にティッシュを詰めて、無理やり頬を膨らませてから撮影することすらあります。そのような情報を鵜吞みしてしまうと、バカを見るので気をつけてください。

Windows10のセキュリティソフトも「Defender だけで絶対に問題ない!」とは言いきれませんが、そもそもウイルスが問題になるケースというのは、怪しげなサイトで決済したり、メールに添付されているファイルを開いてしまったりなど、自らの情報を提供してしまったケースがほとんどです。

参考個人情報を守る為に必要なこと

こればっかりはどんなに有償なセキュリティソフトを導入していても同じです。

高度なセキュリティソフトを導入している国家がウイルスにやられるのも、大抵はネット経由ではなく人的ミスからです。

怪しげなサイトを開かない、知らないメールは開封しない、信頼のおけないサイトで決済をしないなど、基本的なことを守っている人であれば、「Windows Defender 」だけでセキュリティは十分なのではないでしょうか。

よほど怪しげなサイトばかりを閲覧する人であれば別かも知れませんが、Windows10で一般的なパソコンの使い方をする分には、必ずしも高度なセキュリティソフトが必要なわけではありません。

ただ一つだけ目安を紹介しておくと、急にパソコンの動作が激しくなった場合は気をつけてください。最近はウィルスの感染といったものだけでなく、仮想通貨のマイニングに利用されてしまうようなパターンがあります。

急にパソコンに負荷が掛かってファンが回りっぱなしになったり、スマホやタブレットだと熱をもって電池消耗が激しくなるケースもあります。

これらは基本的にはブラウザを閉じるだけで収まるのですが、悪質なものだとずっと裏でマイニングをされるケースがあるそうなので気をつけてください。パソコンを再起動しても変わらないようであれば、大切なデーターをバックアップしてからパソコンを初期化しましょう。

「Windows Defender 」だけで絶対に問題にならないとは言い切れませんが、それは有償のセキュリティソフトにも当てはまることです。対応の早さなどに多少の時間差はあるかも知れませんが、日頃からしっかりとアップデートを行うことが大切なので、パソコンの設定を確認して日頃から電源を落とすようにしてください。

ちなみにWindows10は画面左下のWindowsのマークから設定画面に移動すると、「更新とセキュリティ」という項目があるので、アップデートの状況を確認することが出来ます。

中途半端に無料のセキュリティソフトを入れる前にやるべき事があるので、当たり前の事を当たり前に行って大切なパソコンを自衛しましょう。

コメント

  • その通りです。不安をあおって売りたいだけの奴は無視しましょう。

    by 匿名 €

  • スマホはどうなんですか?androidは危険ですか?

    by 匿名 €

  • スマホも時々電源を落とした方が安定しますよ

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]